2015年05月15日

神戸真教会の高澤守牧師が自殺 - 生きて裁かれるべきだった!

米本和広氏のブログ 「火の粉を払え」 にて、仰天情報がアップされた。

以下、「火の粉を払え」 より、全文、引用させて頂く。

★ニュース速報!神戸の高澤牧師が自殺 (2015年5月15日付)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-590.html#more
古参の強制説得家、神戸真教会の高澤守牧師が数日前自殺した事が明らかになった。
通夜は神戸真教会で昨夜行われ、本葬は今日(15日)行われる。

高澤は今年、夫婦をぐるぐる巻きにして拉致し、監禁下で強制説得を行なった。
その後、2人は警察に救出され、解放された。
2人は広島県の警察に告訴状を提出、警察はこれを受理し、現在捜査の最中だった。

【関連記事】「夫婦拉致監禁・脱会強要事件 神戸市の牧師等を刑事告訴」

監禁罪の容疑者の自殺であるにもかかわらず、地元神戸新聞は記事にしていない。
おそらく反統一の関係者も知らないだろう。

高澤が拉致監禁の師匠と仰いでいた宮村峻が、自殺の事実を伝え聞いたときのショックはいかばかりだろうか。

ブログ 「火の粉を払え」 に、次の通り、私のコメントを早速入れさせて頂いた。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

全国弁連弁護士は、拉致監禁(保護説得)に対する態度を明らかにせよ

後藤徹氏の起こした民事裁判において、全国弁連の創立(1987年5月創立)メンバーであり、事務局長である山口広弁護士が、2012年10月4日付けで、意見書を提出している。この意見書は、全国弁連弁護士の伊藤芳朗弁護士関連でのやり取りで、提出されたものである。その意見書の中で、山口広弁護士は次のように言っている。

山口広弁護士の意見書:
「拉致監禁by宮村の裁判記録」より
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-122.html
なお、私自身は家族が統一協会信者を脱会させようとして違法な 「拉致監禁」 をしたり、それに牧師が加担したり、教唆するようなことはあってはならないと考えています。

「私自身は」との前置きで、少々、逃げ道があるが、実質上のトップ(創立メンバーであり、事務局長)が、そう言っている。山口広弁護士が、「家族の違法な 『拉致監禁』 と牧師の加担は、あってはならない」との発言は、全国弁連の基本的な考えということだろう。

きょうの記事は、全国弁連所属の弁護士の先生方へのメッセージである。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

ブログ紹介:正義の仮面を剥ぐ

今、後藤徹氏の裁判の陳述書の英語訳をしている。後藤徹さんが陳述書の中で言おうとしている事が、いつのまにか、訳しているうちに、私が、そういう状況になっている気持ちになってしまう。たとえば、京王プラザホテルの部屋で、窓ガラスを割ろうと思って椅子を持ち上げたけれども、思いとどまった場面とか、脱会説得工作に同行させられて、その人を助けてあげたいけど、何も出来なかった場面とか・・・後藤氏の陳述書をはじめ、裁判資料は、このサイトでアップされている。
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/


後藤さんの陳述書の中で、いつも出て来るのが、裁判では被告の一人である宮村峻である。「白い旅団」という投稿者の方から、本日、早朝に下記のコメントを頂いた。「正義の仮面を剥ぐ」というブログの紹介である。なんと、タイムリーなブログなんだろうか。投稿名は「白い旅団」であるが、「旅団」からしたら、同じ志を持った複数の人々かもしれないし、あるいは、ひとりでされていることかもしれない。しかし、これだけの記事を書くためには、かなりの時間と労力を費やした事だろう。以下、「白い旅団」さんの投稿を紹介したい。


「白い旅団」さんの投稿
-------------------------------------------
鬼畜、宮村の正体が暴かれました。

http://miyamurakirai.blog104.fc2.com/blog-entry-1.html

http://blogs.yahoo.co.jp/miyamurakirai/4279660.html

http://blog.livedoor.jp/miyamurakirai/

http://miyamurakirai.jugem.jp/

Posted by 白い旅団 at 2011年06月07日 04:53
------------------------------------------


私が、一番、感銘を受けたのは、三島市在住の高杉さんのコメント部分である。以下、「正義の仮面を剥ぐ」から引用。

静岡県三島市在住の高杉昌彦さんは言う。「私の娘もこの宮村に人生を無残に変えられた!!宇佐美君はもしかしたら前科者になるかも知れない。しかし、工藤さんには私の娘のような目には絶対に逢わす訳にはいかない。もうずいぶん前になるが、私の元に一通の手紙が届き、いぶかしく思いながら読んでみるとW弁護士からのもので、「貴方のお嬢さんが新興宗教に入られ大変な事になっている。ついては某日、相談会を催すので一度相談したらどうか」という内容だった。驚いた私と妻は、その相談会に行き、そこで宮村と初めて会った。宮村は私達が余りの費用の高さに躊躇していたら「娘を救うのに何を迷っているんだ」と大声で怒鳴り、何が何だか分らないまま「依頼」をしたのだが、結果は財産を失った挙句、娘は宮村の愛人になって仕舞った。或る時私は宮村に対し「あんたの妾にするために娘の事を頼んだんじゃない」と抗議したが、宮村はせせら笑って何も返事をしなかった。

写真の女性は私の娘と同名で「葉子」さんという。最近宮村が最も執着している愛人の一人である。本名「村田葉子」さん。やはり宮村の手で拉致され、信仰を奪われた挙句、宮村の毒牙にかかったのだと聞く。葉子さんは宮村の自宅近くに住み、毎晩の様に訪れる宮村の夜の相手をしている。私の娘のよう子は宮村の愛人となり、今は「杉本」という偽名で宮村グループの一人、Y弁護士が事務局長をしている「被害者の会」(全弁連)事務所で働かされている。

----------------------------------------------
引用終わり


しかし、衝撃的なブログである。もし、あなたが、宮村峻氏と関わったことのある人なら、必読である。あなたに見られたくない写真も載ってるし・・・


xxx
posted by 管理人:Yoshi at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 拉致監禁グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。