2010年10月31日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 5 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 5of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 最終回(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin5.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

今回は、ブライアンの監禁体験の最終回です。この記事を訳しながら、アメリカでの、ディプログラミングの歴史について、研究をしていきたいと思うようになりました。誰が、いつ頃、どのような理論で、何をして、そしてどのように消滅していったかを研究していきたいと思います。そして、その背景にある、マインドコントールについて(の間違い)も、調べていきたいと思います。関連記事の和訳をしながら、私の中で、自分の言葉でまとめていって、ある程度、まとまった時点で、(誰かの記事の訳ではなくて)発表したいと思います。


原文と訳ここから
------------------------------------
One particular event of the fifth day still stays with me. Mr. Swope was reading the Bible and telling me to read various sections, which he picked out. I was really becoming frustrated by his demeaning remarks and suddenly started to sarcastically read the passages in just the way he had been sarcastically reading from my Divine Principle book. I had no more that uttered two words when Rev. Swope catapulted out of his chair, grabbing me by the neck and hair and violently shook me shouting, "I'll teach you to take the Lord's name in vain, you little bastard!" while Carl reiterated and punched me both in the back and in the back of my head. This incident startle me, but I was not hurt. Actually, I welcomed the change from the boredom.

5日目の特別な出来事を私はまだ覚えている。スウォウプ氏が聖書を読んでいて、彼が選んだいくつかのセクションを読むように言った。彼の屈辱的な批判にいらいらしてきたので、彼がちょうど皮肉たっぷりに統一原理の本を読むように、私も、突然に、皮肉たっぷりに聖書を読み始めた。単語を二つほど読むやいなや、スウォウプ氏は椅子から飛び起き、首と髪を掴んで激しく揺すり、「主の名をみだりに唱えたら、こうなることを教えてやるよ、このガキ」と叫び、一方、カールは、私の背中と、後頭部を、繰り返し殴りつけた。私は驚きはしたが、怪我はしなかった。かえって、退屈からの変化を歓迎したほどだ。

The fifth day ended and the sixth day came. As soon as I got up, I knew I wasn't going to make it through the day without having an emotional breakdown. While eating breakfast I remembered back to my first day, when I had said to my deprogrammers, "you aren't going to be satisfied until you have me grovelling on the floor, are you?" to which Carl said, "Well, that would be a good start."

5日目が終わり、6日目がやってきた。起きるや否や、きょうで精神的にいかれてしまるだろうと感じた。朝食を食べながら、一日目のこんな会話を思い出した。「床にひれ伏すまで、おまえ達は満足しないんだろ?」カールは、それに対し、「うーん、いいスタートだな。」と言った。

That day, these insults seemed to strike right at my heart. The tension built up, my confusion and desperation finally climaxed, and I burst out into a fit of tears. I couldn't stand it anymore. Whenever they made an accusation I would shake my head and agree with them, while in my heart I knew they were wrong. They accused me of "faking" my breakdown and pressed me again and again with their accusations. Each time now I would agree with them, I was so confused... I felt as if, well, maybe I had been brainwashed, maybe I was wrong. So I even started to participate in their game. I came to help them, and did whatever they said, and tried my darnedest to see everything the way they did because I really began to believe that I had been brainwashed and these were the only people who could help me.

その日、侮辱の数々は、私の心に直にのしかかってきた。緊張がますます高まり、混乱と絶望感は頂点に達し、涙が止めどもなく流れ出した。もう、これ以上、耐えられなかった。彼らが非難を始めると、私は首を縦に振り、相づちを打った。しかし、心の中では、彼らが間違っていることを知っていた。彼らは、私が偽装して取り乱していると非難し、次から次へと、非難の攻撃をしてきた。その度ごとに、かれらに同意し、私はひどく混乱した。まるで、私は洗脳されたんだろうと、また、まるで、私が間違っていたかのように感じてきた。彼らのゲームに参加さへし始めた。彼らを助けるために来たのに、彼らの言うことは何でもして、そして、突拍子もなく、彼らが行ってきたように物事を見るようになって来た。今や、私は洗脳されていたことを信じるようになって、これらの人々は私を助けるためにいる人たちだと、信じ始めるようになった。

From that day on, I outwardly began to sing their tune while inwardly feeling myself to be a hypocrite, believing this dichotomy to be due to the Unification church's unscrupulous brainwashing of me.

その日から、心の中では自分の事を偽善者と思い、外に向けては彼らに同調していた。この精神分裂は、統一教会の悪質な私への洗脳の故だと信じながら。

They kept me in that cabin for 12 days before letting me out. Every day I would break down like I had on the 6th day and they would treat me the same way each time. They treated me better as I proved to sing their tune better. Each night for the next week, I would be brought back to the cabin to sleep, and re-hash all of the material the next day. I remember what it felt like going into the cabin each night. When we drove back to it after the evening dinner, now held at the Swope's house, all of the scenes of my deprogramming would flash back into my head. I would start to feel sick again, and my head would begin to ache. So great was my dread of that place that I would feel stuck rigid in my car seat. When we arrived, it took all I had to force myself out of the car. I would then run to the door, waiting to get in, fighting off my tears, fear, and the miserable, wretched dread which I had for that place.

外に出れるようになるまで、その山小屋に12日間、閉じこめられた。毎日、6日目に起こったように取り乱し、そのたびに、彼らは同じように私を取り扱った。彼らに同調するにつれ、彼らは私を、よりまともに扱った。次の週は、睡眠のためと、次の日の教材を徹底して学ぶため、毎晩その山小屋に戻された。その山小屋に戻るのはどんな気持ちだったか、覚えている。スウォウプ氏の家で夕食後、山小屋に戻ってくると、ディプログラミングの記憶が頭の中でフラッシュバックし始めるのだ。気分が悪くなり、頭痛が始まる。到着して車から出るのに、重い腰を上げるのが大変だった。で、ドアまで走り、中に入るのを待ちながら、私がそこで体験した涙と恐怖、惨めさと、恐ろしい不安と戦わなければならなかった。

I was at the Swopes' house for about two weeks and then I was driven all over the Northeast to visit other ex-members. During this time I started to feel better. I felt I was thinking more clearly now since I was "deprogrammed." Yet I still had some imperfections, which they all did their best to correct in me.

2週間スウォウプ氏の家に滞在したあと、他の元メンバーに会うため、北東方面に車で連れて行かれた。この期間、私は、気分的にも楽になった。私は、ディプログラム(強制改宗)されてから、より明確に思考できていると感じた。しかし、私は、欠陥も感じた。それは、彼らが私の内部を矯正するために最善を尽くした事だった。

After about a month of this I was brought home. It felt good to be back and away from these people, but I in no way felt good. I was constantly depressed and miserable. Yet I tried my best not to let anyone know, partly because I was afraid of a barrage of questions and strong talk, which I had had plenty of, and also because I thought my psychological condition was due to the brainwashing I received from the Unification Church. I continued in this schitzophrenic way from about two months after I was home, until my own depression, desperation, mental confusion, and physical sickness forced me to start all over again. I decided to force myself into researching everything. Once I started this I began a daily recuperation to my previously healthy self. I started to feel much better.

1ヶ月後、家に戻された。戻れて、そして彼らから離れることができて、うれしく感じた。が、しかし、そうではなかった。私は、常に落ち込み、惨めに感じた。しかし、だれにも分らないようにした。もう、十分すぎるほど受けたひどい攻撃が怖かったこともあるし、そして、私の精神的不安定さは、統一教会から受けた洗脳教育によるものだと、考えたからだ。家に戻って2ヶ月は、このような精神異常が続いた。そしてその後、私は、全てを最初からやり直し、私自身の鬱(うつ)、絶望、心理的混乱、体の不調と向き合うことにした。私は、すべてを研究し直すことにした。これを始めると、日々、元の健康状態に回復し始めた。気分的にも、もっと楽になった。

Today I have written two papers as a result of the research, and feel pretty good again. I know clearly who to believe in now, and believe me, it's not the deprogrammers!

きょう、その研究の成果として、二つの記事を書いた。気分的にもいい。私は、今、誰を信じるか明確に言うことができる。それは、ディプログラマーではない。
-----------------------------------------
原文と訳終了

(訳者後書き)
まだ、日本では今もなお、3名の方が監禁されています。その3名の方、今、どこで、何を感じているのでしょうか?胸が痛みます。最初に言っておくべきでしたが、監禁の経験をされた方は、この5回の記事を読んで、過去のフラッシュバックとか、不愉快な気分になったりとか、あったかもしれません。申し訳ありませんでした。

このブライアン(男性)は、1975年当時20才前後とすると、今は、53才〜60才あたりでしょうか?記事に書いてある事以上の、その後の事は知るよしもありませんが、今も元気でおられることをお祈りいたします。


更新記録:
2010-10-31 夜:第二段落まで終了
2010-11-03 夜;最後まで訳終了、後書き追加。

posted by 管理人:Yoshi at 20:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 4 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 4 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その4(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin4.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

原文と訳 開始
---------------------------------
The second day continued much like the first day had, with my parents making infrequent visits at the request of the deprogrammers. Yet it was fortunate for them that they only visited me this much, because whenever they came, it only proved to be miserable for them. For example, on the second day when my mother and father came, my mother started a conversation with me. She said, "Brian, can't you see how wrong you were to join such a movement at this? Can't you see how Moon is just brainwashing you kids?" When I said, "no," she started crying and crying.

二日目は一日目とほぼ同じだった。両親は、ディプログラマーの依頼で不定期にやってきた。しかし、両親にとっては、これくらいの訪問回数のほうが良かったと思う。というのは、両親がやってきた時は、いつも、両親は惨めに見えたからだ。たとえば、二日目、両親がやってきて、母が私に話しかけた。「ねー、ブライアン、そんな教会に入ったことが悪いことだってまだ分らない?ムーンはあなたを洗脳したって、まだ分らない?」私が、「ノー」と、言うと、母は、泣き始めた。

I simply didn't know what to do! Comforting them by saying everything was going to be all right was an outright lie. Nothing was going to be all right as long as I was prevented from explaining myself to them, and as long as they believed that I was brainwashed it was hopeless. I thought a lot about trying to escape and explaining everything later when we all could be more calm and reasonable. But I knew the deprogrammers would never leave them alone, and would easily convince them to try more drastic measures for getting me out. Furthermore, I couldn't stand to see them suffering like they were. I knew that I would hurt them very deeply if I escaped. So... I decided to stick it out. I wouldn't try to escape, not even if they gave me an easy opportunity. I planned to outlast them. I would listen to them and listen to them until they ran out of energy and breath, then I would explain myself and show them the ridiculousness of their actions.

私はただ、何をしていいか分らなかった。親にすべて大丈夫だからと言って彼らを慰めるのは、全くの嘘である。私が説明をすることを許されていない状況では、大丈夫なはずがない。そして、私が洗脳されていると彼らが信じている以上、希望はない。逃亡して、私たちが落ち着いて普通に考えられるようになった時に説明することも考えた。しかし、ディプログラマーは両親だけで決して判断させず、私を棄教させるため、もっと激しい方法を取るよう両親を簡単に納得させるだろうと、私は分っていた。そして、両親が苦しんでいるのを見るのを堪え忍ぶことができなかった。もし、私が逃亡すれば、両親を深く傷つけることを、私は分っていた。最後までやることに決めた。もし、彼らが、機会を与えても、私は逃亡しないと決めた。彼ら(ディプログラマー)よりも、長く耐えることを計画した。聞いて、聞いて、彼らが疲れ果てるまで、聞いてやろうと、そして、彼らの行いのバカバカしさを見せてやろうと思った。

Well, it didn't work... They took time out, exchanging themselves with other loudmouths while I was always there, catching it.

しかし、効果はなかった。彼らは、交代して、攻撃してくるのだが、私はいつも一人で聞き続けなければならなかった。

As time went on, I became weaker and weaker. My headache was constantly with me, night and day. I would frequently feel so much like vomiting that I would visually measure the distance to the sink and estimate how quickly I could make it there, hoping that the deprogrammers wouldn't misinterpret my intentions and stop me mid-way.

時が過ぎるにつれ、私はだんだんと弱くなっていった。頭痛は、夜、昼なく、コンスタントに継続した。何度も吐きそうになって、流し台へすばやく行けるように、そこまでの距離を目で測ったりした。それは、ディプログラマーが、流しへ向かう途中で、私の行動を誤解して、途中で止めないようにするためだった。

The second day ended like the first, except an hour earlier. I got to bed at 2:00 a.m. and was woken about 7:00 a.m. the next morning. The third day was virtually similar to the second and first days. Yet I was quickly becoming weaker. By this time I started to pretend to agree with them on certain points to defray some of their attacks. Yet this proved to be my undoing later when they discovered this and came down on me even harder.

二日目も、1時間早く終わった以外は、初日と同じように終わった。深夜2時にベッドに入り、朝7時に起きた。3日目は、基本的に、初日、二日目と同じだった。しかし、私は、ますます衰弱していった。この頃には、私は、彼らの攻撃をかわすため、いくつかの点では、かれらにうなずくふりをし始めた。しかし、私がわざとそうしていることが分った時、彼らの攻撃はより激しくなった。

I hadn't changed my clothes or brushed my teeth or anything since they got me on Friday. I felt and looked wretched by this time. Yet this was all part of their game. By the end of the third day I know that I was hopeless to think of ever reasoning with these people, or with my parents as long as these people were around to influence them. But I still would not try to escape, because of the effects which I believed this would have on my parents, even though I had some good opportunities.

私は、金曜日にここに連れて来られてから、着替えてもなかったし、歯も磨いていなかった。私は、すごく惨めに感じた。3日目が終わるまでに、これらの人々や、ディプログラマーが周りに付いている両親と論理的に話し合うことは不可能であると思った。しかし、いい機会はあったけれども、逃げようとは思わなかった。逃げ出すことは、結局は両親に迷惑をかけると思ったからだ。

The fourth day was the same as the rest, except for the change in me. I was really sick... I couldn't think straight if I had to by this time. I was totally caught up in a mesh of conflicting loyalties -- between my parents and the church -- and didn't know where to turn. I still believed and wanted to belong to the church at this point, but I no longer could remember or explain my reasons why. As the deprogramming continued, my mind discontinued. I started to become really scared of what was happening to me. I even started to feel brainwashed, if you can imagine what that feels like. So when the fifth day rolled around, I knew my time was limited. They were allowing me to get more sleep by now, around five to six hours, but it was nowhere near enough. I had started to fall asleep during the sessions by the third day, and by the fifth day, it was more than a struggle to stay awake. Whenever I would start to drop off they would kick me to wake me up. Once, I pretended to be asleep to see how far they would go in order to try and revive me. When the kicking didn't bring a response, the slaps did -- I opened my eyes and everything returned to "normal."

4日目は、私の中に起きた変化以外は同じだった。私は、ひどく具合が悪く、まともに考えることができなかった。私は、両親と教会の間で、どちらにつくかの罠にはまったしまった。どちらに振り向いていいのか、わからなくなった。私はまだ、この時点では教会に属していたかったが、もう、その理由を覚えていないし、説明もできなかった。ディップログラミングは進んでいくにつれ、私の頭は止まってしまった。これから私に何が起きるのだろうかと、正直、恐ろしく思うようになった。私は、洗脳されたような気分にさえなった。5日目が終わった時は、私の時間は限られているとわかった。この頃には、5時間から6時間の睡眠が許されるようになったが、十分ではなかった。3日目のあたりには、セッション中に眠ってしまうことがあったが、5日目になると、起きているのが苦痛だった。私が、うとうとし始めるや否や、彼らは、私を起こすため、蹴り上げた。ある時、寝たふりをして、どこまで彼らがやるのか試してみた。蹴っても反応がなければ、平手打ちだ。私は目を開け、全ては ”通常”に戻った。
-------------------------------
訳終了


更新記録:
2010-10-29 夜:4段落目まで終了
2010-10-30 夜:最後まで終了
posted by 管理人:Yoshi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 3 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 3 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その3(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin3.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

この記事は連載の3回目です。1975年にアメリカで起きた拉致監禁被害者の体験談です。今から、35年前の事件です。アメリカの1975年と言えば、まだ激しくディプログラミングが行われていた頃です。統一教会ばかりでなく、他のカルトのメンバーも被害に遭ってました。

ブライアンの体験を訳しながら、私がその立場にいたらどうなるだろうかと考えましたが、そのような体験のない私には、どんなに考えても分りません。


原文と日本語訳
------------------------------------------
It wasn't long before I realized that this wasn't going to be anything like the "open-minded" and "fair" meeting which I had been told it would be. But, I didn't want to give up. I sincerely believed that I could eventually break through to these people and show them the ridiculousness of their accusations. So, I decided to be patient and understanding and talk only when spoken to, and explain myself when I thought they would be genuinely interested in listening.
Needless to say, they never changed. I started to get intense headache, but there was nothing to take for it. I felt sick to my stomach, exhausted, and scared. I hadn't eaten since 3:00 p.m. on Friday. After about 4 hours of this stuff, I got up out of my chair to sit in a more comfortable chair behind me. As soon as I moved, they all jumped up out of their chairs and started towards me. When they saw that I was only changing chairs, they sat back down again, and resumed their "therapy".

これは私が約束されていた心を開いた公平なミーティングではないと悟るのに、時間はかからなかった。しかし、私は、あきらめたくはなかった。私は、最終的にはこの人たちを打ち破って、彼らの非難のバカらしさを示してやろうと本当に思っていた。辛抱強く待ち、話しかけられた時だけ話し、彼らが本当に聞こうとした時に私の説明をしようと、心に決めた。言うまでもなく、彼らは変わらなかった。私は、気分が悪くなり、疲れて、そして恐ろしかった。私は、金曜日の午後3時からまとまな食事をしていなかった。こんなのが4時間続いたあと、私は椅子から立ち、うしろのもっと居心地のよい椅子に移った。私が動くとすぐに、彼らは椅子から飛び出し、私のほうに向かってきた。私が、座り場所を変えたことが分ると、彼らは、自分の席に戻り、彼らの"治療"を再開した。


This continued until around noon when lunch was brought in for us. They said they were going to feed me "just like the 'cult" fed me," and gave me a single hot dog and a tables spoonful of baked beans. I sad down to eat, my hands were shaking, and I still felt sick and my headache was getting increasingly worse. I closed my eyes to pray a prayer of blessing for the meal, when suddenly Carl pushed me backwards in my chair, saying, "You ain't going to pray to Moon anymore!" I said, "What? I was only going to say grace before I eat!" But he continued to rave on about it, calling me a zombie-liar and a brainwashed pimp. I felt really sick by this time but I forced myself to eat what food they gave me.

これがお昼まで続き、ランチが出された。「カルトがおまえを食わしてやったのと同じように、俺たちも食わしてやるからな。」と彼らは言って、たった1本のホットドッグと、一さじのベイクトビーンズを差し出した。私は、食べるために座った。私の手は震えていて、気分は悪く、頭痛はますますひどくなっていった。食事の前のお祈りをしようと目を閉じた。突然、カールを私を、後ろへ押し倒し、「ムーンに祈るのはやめろ」と言った。「え?私は、食事の前のお祈りをしているだけだ。」と言った。彼は、怒鳴り散らして、私を、「zombie liar, 洗脳されたpimp」と呼んだ。私は、本当にこの時までに具合が本当に悪くなったが、出されたものを、とにかく食べた。

訳者註:zombi-liar, brainwashed pimp - 適当な日本語がみつかりません。

My parents came back and gave me those sort of "pseudo-comforting" statements and detached embraces. They were crying and looked miserable. At that point I vowed to God that I would make it through this mess and help them to understand where they were wrong and regain their trust. I told them I was all right and not to worry because everything was going to be all right.

両親がやってきて、みせかけの慰めをしてくれ、心なく抱きしめてくれた。彼らは泣いていて、惨めに見えた。私は、その時点で、このゴタゴタを乗り越えて、両親のどこが間違ってるかを、両親に理解させて、両親の信頼を勝ち取ろうと神に誓った。「私は大丈夫で、心配しなくてもいいよ、全てはうまくいくから。」と両親に伝えた。


They left shortly after they came and the deprogrammers continued their barrage with renewed vigor. But I wasn't going to sit back and take it anymore. I sat up straight by the table and threw it right back at them. It wasn't long before I realized that this was useless, and decided to continue in the way I had before.

両親はすぐに出ていって、ディプログラマーが、さらにやる気をもって、集中砲火を続けた。しかし、私は、椅子にはもたれかからず、もう、動じなかった。椅子にまっすぐ座り、彼らをまっすぐ見据えた。しかし、すぐに、これは通用しないことが分ったので、前(ランチ前)と同じようにしようと決めた。


Many things happened that day. I didn't think I would make it through it without vomiting or passing out. They continued this until 3:00 a.m. the next morning when, seeing that I wasn't going to break down right off, they said I could go to bed. I undressed and got in my bed, when I bent down to pray. Carl quickly pushed me over, shouting, "I told you before! You ain't going to pray to Moon no more!"

たくさんのことがその日に起こった。吐いたり、気絶したりしないで、一日が過ぎていくとは思わなかった。彼らは、朝の3時まで続けた。彼らは私がつぶれないのを見て、ベッドに入るよう言った。服を脱いでベッドに入った。お祈りをしようと頭を下げた。カールがすぐに私を突き飛ばし、叫んだ。「ムーンに祈るのはやめろ。」


They woke me the next morning at about 6:30. I got up and ate some cereal for breakfast while they began my "deprogramming" again. Even though the sleep was short, I felt a little better. But my head still ached, I felt weak, and had an empty feeling in my stomach.

彼らは、翌朝、私を6時半頃起こした。私は起きて、朝ご飯にシリアルを食べているときから、ディプログラミングを始めた。睡眠時間は短かったが、私は、少し調子よさそうだったが、頭痛と衰弱感、空腹感を感じた。


After breakfast, Mr. Swope and Carl started in again. Their pattern and presentation were the same as the previous day. I knew I could explain and clarify all of the accusations which they were making if they would only give me the chance. But they never intended to. By this time I realized that the entire purpose of these sessions was to break the victim down, and in my opinion, forcibly "brainwash" him into believing that the Unification Church and Rev. Moon are evil and corrupt, and everything which he had believed in was wrong, contrived for the purpose of trapping people like myself. They preached their version of the Bible at me constantly, inserting Rev. Moon's name into all of the most despicable passages. I simply couldn't believe that a Christian minister and professional psychologist like Mr. Swope could use his knowledge in such a fashion on people like myself.

朝ご飯のあと、スウォウプ氏とカールは、再び始めた。かれらのパターンは、前日と同じである。もし、彼らが、私にチャンスを与えてくれたら、彼らの非難に対して明確に説明することができただろう。しかし、そんな機会はくれなかった。この時までの、このすべてのセッションの目的は、被害者を精神的に参らせ、統一教会とムーン師は邪悪であると、そして、被害者の信じたすべては間違っていることと力ずくで洗脳して信じさせる事であると分った。彼らは、ムーン師の名前を、ほとんどの卑劣な言葉に挿入しながら、彼れらの聖書の見解を私に継続して教えた。キリスト教の牧師や、スウォウプ氏のようなプロの心理学者が、知識を人々に対し、そのような方法で使うことを、ただ信じられなかった。
-----------------------------------------
訳終了

更新記録:
2010-10-27 夜:第一段落終了
2010-10-28 夜:残りの段落終了

posted by 管理人:Yoshi at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 2 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 2 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その2(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin2.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

前回からの記事の続きで、アメリカでの1975年当時の、統一教会員の拉致監禁の模様です。これは、連載の2回目ですので、まだ初回を読んでいない方は、まず初回から読んで下さい。

http://humanrightslink.seesaa.net/?1283344655

なぜ、こんな記事を訳し始めたかというと、1970年代に行われていたアメリカでのディプログラミングを紹介し、その後、どのような経過をたどって、アメリカでは消滅していったのかを、説明したいためです。これは、私(Yoshi)も学びながらの事で、私がまず理解したいためです。いつもそうですが、このブログは文字ばかりで申し訳ないですが(しかも、半分は英語)、お付き合い下さい。


英語原文と日本語訳:
----------------------------------------------
It was about 3:00 in the morning. I got in my uncle's car, with my father and uncles sitting on either side of me, and was driven to an old hunting cabin in New Hampshire. I couldn't sleep during the car ride; I was too nervous and scared. Many times during the trip I felt sick to my stomach and nauseous, nearly passing out.

朝の3時頃だった。おじさんの車に乗った。両側に父とおじさんが乗り込んだ。そして、ニューハンプシャー州にある古い狩猟用の山小屋に連れて行かれた。車での移動中は眠ることができなかった。私は、すごく神経質になって、そして怖かった。移動中、何度も、車酔いで、気分が悪くなって、ほとんど気絶しそうだった。


We got to the house at about 6:00 in the morning. I immediately recognized my future deprogrammers, Mr. George Swope and Carl Waranowski. I had seen them during a meeting at Durham, New Hampshire where CARP's membership as a qualified student organization was being re-considered.

その家(山小屋)に朝の6時頃、到着した。私は、すぐに、ディプログラマーがジョージ・スウォープ氏とカール・ワラノウスキー氏であることが分った。ニューハンプシャーのダーハムでのミーティングで彼らを見たことがあった。ダーハムは、カープが、学生組織として認定されるかどうかが再検討されていた町だった。

訳者註:CARP=カープ=原理研究会:統一教会の大学内学生組織


They told me to get out of the car, and then escorted me into the little cabin. I walked around inside the cabin while the deprogrammers talked with my parents and relatives on the outside. After a while everybody came inside. Mrs. Swope and few other people had just arrived. My mother, father and uncles came over to me, saying that, "We're all behind you, Brian," and "We know you can do it..."

彼らは、私に車を降りるように言った。そして、私を小さな山小屋に連れて行った。ディプログラマーが、外で両親や親戚と話している間、私は、山小屋の中を歩き回った。しばらくして、全員、中に入ってきた。スウォープ氏の奥さんと、他の何人かも、到着した。私の、母と、父と、おじさんが、私のところにやってきて、「私たちはあなたを応援してるからね。あなたならできるよ。」 と、言った。


My mother then hugged me, and patted me on the head saying, "All these people have taken their holiday off just to help you, Brian. Now just listen to what they have to say..." She was treating me like a child. She treated me as a mother would treat her mentally sick son! I asked her if she was o.k. and told her that I already knew what these people were going to say, and if they would only let me, I could explain everything. She started crying then. I embraced her and tried to console her, saying that I had never thought out any decision as much as I had my decision to join the Unification Church. I told her that I loved being a member and that I had full use of my mind and free will. "Isn't that evident?" I asked. But she only cried more. Then I told her that I would be alright and that if everything went like they said it would, we would all learn something. My mother then turned and walked out the door to talk with the people outside.

母が、それから、私を抱いて、頭をなでながら、「この人達はみんな、あなたのために休みを取って来たのよ。ブライアン、彼らが言うことを良く聞くのよ。」と言った。母は私を子供のように扱った。まるで、精神的におかしい子供を扱っているようだ。私は、母に大丈夫かと尋ね、「この人たちが、何を言い出すかは私はもう知ってるし、もし、彼らが私にそうさせてくれるなら、すべて説明してあげるよ。」と母に言った。私は母を抱きしめ、慰めようとした。「私は統一教会に入ると決めた時ほど、考え抜いたことはなかったよ。」って、母に付け加えた。私は母に、「(統一教会の)メンバーであることが大好きだし、私の自由意志で決めたことだ。それ以上の説明が必要?」って聞いた。母は、ただ、泣くだけだった。「私は大丈夫だし、彼らが言うように事が進めば、私たちは何かを学べるよ」って、母に言った。彼女は振り向き、外にいる人と話すために、出ていった。


My father then came up to me, shaking my hand and patting me on the back, saying, "You can see how worried and upset your mother and I are over you Brian, so just listen to these people, they're here to help you." I again said that I was fine and didn't need help from anyone. I told him that I had never been happier doing what I was doing, and that I could clear the whole problem up if they would only listen to me and give me the time to explain myself. My father shook his head and said, "Brian, I know you can pull yourself out of the problem you've gotten yourself into, and that is what these people are here for, to help you."

次に、父が、握手を求めながら、背中をたたきながら、やってきて、「お母さんと私が、あなたの事で、どんなに心配しているか見ただろう?だから、この人たちの言うことを聞くんだ。彼らはあなたのためにここに居るんだから。」と言った。「私は大丈夫だし、誰の助けもいらないよ。今、していること以上に幸せに感じた事はないし、もし、かれらが、私のことを説明する時間をくれて、私の話を聞いてくれたら、すべての問題は解決できるよ。」って言った。父は首を横に振り、「ブライアン、おまえがはまってしまったその問題から、抜け出ることができるんだぞ。そのために彼らがいるんだ。おまえのために。」と父は言った。


I got the distinct feeling that he and everybody else there regarded me as one would a person with a drug addition. Shortly after this, he left too and my brother and friend Ray came into the room with me. I talked with them until the deprogrammers came into the room.

私は、本能的に、父やみんなは、私をドラッグ常習者のように扱ってると感じた。そして、父が去ると、私の兄弟や、友人のレイが部屋に入ってきた。ディプログラマーがやってくるまで、彼らと話をしていた。


Then, at 6:30, they started in on me. Immediately they started yelling at me. Calling me a liar, telling me that I hated my parents and would even kill them if Moon told me to. They said that I should be ashamed of myself for causing them this worry!! I started to say that it was they who had caused my parents' confusion and not myself, but they broke into my remark before I could even explain myself, calling me a "bastard" and a "pimp for Moon."

そして、6時半頃、始まった。即座に、私に向かって叫び始めた。私を嘘つき呼ばわりし、「両親を憎んでるし、もし、ムーンが両親を殺せと言ったら、そうするだろう?」と言ってきた。「私の両親を混乱させ、心配させているのは、おまえ達だ」と、私は、応答し始めた。しかし、私が説明しようとしても、すぐに邪魔をして、「ろくでなし、ムーンのヒモ」と叫んだ。

訳者註:ムーン=文:統一教会教祖


The situation was so unusual that I started to laugh. I simply couldn't believe what was happening to me. But that only made them yell more, calling me an "arrogant S.O.B." and so on. At every chance I had I would start to explain why I had joined and why I believed them to be wrong, but I would no sooner start to talk when they would break in and interrupt me, causing me to become confused and flustered until I forgot completely about what I was saying.

状況があまりにも異常だっったので、私は笑い始めた。何が起こっているのか、信じることができなかった。しかし、彼らはもっとひどく、"傲慢野郎" とか叫んだ。チャンスがあるたびに、私がなぜ統一教会にはいったかを、そして、彼ら(ディプログラマー)の間違いを説明し始めると、邪魔が入り、私が何を言おうとしていたか、完全に忘れるまで、私を混乱させ続けた。

訳者註:arrogant S.O.B. - arrogantは"傲慢な"ですが、S.O.B.って、私には何か分りませんが、人をののしる悪い言葉であるということは推測できます。その後の、調査でS.O.B.はs#& of b&#@& の頭文字を取ったものだと分かりました。ここでは、傲慢野郎としました。あまり、こういう言葉には慣れてなてく、昨夜は何か分かりませんでした。

----------------------------------------------
訳終了


更新記録:
2010-10-26 夜:アップ、訳すべて終了
2010-10-27 朝:最後の部分のS.O.Bについての訳者註追加

posted by 管理人:Yoshi at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 1 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 1 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その1(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin1.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

人権先進国と言われるアメリカでも、今日、日本で行わている強制改宗が行われていた。1975年当時の話であるが、アメリカでの拉致監禁がどのように行われたか、ブライアン・サボウリン氏の拉致監禁の体験を、日本語に訳したい。(ゆくゆくは、アメリカにおいて、どのようにディプログラミングがなくなって行ったのかを、いろんな記事を通して説明してゆきたい。)

なお、発表機関であるAnti Cult Movement (訳すと、反カルト運動)であるが、カルトに反対する団体ではなく、反カルト運動を批判する団体(または個人)である。たとえば、その中のページには、マインドコントロールの誤りについても取り扱っている。現在のところ、このウェブサイトの代表が誰かとか、住所とかは、ウェブサイト内には見あたらない。

いつもの事であるが、この作業(翻訳)をするのは、夜が多い。一つのページが、1日で終わらないこともあるので、ご了解頂きたい。このブライアンの体験談は、ウェブサイト上では、5回文(ページ分)になっているので、5回続くことになる。もちろん、途中で、緊急の英文記事が出た場合には、そちらを優先させたい。


ここから原文と和訳、
----------------------------------------
I had been fund-raising for about one week when my mother called the center in Boston, telling me my father was having heart problems and asked me if I couldn't come home that weekend to care for the farm so that they could get away for a while. I immediately said "Yes," and promised to take a late bus home on Friday. After I had hung up, Antony, my center director came to me and asked me if I thought my parents were being honest with me, and if they could possibly have other plans for me besides those mentioned. I answered him that my parents were not the kind of people to act like that; that they would not lie to me and join the deprogrammers without first having a heart-to-heart talk with me. Furthermore, I told him that I had already warned them about these people, and said not to get involved without talking to me first. I believed my mother was being honest. So, it was considered safe for me to go home.

1週間ほど、ボストンでファンドレイジングをしていた時、私の母がボストンの(統一教会の)センターに電話をかけてきた。父が心臓の調子がよくなく、その週末農場の手伝いをしに帰って来れないか、そしたら、私たち(両親)二人、農作業から離れることができるのだけれど・・・という電話だった。私は、「いいよ」って、即座に答え、金曜日の夜行バスで帰ると約束した。電話を切ったあと、教会のセンターの指導者のアントニーがやってきて、「あなたの両親は、あなたに本当に正直であると思うか?話してきたのとは別のプランがあるのではないか?」と尋ねてきた。私の両親はそんな事、私に嘘をついたり、私に話もしないでディプログラマーに加わるようなことはないと、彼に答えた。それに加えて、私はすでに、ディプログラマーには気を付けるよう、そして、私に話さないで彼らとは関わりを持たないようにと伝えてあると、教会の指導者に言った。私は、母は正直であると信じていた。だから、家に戻ることは、安全だと考えた。

(訳者註:ファンドレイジング=資金稼ぎ、教会の維持費、活動費等を得るための経済的活動。多分、路上、街頭での花売り等を指すものと思われる。)


When Friday, July 4th (1975) came around I was again out fund-raising, feeling and doing better than I ever had. I made $125.00 in about three hours' time. I was feeling great. At 4:30 I came back to the center and packed up my things. Everybody said goodbye to me and I was brought to the bus terminal by Christina, the girl who first introduced me to the church. She told me that she was very worried about me, and that everyone else was also. I reassured her of my parents' "good heart" and left to catch my bus, but I missed it by 30 seconds. I waited around until the 7:00 bus left Boston for Middleburry. That bus I caught, and later arrived at my front door around 1:30 in the morning. I quickly ran up the driveway and entered the front door. I was shocked to see everybody still up, waiting for me. I gave my mother a big hug and kiss and told them that they shouldn't have waited up for me. About then I noticed how worried and uneasy they all were. My father told me to sit down and that he wanted to talk with me. "Couldn't that wait until morning?" I asked. "I'm terribly tired."

1975年7月4日、私はその日もファンドレイジングをしていたが、気分的にはこれまで経験したことがないくらい調子が良かった。3時間で125ドル稼いだ。最高の気分だった。4時半にセンターに戻り、荷造りをした。みんな「さよなら」を言ってくれて、クリスティーナがバスターミナルまで連れて行ってくれた。彼女は、私を教会に紹介してくれた姉妹だ。彼女は、とても、とても私の事を心配してるし、センターのみんなもそうだと言ってくれた。私の両親は「とてもいい心」をもっているからと、クリスティーナに伝え、安心させて、バスに乗るために別れた。しかし、30秒で乗り遅れてしまった。7時まで待って、ボストン発ミドルベリー行きのバスを待った。バスは、私の家の前に朝1時半に到着した。私は、玄関への道を急ぎ、正面のドアから入った。私は、みんなが起きて私を待っているのに驚いた。その時は、みんな心配してくれていたんだと思った。父が、私に座るように言って、そして私と話がしたいと言い出した。「朝まで待てない?すごく疲れているから。」と私は答えた。


"No, as a matter of fact, it can't," he said. So I sat down and started to explain what I had been doing for the last three months. But they could not understand me, or wouldn't understand. They kept interrupting me, saying that I didn't love them anymore, and that I was brainwashed. I couldn't believe what I was seeing and hearing. I kept trying to explain myself to them, that I was not brainwashed and that I truly did love and care for them, indeed more than I ever had. But they would not believe me. This went on for about 75 minutes, until they were so upset and miserable that I felt as if I had to do something drastic in order to prove myself to them. I told them what had happened to Ann Devine and they said they knew about it. Hearing that, I became suspicious of them and began to get worried. I told them about the deprogramming sessions, and I told them I would be glad to talk with one of these people if that was what they wanted, and if they felt it would help answer their questions and make them feel better. They said they would appreciate that, if I didn't mind. I told them that I expected to be treated fairly and that the only purpose of it would be to resolve that questions which they had. I warned them about how deprogrammers had handled Unification Church members before. But, they said they would make sure I was treated fairly.

「実は待てないんだ。」と父は言った。それで、私は座って、過去3ヶ月間して来た事を説明し始めた。しかし、彼らは私を理解できなかったし、理解しようともしなかった。彼らは、私が家族をもう愛してなくて、洗脳されているんだと、私の話を邪魔し続けた。私は洗脳なんかされていなし、これまで以上に彼らを愛して、心配していると、彼らに説明しようと試みた。しかし、彼らは信じなかった。これが1時間15分続いた。かれらは取り乱して、ひどい状態だったので、私は、私の言ってることを証明するため何か思い切ったことをしなければならなかった。アン・ディバインに何が起きたか、彼らに言った。彼らは、それについて知ってると言った。それを聞いて、彼らを疑う気持ちがわいてきて、心配になった。私は、ディプログラミングについて話した。もし、それが、家族の望むことであり、家族の質問に答えてくれて、家族の気分が良くなるのなら、ディプログラマーの一人と話すことは嬉しいことだと家族に言った。家族は感謝すると言った。私は、公平に扱われることを期待し、唯一の目的は、家族の持っている疑念を晴らすことであると、言った。私は、家族に過去に統一教会のメンバーがどのようにディプログラマーによって扱われたか、警告を発した。しかし、家族は、私が公平に扱われることを確認した。 

(訳者註:アン・ディバイン=女性の名前、Google 等で調べてみたが、情報は見つからなかった。前後の関係から、ディプログラマーの改宗によって、何かひどい事が彼女に起こったように推測できる。)


At that moment my mother called to some people to come from a nearby room, who up to this time, I had been unaware of. Suddenly my old wrestling and football coach, two of my uncles, and a close friend from school came in through the door and stood around me. Needless to say, I felt stupid. I had been tricked. They had planned to abduct me all along. I kept asking questions about what their plans were, and they said everything would be fair and that if I wanted to return after it was over, I could. So, odds being what they were, I consented to go along with them, still believing that I would be given a fair chance to explain myself and help my parents out of this confusion.

その時点で、母が近くの部屋から数人に来るように呼んだ。そんな人がいようとは、それまで、私は気が付いていなかった。突然、私の昔のレスリングとフットボールのコーチ、二人のおじさん、学校の親しい友人が、ドアから入ってきて、私の周りを取り囲んだ。言うまでもなく、私はばかげてると思った。騙された。彼らは、私を拉致しようとずっと計画していた。私は、彼らに、何をたくらんでいるのか聞き続けた。家族は、すべて公平だし、終わって戻りたいなら、それもできると言った。その事を信じて、彼らと一緒にいくことに同意した。私の事を説明する公平なチャンスが与えられて、私の両親の混乱がなくなるよう信じながら・・・

----------------------------------------------
訳、終了


更新記録(ミスタイプ/ミススペルの訂正含まず):
2010-10-24 夜:第一段落終了
2010-10-25 夜:残りの訳終了
2010-10-26 朝:英文第三段落目"resolve that questions which they had" 「家族の持っている疑念を晴らすこと」に変更、(訂正前は、"家族の持っている質問を解決すること" ← これでは、あまりにも単語だけを訳したって感じ。)

posted by 管理人:Yoshi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。