2012年10月11日

2012年10月7日(日)荻窪 - 松濤 Walk

2008年2月10日、後藤徹さんが、12年5ヶ月監禁されたアパートから捨てられるように追い出された。後藤さんは、近くの交番で助けを求めるが、相手にしてもらえず、渋谷区松濤までの10キロの道のりを歩いた。

昨年に引き続き、東京訪問の機会に、荻窪から松濤までを再び歩いてみた。昨年は、一人だったが、今年は、拉致監禁の被害者であり、拉致監禁反対の活動家である2名の女性が一緒に歩いてくれた。
yamate doori girls feet.jpg
2012年10月7日撮影
山手通りの改修工事も、一部を残してほぼ完了していた。後藤さんの前に立ちはだかった「死の歩道橋」(保土ヶ谷歩道橋)は、エレベーターが取り付けれられ、歩道橋の階段の入り口は、場所が変わって新設されていた。

1:30pm 荻窪駅集合、監禁アパートに移動
1:40pm 天沼(あまぬま)陸橋交差点より、開始
3:04pm 青梅通りから、山手通りに入る(中野坂上駅)
3:55pm 代々木八幡入り口でトイレ休憩
4:20pm 松濤2丁目交差点着 (歩行時間:2時間40分)
その後、もう一人が合流し、4名でお茶にする

yamate doori walking girls.jpg
2012年10月7日撮影
わずかに残る工事区間。2008年当時は、こんな工事が山手通りのいたるところで、行われていたはずである。現在は、1枚目の写真に見えるように、山手通りは、ほぼ、ほとんどの区間で、整備されたきれな歩道が続いている。

では、また来年(2013年)、私の日本帰国時に、荻窪 - 松濤 ウォークを企画したい。

「10キロも よう歩いた」と思われたら、クリックを!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###


posted by 管理人:Yoshi at 08:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 荻窪・松濤 Walk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 yoshiさん、狡い!
 美女2人を連れて、ウォーキングを楽しむなんて。
Posted by 米本 at 2012年10月11日 13:08
脱帽

<10月7日(日)には、荻窪から渋谷の松涛2丁目の交差点まで歩き、8日(月)は新潟の監禁アパートを案内してもらい、そして9日(火)は、東京地方裁判所に傍聴に出かけた>

Yoshiさん、アグレッシブですね。
Yoshiさんの行動力と熱意に脱帽です。
また、“脱出体験ウォーク”、企画してください。
できれば、同行させていただきたいと思います。
Posted by みんな at 2012年10月11日 18:12
米本さん、両手に花10キロウォーク、あっという間でした。終点で合流したのも女性、美女3名になりました。

みんなさん、来年(2013年)も、そのつもりでいます。もし、スケジュールがあえば、ご一緒してください。
Posted by Yoshi Fujiwara at 2012年10月12日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。