2013年09月28日

米国務省「宗教自由報告書」2008年・2009年度版

今回は、アメリカ国務省の「国際宗教自由報告書」の、2008年度版と、2009年度版を見ていきたい。

1999年から始まったアメリカ国務省による「宗教自由報告書」は、2006年度版まで、毎年欠かさず、拉致監禁問題についての記述があったが、2007年度版では、その記載がなくなった。1年空けて、2008年度版より、再び拉致監禁問題が扱われるようになる。

前回、1999年度版〜2006年度版を通して、国務省の報告書には、だいたい、つぎのような特徴があることをみてきた。http://humanrightslink.seesaa.net/article/374821327.html
★同じ表現・文章の繰り返し
★「誰々さんが 〜 と主張した」の連発
★変化は突然に、
★裁判結果とともに、記述が増える

この特徴を頭にいれて、今回、取り上げるのは、2008年度版と、2009年度版である。

2008年度版以降の報告書で、以前にはなかった事件は、後藤徹氏の12年5ヶ月の監禁からの解放である。当然ながら、その事件は、国務省の「国際宗教自由報告書」でも扱われることになる。

2008年度版
http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/2008/108408.htm
(わかりやすくするため、ひとつの文章を1段落に変えた。2009年度版も同様。強調は、管理人による。)
According to representatives from the Unification Church, a member of their congregation was abducted by his family and held in captivity for more than 12 years in an attempt to "deprogram" him.

Four months after his escape, police had not opened an investigation into the case.

統一教会の代表によれば、彼らの信者が、家族により、12年以上のにわたり、”強制改宗”目的で、拉致監禁された。

彼の解放から4ヶ月後の時点で、警察はその件に関して調査を開始していない。

According to representatives of the Unification Church, approximately 10 to 20 practitioners were forcibly "deprogrammed" by concerned family members during the reporting period, and in most cases, the believers "quickly gave up their faith."

統一教会の代表によれば、この報告期間中に、約10名から20名の信者が、心配した家族のメンバーにより強制脱会させられた。そのほとんどのケースにおいて、その信者たちは "彼らの信仰をすぐに放棄した。"


2009年度版
http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/2009/127272.htm
The Unification Church reports that on February 10, 2008 an adult member of the Church who had been held against his will by his family members for over 12 years was released and went to Unification Church headquarters.

The Unification Church alleges no one has yet been charged and an investigation has not been conducted as of the end of the reporting period.

統一教会は、成人している教会メンバーが彼の意志に反して彼の家族により12年にわたり監禁され、釈放後、2008年2月10日に統一教会本部に戻ってきたと報告した。

統一教会は、誰も起訴されていないし、このレポート期間の最後の時点で、調査も行われていないと主張している。


この2年間の報告書には、文章が全部で、5つある。(2008年に3つ、2009年に2つ)この5個の文章のうち、「誰々が〜報告した」というのが4回ある。
According to the Unification Church (統一教会によれば)が、2回
The Unification Church reports 〜 (統一教会が〜と報告している)が、1回
The Unification Church alleges 〜 (統一教会〜と主張している)が、1回

これは、いつもの、国務省報告書に出てくる形態である。国務省のレポートでは、断定表現を使うことは珍しいことであり、「〜によれば、〜が報告・主張した」の形態が、多く使われるのである。「国務省は、中立・公平な立場ですよ」ということである。

あと残る、ひとつの文章が断定表現である。その部分は、2008年度版で次の通りである。
Four months after his escape, police had not opened an investigation into the case.
彼の解放から4ヶ月後の時点で、警察はその件に関して調査を開始していない。

「彼」というのは、後藤徹氏のことである。後藤氏の解放は、2008年2月10日で、国務省報告書の2008年度版の報告機関が、その年の6月30日までなので、報告期間の最終段階で、国務省は、「警察が調査を開始していないこと」を確認できたのだろう。

2008年度版、2009年度版では、統一教会情報としてではあるが、次の事柄を報告書に含めている。
- 後藤徹氏の12年5ヶ月の拉致監禁からの解放
- その件について、誰も起訴されていない
- 毎年、10名〜20名の拉致監禁が起きている

統一教会からの情報という形でのレポートであるが、アメリカ国務省が、拉致監禁問題に対して、関心を寄せていることがわかる。もし、国務省が、「そのような問題はない」と判断したならば、そのような記述を入れる必要はない。2008年度版、2009年度版では、全体の約1割の分量を使い、拉致監禁問題を扱っている。

冒頭で、国務省報告書に現れる4つの特徴を示した。その3番目は、★変化は突然に というものである。次回は、2010年度版以降をみていく。ある変化が起き始める。

----PR----
かたい話なのに、
読んでくれて、それから
クリックもありがとね。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック