2011年02月23日

韓国Yahoo - 強制的脱会説得により引き裂かれた愛

記事タイトル(原文):종교적 이유로 사랑도 갈라져야 되나요
タイトル日本語:宗教が違うからと言って、愛も引き裂かれないといけないのか
出典URL:http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2011021619510261947&linkid=4&newssetid=1352
記事の日付:2011年2月17日
日本語訳: (アメリカの活動家による情報提供)

韓国で家庭生活を始める予定だったTTさん(日本女性 - 統一教会員)が、昨年(2010年)12月中旬に、日本帰国中に拉致された。以下のニュースは、韓国Yahoo News で流れたものだ。(元の記事は韓国世界日報)

韓国Yahoo記事 ここから
---------------------------------------------------
李張熙さん夫婦、やるせない生き別れ
妻の田中さん、日本の両親が監禁
在韓日本大使館への訴えも徒労に
(韓国紙「世界日報」2月17日付)

“愛する彼女を探してください”

日韓の国境を越えて愛を育んできた夫婦が、妻の両親の反対により、会うこともできずに涙している。切ない事情の主人公は、光州に暮らす李張熙(イ・ジャンヒ)さん(39)と日本女性の田中さん(38)。李さんは、2008年に統一教会で田中さんと出会い、2009年10月に祝福結婚式に参加した。

しかし、2人の愛が結実するには、国境よりも遠い障害物が横たわっていた。昨年12月、田中さんが「両親から祝福を祝ってもらいたい」として日本に行ったのち、連絡が取れなくなったのだ。

田中さんは日本に到着後、李さんに「無事に家に着いた」と電話をしてきたが、これが最後のあいさつになってしまった。

宗教的な理由で李さんとの結婚に反対した田中さんの両親が、2人の間を裂くために、娘を監禁してしまったのである。日本では、1966年からの45年間で、4300人以上の統一教会信徒が、宗教が異なるという理由で拉致・監禁されたと集計されている。

1週間の日程で両親のところに行った妻からの連絡が途絶えると、李さんは、昨年12月末に日本を訪問し、在日韓国領事館と日本の警察に行方不明の申告をした。

しかし、領事館側は「警察に告訴しなければ、領事館が対応する方法はない」とし、警察も「まだ婚姻届が出されていないため、両親が申告しないかぎり、受け付けることはできない」ということだった。

李さんは、日本の田中さんの家と親戚の家を訪ねまわり、田中さんに会わせてほしいと訴えたが、誰も耳を貸してくれなかった。心が真っ暗闇になった李さんは、帰国後も、在韓日本大使館など、各所に助けを求めた。在韓日本大使館側は「田中さんは自分の意志で日本に行って失踪したため、私たちには何もできない」という答弁を繰り返すばかりだった。

甘い新婚生活を夢見ていた李さんは、愛する人の突然の音信不通に茫然自失の状態だ。彼は「父を早くに亡くし、田中さんだけでなく、彼女の両親も、本当の両親のように思って孝行するつもりだった」と言いつつ、「会うこともできず、声を聞くこともできないため、どうすればよいか分からない」と肩を落とした。

光州=リュ・ソンチュン記者
--------------------------------------------------
韓国Yahoo記事終了


管理人のコメント:現在監禁されているのは、島根で昨年11月に行方不明になったYAさん(女性)と、今回の記事のTTさん(田中さん)である。YAさんは3ヶ月、田中さんは2ヶ月である。個人の意志に反して監禁し脱会説得をする事が許されていいはずがない。今回の記事の出典元の韓国Yaohhには、二人の写真が掲載されている。見れば見るほど、心が痛む。


更新情報:
2011-02-24午後:
記事タイトルを「宗教により引き裂かれた愛」から「強制的脱会説得により・・・」に変更。「宗教により・・・」では、何らかの信仰を持ったことで引き裂かれた・・と理解できるため。


xxx
posted by 管理人:Yoshi at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

◇SBS番組の結論部分

先日、韓国のSBSで統一教会拉致監禁問題を扱う番組が放映されました。多分、日本語へ完全な訳は、遅からず発表される事を希望します。拉致監禁の反対運動をされているアメリカ在住の方が、その番組の英語のテキストを送って下さいました。その中の、SBSの結論とされる部分がありますので、そこだけ、紹介させて頂きます。本日の記事の元になった英文は、アップいたしません。

どなたが、韓国語から英語に訳されたのか、私には分らないし、その元の英文まで出さない方が適切と判断しました。いずれ、後日、正式な日本語訳で確認して下さい。


SBS特集番組「統一教会拉致監禁事件 – きよみ13年ぶり帰郷」SBSの結論部分
以下、英語からの訳ですが、本日は、訳した日本文のみ掲載致します
-------------------------------------------------------
今回の調査を通じて、私たちは、拉致監禁問題が真実に存在することと、そしてその背後で改宗を陰で操る組織の存在があることを証明することができた。さらに、この改宗の報酬として、多額の報酬が渡されているという疑惑をつかんだ。

私たちは、統一教会の拉致監禁問題を、単に家族の問題とか、単に一つの宗教の問題として見るべきではない。そして、カルトと見なされているかもしれない宗教に属している人たちに対し、異なった法律の基準や、異なった倫理的な基準を持つことは、まったく良心的な事ではない。宗教も政府も、神の与えた人権を、誰からも遠ざけることはできない。
-------------------------------------------------------
英文からの訳終了。


最初の段落は番組後半でナレーターが語り、後半は番組最後でインタビュアー(インタビューした人)が語ったようです。
posted by 管理人:Yoshi at 20:19| Comment(3) | メディア 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。