2014年09月12日

夫婦 同時拉致事件 続報: 手足を紐で縛られ、寝袋に詰め込まれ、移送される

昨日、後藤裁判 控訴審での、裁判資料の連載を始め、その第一弾 「後藤裁判 控訴審 甲185号証:『国境なき人権』 報告書」 をアップしたばかりだが、このニュースが入ってきたため、この記事を割り込ませて頂きます。

2014年9月11日付け、「国境なき人権」 のニュースレター(E-Mail)で、7月に夫婦で拉致された事件のことが配信された。今回は、このニュースレターを紹介したい。

この事件については、「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」 が、以下のように報じている。今回の、「国境なき人権」 ニュースレターでは、より詳細な拉致の状況が示されている。

★2014年7月 3件の拉致監禁事件起きる!
http://kidnapping.jp/news/20140804.html
(記事内の、「事件1・一家4人が拉致監禁!警察が介入し解放される!」 より)
一家4人が拉致監禁され、警察の介入により解放されるという前代未聞の事件が起こりました。被害者のショックが大きく、まだ断片的な情報しか入っていませんが、速報としてお伝えします。

7月26日、広島市在住の統一教会信者の夫婦と子供(8歳と3歳)が、広島市内で別々にそれぞれの親族により拉致され、別々のルートで大阪市のマンションに連行、監禁され、脱会を強要されました。監禁マンションに現れたのは、既に統一教会信者の拉致監禁事件で2回の起訴猶予処分を受けている神戸真教会の高澤守牧師と西日本福音ルーテル教会(青谷福音ルーテル教会)執事の尾島淳義。ご夫婦は連日、約5時間に亘り、脱会強要を受けたとのことです。監禁6日目の7月31日、自分の携帯を奪われていた妻が、監禁現場で監視をしていた親族の携帯を用いて警察に110番通報すると、約10分後に警察がマンションに踏み込み、無事解放されたとのことです。


「国境なき人権」 ニュースレター(2014年9月11日発信)
赤色部分は、夫婦拉致事件の開放までの様子を示す部分です。
JAPAN
Husband and wife abducted and confined for the purpose of forced religious de-conversion
A recidivist Protestant pastor involved in the case

日本
夫と妻が、強制改宗目的で、拉致・監禁される
常習的プロテスタント牧師が関与



HRWF (11.09.2014) - On July 26th, 2014, two members of the Unification Church in Japan, Mr. and Mrs. S., both in their 40's, were kidnapped by their respective relatives under the direction of an Evangelical Minister, Mamoru Takawaza, leaving their two children behind.

国境なき人権 HRWF(2014年9月11日) - 2014年7月26日に、日本統一教会の二人の会員、S夫妻(夫妻とも40代)が、福音派の高澤守牧師の指導のもと、二人の子供達を残したまま、それぞれの親族により拉致された。

This is an additional case of abduction of religious minorities' followers for the purpose of forced de-conversion in Japan. Families influenced by prejudice have resorted to Evangelical ministers over the last thirty years for advice on abducting and confining their over-age children to have them "persuaded" under constraint to recant their minority faith.

これは、日本において、強制改宗目的で、弱小宗教団体の信者を狙った、さらなる拉致事件である。偏見により影響を受けた家族は、拘束下のもと成人した子供達を "説得" し、その少数派の信仰をやめさせるため、拉致監禁についてのアドバイスを、過去30年の間、福音派の牧師達に、頼ってきた。

The United Nations Human Rights Committee during its sixth periodic review of Japan expressed concern, in its Concluding Observations released on 23rd July 2014, "at reports of abductions and forced confinement of converts to new religious movements by members of their families in an effort to de-convert them." The Committee recommended that Japan "should take effective measures to guarantee the right of every person not to be subject to coercion which would impair his or her freedom to have or to adopt a religion or belief" pursuant to Article 18.2 of the International Covenant on Civil and Political Rights.

国連・自由権規約人権委員会は、日本に関する第6回目の定期的審査の期間中において、また、2014年7月23日に発表された最終報告書内の "新宗教運動への入信者に対する、家族による改宗目的の拉致・監禁の報告" において、懸念を表明した。人権委員会は、「市民的および政治的権利に関する国際規約」 の18条2項に基づき、日本は "全ての人が自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない権利を保障するための、有効な手段を講ずるべきである。" と提言した。

In spite of the clear recommendation made by the Committee, the Japanese police did not put an end immediately to Mr. and Mrs. S.'s confinement when they were asked to take action to rescue them.

国連人権委員会の明確な提言にも関わらず、日本の警察はM夫妻を救出するよう行動を求められたとき、警察は、直ちにM夫妻の監禁を止めることはしなかった。


The facts: A double simultaneous abduction
夫妻同時拉致の真実


Mr. S.'s parents visited his house and picked him up saying "Let's go to the hospital to see our relative." After he sat in the car, they banded his both hands and ankles with cords. They brought him to an apartment in Osaka City and confined him.

夫S氏の両親が、「親戚の見舞いに病院に行こう」 と、S氏宅を訪ね、彼を連れ出した。車の中に座った後、彼等は、両手、両足を、紐で縛った。彼等は、大阪のマンションに連行し、彼を監禁した。
注 by Yoshi:
apartment は、日本語のアパートというよりは、日本語のマンションに近いと思うので、"apartment" は、"マンション" とした。参考:秀のブログ


Mrs. S.'s parents invited her to their home in Hiroshima City. She visited them with her two children: a son (8 years old) and a daughter (3 years old). While her mother took her grand-daughter out for shopping, she stayed with her son asleep at home. Suddenly, male relatives including her father attacked her. They tied her hands and ankles with cords, wrapped her into a sleeping bag and banded the sleeping bag with strings. In spite of her frantic struggle, they conveyed her into a wagon type car and took her to Osaka City to the same apartment where husband had already been brought, and which was especially equipped for their confinement.

妻のSさんの両親は、Sさんを、広島市内の彼等の家に招待した。彼女は、二人の子供 (8歳の息子と、3歳の娘) を連れ、両親を訪ねた。彼女の母親が、孫娘を買い物に連れ出した間、Sさんは、両親の家で、眠っている子供と一緒に居た。突然、男性の親族等が彼女の父親と共に、彼女を襲った。彼等は、彼女の手と足首を縛り上げ、寝袋に包み込み、寝袋を紐で縛った。彼女の半狂乱の抵抗に関わらず、彼女は、ワゴンタイプの車に乗せられ、夫がすでに連れ込まれた同じ大阪のマンションに連行された。その部屋は、特別に準備がしてあった、監禁用の部屋だった。

While taken into the flat, she screamed and the neighbors called the police. When the police came to the apartment, her father and Minister Takazawa persuaded them that this was just a "talk" between family members about her religious affiliation with the Unification Church and the police did not do anything to rescue her at this point.

マンションに連れ込まれるとき、彼女は叫びを上げ、近所の人が警察を呼んだ。警察がマンションに来たとき、彼女の父親と、高澤牧師が、これは、統一教会に入会していることに関しての、家族間の ”話し合い” であると警察を説得し、警察は、この時点で、彼女を救出するために何もしなかった。


Confinement and lucky rescue
監禁と救出


Mr. and Mrs. S. had been deprived of their mobile phones by their relatives, so they could not contact outside people. However, two days later on 28th July, Mrs. S. managed to send a distress email to members of the Unification Church (UC) in Hiroshima asking them for rescue. Those members went to the police and showed them her e-mail. The police promised to investigate but after Minister Takazawa and Mr. and Mrs. S.'s fathers gave their explanation of the situation, the police concluded that this was "not a case".

S夫妻は、親族等により、携帯電話を取り上げられたため、外部と連絡を取ることができなかった。しかし、二日後の、(2014年) 7月28日に、妻のSさんは、広島統一教会のメンバーに、救出を求める、救難メールを、なんとか送信することができた。広島のメンバー達は、警察に行き、彼女の E-Mail を見せた。警察は、調査することを約束したが、高澤牧師と、S夫妻の両方の父親が、状況を説明した後、警察は、これは、”問題ではない” と結論を下した。

On July 31st at midnight, Mrs. S. managed to make an emergency call to the police using her mother's mobile phone while she was asleep and asked for rescue saying she was confined with her husband by five or six persons. The police then had to act and finally five or six policemen went to the apartment. They found that the couple was actually confined and that the situation was actually a criminal case. The victims were released from the apartment and were able to go home and pick their children up safely.

7月31日の深夜、妻のSさんは、彼女の母親が眠っている間に、母親の携帯電話を使い、警察に緊急通報を入れることができ、Sさんは、5〜6名により、夫と一緒に監禁されていることを告げ、救出を要請した。そうして、警察は、行動を起こさざるを得なく、5名か6名の警官がマンションにやってきた。警察は、その夫婦は、実質的に監禁され、状況は実のところ、犯罪事件であると判断を下した。被害者は、マンションから解放され、家に戻り、子供達を無事に迎えにいくことができた。

The couple's rescue was only due to the luck of Mrs. S. in getting access to a mobile phone and being able to make a distress call to the police direct. All the previous cases of abduction and confinement did not have this opportunity and the Japanese police have turned a blind eye on these abuses.

その夫婦の救出は、妻のSさんが、携帯電話にアクセスでき、警察に直接に緊急通報を入れることができた幸運のみによるものだった。以前の、すべての拉致監禁において、この機会はなく、日本警察は、これらの虐待に対し、見て見ぬふりをしてきた。


The long-standing inaction policy of the police and the Prosecutors' offices
警察と検察の長期にわたる無為政策


The legal provisions governing the search for missing persons in Japan are the "Rules on activities to find a missing person", which are based on the Police Act of Japan and which binds the police forces.

日本において、行方不明者の捜索を統制する法的規定は、 "行方不明者捜索規範" であり、その規範は、警察力の法的根拠となる日本の警察法に基づいている。

Chapter 2 Article 6 of the Rules states that when a person goes missing, the chief of police who has jurisdiction over the domicile or residence of the person shall receive a notification on the missing person ("missing-person report") from relatives but also from "persons who have close relationship with the missing person in social life".

その規範の第二章の第六条には、"誰かが行方不明になったら、親族ばかりでなく、社会生活において、行方不明者と近い関係のある人たちからの行方不明届けを、行方不明者の居住地域を管轄する警察署長は、受け付けるものとする" と述べている。

In spite of these clear legal provisions, the police has consistently over the years refused to take action or even to accept a missing person report as far as Unification Church members were concerned, considering legitimate the endeavors from relatives to have their over-age children snatched from their religious affiliation. The police have justified their discriminatory policy with statements like "criminal law does not intervene in family matters" or "If the case is between parents and a child, even involving some violence, the police cannot intervene".

これらの明確な規定にも関わらず、警察は、統一教会の会員が関係している限り、成人した子供達を、その信仰から抜けさせようとする親族の試みを合法的なものとみなし、長年にわたって行動をとることを拒否し、行方不明届けを受け付けることさへ拒んできた。警察は、 "刑法は、家族問題に干渉できない" とか、"もし、事件が親子の問題であれば、たとえ暴力が絡んでいたとしても、警察は干渉できない" というような声明をもって、その差別的な政策を、正当化してきた。

In some cases, the police inaction turned into active support.
ある事件では、警察の無為方針が、積極的サポートに変化した

A striking example of the police behavior and precedent was given in Kozue Terada's case, a married woman who was confined for two months in 2001 at the age of thirty. Kozue was abducted under the direction of the same Evangelical Minister Takazawa (as the recently kidnapped couple), who visited her regularly during her confinement to coercively have her renounce her faith.

警察の驚愕すべき行為の例と、前例は、2001年、30歳のとき、2ヶ月監禁された既婚女性、寺田こずえの事件で見られた。こずえは、最近起きた夫婦拉致事件と同じく、福音派の同じ高澤牧師の指示のもと、拉致された。こずえの監禁中、高澤牧師は、強制的に彼女の信仰を失わせるため、定期的に、彼女を訪問した。

At the beginning of her confinement, Minister Takazawa, bragged to her about his connections with the police stating "Even if a policeman comes, as soon as he finds it is about the Divine Principle (main belief of the Unification Church), he will collaborate with me, saying 'Keep on your good work!". This actually showed to be true. Once Kozue Terada succeeded to get a message out calling for help and a policeman knocked on the front door. Minister Takazawa showed up and followed the policeman to the police station. He returned by himself an hour later and said "The police know me. They understood our situation and told me to be careful not to disturb the neighbors".

監禁の最初の頃は、高澤牧師は、"たとえ、警察が来たとしても、それが原理講論 (統一教会の中心的教え) についてのことと分かるや、警察は「いい仕事、しろよな」 とか言って、俺に協力するよ。" と、こずえに、自慢した。これは、実際、正しいと言える。一度は、寺田こずえが、メッセージを外に向けて出して、助けを求めることに成功し、警察が、玄関のドアをノックしたことがあった。高澤牧師が現れ、その警官の後をついて、警察署に赴いた。1時間後に、彼だけで戻ってきて、"警察は俺を知っているんだ。警察は、私達の状況を分かっていて、近所の人たちの邪魔をしないように、気を付けてやってくれと言ってたよ。" と、話していた。

Minister Takazawa had already been sentenced in 2000 to damages in a similar case where another woman believer, Ms. Hiroko T., was confined for 1 year and three months and coerced by Minister Takazawa to leave the Church. But in 2001, the Prosecutor's Office dismissed her criminal complaint.

2000年に、1年3ヶ月監禁され、高澤牧師に教会を辞めるよう強要された別の女性信者 ひろこ T.の事件では、高澤牧師は、損害賠償支払いの判決を受けていた。しかし、2001年、検察庁は、刑事告訴を却下した。

Encouraged by this lack of prosecution to continue his activities, Minister Takazawa bragged in a taped conversation with Kozue Terada to have organized hundreds of confinements and that he would continue because he wanted "everybody to believe in the true Jesus".

告訴されないことが、彼の活動の継続を後押し、高澤牧師は、寺田こずえとの録音された会話の中で、「数百件の監禁をやってきて、"すべての人に、真のイエスを信じてもらいたい" ので、継続していく」 と豪語した。

Kozue Terada filed a civil suit against him and wan symbolic damages in January 2004.

寺田こずえは、高澤に対し民事訴訟を起こし、2004年1月に、象徴的損害賠償を得た。

However, when she filed a criminal complaint a few months later, the Prosecutor dismissed it and decided a "suspension of prosecution" which, per the internal rule of the Ministry of Justice, Kunrei, means that the Prosecutor found that the criminal acts were established but he deemed prosecution "unnecessary" owing to the "circumstances" of the offense.

しかしながら、彼女が、数ヶ月のちに、刑事告訴を行った時、検察官はそれを却下し、法務省の内部既定(訓令)により "起訴猶予" とした。 "起訴猶予" というのは、検察は、犯罪行為は立証されているが、その犯罪の "状況" により、起訴は "不必要" とみなした ということである。


Carte blanche from the Japanese authorities
日本当局の自由裁量権


This policy of the Japanese authorities amounts to giving carte blanche to these Ministers to continue their criminal activities.

日本当局の政策は、その犯罪活動を継続するため、これら大臣に自由裁量権を与えていることに等しい。

Kozue Terada has finally filed in 2013 an allegation letter with the UN Special Rapporteur* on Freedom of Religion or Belief, together with a dozen of other victims of these practices.

寺田こずえは、2013年に、同じ状況の他の被害者12名と共に、国連・宗教の自由特別報告者* に、申し立ての手紙を提出した。
注 by Yoshi:
UN Special Rapporteur = 国連特別報告者、国連から、ある問題・課題について調査を行い、報告する任務を与えられた報告者


On the other hand the UN Human Rights Committee experts asked very sharp questions on this issue to the Japanese Minister of Justice during their review on 16 July 2014.

一方で、国連・自由権規約人権委員会の専門家は、2014年7月16日の審査の過程で、日本法務省に対し、この問題について、きわめて鋭い質問を行った。

However, the Japanese police when requested to rescue new victims refused to take action on 28 July. The only reason why these victims were finally released was that they managed to call the police directly. Another missing young man, Masato I., follower of the Unification Church, has not had this chance and has been missing since 2 January 2014 on the occasion of a family visit. In spite of the power-of-attorney he wrote to his lawyer to search him in case he disappeared, and the distress signal he sent, the police has to this day refused to rescue him.

しかしながら、7月28日、警察は、新しい被害者の救出要請を受けた時、行動に移すことを拒んだ。これらの被害者が最終的に開放された唯一の理由は、警察に直接に電話することができたからである。もう一人の、行方不明の若い男性、Masato I. 君 (統一教会の信者) は、この機会を持ちえず、実家を訪問した、2014年1月2日から、行方不明のままである。失踪時の救出を弁護士に依頼した委任状があるにも関わらず、彼が緊急信号を発信したにも関わらず、警察は、今日に至るまで、彼の救出を拒んでいる。

Japan thereby does not honor its international human rights commitments and violates the provisions of Article 18 of the International Covenant of Civil and Political Rights.

日本は、このように、国際人権義務を果たしておらず、「市民的および政治的権利に関する国際規約」 18条の条項に違反している。



■ CORD, STRING と 紐 (ひも) の関係
Mr. S が手足を縛られたのは CORD、Mrs. S が、手足を縛られたのも CORD。寝袋を縛られたのは STRING だ。「秀のブログ」 に、興味深い解説があるので、引用して、続いて、私の別の観点からの説明を加えたい。

★驚愕! 手足を縛られ、寝袋に詰められ拉致監禁!(秀のブログ)
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/62/
<”ヒモ”について>
Yoshiさんはどちらも「”紐”で縛られた」と訳しているが、少し表現が違う。
登場するのは手足を縛りあげたものと寝袋を縛ったもの。
手足(足首 )を縛ったのは、Cord。すぐにイメージできるのは電気のコードだけど、紐という感じよりはかなり太く丈夫な感じ。
寝袋を縛ったのはString。イメージは荷造り用の紐というところじゃないだろうか。

CORDは、日本語にもすでになっていて、コードだ。Cord は、「へその緒 (umbilical cord) 」 の 「緒」、「脊髄 (spinal cord) 」の 「隋」 とかの箇所にも、同じ単語、Cord が使われる。その中を、その中に、それがないと生きていけないくらい、とても大切な、栄養分とか、神経繊維だったりが、通っていたりする。電気のコードは、中を電流が通るようになっていて、ある共通点がある。Cord というのは、太くて、強くて、長持ちしなくてはいけないし、なんかの衝撃で切れてしまうような "やわな" ものでは決してない。秀さんの言う、"かなり太く丈夫な感じ" というのがぴったしだと思う。

STRING も、日本語になっていて、弦楽器はストリングス、テニスとか、バドミントンのガットは、ストリングと呼ばれる。バイオリンとか、ギターとかの "弦" が、すぐに切れてしまっては、役に立たないし、テニスのストリングにしても、同じである。Cord に比べたら、ちょっと細めかもしれないが、それでも、ちょっと力を入れたら、切れてしまうような、そんなものではない。これも、秀さんの、"イメージは荷造り用の紐" というのが、ぴったしだと思う。

私も、Cord を日本語にする時に、"コード" というカタカナのまま残すか、あるいは、"ロープ" という原文にはない言葉を使おうかと、一瞬、ためらった。上の、私の訳は、Cord も String も、同じ "紐" のままにしておくので、違いをイメージしながら、読んで頂きたい。

ちなみに、国際関係でよく使われるのが、"ひも付き援助" である。「援助してあげるから、条件があるよ(紐は、隠れているかもしれないが、それをひっぱれば、その先に条件あり)」 ということだ。この紐は、目立ってはいけない。太い紐では、みんなに分かってしまうので、細めの紐でなければならない。でも、切れてしまっては、まずい。"ひも付き" は、英語では、"Strings Attached" となる。


------PR------
ランキング参加中
クリックお願いします
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 05:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英文和訳の作業ありがとうございます。
実は、もう一点気になる箇所があります。

それは、a wagon type car
おそらく、英語圏の人々は日産キャラバンのようなワンボックスカー
じゃなくて、ステーションワゴンをイメージすると思います。

本当はa wagon type carではなく、MINI VANというのが適切だと思います。
在米の拉致監禁被害者(自分も含めて)も体験談をアメリカ人に話す際、
よく言い直していました。
Posted by at 2014年09月13日 13:06
秀さん、

秀さんの、上のコメントを読むまで、私は、ステーションワゴンを頭に描いていました。後ろの席を倒して、寝袋ごと、放り込んだ・・・そんな感じをイメージしていました。

いつもいつも、ありがとうございます。
Posted by Yoshi Fujiwara at 2014年09月14日 06:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405268400

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。