2015年02月23日

第二位:2014年の拉致監禁トップ10ニュース

もう、二月も終わろうとしているが、2014年の話題である。2014年の拉致監禁に関するトップ10のニュースを扱っているが、きょうは、第二位の発表である。

第二位の発表だけでは、すぐに終わってしまうので、拉致監禁問題をなくしていくことに対し、積極的な活動を行った団体二つを紹介したいと思う。

Sunflower blooming 2015 01.jpg
Blooming Sunflower 2015 02

2014年の拉致監禁トップ10ニュース
第2位:後藤徹氏の民事裁判、控訴審判決
2014年11月13日、後藤裁判控訴審判決が言い渡された。いろいろと問題ありの第一審判決に対し、原告の主張をほぼ、全面的に受け入れた歴史的判決だった。

関連記事:
★カテゴリー 「後藤裁判控訴審 」 のすべての記事
http://humanrightslink.seesaa.net/category/22853467-1.html

後藤控訴審判決が2位なら、1位は何だ?と言われるかもしれないが、それはまた次回に。



2位の発表だけで、短すぎるので、拉致監禁をなくするために貢献した二つの団体を紹介したい。一つは日本、一つは海外ということで。

■拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
この会の世話人の構成は、2名が元統一教会員であり、1名が現教会員という構成である。この会の最大の貢献は、後藤裁判での裁判資料を、「拉致監禁by宮村の裁判記録」 のブログにて、双方の主張を公開したことである。将来、日本の拉致監禁問題に関する研究には、欠かせない情報源になると思う。

2014年は、1月に第一審の判決、そして、11月には、第二審の判決があり、世話人の方々も忙しい日々だったと思う。 世話人の方々、そしてそのサポーターの皆様には、これからも、まだまだ、拉致監禁が日本からなくなるまで、がんばって頂きたいと思う。

関連ウェブサイト
★拉致監禁by宮村の裁判記録
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/


■国境なき人権
国境なき人権は、ベルギーに本拠を置く、国際人権団体であり、宗教の自由問題を得意分野としている。2014年には、欧州国連本部(スイス・ジュネーブ)での、自由権規約人権委員会に対し、日本の拉致監禁問題について、多くの報告書を提出し、その人権委員会の日本政府に対する最終報告書には、「改宗のための拉致、及び強制的監禁を憂慮し、日本政府は、有効な手段を講ずるべきだ」とする勧告が盛り込まれた。

関連記事:
★カテゴリー 「国連自由権規約人権委員会 2014」の記事
http://humanrightslink.seesaa.net/category/23159244-1.html


------PR------
1位の発表は次回に。
クリックありがと。
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by 管理人:Yoshi at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★管理人挨拶/コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414519844

この記事へのトラックバック