2013年05月07日

日本の拉致監禁問題は憂慮すべき動向 - ワシントン・ポスト紙

このブログの2013年5月1日の記事で、アメリカ合衆国の連邦政府諮問機関である「国際宗教自由に関するアメリカ委員会 (= USCIRF)」の年次報告書についてレポートした。報告書は、世界の国々・地域の中で、特に、宗教の自由を蹂躙している最悪国を特定し、大統領、国務大臣、議会に対し政策提言であり、その報告書のインパクトは強い。

ワシントン・ポスト紙が、USCIRF の年次報告書について記事にした。

ワシントン・ポスト紙は、アメリカの首都ワシントンDCにあり、アメリカで最も影響力のある新聞の一つである。ウォーターゲート事件(1972〜)では、徹底した追及により、ニクソン大統領を辞任に追い込む大きな役割を果たした。1970年代、米ソ冷戦時代には、容共(ソビエト寄り)・リベラルな編集方針から、「ポトマック河畔のプラウダ」と、保守派から揶揄された。

当然の事、反共産主義の統一教会や、ニクソン大統領を擁護した統一教会教祖の文氏は、ポスト紙の激しい攻撃の対象となった。その後、統一教会の文氏は、同じ首都に、ワシントン・タイムズ紙を設立し(1982年)、ポスト紙の編集方針に、少なからぬ影響を与えることになる。(この件は、この記事を書くために資料を集めていて、偶然みつけたものだ。今回の記事とは直接には関係ないが、本文最後のコラムに少しだけ追加しておく。)

ちょっと、前置きが長くなったが、ワシントン・ポスト紙の、「A distressing map of religious freedom around the world (宗教の自由の悲惨な世界地図)」という、日本の拉致監禁問題を取り上げた記事を紹介したい。

タイトル原文:A distressing map of religious freedom around the world
タイトル日本語:宗教の自由の悲惨な世界地図
出典元URLhttp://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2013/05/03/a-distressing-map-of-religious-freedom-around-the-world/
(下の囲み部分は、その記事の前半部分で、USCIRF の年次報告書について、説明している部分である。記事タイトルに「世界地図」とあるように、ポスト紙に掲載された下記イラストの地図を見て欲しい。赤色部分が最悪の15カ国。だいだい色が、それに次ぐ宗教自由侵害の8カ国、黄色が要注意国家・地域である。下記枠内、日本語訳は省略。)
The U.S. Commission on International Religious Freedom has issued a report highlighting those it calls the worst violators of religious freedom in the world. Among them are many Asian and Middle Eastern governments, although some Western European countries are also included.

religious-freedom2 washington post.jpg
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/files/2013/05/religious-freedom2.jpg

The report from the bipartisan advisory body divides violators into three categories. Fifteen “tier 1″ nations, marked red on the above map, have committed “particularly severe” violations that are “systemic, ongoing and egregious.” That includes all the countries you’d expect, as well as a few worsening problem areas, such as Egypt and Nigeria. The “tier 2″ countries are said to be “on the threshold” of meeting tier 1 status and include states that might have serious problems but, often, are at least making an effort to address them. A small third category of nations under “monitoring” for violations includes, among other states, some in Western Europe.

The report isn’t just about documenting abuses: The tier 1 countries can be officially designated as “countries of particular concern” by the U.S. State Department, at which point the president is legally required to follow up with some sort of action, recommended by the report. It might suggest, for example, engaging with Burmese civil society groups to promote tolerance or working with Pakistani lawmakers to improve legislation.

As the report itself notes, though, “in practice, the flexibility provided in IRFA has been underutilized. Generally, no new Presidential actions pursuant to CPC designations have been levied, with the State Department instead relying on pre-existing sanctions.” In other words, the red countries are usually already under some kind of trade restriction or sanction, which the president can use to say that he’s already meeting the commission’s requirements. In some cases, the president uses a waiver to avoid punishing countries that are important to U.S. foreign policy, such as Saudi Arabia and Uzbekistan.

The tier 1 countries are typically cited for state-sponsored or state-enforced religious discrimination, such as China’s suppression of Tibetan Buddhists or Iran’s “prolonged detention, torture, and executions based primarily or entirely upon the religion of the accuse.” In the case of some countries, such as Egypt, the sins were those of omission: “In many cases, the government failed or was slow to protect religious minorities from violence. This violence and the failure to convict those responsible continued to foster a climate of impunity.”

The report explains, in excruciating detail, the larger trends and worst incidents that motivated its categorizations. In Burma, for example, it finds, “In the past year, over 1,000 Rohingya [Muslims] have been killed, their villages and religious structures destroyed, and women raped during attacks.” It also notes: “It is almost impossible for Muslims to obtain building permits for either mosques or schools and unlicensed venues are regularly closed or destroyed. The government has, in recent years, ordered the destructions of mosques, religious centers, and schools.”

Tier 2 countries are cited for less systemic but still serious violations, or for systemic refusals to improve religious freedoms. Russia, for example, is cited for exploiting “anti-extremism” laws to restrict groups, such as Jehovah’s Witness and some Muslim groups, that do not have any record of advocating or using violence. The report praises India for curtailing large-scale communal violence against religious minorities, but chides Indian officials for refusing to further investigate past incidents.

The third category of countries being “monitored” also lists, somewhat vaguely, “Western Europe.” The section explaining its inclusion, though, overwhelmingly focuses on three countries: France, Belgium and the Netherlands, all of which are cited for “increasing restrictions on, and efforts to restrict, various forms of religious expression.” In practice, this often seems to mean the religious expression of Muslims. Laws against traditional Muslim clothing or circumcision, for example, or over-broad hate speech laws are “creating a growing atmosphere of intimidation against certain forms of religious activity in Western Europe. These restrictions also seriously limit social integration and educational and employment opportunities for the individuals affected.”

記事の続き、以下の部分が、ポスト紙の記事の中で、日本の拉致監禁問題を扱っているところである。USCIRF の年次報告書報告書の一段落を、そのまま引用している。
The report also discusses a trend in Japan it calls “kidnapping and forced religious de-conversion.” Although Japan is not included in any of the watch-list categories, and this section praises the Japanese government in general for its religious freedom, the trend is about as alarming as its name implies:

その報告書は、「拉致と強制脱会」と呼んでいる日本での動向について扱っている。日本は、いずれの監視リストのカテゴリーには入っておらず、報告書は日本の宗教の自由について全般的には日本政府を賞賛しているが、その(拉致と強制脱会の)動向は、その名が暗示しているように、憂慮すべきものである。

Over the past several decades, thousands of individuals belonging to the Unification Church, the Jehovah’s Witnesses, and other new religious movements (NRMs) have been kidnapped by their families in an effort to force them to renounce their chosen beliefs. In some extreme cases, as with Unification Church member Toro Goto, individuals were confined against their will for a decade or more. Those abducted describe psychological harassment and physical abuse by both family members and “professional deprogrammers.” Police and judicial authorities have neither investigated nor indicted those responsible for these acts, often citing lack of evidence.

過去数十年の間に、統一教会、エホバの証人、他の新宗教運動に属する何千名という人々が、彼らの選んだ信仰を強制的に棄てさせる目的で、家族により拉致されてきた。ある極端な例として、統一教会メンバーの後藤徹氏等は、自らの意志に反して10年以上も監禁された。拉致された人々は、家族のメンバーと "プロの改宗家" により、精神的苦痛と物理的虐待を受けたと述べている。警察・司法当局は調査もせず、たびたび証拠不十分という理由で、そららの行為に責任を持つ人々に対し、起訴もしていない。

以下、記事の最後の段落。アメリカ国内の宗教の自由問題も忘れてはいけないと問題提起している。日本語訳は省略。
Some readers, particularly those from countries highlighted in the map above, may wonder why the report includes nothing on the United States, which has seen some local and state-level movements to expel or suppress mosques or other forms of public worship by Muslims. And it’s a fair question. Alas, the commission exists to make recommendations to the U.S. State Department, which of course does not have oversight over the United States. Still, fairly or not, U.S. representatives who seek to promote religious freedom abroad risk having their advice deflected because some Tennessee officials tried to block construction of a mosque. If nothing else, it’s a reminder that religious freedom is an ongoing process as well as a state of being.

以上が、ワシントン・ポスト紙の、日本の拉致監禁問題を取り上げた記事である。その記事は、(今、私の見ている管理画面での話であるが)、全部で、70行の記事で、そのうち、11行(段落で見れば、11段落のうち、2段落)が日本の拉致監禁問題に使われている。3つの危険リストにもはいっていない日本のことを、記事のかなりの割合(16%)を使っているということだ。ポスト紙の記者からみて、それほどショッキングな事件ということなのだろう。


ワシントン・タイムズ紙を気にして、右傾化したワシントン・ポスト紙

さて、本記事とは直接には関係ないが、今回の記事を書くため、資料探しをしている時に、ワシントン・ポスト紙とワシントン・タイムズ紙についての興味深い記事を見つけたので、紹介しておく。「ワシントン・ポスト紙の右傾化に、ワシントン・タイムズ紙の影響があった」という、英語版ウィキペディアの記載である。

WIKIPEDIA英語版 The Washington Postより
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Washington_Post
In 1992, the PBS investigative news program Frontline suggested that The Post had moved to the right in response to its smaller, more conservative rival The Washington Times, which is owned by News World Communications, an international media conglomerate owned by the Unification Church which also owns newspapers in South Korea, Japan, and South America. The program quoted Paul Weyrich, one of the founders of the conservative activist organization the Moral Majority, as saying "The Washington Post became very arrogant and they just decided that they would determine what was news and what wasn't news and they wouldn't cover a lot of things that went on. And The Washington Times has forced The Post to cover a lot of things that they wouldn't cover if the Times wasn't in existence."[43] In 2008, Thomas F. Roeser of the Chicago Daily Observer also mentioned competition from the Washington Times as a factor moving The Post to the right.[44]

1992年、PBS放送(アメリカの公共放送)の報道調査番組 "フロントライン" は、ポスト紙は、規模のより小さい、保守的なワシントン・タイムズ紙に応答する形で、右傾化していったと示唆した。ワシントン・タイムズ紙は、統一教会所有の国際的メディア企業である News World Communications 社により所有されている。統一教会は、韓国、日本、南米でも新聞を発行している。

その番組は、保守的な活動組織 モラル マジョリティー の創設者であるPaul Weyrich 氏の「ワシントン・ポスト紙は、とても傲慢になっていました。彼らは、起きていることの多くを記事にしませんでした。ワシントン・タイムズ紙により、ポスト紙は(もし、タイムズ紙が存在していなければ)ポスト紙が普通取り上げない記事を書かざると得なくなったのです。」という言葉を引用した。

2008年には、シカゴ日刊オブザーバー紙の Thomas F. Roeser は、ワシントン・タイムズ紙との競争が、ポスト紙の右傾化に寄与したとも語った。


------- PR from Yoshi --------
ポスト紙が言いたかったことは:
The trend is about as alarming as its name implies.
拉致と強制脱会の動向は、その名が暗示しているように、憂慮すべきものである。
これが、世界の論調です。果敢にクリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###


posted by 管理人:Yoshi at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「国境なき人権」が山口県警、警察庁、法務省に拉致監禁事件の捜査をするよう要請の手紙―。
「国際宗教自由に関するアメリカ委員会 」が年次報告書で拉致監禁問題取り上げる―。
ワシントン・ポスト紙が日本の拉致監禁問題を取り上げる―。

海外から色々、働きかけが行われていますが、残念ながら、いまだ、当局が動いた、という話は伝わってきません。
キリシタンを弾圧してきた日本の為政者の根性は、なかなか変わらないみたいです。

日本では不景気風が吹き荒れ、若者は希望を失い、為政者に対する国民の不信感は高まっています。
こうした海外からの働きかけは、いずれ国民の良心に届き、拉致監禁をやめろ、という声が地響きとなって、この国を変えていくだろうと信じます。
Posted by みんな at 2013年05月09日 08:37
みんなさん、

いつもありがとうございます。

確かに、海外の勢力からいろんな行動が出ていますが、これがすぐに、日本の当局を動かす・・・と、いうふうにはならないと思います。でも、いろんな小さな事件の積み重ねがいつかは、実を結ぶと信じています。

欧米では、1990年代に終わった宗教的改宗目的の拉致監禁 (Deprogramming) が、日本ではどのような経過をたどり終焉していくのか、見届けたいと思っています。
Posted by Yoshi at 2013年05月09日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック