2015年10月01日

後藤徹裁判、控訴審判決が確定

"後藤徹" という名前は、このブログでは何度も出てくる名前である。後藤徹さんとは、統一教会からの脱会を強要され、家族らにより暴力的にアパートに、12年5ヶ月にわたり監禁された人である。あのやせ細った衝撃的な写真を見なければ、私がこのようなブログを始めることはなかったかもしれない。

100327.jpg
Photo by Mr. Kazuhiro Yonemoto

アメリカの例をみて、「裁判闘争により、拉致監禁はなくなっていく」と確信するようになり、ここ数年、後藤さんの民事裁判の日程に合わせて、日本帰国の予定を立て、第一審での証人喚問、第一審の判決、控訴審判決など、目撃することができた。

2014年11月13日に、控訴審判決が、東京高等裁判所にて言い渡された。第一審の "誤った" 判決箇所を、ほぼ完全に糺(ただ)してくれた歴史的判決だった。その後、被告側の松永堡智(やすとも)、宮村峻(たかし)、兄等が最高裁に控訴し、ここ半年くらいその結果を待っていた。

2015年6月29日、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は、被告らの上告を棄却する判決を下し、控訴審判決が確定した。

簡単に、後藤徹さんの拉致監禁事件と、その後の、刑事、民事両方の後藤さんの闘いを記録しておきたい。
1987年10月:1回目の監禁、11月下旬、偽装脱会により脱出 (これは、訴訟の対象ではない)
1995年9月11日:新潟に連行され、監禁される (2回目の監禁、新潟に約2年監禁される)
1997年12月頃:東京に移送される(東京に、10年と少し、監禁される)
2008年02月10日:12年5ヶ月の監禁から開放され、11日未明、緊急入院、50日後に退院


2008年6月:後藤氏、荻窪警察署に告訴状を提出
2009年12月9日:東京地検担当検事、不起訴処分を下す
2010年10月8日:検察審査会、「不起訴相当」の処分を下す(刑事追求の道が閉ざされる)


2011年1月31日:後藤氏、損害賠償を求め、民事訴訟を提起
2014年1月28日:民事訴訟の判決下る。その後、原告、被告共、上告する。
2014年11月13日:控訴審判決下る。被告側が、最高裁に上告する。
2015年9月29日:最高裁、被告側の上告を棄却する判決を下し、控訴審判決が確定。

最高裁が、被告(家族や、職業的改宗家、拉致監禁牧師)の上告を棄却し、控訴審(第二審)の判決が確定したことは、日本の拉致監禁が消滅していく過程における、重大な出来事だ。闘い続けてきた後藤さんの精神力に心から敬意を表したいと思う。

今回記事の参考URL:
★12年5ヵ月の拉致監禁裁判 最高裁が改宗活動家らの上告棄却
(全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会)
http://kidnapping.jp/news/151001.html

★速報!後藤裁判−最高裁が被告の上告を棄却 高裁勝訴判決が確定す
(ブログ:火の粉を払え)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-637.html#more

★後藤さん心からおめでとうございます。 (秀のブログ)
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/162/#comments


後藤さんの民事裁判が終結しても、まだまだやっていかないといけないことは多い。このことは、また次の機会に。

------PR------
あまりに、久々の更新なので、
ランキングなんて、どうでもいい気分だけれど・・・
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 後藤裁判最高裁判断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427064905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。