2012年04月24日

弁護士の手紙を配達した男

本日の記事は「拉致監禁に誘う手紙」の第三弾である。英語版は数日前に発表してたが、今回のものは、その日本語版である。

同じカテゴリーのこれまでの記事
渡辺博弁護士の拉致監禁を勧誘する手紙
由香里の証言:弁護士の手紙から拉致監禁へ!

同じカテゴリー内のこれまでの二つの記事で、渡辺博弁護士は、統一教会員の親に手紙を送りつけることにより、ディプログラミングに積極的に関わってきたことを明らかにした。誇張と真実でない手紙の内容は、両親の不安と心配を煽(あお)り、例外なく、弁護士に相談するよう要請している。もし、弁護士が相談を受けたなら、脱会説得者(キリスト教教会牧師)が紹介され、統一教会員子息の拉致が計画され、実行されることになる。

弁護士の手紙の1通は、2011年4月下旬、自らを“反カルト活動家“と名乗る男により、Kenの両親に手渡しで配達された。彼の名前は、「エイト」である。ICSAの国際会議に参加するときには、「Eito SUZUKI」という名前を使っている。今日の記事は、その「エイト」についてである。

続きを読む >> Read More

2012年03月15日

由香里の証言:弁護士の手紙から拉致監禁へ!

:この記事は、英文でも発表した内容の、日本語訳です。
http://humanrightslink.blogspot.com.au/2012/03/lawyers-letter-tool-to-look-for.html

以下、本文内で由香里の陳述書を紹介していますが、実際のものより、順番が変わっていたり、箇所に寄っては短くなっている所もあります。原文は、米本和広氏のブログ「火の粉を払え」で確認できます。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-308.html
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-309.html

続きを読む

2012年03月04日

渡辺博弁護士の拉致監禁を勧誘する手紙

この記事は、同時に英語でも発表している。英語版は次のサイトを参考にして欲しい。
http://humanrightslink.blogspot.com.au/2012/03/lawyer-hiroshi-watanabes-letter-to.html

尚、これから続く一連の記事は、米本和広氏のブログ「火の粉を払え」のカテゴリー「渡辺博弁護士の秘密めいた手紙 」の記事を参考にしている。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。