2014年07月14日

拉致監禁問題 - ジュネーブ国連人権委員会で聴取 (2014年7月)

ベルギー・ブリュッセルに本部を置く 「国境なき人権 (Human Rights Without Frontiers Int'l)」が、2011年12月31日に、日本の拉致監禁問題について報告書を発表した。そして、その報告書が、拉致監禁問題を取り巻く世界の動きに大きな影響を与えた。

参考記事:
★米国務省の "確認できない報告" との記述を消失させた「国境なき人権」
http://humanrightslink.seesaa.net/article/378522008.html


その「国境なき人権」が、本日、(2014年7月14日付け) ニュースレターで、国連本部(ジュネーブ)人権委員会の審査で、日本の拉致監禁問題が取り上げられることを報じている。

ニュースレターの冒頭部分:
HRWF (14.07.2014) - From 14 to 16 July, Japan's human rights record will be reviewed in the framework of the 111th session of the United Nations Human Rights Committee. During Japan's sixth periodic review, the right to change religion will be raised by Human Rights Without Frontiers (Brussels) and by the Japanese Association of Victims of Kidnapping. During this session, both organizations will be heard by the independent experts of the UN Human Rights Committee.

国境なき人権(2014年7月14日) - 7月14〜16日の間、国連人権委員会第111回セッション枠内で、日本の人権状況が審査される。この日本に関する第6回の定期的審査において、「国境なき人権」 と 「日本の拉致被害者の会*」 により、改宗の権利についての問題が取り上げられる。このセッションにおいて、両組織の主張が、国連人権委員会の専門家により聴取される。

注 by Yoshi:
日本の拉致被害者の会* (the Japanese Association of Victims of Kidnapping)は、具体的には、後藤徹氏代表の 「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会 Japanese Victims Association against Religious Kidnapping and Forced Conversion 」を指します。
 


以下は、そのニューレターの、すでに紹介した上記の冒頭部分に続く、残りの全文である。

In July 2013, Human Rights Without Frontiers' (HRWF) submitted a report, entitled Japan: Abductions and confinement for the purpose of religious de-conversion (Violations of Articles 7, 9, 12, 18, 23 and 26 of the ICCPR) to the Human Rights Committee in order to bring to the attention of Committee members its concerns about the total impunity of non-state actors who abducted and confined converts to new religious movements until they recanted their new religious faith. See text of the submission at
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=INT%2fCCPR%2fNGO%2fJPN%2f15101&Lang=en

2013年7月に、国境なき人権(HRWF)は、「宗教的改宗目的のための拉致と監禁 (国際人権規約第7、9、12、18、23、26条に違反) 」 と題した報告書を、国連人権委員会に提出した。目的は、委員会メンバーに、信仰を放棄するまで、その新宗教信者を拉致し、そして監禁した非国家主体(*)に対する完全な刑事免責(注:刑事罰を全く受けないこと)について、懸念を表明するためである。
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=INT%2fCCPR%2fNGO%2fJPN%2f15101&Lang=en

[注 by Yoshi] *非国家主体 (non-state actors): 主権国家ではない組織、団体、グループなどを指す。上記の文脈では、新宗教に入信した子供を拉致監禁し、強制改宗を行う組織、グループを指す。


On 14 November 2013, the problem was raised by the Human Rights Committee in its list of issues addressed to Japan
(See http://daccess-dds-ny.un.org/doc/UNDOC/GEN/G13/486/27/PDF/G1348627.pdf?OpenElement). Issue 16 stated: "Please comment on reports of cases of abduction, forced conversion and forced de-conversion, which were not investigated and prosecuted by the State party."

2013年11月14日、その問題が、日本の問題点リストの中で、国連人権委員会により取り上げられた。(参考 http://daccess-dds-ny.un.org/doc/UNDOC/GEN/G13/486/27/PDF/G1348627.pdf?OpenElement) 問題点16では、「国家により、調査されず、起訴もされなかった拉致、強制改宗についての報告書について、コメントして下さい。」と述べた。


In its reply, the Japanese government flatly denied the existence of such an issue, merely stating "We do not know of any cases as those described" although on 28 January 2014, a Japanese man, Toru Goto, who had been kidnapped by family members, confined for 12 years (from September 1995 to February 2008) and subjected to violent attempts to force him to renounce his new religious affiliation, won a court ruling against his captors and the deprogrammer in a civil lawsuit. The Tokyo District Court ordered the defendant members of the family to pay a total amount of 4.83 million yen (about $47,000) while the deprogrammer, Takashi Miyamura, was ordered to pay 960,000 yen (about $9,400) jointly, as part of the total damages. Some Japanese media briefly reported about this case.

1995年9月から2008年2月まで12年の間監禁され、彼の信仰を暴力的に放棄させようとさせたれた日本人男性の後藤徹氏が、首謀者、ディプログラマーに対する民事裁判で、2014年1月28日に勝訴判決を得たにもかかわらず、日本政府は、返答の中で、「私達は、述べられたような問題について知りません」と、そのような問題の存在をきっぱりと否定した。東京地方裁判所は、家族のメンバーに483万円を支払うよう命じ、ディプログラマー宮村峻氏に対して、全体的な損害賠償の一部として、共同して96万円支払うよう命じた。いくつかの日本のメディアは、この件に関して、簡単ではあるが報じた。


Recent abduction cases confirm failure of police to take appropriate action
★最新の拉致ケースで、警察が適切な処置をとっていなことが判明


Since submitting its initial briefing to the Human Rights Committee in July 2013, HRWF has been informed of three further abductions of Unification Church (UC) members, two females and one male. One of them was believed still to be confined at the time of writing.

2013年7月に、人権委員会に最初のレポートを提出して以来、「国境なき人権」は、、統一教会メンバーに対する更なる3件の拉致事件(女性二人、男性一人)について知らされている。そのうち一人は、この文書の発表時点で、まだ監禁されているものと思われる。


Before 27-year old Masato Ishibashi was allegedly abducted by his parents when visiting them for New Year's, he had been worried about a possible abduction for a long time and taken steps to prepare for such an event. He gave his lawyer a signed and stamped "Rescue Request" and carried a GPS device on him when visiting his parents at the end of December 2013. On 2 January 2014 an emergency signal was sent from his GPS device to a private security company.

Masato Ishibashiさん* (27歳) は、新年に両親を訪問した折、両親により拉致されたもようだ。訪問前、彼は、長期にわたる監禁を心配し、そのような事態に対処するため準備を進めていた。彼は、署名し印鑑を押した「救出願い」を弁護士にゆだね、2013年12月暮れに両親訪問時には、GPS 装置を携帯した。

(注 by Yoshi)
*Masato Ishibashi: 漢字表記は石橋正人 http://kidnapping.jp/news/20140305.html 国境なき人権の情報からして、千葉県香取警察署管内に監禁されている模様。


In order to comply with Masato Ishibashi's explicit wish to be rescued should he be subjected to forced confinement, HRWF repeatedly urged the police to ascertain Masato Ishibashi's whereabouts and talk to him directly and confidentially in order to establish whether he was held against his will and wished to be rescued. On 18 February 2014, a HRWF delegation consisting of the organization's director, Willy Fautré, and international human rights activist Aaron Rhodes, visited Chiba Prefecture Police Headquarters, along with Shunsuke Uotani, Vice-Secretary General of the Japanese branch of the Universal Peace Federation, a UC affiliate, to raise Masato Ishibashi's case with the Public Relations Division. To follow-up from the meeting, Shunsuke Uotani, spoke by telephone to an officer at the Public Relations Division of Chiba Prefecture Police Headquarters and senior officers at Katori Police Station, on five different occasions.

Masato Ishibashi君の 「拉致監禁を受けたなら、救助して欲しい」 との明確な願いに応じるため、「国境なき人権」 は、警察に対し、彼が意思に反して監禁され、救助されたい希望があるかどうかを確認するため、Masato Ishibashi 君の居所を確定し、直接にそして内密に彼と話すよう、繰り返し要請した。2014年2月18日には、「国境なき人権」 代表の Willy Fautre 氏、国際的人権活動家 Aaron Rhodes 氏からなる代表団が、Universal Peace Federation (統一教会関連組織) の日本支部、副事務局長である Shunsuke Uotani 氏とともに、千葉県警本部を訪問した。その後、Shunsuke Uotani 氏は、千葉県警広報担当、ならびに、香取警察署のシニア・オフィサーと、5回にわたって、電話で会話した。


The UC documented all conversations with the police and made available transcripts to HRWF. The police officers' statements are revealing and provide information about reasons and justifications of police inaction that go beyond what HRWF was able to document in its July 2013 briefing to the UN Human Rights Committee (See http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=INT%2fCCPR%2fNGO%2fJPN%2f15101&Lang=en and refer to the chapter "Inadequate police response," in particular the section "Police are aware of Masato Ishibashi's forced confinement, but unconcerned" on pp. 9-10).

統一教会は、警察との全会話を記録し、「国境なき人権」 に提供してくれた。「国境なき人権」が、2013年7月に、国連人権委員会に提出した報告書には、入れることができなかったが、警察官等の陳述は、警察が行動に移さないことの理由と正当化についての情報を暴露している。(参考: http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=INT%2fCCPR%2fNGO%2fJPN%2f15101&Lang=en )


It is thus clear that abductions, confinement and forced de-conversion of UC members are continuing in Japan. The victims' fellow-believers continue to encounter indifference and a failure to take appropriate action on the part of the police. The abductees have only slim chances that the police will come to their rescue. Police officers themselves apparently often have discriminatory attitudes toward the UC and show considerable understanding not only of the parents' wish that their son or daughter leave the Church, but also of practices such as abduction, confinement and forced de-conversion.

このように、日本での、統一教会メンバーに対する拉致監禁・強制改宗が継続していることは明白だ。被害者の仲間の信者達は、警察サイドの無関心と、適切な処置を取らないことに直面している。警察官は、たびたび、明らかに統一教会に対し差別的な態度を取り、両親の息子・娘を統一教会から脱会させたい希望ばかりでなく、拉致・監禁・強制改宗という行動にも、少なからぬ理解を示している。


Additional updated report of Human Rights Without Frontiers to the UN Human Rights Committee
★「国境なき人権」から、国連人権委員会への追加最新情報


In June 2014, Human Rights Without Frontiers provided the members of the Human Rights Committee with updated information on important recent developments concerning the issue of abductions and confinement for the purpose of forceful religious de-conversion in Japan. This report was also a reaction to Japan's response to Question No. 16 (section on "Freedom of religion, opinion and expression (arts. 18 and 19)") of the Human Rights Committee's List of issues, which in HRWF's view demonstrated the authorities' failure to acknowledge that the human rights of abducted members of new religious movement are poorly protected in Japan.

2014年6月、「国境なき人権」は、日本における強制改宗目的のための拉致・監禁問題の重大な進展状況について、人権委員会メンバーに対し、最新情報を提供した。この報告書は、人権委員会論点リストの質問 No.16 (”宗教、思想、表現の自由” に関するセクション)への日本の返答に対する反応である。日本の返答は、「国境なき人権」の考えではあるが、日本では、新宗教運動の拉致されたメンバーの人権は、ひどく軽んじられているという認識を、関係当局が持っていないことを示している。

See Info from Civil Society Organizations (for the session)
国連人権委員会 第111回セッション情報
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=626&Lang=en

HRWF believes that the consideration of this topic at the upcoming session of the Human Rights Committee can play an important role in conveying to the authorities that abductions, confinement and attempted forced change of religion constitute human rights violations and that the lack of appropriate action by police and impunity of the perpetrators perpetuate human rights violations.

「国境なき人権」は、来るべき人権委員会セッションにおいてこの問題を扱うことは、拉致監禁、強制改宗は人権侵害の構成要件であり、警察の適切な行動の欠如、海外者の刑事免責は、人権侵害を永続させるものだということを関係当局に伝える重要な役割があるものと信じている。

For more info about religious freedom in Japan, see HRWF database:
日本の宗教の自由についてのより詳細な情報は以下のリンクで。
http://www.hrwf.net/images/forbnews/2014/Japan_2014.pdf
http://www.hrwf.net/images/forbnews/2013/Japan_2013.pdf

以上、国境なき人権 HRWF のニュースレターの紹介終わり。


この件に関連して、紹介したい文書(英語)が、二つほどあるのだが、どちらも、30ページを超えるものだ。こちらも大変だが、多分、読むほうも、大変になると思うが、今後紹介していきたいと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 国連自由権規約人権委員会 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルト指定団体撲滅運動にも参加糾弾してくださいね。
人の不幸を省みることも大切です。
統一教会カルトの蒔いた不幸を省みる様にしなさい。
Posted by matu8181 at 2014年07月16日 08:57
<「国境なき人権」 と 「日本の拉致被害者の会」 により、改宗の権利についての問題が取り上げられる>

「日本の拉致被害者の会」というのは、いわゆる北朝鮮による拉致問題ですよねぇ。
日本の報道ではこっちのことだけを取り上げています。

「国境なき人権」のほうについては、報道価値がないと考えたのか、統一教会アレルギーから取り上げなかったのか。

いずれにしても、「国境なき人権」のご尽力に心から敬意を表します。
Posted by みんな at 2014年07月18日 08:30
みんなさん、

私の表現があいまいだったため、誤解を与えてしまいました。失礼いたしました。

二つの組織というのは、「国境なき人権」と、もうひとつは、
「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会 Japanese Victims Association against Religious Kidnapping and Forced Conversion」 (後藤徹さんが代表)です。

http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=626&Lang=en

に入って、日本のところの、Info from Civil Society Organizations の左側の + をクリックすると、どんな団体が報告しているかわかります。「国境なき人権」と「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」のレポートは後日、取り上げます。どちらも、30ページ前後のレポートでかなりの量です。
Posted by Yoshi at 2014年07月18日 15:42
上記の件、本文内でも、注:を加えました。
Posted by Yoshi at 2014年07月18日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック