2012年08月22日

大学の宗教迫害 - 千葉大の女子大生がニューヨークで訴える

2012年1月に、「大学の宗教迫害」(室生忠氏編著)が出版された。カルト対策の名のもと、全国の大学で行われている宗教迫害の実態が暴かれている。室生氏は、その前年の2011年に、「財界にっぽん」で、大学の宗教迫害について、計6回の連載をしている。

2012年5月以降、米本和広氏のブログ「火の粉を払え」のカテゴリー「”カルト”化する大学業界の人びと」で、計10回の記事で、無法化するカルト対策について書かれている。このブログの中では、上記の室生氏の「財界にっぽん」の連載も紹介されている。

2012年7月、千葉大学の女子大生が、アメリカに向けて飛び立った。アメリカで、同じ信仰を持つ人々に、日本の大学から受けている宗教迫害について訴えるためだ。勇気ある証言をしたのは、千葉大の Hanayo Itoさん(24歳)で、2012年7月31日、ニューヨーク市マンハッタンの教会施設で行った。アメリカ統一教会のウェブサイトで、彼女のスピーチが公開されているので、紹介したい。


日本の大学生、宗教的不寛容について語る
Unificationist College Student Recounts Religious Intolerance in Japan

出典URL:http://unificationnews.org/article/unificationist_college_student_recounts_religious_intolerance_in_japan
記事の日付:2012年8月3日
日本語訳: Yoshi (注: は、私による。英文の長い段落は、適宜、段落分け。)
They say we are mind-controlling people. We are not. They say we are being mind controlled, that our absolute obedience is in line with slavery. When Rev. Sun Myung Moon says "jump," we jump, no questions asked. We do not. They do not see our freedom, our freedom to choose how to worship God, how to live and how to love. Just because you are born into a church doesn’t mean it belongs to you. You have to take ownership of who you are. In high school, before going to college and working with the Collegiate Association for the Research of Principles (CARP), I learned to love the Unification Church. I seriously studied the Divine Principle and the Bible to understand what the truth is. Intellectually, I realized there is no other truth. Everything just made sense to me.

彼らは、私たちが人をマインドコントロールしていると言います。彼らは、私たちがマインドコントロールされ、私たちの絶対服従は、奴隷だと言っています。文鮮明師が”跳べ”といえば、私たちは躊躇なく跳びます。彼らは、私たちが、どのように神を信仰し、どのように生き、そのように愛するかの選択権の自由を理解していません。教会で生まれたからと言って、教会の信徒になるわけではありません。自分は誰なのか、人生の責任をもたなければなりません。大学に入ってCARPの活動を始める前のことですが、高校時代に、私は、統一教会を愛することを学びました。私は、何が真理でるか理解するため、真剣に統一原理と聖書を学びました。ほかに真理はないと悟りました。すべてのものが、私にとって、うなずけるものでした。

In high school, after I told people about my faith, I lost my friends. My teacher spoke about the Unification Church in class, calling it a "cult." I felt sorry for them, and I did not want to become like them, so, out of a desire to share about how great is the Unification Church, I decided to go to Chiba University, because I had heard it was a university that was tolerant. I had heard it was a very peaceful and beautiful school with many foreign students, so I thought it would probably have a more worldly view on things. In reality, Chiba University is not tolerant: it is one of the universities that opposes our church most strongly. There are signs around campus to warn people about our church and its affiliated groups. CARP is not allowed. Anything organized that has to do with CARP is forbidden. It is an actual rule. If you try, you can be punished by the school.

高校時代、私の信仰の事を明かしたら、友達がいなくなりました。私の先生は、教室で統一教会のことを話し、「カルト」と呼びました。彼らのことを憐れに思い、そして、彼らのようにはなりたくないと思いました。私は、千葉大学に行くことを決めました。なぜかというと、千葉大学は、寛容な大学だと聞いていたからです。海外留学生も多くいて、平和で美しい大学だと聞いていました。だから、物事に対して、より世界的な見識を持っているだろうと思ったのです。

しかし、実際は、千葉大学は寛容ではない大学でした。千葉大学は、私たちの教会にもっとも激しく反対している大学のひとつです。キャンパス中に、看板があって、私たちの教会や、関連組織に近づかないように警告しています。CARPは許可されていません。CARPと関連したすべての組織は禁止されています。それは、実際の決まりです。もし、決まりを犯したら、大学により罰せられます。



信仰破壊者と闘うCARP
CARP Battles against Faith Breakers

Ten years ago, CARP at Chiba was dissolved because of faith breakers. Then, Unificationists brought CARP back seven years ago. When I enrolled at Chiba, there were only five Unificationists. Due to faith breaking and persecution, we lost friends. I couldn’t believe it when I lost all my friends after they discovered my beliefs. It hurts to know that people are so shallow and are not willing to stand by me. I do have some friends left, but they do not understand my pain and do not support me. Only one friend does, but not publicly. But I understand. I do not want them to have any trouble.

10年前に、千葉大CARPは、信仰破壊者により壊滅させられました。7年前に、統一教会員によりCARPが蘇(よみがえ)りました。私が千葉大に入学した時は、たった5名の統一教会員しかいませんでした。信仰破壊と迫害により、私たちは友人を失いました。私の信仰が明らかにされて友達を失った時、信じられませんでした。数名の友達が残っていますが、私の痛みを理解できず、私を支えてはくれません。一人の友人はそうしてくれますが、公の場ではありません。でも、私は理解しています。私は、友人たちに問題に引き込まれて欲しくないのです。

I won’t use names, but I will describe in detail some of what happened to us. People would make background checks to find out who the Unificationists at school were. Then, they would try to force faith breakers onto you and try to get you to leave the university. My best friend, a second-generation Unificationist, was asked to go home in her junior year. Because her friends found out she was an Unificationist, the office found out. They called her into the office to ask about the Blessing of marriage. She felt they were impersonal and rude, but answered their biased and harsh questions. She lost her trust in her friends and felt afraid to go back to school. I lost many friends like this. They even called her aunt; they told her that her niece was hanging out with a group of suspicious people. They told my friend that if she was in CARP, she could not graduate and become a teacher. She refused to leave CARP and was therefore forced to leave the school.

名前は出せませんが、私たちに起こったことを具合的に話したいと思います。大学は、誰が統一教会員なのか見つけるために、素性調査を行います。そして、彼らは、信仰破壊者を私たちに押し付け、大学を去らせようとします。

統一教会の2世である、私の一番の親友は、2年の時に、家に帰るように言われました。なぜかというと、彼女の友達が、彼女が統一教会員だと気が付き、学校事務局にわかってしまいました。大学側は、彼女を事務所に呼び、結婚祝福式* について聞きました。彼女は、大学側は冷たく、無礼だと感じましたが、彼らの偏見に満ちた辛らつな質問に答えました。彼女は、友人に対して信頼感をなくして、大学に戻るのが怖くなりました。私は、このようにしてたくさんの友人を失いました。

大学は、彼女のおばさんにまで、「あなたの姪は、怪しげな人々とたむろしている」と、電話しました。彼らは、私の友人に、もし、CARPにいれば、彼女は卒業もできないし、先生にもなれないと言いました。彼女は、CARPを退会する事を拒み、それゆえ、大学を離れざるを得ませんでした。


(注 by Yoshi: 結婚祝福式 = 統一教会で行う合同結婚式)

My father is a businessman, and my mother is a nurse. They were participants in the 6,000-couple Marriage-Blessing ceremony in Korea in 1982. They just celebrated their 30th wedding anniversary. Are we so different that we cannot celebrate what we have accomplished publicly? Let’s get our human rights back. Don’t give up your dreams because of other people. Unificationist parents don’t want their children to be hurt so they tell them to stay quiet. [Fact is] if you speak out, it is like you are fighting your whole country. You have to be willing to give up your aspirations and dreams, which is why so few people are willing to stand up. I understand how they feel, which is why I have to fight.

私の父は、ビジネスマンで、母は看護師です。両親は、1982年、韓国での6000双の祝福結婚式に参加しました。両親は、結婚30周年を祝ったところです。私たちは、私たちが成して来たことを公に祝うことができないほど、普通ではないのですか?私たちの人権を取り戻しましょう。他の人々が原因で、自らの夢をあきらめてはいけません。統一教会の親たちは、子供たちが傷ついて欲しくないので、静かにしているように言っています。実際、もし叫べば、国のすべてを相手に闘うようなものです。願望や夢を捨てないといけないかもしれません。だから、ほんの一部の人たちしか、立ち上がる事ができません。彼らが、どのように感じているかも理解しています。だから、私が闘わなければならないのです。


配慮を求め家族が立ち上がる
Families Standing up to Demand Respect

There is a small group of three families who stand together on this. They got together and wrote to the university: "We are doing the right thing. You are the ones who are dangerous and causing problems." For two years I was representing CARP on this matter, and I approached my professor on this problem. He never replied to me. Then the university started causing us more problems. They started giving lectures about why CARP is bad and how to avoid it. Many students attended that lecture. The university would bring specialists, professors or authors who wrote books against the Unification Church. As a result of the climate of hatred, my car was broken into and vandalized. This situation has been going on for a very long time at Chiba University, and the university refuses to do anything about it.

この問題で、共に立ち上がった3つの家族があります。彼らは、一緒になり、大学に、「私たちは正しい事をしています。あなたたちは、危険で、そして問題を起こしています。」と、手紙を書きました。この2年間は、私はCARPの代表をしています。この問題で私の教授に話をもちかけました。彼は、私に、何の返事もしてきません。その後、大学当局は、私たちにもっと多くの難題を吹っかけてきました。大学は、なぜCARPは悪くて、そして、その避け方の講義を始めました。たくさんの学生が、その講義に参加しました。大学は、専門家、教授、反統一教会の書籍の著書を招きました。憎悪の風潮の結果として、私の車は押し入られ、壊されました。千葉大では、この状況は長く続いていますが、大学は、対処することを拒んでいます。

Unificationists also have been persecuted at Saga University. Again, I will not say names. One student there was discovered to be a Unificationist and was called into the office, where she was verbally degraded. Administrators said the Blessing was like a marriage between a dog and a cat. Incredibly, her professor called her into his office and molested her. She is in the processed of suing him. There is no result yet, but in Japan, cases like these aren’t normally won because Japanese authorities have been trying to get rid of the Unification Church. Japanese police are taught that cults are bad. At the university we try to spread the truth, but it is hard, because there is nowhere for us to go [to report abuse]. In CARP, there is a representative in almost every university throughout Japan, and we have created a network of friendship and communication.

佐賀大学の統一教会員も迫害を受けてきました。ここでも、名前を出すわけにはいきませなんが、統一教会員だとわかった一人の学生が、オフィスに呼ばれ、彼女は、ひどい悪口を言われました。当局は、祝福* は、犬猫の結婚のようなものだと言いました。信じられないことに、彼女の教授は、彼女をオフィスに呼び、彼女に性的いたずらをしました。彼女は、教授を裁判に訴えました。結果はまだですが、日本では、このようなケースでは、普通、勝訴できません。なぜなら、日本の当局は、統一教会をなくしてしまおうとしているからです。日本の警察は、カルトは悪であると教えられています。

大学で、私たちは、事実を伝えようとしていますが、それは、とても難しいことです。この問題を報告するところがないのです。CARPは、日本中のほとんどの大学で、代表がいます。私たちは、友情と通信ののネットワークを築いています。


(注 by Yoshi: 祝福 = 統一教会の結婚)

I’m studying modern art in college. One day, I began to pray in the CARP office at school. I prayed because I felt very sad for humankind and what we are doing to each other out of fear and hatred and misunderstanding. When I finished, I looked up and saw an apple that was on the offering table and suddenly began to hear God’s voice. God asked me, "Isn’t this apple great?" I did not understand at first, but then I realized something. Although people are sad in this world and this wounds God, I know God is also happy. Yes, human history has been filled with much sadness but it is important to see through that. There is also much beauty and happiness in this world. God’s motivation is to be happy through love. God made the apple so people can enjoy it and be happy. Therefore, I can now bear any persecution, because I see God’s heart. There are negative things happening to me, but I know God has a purpose for it and for me.

私は、大学で現代芸術を勉強しています。ある日、学校のCARPオフィスで祈り始めました。恐怖、憎しみ、誤解から、私たちがお互いにしあっていることに対して、悲しくなってきたからです。祈りを終えて、祭壇のリンゴを見あげると、神の声が聞こえ始めました。「このリンゴは偉大じゃないかい?」最初は理解できませんでしたが、その後、悟ったことがあります。

人々はこの世界で悲しんでいて、このことが神の心を痛めているけれど、私は神が幸せだとも、わかります。人類歴史は悲しいことで満ちているけれど、それを通して理解することが大切です。この世界には、たくさんの美と幸せもあります。神の動機は、愛を通して幸せになることです。神はリンゴを創造されたので、人々はそれを味わい、幸せになることができます。私には、否定的なことが起きていますが、私は、神が、私のために、何らかの目的を持っているのだと知っています。


I hope to one day be a professor at a university in Japan in order to be an agent of God. In Japan, Unification Church members will be able to speak freely and proudly about who they are without the fear of persecution, pain and fear of being shunned by friends, coworkers, or peers. I want people in Japan and around the world to know about our struggles and that we are willing to fight for our freedom and live our lives for God.

いつの日か、私は、神の使者になるため、日本で大学教授になりたいと思っています。日本で、統一教会のメンバーが、迫害の恐怖、友たちや同僚、同級生に避けられる痛みや恐怖を感じることなく、彼らが誰であるか、自由に誇りを持って話すことができるようになるでしょう。私は、日本と世界の人々に、私たちの苦悩を知って頂き、そして、私たちが神のため、私たち自らの自由と、私たち自らの生活のために闘っているということを知って頂きたいと思います。


posted by 管理人:Yoshi at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学の宗教迫害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
価値ある訴え

<大学は、彼女のおばさんにまで、「あなたの姪は、怪しげな人々とたむろしている」と、電話しました。彼らは、私の友人に、もし、CARPにいれば、彼女は卒業もできないし、先生にもなれないと言いました。彼女は、CARPを退会する事を拒み、それゆえ、大学を離れざるを得ませんでした>

<信じられないことに、彼女の教授は、彼女をオフィスに呼び、彼女に性的いたずらをしました。彼女は、教授を裁判に訴えました。結果はまだですが、日本では、このようなケースでは、普通、勝訴できません。なぜなら、日本の当局は、統一教会をなくしてしまおうとしているからです。日本の警察は、カルトは悪であると教えられています>

大学生をここまで苦しめる日本の当局。ホトホト、情けなく思います。
アメリカでの訴えが、世界を代表する民主主義魂に火をつけ、日本の人権蹂躙学者らを根絶する動きが起きることを心から希望します。
Posted by みんな at 2012年08月22日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。