2015年10月14日

広島検察、監禁被害者夫婦の告訴 棄却方向か?

後藤裁判での、(拉致監禁グループの)最高裁上告が棄却されたのが、ついこの前 ( 2015年9月29日) のことであるが、日本の拉致監禁問題は、そう簡単には終わりそうもない気配である。

広島で、2014年7月に統一教会の会員夫婦が、手足を縛られ、寝袋に詰め込まれ、大阪に移送された事件があった。2014年11月には、その夫婦は、高澤守牧師と親族を刑事告訴した。その後、2015年5月に高澤守牧師は、自殺した。

参考URL:
★夫婦 同時拉致事件 続報: 手足を紐で縛られ、寝袋に詰め込まれ、移送される
http://humanrightslink.seesaa.net/article/405268400.html

★高澤守牧師と親族を刑事告訴 - 広島の夫婦同時拉致被害者
http://humanrightslink.seesaa.net/article/408501790.html

★神戸真教会の高澤守牧師が自殺 - 生きて裁かれるべきだった!
http://humanrightslink.seesaa.net/article/419008563.html

広島夫婦の刑事告訴に関するその後の情報が、ベルギーの人権団体、「国境なき人権」 のニュースレター (2015年10月13日付け) により、明らかになってきた。

その内容を要点のみ記すと、2015年9月15日に告訴人のYuko Seo 氏が広島検察より呼び出しを受け、検察官の Kurita 氏と面会した。Kurita 氏は、事件についての聴取はせず、その刑事告訴を棄却すべきかどうかの説明だった。

このことは、「国境なき人権」 が公開した、2015年9月17日付け、告訴人の代理人である Nobuya Fukumoto 弁護士の広島検察庁 主任検察官への要望書にて知ることができる。以下は、その要望書(英語)であるが、日本語訳は、時間をみて、行うのでしばらくお待ちを。

(アメリカ国務省の、国際宗教の自由報告書も、あと数時間後には発表されるので、時々、このブログをチェックして頂きたい。)

HRWF_chairman.jpg
「国境なき人権」フォートレー代表


★広島夫妻の代理人弁護士が、広島検察庁に提出した要望書
http://hrwf.eu/wp-content/uploads/2015/10/Japan2015.pdf
(このサイトの10〜12ページが以下の引用元)
<以下、(注:・・・)は、私による注です。>
Case of arresting and attempted duress
拉致ならびに、監禁未遂の事案


Accuser: Yuko Seo and another victim 告訴人
Accused: Mamoru Takazawa and 15 others 被告訴人

Requesting Letter 要望書

17 September 2015

Chief Prosecutor Kazuhiro Ishida
Hiroshima District Prosecutor's Office
広島検察庁 主任監察官 Kazuhiro Ishida 殿

Representative lawyer of accusers Nobuya Fukumoto
告訴代理人弁護士 Nobuya Fukumoto

My request for the case which your office is investigating, as below:
貴検察庁が調査中の事案について以下の通り要望する


1. Details from Prosecutor Kurita:
1. Kurita 検察官からの詳細


Accuser Yuko Seo was summoned to your office on September 15th, 2015 and met Prosecutor Kurita. The prosecutor did not conduct a hearing on the case and mainly discussed the reasons if he were to drop the case.

告訴人が、2015年9月15日に貴検察庁に呼び出され、Kurita 検察官と面会した。検察官はその事案について聴取したのではなく、主に、彼がその告訴を棄却すべきかどうかの理由について説明した。

According to the accuser, the explanation of the prosecutor follows:
告訴人によれば、検察官の説明は以下の通りだった。

"When the police brings a criminal case to the prosecutor's office, there are three kind of requests: (1) strict decision, (2) reasonable decision, and (3) discretion disposition. This time, the police requested reasonable decision. It means that the police entrusts a decision made from the prosecutor's office.

警察が検察庁に刑事案件を回す時、3種類の要望がある。(1)厳格な判断 (2)合理的な判断 (3)慎重な処分 である。今回のケースでは、警察は、合理的な判断をを要望した。意味するところは、警察は、検察の判断に委ねるということである。

All relatives admitted to the criminal acts in which they had conducted and there are no doubts for the kidnapping and confinement. This is criminal intent. However, I cannot decide whether the compulsion of leaving the religion is good or evil, whether their purpose deserves criminal punishment by the state or not. For example, if parents conduct kidnapping, confinement and imposes their sons and daughters to leave "Furikome-sagi" groups (an infamous fraud group spreading in Japan which cheat senior people by telephone and convinces them to transfer money to the group's bank account), this is a right compulsion and for good purpose. The nation should not punish them, and we have found the same issue. Of course, the prosecutor will indict any murder case.

すべての親族は、彼等が行った犯罪行為を認め、拉致監禁があったことは疑いのないことである。これは故意犯である。しかしながら、私は、宗教からの脱会を強要することが善なのか悪なのか、彼等の目的が国家による刑事罰を受けるものなのかどうか、判断できない。たとえば、もし、両親が息子、娘を拉致監禁し、"振込め詐欺" グループから脱出を強要したならば、善の目的のための正しい強要である。国家は彼等を罰するべきではなく、同じ論点がここにもあった。当然のことながら、殺人については、検察官は告訴する。(英文読者のために、振り込め詐欺の説明があるが、日本語訳では省略)

The prosecutor's office considers the possibility of recurrence. In this case, I do not think there is a possibility. They may use other means.

検察は、再発の可能性についても考慮した。このケースでは、その可能性はないものと考えている。彼等は、他の方法を使うかもしれない。

In some cases, the prosecutor drops a case without calling the accused, but I am going to summon the main suspect and conduct a brief hearing.

ある場合にはおいては、検察庁は被告らに連絡することなく不起訴にすることもあるが、私は、主要な被疑者を召喚し、簡単な聴取を行うつもりだ。

As for the recommendation from the United Nations to Japan, the prosecutor's office is studying it.
I will decide to indict or drop, and inform you the results in September."

国連の日本への勧告については、検察当局でも詳しく調べているところだ。私は、起訴するか、不起訴にするか決定し、その結果を9月に知らせる


I assume the prosecutor is going to drop the case, but the reasons he explained are obviously unconstitutional as mentioned below:

私は、その検察官は不起訴にすると推測するが、彼が説明した理由は、明らかに違憲である。以下の通りである。 (注:私=福本弁護士)


2. Unconstitutional Violation of Religious Freedom (Article 20) by the State:
2. 国家による宗教の自由 (憲法20条)の侵害は憲法違反


Accusers live a peaceful life with religious briefs as Unification Church members (Unification Church changed the name to Family Federation for World Peace and Unification). No crimes or illegal conducts has been committed. However, the accusers have committed crimes for purposes of destroying their faith. These are vicious violation of religious freedom! It seems that the prosecutor wants to drop the case saying "destroying the faith of Unification Church by duress is the right thing."

告訴人は、統一教会 (統一教会は、世界平和統一家庭連合に名称変更) の会員として、宗教的信念に基づき平和的な生活を送っている。犯罪も、不法行為も行っていない。しかしならが、被告訴人は、告訴人の信仰を破壊する目的で犯罪行為を行っている。これらは、著しい宗教の自由への侵害である。その検察官は、”統一教会の信仰を、監禁により破壊することは、正しいことだ” と説明をつけて、その案件を却下したいように思える。(多分、英文の間違いの可能性が高いが、内容からみて、英文中の下線 the accusers (告訴人) は、the accused (被告訴人) になるべきである。 ここでは、内容から見て、日本語にしている。)

(注:次の段落は長いので、二つの段落に分けました)

The prosecutor says that he cannot decide whether the purpose of the compulsion was good or evil. I doubt his judgment as a lawyer. As for compulsion, the criminal code rules "forcing the other to perform an act which the other person has no obligation to perform," and it does not matter whether the content of the act is good or evil. How do you find justice by imposing others to give up their religion, by use of vicious assault, kidnapping, and confinement. It is unacceptable that the criminal actions of this case are justified and free of punishments based on incomprehensible thinking by the prosecutor.

検察官は、強要の目的は善か悪か判断できないと言っている。私は弁護士として、彼の裁定に疑義を唱える。強要に関して言えば、刑法では、”人に義務のない行為を強制して行わせる”と規定している。その行為の内容が善か悪かということは問題ではない。残忍な暴力、拉致、監禁により、彼等の宗教を放棄させようと強要することに、どのように正当性を見出せるのか?検察官の理解しがたい思考により、この事案の犯罪行為が正当化され、刑罰から逃れることは、受け入れることの出来ないことだ。

More importantly is the violation of the constitution by the prosecutor himself. If the prosecutor drops the case and thinks vicious acts that forces the members to leave the Unification Church is justified, that is a violation of the constitution (article 20) which guarantees religious freedom and the separation between religion and state. Saying, "I cannot judge whether it is good or evil," is an excuse to pretend neutrality towards religion. If the prosecutor cannot conclude a proper decision based on what is right or wrong, he should focus on the illegal restraint committed and the apparent violation of freedom of religion. Dropping the case is omission of duty.

さらに重要なことは、検察官自信が憲法に違反していることだ。もしも、検察官が、刑事告訴を却下し、統一教会から会員を強制的に脱会させる卑劣な行為は正当化されると考えたならば、それは、宗教の自由、宗教と国家との分離を保障した憲法 (憲法20条) に違反している。 ”善か悪か判断できない” と言ってるいるが、宗教に対する中立性を見せるふりをした言い訳である。もし、検察官が、何が善で何が悪であるかに基づいて適切な結論を出すことができないのなら、彼は、行われた不法な監禁と、明白な宗教の自由侵害に焦点を当てるべきである。告訴の却下は、不作為である。


3. Necessity of District Punishment
3. 厳しい処罰の必要性


(注:上記の District Punishment の District "地区、地域" の意味内容不明。ここでは Strict "厳しい" の間違いではないかと思って、日本語にしました。)

Accusers, absolutely, demand indictment and district punishment for the accused.

告訴人は、全面的に、非告発人の起訴、ならびに厳しい処罰を求める。

If the prosecutor drops the case, I will make a public explanation of the prosecutor above and request assistance from human rights organizations.

もし、その検察官が、告訴を却下したならば、私は、上記の検察官の説明を公開し、人権団体に支援を求める。


福本弁護士の要望書によれば、「広島検察は、9月には、起訴か不起訴を決める」 ということだ。さらに、「不起訴になった場合には、検察官の説明を公開し、人権団体に支援を求める」 と、言っている。国境なき人権が、ニュースレターで、このような文面を世界中の人権活動家に配信したということは、”すでに不起訴処分がなされた” ということ? それとも、態度を明らかにしない広島検察への圧力なのか?

しかし、文面に出てくる、検察官の説明は、驚きである。その私の感想は、長くなりそうなので、別の記事にまとめたいと思う。Kurita 検察官の論理は、アメリカのディプログラミングの裁判の初期において、被告人たちが使った暴力による監禁を正当化する論理と同じである。後藤裁判の被告等が、使うことの出来なかった論理である。なぜなら、暴力を認めてしまうことになるからだ。

犯罪行為が存在するのに、起訴しないのなら、何のための検察官なんだろう?(続く)

------PR------
きょうは、出先からの帰り、電車で居眠りをしてしまい、
最寄り駅を乗り過ごししてしまった。
しかも、その電車、急行で、次の駅まで20分。
まー、楽しい、電車の旅でした。続きはこちらで!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島夫婦同時拉致監禁事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます^^
Posted by 感謝 at 2015年10月14日 21:16
米国務省の国際宗教自由報告書(2014年版)が、2015年10月14日に発表されました。近日中に、記事にいたしますが、拉致監禁に関しては、2段落を使って、言及があります。
http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/religiousfreedom/index.htm#wrapper

最初の段落は、2014年の欧州国連本部での人権部会での動き。二段落目は、拉致監禁の件数などに関する最近の状況。

2014年には、後藤裁判の、第一審判決(1月)、控訴審判決(11月)と二つあったが、それに関しては言及がない。

Section III. Status of Societal Respect for Religious FreedomShare

Members of the Unification Church (UC) continued to report abductions. In its July 14 observations on Japan’s sixth periodic report, The United Nations Human Rights Committee expressed concern about reports of abductions and forced confinement of converts to “new religious movements” by members of their families in an effort to deconvert them. The committee called on the government to “take effective measures to guarantee the right of every person not to be subjected to coercion which would impair his or her freedom to have or to adopt a religion or belief.”

While the number of reported abductions and forced deprogramming cases involving UC members has declined sharply since the 1990s, the UC and the nongovernmental organization Human Rights Without Frontiers International stated that abductions and forced deprogramming of UC members by their non-UC family members continued to occur. The UC reported nine cases in which 10 church members were abducted. In these cases, UC members either received notification directly from the abductees or visited the members’ homes after they went “missing,” and then contacted police in six cases. According to the UC, family members released from forced confinement nine of the members, including two released after five days following intervention by local authorities. Five of the released abductees subsequently withdrew from the church. The tenth detained member remained in “confinement” at year’s end.

今は、時間がないので、また後ほど。2014年の国連での動きは、次のページをご参考に。

★国連: 有効な手段を講ずるべきと、強制改宗で日本当局に要請
http://humanrightslink.seesaa.net/article/402556376.html
Posted by Yoshi Fujiwara [管理人] at 2015年10月15日 05:16
米国務省の国際宗教自由報告書(2014年版)については、アメリカ在住の秀さんが、彼のブログ 「秀のブログ」 にて、拉致監禁に関する箇所の日本語訳をしてくださってますので、参考にして下さい。私のブログでは、ちょっと遅れてアップしたいと思います。

★信仰の自由に関する国際報告書(2014年版)―日本に関する部分(秀のブログ)
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/
Posted by Yoshi Fujiwara [管理人] at 2015年10月15日 17:15
精神異常小杉辰男飯田俊之今野余代金山守ベストFAMサンエース合同アシストグループオウム真理教創価学会統一教会山口組住吉会汚物人間便器は名古屋に逃亡中
Posted by 高橋雅人 at 2016年06月06日 03:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。