2010年09月25日

◇ウルグアイの日刊紙 - 日本の宗教の自由スキャンダル報じる

記事タイトル:Good Will Tour Nets News Coverage for Japan’s Religious Freedom Scandal
タイトル日本語:ウルグアイの日刊紙 - 日本の宗教の自由スキャンダル報じる
出典URL:http://www.familyfed.org/news/index.php?id=158&page=1
記事の日付:2010年9月7日
日本語訳: by Yoshi
注意:この記事は、ウルグアイで報道された内容を、アメリカの統一教会の自らのウェブサイトに英語に訳して掲載したものです。そして、その英語訳から日本語訳は、当ウェブサイト管理人による非公式なものです。

-------------------------------------------
The second-largest daily newspaper in Montevideo, Ultimas Noticias, has brought that nation’s attention to the scandal of kidnapping and forced-conversion taking place in Japan. The article appeared following the visit to Uruguay of Rev. In Jin Moon, president and CEO of the Unification Church USA during the last week of August at which time she briefed a top editor of Ultimas Noticias on the issue. A news feature appearing Sept. 2, 2010 was carried under the headline: “Complaint issued before UN about forced-faith conversions” The English translation of the article follows below:

ウルグアイのモンテビデオ市の2番目に大きい日刊紙Utlimas Noticias新聞は、日本で起きている誘拐と強制改宗のスキャンダルを報道し、(ウルグアイ)国民の関心を引いた。この記事は、アメリカ統一教会の会長兼CEOであるインジン・ムーン師が8月末にウルグアイを訪問した際、Ultimas Noticia新聞の編集長に状況説明をしたものだ。そのニュースは9月2日付けで掲載され、「強制改宗について国連に申し立て」というヘッドラインが付けられた。以下は、その記事の英語訳である。

Montevideo, September 2--The Universal Peace Federation (UPF) has filed a complaint before the United Nations Human Rights Council asking that the government of Japan take measures against the abduction, confinement and even torture of its citizens who are being forced to undergo religious conversion.

モンテビデオ発 9月2日 -- UPF(天宙平和連合)は、国連人権委員会に対し、日本政府はその国民への改宗を目的とした誘拐、監禁、拷問に対して、方策をとるよう申し立てを行った。

The Universal Declaration of Human Rights of 1948 states clearly in Article 18 that:“Everyone has the right to freedom of thought, conscience and religion; this right includes freedom to change his religion or belief, and freedom, alone or in community with others, and, in public or private, to manifest his religion or belief in teaching, practice, worship and observance.

1948年の国連人権宣言、第18条には、「すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。この権利は、宗教又は信念を変更する自由並びに単独又は他の者と共同して、公的に又は私的に、不況、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。」と言っている。

Thus, forced conversion is the act or attempt to change one’s faith, belief or religious affiliation coercively by subjecting someone to involuntary isolation and physical and psychological and social threats, social, financial deprivation or harm. Forced conversion is the antithesis of religious freedom.”

このような強制改宗は、対象者を選択不可能な状況に隔離し、物理的、精神的、社会的に脅迫し、経済的に略奪し、危害を加え、個人の信仰、信念、宗教を強制的に変えさせようとする行動であり試みである。強制改宗は、宗教の自由にまったく反するものである。

“Shockingly, this criminal and immoral act is happening today not only where one might expect it in Darfur (against Christians and African religionists), Communist China (against Falun Gong practitioners), or Egypt (against Coptic Christians), but also in the advanced democratic nation of Japan,” according to the ICRF.

「驚くことに、この不道徳的犯罪行為は今日でも起きている。それは、人々がそう期待かもしれないが、ダーファー(クリスチャンとアフリカの宗教者に対する)とか、共産主義の中国(法輪功信者に対する)とか、エジプト(キリスト教コプト教徒に対する)で起きているものだけでなく、最も発展した民主主義国である日本で起きているものである。」とICRFは述べている。

Another aspect revealed is that: “Over the past 43 years, an estimated 4,300 followers of the Unification Church (UC) have been subjected to this or similar criminal practices. Scores of Jehovah’s Witnesses have also been victimized.”

「過去43年間に、4300名もの統一教会信者がこのような犯罪行為を受けてきた。ものみの塔信者も被害に遭ってきた。」

Likewise, the situation that moves ICRF leaders worldwide to act urgently is that “more than 1,300 members of the UC have returned to their religious communities recounting tales of kidnapping, forced confinement, beatings, food deprivation, harassment, rape and other heinous and humiliating acts in an attempt to convince or force them to renounce their faith.”

1300名以上の統一教会信者が、拉致監禁後にもとの教会に戻り、強制的に信仰を棄てさせるために、誘拐、強制改宗、殴打、食事制裁、嫌がらせ、レイプ、他の悪質な非人間的扱いを詳しく報告したことにより、ICRFの世界のリーダー達は迅速に行動することになった。

Most serious is that, the “Japanese police have refused to investigate cases in which adult UC members have been kidnapped, on the grounds that it is a ‘family matter.’ Japanese prosecutors have declined to press charges for similar reasons. Japanese courts and authorities have failed to provide redress in numerous cases.”

最も深刻なことは、日本の警察が、大人である統一教会員の誘拐事件について、「家族の問題」ということにして、調査をすることを拒んでいることである。日本の検察は、同様の理由で起訴していない。日本の裁判所・機関は多くのケースにおいて、救済を行っていない。

Toru Goto is director of an association of Japanese victims working against abduction and forced conversion. His case is one of the most striking. He was arrested by his own family and detained in a room as a prison and subjected to daily pressure to renounce their faith with insults and aggressions, as he stated after his release.

Toru Goto氏は、拉致・監禁被害者の会の会長である。彼のケースはもっとも特筆すべきものである。彼は、家族によって拉致され、刑務所のような部屋に監禁され、棄教するよう、侮辱、攻撃を受け、毎日が苦痛だった・・と、釈放後述べている。

He was detained in a prison-like room and subjected to daily pressure to renounce his faith. At the end of his confinement, he was severely malnourished and had to be hospitalized for 50 days. Yet, even in this case, the Tokyo prosecutors declined to bring charges.

彼は、刑務所のような部屋に監禁され、棄教するよう毎日苦痛を受けた。監禁の最後には、激しい栄養失調で、釈放後、50日間入院せざるを得なかった。しかし、このケースにおいても、東京検察庁は、誰も起訴していない。

According to the ICRF there are many reported cases, and that besides the little legal support there is for victims, “it is shameful that members of the clergy from various churches in Japan have tolerated, with complicity in the kidnappings, and have often participated in attempts at forced conversion.”

ICRFによれば、多くのケースが報告されているが、被害者に対する法的な援助はほとんどない。日本のさまざまな教会の牧師が、誘拐を容認、共謀し、たびたび強制改宗に参加しているのは恥ずべき事である。


Dan Fefferman is the president of International Coalition for Freedom Religion, which is “a non-profit, non-sectarian, educational organization dedicated to defending the religious freedom of all, regardless of creed, gender or ethnic origin.” ICRF “intends to be a leader promoting religious freedom for all people.”

だん・ダファーソン氏は、国際宗教の自由連合 (非営利団体、どのセクトにも属さず、信条、性別、民族に関わらず、すべての人のための宗教の自由を守ることに専念する教育団体) の会長である。ICRFは、全ての人々の宗教の自由を推進するリーダーを目指している。

It emphasizes: “We believe that every individual and religious entity, of whatever nation or belief, possesses the right to freedom of religious belief and expression as his or her conscience leads. This right, of course, must be balanced against the requirements of generally applicable criminal law.”

「すべての個人、宗教団体は、いかなる国においても、いかなる信念においても、宗教信念の自由と良心の求める表現の自由を有していると信じる。もちろん、この権利は、一般的に適用される刑法との間でバランスが求められる」とICRFは強調している。

Currently at least five members of the Unification Church in Japan have disappeared. It is believed that they have been confined and detained against their will because of their faith.

現時点で、少なくとも日本において、5名の統一教会員が行方不明になっている。信仰のゆえ、彼らの意志に反し、拉致・監禁されているもようだ。

Translation provided by Ray Mas, a staffer at the International Coalition for Religious Freedom.  翻訳はRay Mas、ICRFのスタッフによる。
posted by 管理人:Yoshi at 19:46| Comment(0) | メディア 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。