2012年11月11日

清水与志雄牧師に捧ぐ - 国連人権理事会のサイド・イベント

2012-11-17
本文後に、関連リンクの追加と追記:宿谷麻子さんの訃報


2012年10月31日に、欧州国連本部(ジュネーブ)で開催された人権理事会の日本に関してのUPR(普遍的・定期的レビュー)についての記事が続いている。

その国連本部で、拉致監禁に関するサイド・イベント「日本における宗教迫害」が行われ、ローズ博士、「国境なき人権」のフォートレ代表、被害者の後藤徹氏等がパネリストとなった。

拉致監禁の被害者である、ミツコ・アントールさんも、パネリストの一人だったが、アメリカ東部を襲ったハリケーン・サンディーの影響で、飛行機がすべて欠航となり、ジュネーブに行くことが出来なかった。そこで、急遽、映像にして、ジュネーブに転送した。その映像がネット上でアップされている。今回は、その映像から、テキスト(英文)を起こし、日本語訳を付けた。

mitsiko antal upr video 2012.jpg

ミツコさんは、こう言っている。「その時、私は、生きることを決意しました。もし、私がそこで死ねば、私の死は、隠蔽されてしまうでしょう。この犯罪を世界に知ってもらうため、私は、生きなければならないと思いました。こんなことが他の人に起こっては欲しくありません。

たくさんの人に見て欲しい映像だが、一番見て欲しいのは、清水与志雄牧師である。

映像のURL: http://vimeo.com/52526170
映像を見ながら、あるいは聞きながら、このテキストを追っていただければ幸いです。15分の映像です。今でも、PTSDで苦しんでいるというミツコさんです。
0:00 by Ichiko Sudo
Hi, I'm Ichiko Sudo. I'd like to introduce you to Ms Mitsuko Antal whose case is an important example of how the Japanese courts ignore human rights abuses when they occur to members of minority religions. We want to be with you today because of hurricane Sandy we were unable to leave the United States.

こんにちは、私は、イチコ・スドウです。人権侵害が弱小宗教団体のメンバーに降りかかる時、日本の裁判所が、いかに人権を無視するするか、重大な例を示すことのできるミツコ・アントールさんを紹介したいと思います。ハリケーン・サンディーのため、私たちは、アメリカを離れることがとできなかったので、きょうは、このような形で、皆様にお届けしたいと思います。

(訳者注: イチコ・スドウさんは、アメリカ在住、人権に関するラジオ番組パーソナリティー、)

0:22 by Mitsuko Antal
My name is Mitsuko Antal. I want to tell you my story. But please understand that I represent thousands of Japanese Unification Church women who were kidnapped and confined for the purpose of religious de-conversion. 80% of the victims are women. And these women do not have a voice because nobody in Japan will listen. Not the police. Not the media. Not the government.

私の名前は、ミツコ・アントールです。私の話を皆様にお伝えしたいと思います。どうか、私は宗教的改宗目的で拉致監禁された数千名の日本の統一教会女性信者を代表するものと、ご理解ください。被害者の8割は女性です。これらの女性たちの声は聞かれていません。日本では、誰も聞こうとはしません。警察もです。メディアもです。政府もです。

I was kidnapped and confined two times - once for 52 days and then again for 72 days. My American husband was going crazy looking for me when I disappeared the second time.

私は、2回、拉致監禁されました。1回目は52日間、そして、2回目は72日間でした。私のアメリカ人の夫は、私が2度目にいなくなった時、気が狂ったように、私を探しました。

After I escaped, we filed a law suit against my parents and the minister who tried to break my faith. We took the case all the way to the Japanese Supreme Court, because I was afraid they would kidnap me again. The courts admitted that I was confined against my will, but dismissed all claims saying this is "a family matter."

監禁から逃れて、私たちは、両親と、そして私の信仰を破壊しようとした牧師を裁判に訴えました。私たちは、日本の最高裁判所まで上告しました。彼らが私を再び拉致するのではないかと、私は怖かったからです。裁判所は、私が私の意志に反して監禁されたことは認めましたが、これは「家族の問題」であるとして、すべての訴えを棄却しました。

They even refused to enjoin the minister and my family from kidnapping me again. In fact, the Japanese courts rejected my plea for help because I am a Unification Church member. I moved to the United States because the Japanese government would not protect me.

裁判所は、私を再び監禁しないよう牧師と家族に命令を出すことも拒みました。実質、日本の裁判所は、私が統一教会のメンバーであるということで、私の訴えを退けました。日本の政府は私を保護するつもりはないので、私はアメリカに移住いたしました。

My parents were directed to violate my human rights by two professional faith-breakers: Rev. Toyoshige Aizawa and then later Rev. Yoshio Shimizu. These so-called deporgrammers filled my parents with fear. My parents did things they could not think of by themselves. Here is the 12 step plan used to kidnap me. My parents had been carefully coached by the minsters on how to kidnap, confine and break my faith.

二人の信仰破壊者:愛沢豊重牧師と、のちに清水与志夫牧師によって、私の人権を侵害するよう私の両親は指導されました。これらのいわゆるディプロラマーたちは、私の両親に恐怖心を植え付けました。私の両親は、自分たちだけでは考えも及ばないような事をいたしました。これは、私を監禁するための12項目の計画書です。(ここで、画面は、計画書を映す。)私の両親は、牧師から、どのように拉致し、どのように監禁し、私の信仰を破壊するか、綿密に指示を受けていました。

Each time I was kidnapped I was forced into a waiting van by 7 to 8 relatives, and taken to the small apartment that was prepared for my confinement.

私が拉致されたいずれの時も、7〜8名の親戚により待機しているバンに押し込められ、私の監禁のために準備された小さいアパートに連れて行かれました。

There were at least 3 sets of chains and padlocks on the entrances. The windows were secured so that they could not be opened. Both deprogrammers harshly criticized the main spiritual book my faith, called the Divine Principle.

入り口には、鎖と南京錠のセットが、すくなくとも、3つかけられていました。窓は、開けられないよう、細工がしてありました。二人のディプログラマーは、原理講論と呼ばれる、私の信仰の中心的精神的書物を、激しく批判いたしました。

They criticized my beliefs and told me that I had been lied to by the Unification Church. Rev. Yoshio Shimizu, screamed at me, "You're a liar. The Unifcation Church is destructive." We yelled at each other. He said, "It would be better for you to be thrown into a dungeon, than be in the Unification Church."

彼らは、私の信仰を批判し、私は統一教会により騙されていると言いました。清水与志夫は、私に、「おまえはうそつきだ。統一教会は破壊的だ。」と、私に向かって叫びました。私たちは、叫びあいました。彼は、「お前は、統一教会にいるよりは、独房に入ってたほうがいいだろう」と言いました。

During my confinement my parents followed the minister's instructions and began to use empty words of kindness and love to me. I never had a close relationship with my parents. They never used kind and loving words to me. This was all part of the script. And my parents were bad actors. But I had to play along.

私の監禁中、私の両親は牧師の指示に従い、「私を心配している」とか、「愛している」とかの空虚な言葉を使い始めました。両親との親密な交流は、全くありませんでした。彼らは、私に対して、優しく愛のある言葉は決して使いませんでした。これは、すべて筋書き通りでした。そして、私の両親は、たちの悪い役者でした。私も、演技しなければなりませんでした。

I pretended to accept their forced words of love. This was very difficult. They said everything I said and thought were put there by the Unification Church. But I was honest and truthful to the best of my ability.

私は、彼らの強要的な愛の言葉を受けいれる振りをしました。これは、非常に困難なことでした。彼らは、私が言ったり思ったりしたことのすべては統一教会によって教え込まれたものだと言いました。しかし、私は、私の力の出来る限り正直で、誠実でした。

But they listened to only to the Rev. Shimizu and denied my humanity. I was not a human being to them. I was shocked at this treatment. I was so hurt. I felt they would prefer that I was dead.

しかし、彼らは、清水牧師のいう事だけを聞き、私の人間性は否定しました。私はとても傷つきました。彼らは、私が死んだほうがましだと思っているのではないかと、感じました。

I escaped my first confinement by pretending to lose my faith and running for my life when security became relaxed. I escaped my second confinement by climbing over a 2nd story balcony and falling to the ground, breaking my back bone. Jumping was very scary. But this was my only chance. So I ran for my life. I did not even feel my broken back.

私は、信仰をやめたふりをし、監視の目がゆるくなった時、一目散に逃げ、1回目の監禁から脱出しました。2度目の監禁の時は、2階のバルコニーから、地上に転落し、腰の骨を折ってしまいましたが、脱出しました。飛び降りるのは怖かったですが、唯一のチャンスでした。命がけで逃げました。折れた腰の骨のことには気がつかなかったくらいです。

I finally got help from a passing car and reunited with my huband who came to Japan to find me. I was so happy to see my husband. My husband had been going crazy looking for me. He had stopped eating, stopped slepping, lost weight and had become depressed. He heard about another female church member who was repeatedly raped by a Christian deprogrammer.

ある通りがかった車に助けられ、私を探しに来ていた夫に再会することが出来ました。夫に会えて、とても嬉しかったです。私の夫は、私の捜索に必死でした。彼は、食べることもできず、寝ることもできず、体重は減り、落ち込んでいました。夫は、キリスト教の牧師によって何度もレープされた女性教会メンバーのことを聞いていました。

7:30 by Ichiko Sudo
20-year-old female follower of the Unification Church was repeatedly raped by a Christian deprogrammer. She had been held at his home. She was taking a shower when he came in and raped her. He raped her in order to break her faith. She was raped so many times she could not count. In fact, her father committed suicide after he learned how his daughter had been violated. Many other Unification Church women were kidnapped to stop marriage with foreigner. Many Japanese specially look down Koreans. One female follower of the Unification Church, Takako Fujita actually committed suicide to put her end to her 4 month confinement. She was married to a Korean man.

二十歳の女性統一教会メンバーは、キリスト教牧師により、繰り返しレイプされました。彼女は、その牧師の家に監禁されていました。彼女がシャワーを浴びてたとき、彼が入ってきて、彼女をレイプしたのです。牧師は、彼女の信仰を壊すためにレイプしました。彼女は、あまりにも多くの回数レイプされたので、何回か覚える事ができませんでした。そして、彼女のお父さんは、娘が強姦(ごうかん)された事を知り、自殺しました。多くの他の統一教会の女性信者は、外国人との結婚をやめさせようと、拉致されました。藤田孝子という統一教会の女性信者は自殺し、4ヶ月の監禁を自ら終えさせました。彼女は、韓国人の男性と結婚していました。

8:12 by Mitsuko Antal
The doctors told me I had anxiety, insomnia and autonomic imbalance cause by my kidnappings and confinement. Even now, I am in therapy for PTSD - Post Traumatic Stress Disorder. During my confinement, other terrible things happened:

私は、医師に、不安神経症、不眠症、拉致監禁を原因とする自律神経失調症と診断されました。現在でも、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療を受けています。監禁中には、他にも恐ろしいことが起きました。

One time I tried to break the window with a radio payer in order to escape. When I did this my father tackled me and pushed me to the floor. My parents held my arms behind my back. They bound both my feet with an electric extension cord. My father acted crazy and angry. He shouted, "This is parent's love." I thought, "Why are they doing this? I'm not a criminal" I screamed for 40 minutes. 

一度、脱出を試み、ラジオプレーヤーで窓ガラスを割ろうとしました。私の父は、私を床に押し倒し、両親は、私の腕を後ろからつかみました。そして、私の両足を、電気コードで縛りました。私の父は、狂ったように怒って、「これは、親の愛なんだ。」と叫びました。私は、「彼らはなぜこんなことをしているのだろうか? 私は犯罪人ではない。」と、40分ほど、泣き叫びました。

On another occasion during my confinement, Rev. Shimizu told me to write a letter to nullify my marriage. He pledged to beak my marriage by any means, hitting me three times in the face with a heavy Japanese sitting mat. Then with his full weight, he pushed me three more times on the shoulders making me fall back.

監禁中の別の出来事です。清水牧師は私の結婚を破棄する手紙を書くよう言いました。牧師は、どんな手段でも私の結婚を壊そうとし、座布団で顔を3回殴り、それから、もう3回、私の肩を強く押し、私は、そのたびによろけました。

He said, "You tried to kill yourself before. You have to die now. Go kill yourself." He told me to die. I was totally damaged emotionally at this point. 

清水牧師は、「前に、自殺しようとしただろう? おまえは、死んだほうがいいよ。死ねよ。」と言い、私に死ぬよう言いました。私は、その時、情緒的に完全にダメージを受けました。

During my confinements, I tried to take my life three separate times. I had hidden a small box cutter. In the bathroom I cut my hand, the inside of my elbow and on the last occasion, I cut my wrist. On the last suicide attempt I cut very deeply. One more cut, and I would have died. But the pain of it brought me back my senses. 

監禁中、私は、3回、自らの命を絶とうとしました。私は、カッターナイフを隠し持っていました。3回目の試みは、トイレで、ひじの内側を切り、そして手首を切りました。傷はとても深く、あともう1回切れば、私は死んでいたでしょう。しかし、痛みで我に帰りました。

It was then that I decided to live. If I died there, my death would be covered up.
I had to live in order to let the world know of these crimes. I could not let this happen to anyone else.

その時、私は、生きることを決意しました。もし、私がそこで死ねば、私の死は、隠蔽されてしまうでしょう。この犯罪を世界に知ってもらうため、私は、生きなければならないと思いました。こんなことが他の人に起こっては欲しくありません。

My husband and I filed a law suit against my parents and the minister. We demanded compensation from the minister and a court injunction against both Rev. Shimizu and my parents, because I was afraid they would kidnap me again.

私の夫と私は、両親と牧師を相手取り裁判を起こしました。私たちは、牧師に賠償請求、清水牧師と両親に(拉致監禁をしないという)裁判所の禁止命令を求めました。彼らが、私を再び拉致するかもしれないと思ったからです。

After the district court dismissed our claim, we appealed to the Tokyo High Court.
They dismissed our claim also. Finally we appealed to the Supreme Court, but the appeal was not granted. The lower court agreed I was held in a locked room and that my spiritual and physical freedom had been restricted. However, it dismissed all the claims, saying the incident was a "family matter." 

地方裁判所が私たちの請求を棄却し、高等裁判所に上告しました。高等裁判所も私たちの訴えを棄却しました。最高裁判所まで上告しましたが、上告は認められませんでした。下級裁判所は、私が部屋に閉じ込められ、そして、精神的・身体的自由が制限されていたことを認めました。しかし、その出来事は、「家族の問題」であるとして、私たちの訴えは棄却しました。

12:50 Ichiko Sudo
Mitsuko and her husband went to the US congress and the US State Department with the story upon returning to the US. The United States began reporting on this problem in the Religious Freedom Report since those meetings. This year one US congressman also came to Japan on a fact finding mission. As a result, last summer there was a briefing on Capitol Hill in Washington DC. Many more congressmen are now aware of this problem and speaking out. 

ミツコと彼女の夫は、アメリカに戻ると、アメリカの議員、そして国務省を訪ねました。国務省は、その面会以来、「宗教の自由報告書」は、この問題を、ずっと取り上げています。今年、一人のアメリカ連邦議会の議員が、事実調査の目的で日本を訪問しました。結果として、この夏に、首都ワシントンDCの、アメリカ連邦議会において会見が行われ、さらに多くの議員たちが、この問題に気が付き、声を上げ始めています。

13:15 US Congressman (アメリカ連邦議会議員)
I want for other people in the world same things that I want for myself. I want the same opportunities for them. I want the same liberties for them. I want the same freedoms for them. I want the same protections for them. And when I can express that, then it means that I'm being true to myself, to thine own self be true. 

私は、私自身のために欲することと同じことが、世界中の他の人々が得られるよう欲します。彼らに同じ機会が与えられることを欲します。彼らに同じ自由が与えられることを欲します。彼らに、同じ保護が与えられるよう欲します。そして、私がこのことを発言する時、自分自身に正直であることを意味します。

13:50 Mitsuko Antal
Today, my husband and I have five beautiful children whom we love dearly. My three boys enjoy baseball and soccer. My two girls are proud girl scouts. These children would not be born if the faith breakers had made me divorce my husband and leave my church. 

今、私の夫と私は5人のとても愛すべき美しい子供がいます。3人の息子は、野球はサッカーを楽しんでいます。二人の娘は、ガールスカウトの活動に誇りを持っています。もし、信仰破壊者が私たちを離婚させ、教会から去らせていたなら、これらの子供は生まれてこなかったでしょう。

My love for my family and my church has helped me deal with my PTSD. If not for them, I would be isolated and miserable in my PTSD like many ex-members I know. Despite all my efforts, kidnapping is still happening in Japan. So I carry sorrow and pain in my heart. Please help us make peace in this world. Thank you for listening.

私の家族と教会は、私のPTSDに対しても助けてくれています。もし、この助けがなかったら、私は孤独で惨めな立場にいたでしょう。私の努力に関わらず、日本では、今もなお、監禁が行われています。 どうか、平和な世界を築くことができるよう、私たちを助けてください。ご清聴、ありがとうございます。

14:58 Ichiko Sudo
The United Nations Universal Periodic Review on Japan is very important way to help Japan to protect all of its citizens. We ask your concerns and help. Thank you very much.

国連の日本についてのUPR(普遍的・定期的レビュー)は、日本のすべての人々を保護させることのできる重要な方法です。皆様方の関心と支援をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。 

(訳者注: この映像は、ジュネーブに転送されましたが、サイド・イベントでは、映像を流す代わりに、現地の人が代読いたしました。)


Thanks for your support.
Please click on the button.
ありがとね。クリックお願い。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


2012-11-17 関連リンクの追加と追記

国連でのサイドイベント関連
全映像(英語版

ミツコ・アントールさん関連
陳述書(要約)
ニューヨーク領事館前での抗議行動の模様(2011年11月16日)

ミツコさんの裁判関連 - 重要リンク
★「東京〜群馬・監禁裁判」の問題点(室生忠の宗教ジャーナル)
該当記事への直リンクができません。次の要領で、記事に到達できます。
トップページの左側のメニュー > スコープ > 強制棄教・脱会 > 
統一教会信者の〃東京〜群馬・監禁裁判〃 > で、最後に
東京地裁、東京高裁判決の問題点 をクリック。

清水与志雄牧師関連
「清水牧師の正体 - 米本和広氏ブログ「火の粉を払え」全18本の記事
2010年8月から、約1年間にわたって続いた連載で、清水牧師に関する資料です。
(リンクは後ほど、追加予定。)
1. 勝ち犬の遠吠え(1):裁判に勝った清水牧師の「遠吠え」
2. 勝ち犬の遠吠え(2):清水牧師と日本基督教団に手紙を送る!
3. 勝ち犬の遠吠え(3):記事の訂正要求もなく、いきなり告訴宣言
4. 勝ち犬の遠吠え(4):「金も暇もなく泣き寝入り」とうそぶく牧師さん
5. 勝ち犬の遠吠え(5):名誉毀損編
6. 勝ち犬の遠吠え(番外編):清水牧師はなぜブログを閉鎖した?
7. 故樹村さんのこと(1):死者を冒涜する行田教会の清水与志雄牧師
8. 故樹村さんのこと(2):元信者の母親Kさんとの個人的な出会い
9. 故樹村さんのこと(3):清水先生は牧師はんやなのに、嘘ばっかり・・
10. 故樹村さんのこと(4):お前はバカだ。俺は頭がいい
11. 故樹村さんのこと(5):樹村さんが清水牧師に支払ったお金
12.故樹村さんのこと(6):救われなければならないのは清水さんのほう
13.故樹村さんのこと(7):法被まとった幼稚園児
14.「清水牧師」考:強烈な自己愛
15.平気で嘘をつく罪深き牧師
16.平気で人を傷つける罪深き牧師
17.人の痛みが知覚できない聖職者たち
18.樹村さんへの鎮魂歌

韓国SBSドキュメンタリー (2010年10月6日韓国で放送される

この映像4:44のあたりから、清水与志雄牧師が登場してくる。清水牧師は、「家族自信が、自分自身の中で、私から受けたアドバイスを租借して、勉強して、力をついけていく そういう方法なんですよ。 お金はかからないですよ。教会に来て献金とか、かかると言えばかかるかもしれないでれど、自由ですから」と答えている。ミツコさんのビデオによる証言とも違うし、故樹村さんの話とも違う。

7:10のあたりで、韓国SBSの取材陣から、清水牧師が強制改宗に加担したというある女性の写真を取り出して見せられた。監禁されたまま改宗を強要されたあと、深刻なアトピー疾患を訴えている女性の写真だ。すると、清水与志雄牧師は、「それは、ちょっといいですか。これは、放送しないで欲しんですよ。」と発言し、その場を離れてしまった。


宿谷麻子さんの訃報:
上記SBS番組内に出てくるアトピー疾患に苦しむ女性、宿谷麻子(しゅくや・あさこ)さんだ。私がまだ拉致監禁問題に関わるようになって、まだ1年も経っていなかった昨年の2011年の4月、私の日本帰国時に、新宿の喫茶店で、ご一緒したことがある。私の失礼かもしれない拉致監禁に関する質問にも、快く答えていただいた。その当時、彼女が作っていた石鹸の話も聞かせてくれた。

麻子さんは、拉致監禁を受け統一教会を脱会した被害者の中で、拉致監禁の非道さを訴えた先駆的な女性である。しかも、PTSD などの拉致監禁の後遺症を患いながらである。ミツコ・アントールさんと同じく、清水与志雄牧師の被害者である。

2012年10月15日、麻子さんが、48歳で亡くなられた。私より、少し若いだけである。ここはオーストラリア、すぐにはお墓参りもできないので、「なごり雪」「涙そうそう」「翼をください」の3曲を歌って、麻子さんを送ることにした。ご冥福を心よりお祈りいたします。

★麻子さんの訃報情報は、米本和広氏「火の粉を払え」より。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-372.html

麻子さんが世話人を務めていた「拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会」の追悼記事
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-129.html


###


posted by 管理人:Yoshi at 01:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 人権活動 国連/ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yoshiさん、ミツコ・アントールさんの訴えを日本語翻訳してくださり、ありがとうございます。

英語のわからない私にとって、日本語に翻訳してくださったのは、大変ありがたかったです。

それにしても、清水牧師。
「前に、自殺しようとしただろう? おまえは、死んだほうがいいよ。死ねよ。」
神に仕える牧師の言葉ではないですよね。
牧師以前に人としての言葉ではないですよね。

ミツコ・アントールさんは生きる決意をしてくださって本当によかったです。

Posted by koyomi at 2012年11月11日 22:05
yoshiさん、ミツコ・アントールさんの訴えの日本語翻訳ありがとうございます。

英語がわからないので、大変ありがたいです。

それにしても清水牧師、仮にも神に仕える牧師がですよ、
<「前に、自殺しようとしただろう? おまえは、死んだほうがいいよ。死ねよ。」>
なんて言っていいのでしょうか?

ミツコ・アントールさんが生きる決意をしてくださり、本当によかったです。
Posted by koyomi at 2012年11月11日 22:26
>>日本では、誰も聞こうとはしません。警察もです。メディアもです。政府もです。

相変わらず自分の教団がやった事には一言も触れず
全て日本に人権意識が無いせいだと言う。

統一教会信者に自らの信仰以外に規範があるのか。
統一教会の悪事は違法伝道と霊感商法だけではない。
入念に練られた法に触れない家庭・家族関係の破壊、葛藤、氏族伝道。
家族が家族である為には統一教会の行いを認める他にない。
統一教会員の家族がいるという事は、そういう事だ。

全て統一教会自身がやってきた事の裏返しに過ぎない。
そこに全く触れない統一教会信者の言う拉致監禁問題など
プロパガンダ以外の何物でもない。

>>私のアメリカ人の夫は、私が2度目にいなくなった時、気が狂ったように、私を探しました。

私の祖父は入信した母に包丁を突きつけたのは一度二度ではない。
古希を過ぎても孫の為に働く祖父の財産を、母は騙して献金しようとした上に、
何も反省しないどころかそれが正しい事だと考え続けたからだ。
(そして祖父の死後実行し、破産する) 


>>日本の裁判所は、私が統一教会のメンバーであるということで、私の訴えを退けました。

上記の行いを正当化するのが、統一教会だからだ。


>>「お前は、統一教会にいるよりは、独房に入ってたほうがいいだろう」

彼女は私の母ではない。だがその通りだと思う。
Posted by 元やや日読者 at 2012年11月13日 19:25
>>「私を心配している」とか、「愛している」とかの空虚な言葉を使い始めました。両親との親密な交流は、全くありませんでした。これは、すべて筋書き通りでした。そして、私の両親は、たちの悪い役者でした

そのままお返しする。


>>彼らは、清水牧師のいう事だけを聞き、私の人間性を否定しました。私はとても傷つきました。

自分達は文鮮明の言う事だけを聞き、何をしてきたのか?


>>「彼らはなぜこんなことをしているのだろうか? 私は犯罪人ではない。」と、40分ほど、泣き叫びました。

自分達の組織は違法集団でもなければ破壊的カルトでもないと言うつもりか。


>>私は、医師に、不安神経症、不眠症、拉致監禁を原因とする自律神経失調症と診断されました。現在でも、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療を受けています。監禁中には、他にも恐ろしいことが起きました。

一つたりとも保護説得のせいにすべきではない。
どれほど家庭が崩壊しようとその結果何が起ころうと
全て始めから存在した遺伝罪でありトウゲンだと自分達は言ってきたのだから。

>>おまえは、死んだほうがいいよ。死ねよ。

母以外の全ての家族・血族、或いは文鮮明以外の全ての人間にとって
私の母は脱会するか、さもなければ死ぬか
それが最も良い事だっただろう事は、統一教会の論理を別とすれば
あらゆる道理に照らしてもおそらく間違いない。


>>私は、生きることを決意しました。もし、私がそこで死ねば、私の死は、隠蔽されてしまうでしょう。この犯罪を世界に知ってもらうため、私は、生きなければならないと思いました。

私が生きているのは、統一教会員に二度とこのような白々しい恥知らずな
妄言を吐こうと思わせたくないからだ。


もし私がアメリカ人なら、とうの昔にショットガンを持ってどこかの教会に乗り込んでいたと思う。
Posted by 元やや日読者 at 2012年11月13日 19:31
Koyomiさん、

コメントありがとうございます。

> ミツコ・アントールさんは生きる決意をしてくださって本当によかったです。

そして、顔も名前も出して、映像にして、世界に向けて訴えたミツコさんに感謝します。
Posted by Yoshi at 2012年11月14日 15:40
突然横から失礼いたします。
恐れ多いですが、元やや日読者さん。
言い訳は一切せず、実名でおっしゃってみてください。そのような勇気がない方の無責任な発言で、特定個人に傷をつけているとしら、そんなことに気がつかないあなた自身の人権感覚やモラルは疑わしいと思いますよ。この人の考えは果たして正しいのだろうか?と他の人に首を傾げられるのではないかと思いますよ。おわかりになりますか?あなたは人を傷つけていますよ。
Posted by 考えるロダン at 2012年11月14日 16:00
元やや日読者さん、

久しぶりのコメントありがとね。このブログにも、再訪してくださっていることを知って、嬉しく思います。

「元やや日読者」さんには、ご自身に関する新情報を提供して頂き、恐縮です。あなたの「おじいさん」、あなたの「お母さん」、そして「あなた」との関係についてです。大変な状況を通過された来たんですね。

今回のコメントのように、中にたまったものを、外に向けて発信するというのは、「元やや日読者」さんの将来のためにも(過去を、客観的に考察し、過去の物語にしてしまい、新しい発展的な人間関係を築いていく上で)とてもいい事だと思います。

あなたの体験も、拉致監禁された人々の体験も、似ているのではないでしょうか?自分ではどうすることもできない外力(正確には自分の家族)によって、人生を狂わされてしまった。私から見たら、両者ともに被害者のようです。

もし、「元やや日読者」さんが、自分のことを書きたい希望があれば、このブログで新しい記事を作成し、そのコメント欄を、あなたに開放します。あなたの中にためているものを、思いっきり書いていただいていいですよ。「おもしろそうじゃん」ということなら、メール下さい。

私も、「元やや日読者」さんの話をもっと聞きたいです。
Posted by Yoshi at 2012年11月14日 16:38
>>そのような勇気がない方の無責任な発言で

そのような勇気の有無と発言の責任の有無とどう関係しているんでしょうか。

特定個人を傷つける事と匿名個人を傷つける事はどう違うのでしょうか。

特に「傷つく」という感情の問題において匿名と実名の違いは何なのでしょうか。


>>そんなこと

どんな事でしょうか。


>>あなたは人を傷つけていますよ

どこが誰をどのように?

その誰かを傷つけた私を傷つけたいなら、そうすればよいし
私の言っている事が間違っているなら、そう書けばよいと思いますが。


「清水牧師」は匿名でなければ 
「考えるロダン」は実名ではないし「Yoshi Fuziwara」も実名ではない。

清水牧師や藤倉氏、紀藤弁護士は匿名で攻撃して良いが
アントール氏を匿名で攻撃するのは良ろしくない。

匿名実名が批判の問題の第一であるなら、何故そのような事になるのか。

問題は匿名実名ではなく、何の為に批判し攻撃し、傷つけるまでに至ったかだからではないですか。

他にも色々問題はありますが
おそらく統一教会の為に色々なさりたいのだと思うので、一々言いません。


Yoshiさん

ご厚意は有難いですが、遠慮しますよ。
統一教会トークも冴えていらっしゃるようだし
何より書ける段階でもないので。

色々心配して下さった事には感謝します。
自分で遠慮したのだから、もう偏向どうこう言うつもりもありません。
偏向だとは思いますけどね。
Posted by 元やや日読者 at 2012年11月15日 15:50
たびたび恐縮です。元やや日読者さん。私が想像するあなた的な考えだと、私の先の発言については、「え、私って誰か傷つけたのか?」と私自身は思ってしまいそうですけど、もしもですよ、想像ですが、あなたを傷つけていたとしたら謝ります。ごめんなさい。あなたのことを良く知らないのにね。すみませんでした。確かにロダンは実名でないから、責任逃れできるし、謝らないからといって、誰も私自身を実生活で攻撃できないから、安住できますけどね。社会的には。
Posted by 考えるロダン at 2012年11月15日 18:29
このコメント欄、送信しても、すぐにアップされないことがあって、ご不便をおかけしています。これまでにも、時々起きたし、これからも、起こると思います。二重投稿になっても、要請が無いかぎり、そのままにしておきます。ご了解ください。


「元やや日読者」さんの、コメントの中に、事実と異なる点がありますので、指摘させてください。

「元やや日読者」さんは、こう言っています。

> 「清水牧師」は匿名でなければ 
> 「考えるロダン」は実名ではないし
> 「Yoshi Fuziwara」も実名ではない。

清水牧師の件から、私の件へとつながっていくのですが、少々、そのつながりが意味不明なのですが、最後の部分の、「Yoshi Fuziwara」も実名ではない との箇所を取り上げます。(Fuziwara ではなく、Fujiwaraです。)

いったい、私は、どんな実名を持っているのでしょうか?私も、知りたくなったくらいです。

当然の事ながら、Yoshi だけの日本名はないと想像できるので、その事をもって、実名ではないと言っているのでしょうか? 英語圏ではクリストファーはクリスになるし、Patricia は Trish に、Robert は Bobに省略されます。ウィリアム・クリントンって聞いてもだれか分からないでしょうが、ビル・クリントンなら分かるでしょう。

ヨシ** も、Yoshi と省略できます。そして、その省略された名前が、私のオーストラリアの日常生活、医療機関、金融関連、税務関連で受け入れられている名前です。クリントン元大統領が、「おーい、ウィリアム」って呼ばれても、多分、本人はピンと来ないでしょう。

あるいは、また別の根拠があって、「Yoshi Fujiwara が実名ではない」と、おっしゃっているのでしょうか?ぜひ、根拠を示して、もう少し説明していただきたいと思います。
Posted by Yoshi at 2012年11月16日 11:55
このブログの題名は
「統一教会 宗教の自由 英語記事の日本語訳」ですよね。

統一教会と宗教の自由に関する英文を日本語に訳し
日本に紹介する事を目的としている。
日本人や日本に対する日本語だけの批判記事も多い。

それでも、日本国内では実名とは言えないが
多くの人が日本語を読めないあなたの生活圏では実名として通じる
だから匿名批判の誹りを受ける謂れはない、と言えますか?
(あなたの英語ブログはこの日本語ブログより遥かに抑制的な内容で書かれている)


さらに言えば
仮にあなたが何らかの法的責任を追及される事があったとして
追求の為のハードルは、日本に住む日本人と比較すれば間違いなく高い。
(あなたの国籍がどこかは知りませんが)


>>私は、どんな実名を持っているのでしょうか?私も、知りたくなったくらいです。

あなたの国籍は日本ではないという事ですか。
であればあなたの言っている事は正しい。


>>少々、そのつながりが意味不明

私はロダン氏に向けてロダン氏が

<清水牧師や藤倉氏、紀藤弁護士は匿名で攻撃して良いが
アントール氏を匿名で攻撃するのは良ろしくない。>
<何故そのような事になるのか。>

と言ったのですよ。

Posted by 元やや日読者 at 2012年11月16日 16:12
「元やや日読者」さんへ、

<「Yoshi Fuziwara」も実名ではない。> とのあなたのコメントは、事実ではありません。

すみやかに、訂正、謝罪を求めます。
Yoshi Fujiwara
Posted by Yoshi at 2012年11月17日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。