2012年08月12日

アーロン・ローズ博士 (米)国会議事堂内で「拉致監禁」を訴える

2012年7月30日(月)、アメリカ国務省の「2011年度版 国際宗教自由報告書」が、クリントン国務長官により発表された。その報告書の日本に関する部分は、前回の記事で扱ったが、アメリカ国務省が、ベルギーの「国境なき人権」が発表した「日本の改宗目的の拉致監禁」の報告書を確認した形となった。

その二日後、2012年8月1日(水)お昼どき、アメリカの首都、ワシントンDCのキャピトル・ヒル(連邦議会)の一室で、ある会見 (briefing) が行われた。その会見のタイトルは、「同盟国での宗教迫害に対するアメリカの対応 (America's Response to Religious Persecution in Allied Nations)」いうものだった。その会見は、Universal Peace Federation ( 天宙平和連合 = 統一教会の関連団体)により主催された。

その会見の模様が、アメリカ統一教会の公式ウェブサイトにて発表されている。このブログでは、パネリストのスピーチの内容等を、2回に分けてお届けしたい。今回は、アーロン・ローズ博士の会見を中心に紹介したい。



会見のタイトル:
同盟国での宗教迫害に対するアメリカの対応

America's Response to Religious Persecution in Allied Nations

The Capitol Hill Lunch Briefing とあるので、アメリカ連邦議会での昼食時間帯を使っての会見なのだろう。1時間半のプログラム中に、人権活動家等パネリストが会見し、日本で起きている改宗目的の拉致間監禁について、激しく語った。約70名の聴衆のうち、20名以上はアメリカ連邦議会議員の代理人だった。

Caitol Hill.JPG
Capitol Hill
http://omoroiyan2.blogspot.com.au/2012/08/blog-post_7.html


司会:キャスリン・ポーター女史 (Kathryn Cameron Porter)
 キャスリン・ポーター女史は、人権リーダーシップ協議会 (Human Rights Leadership Council) の発起人である代表で、トム・ラントス人権委員会創設に貢献した人物だ。
http://leadership-council.org/?page_id=148

挨拶:ダニエル・デイヴィス (Daniel Davis)
イリノイ州選出の下院議員  http://en.wikipedia.org/wiki/Danny_K._Davis

主なパネリスト:
アーロン・ローズ博士 (Dr. Aaron Rhodes)
イン・ジン・ムーン牧師 (Rev. In Jin Moon)
ティナ・ラミレズ女史 (Tina Ramirez)


アーロン・ローズ博士の会見内容
Dr. Aaron Rhodes' Remarks

出典URL:http://unificationnews.org/article/religious_freedom_activists_rally_together_for_capitol_hill_briefing
記事の日付:2012年8月1日
日本語訳: Yoshi (カラー、強調、注: は、私による)
"I've been involved in human rights for about 20 years now, and I do believe, based on past experiences, that it is right for the United States government to place the emphasis that it has upon the freedom of religion as one of the most important of human rights. It's politically incorrect to state that any human right is more important than any other human right, but I personally feel that the freedom rights are the most important ones.

私は、もう20年も、人権問題に携わっています。過去の体験に基づき、人権の中で最も重要な権利の一つとして、宗教の自由に重きを置くことは、アメリカ政府にとって正しいことであると、心から信じています。ある人権が、他の人権より大切であると言う事は政治的には正しいことではありませんが、私は、個人的な意見として、宗教の自由の権利が、もっとも重要なものであると感じています。

"Now, why is it that the United States government is so concerned about religious freedom? Why is it that people are so concerned with religious freedom? I have lived abroad for the past 20 years and have heard criticizing comments around that question in an international forum.

なぜ、アメリカ合衆国は宗教の自由に、そんなに関心を持つのでしょうか? なぜ、人々は、宗教の自由に、それほど関心を寄せるのでしょうか? 私は、海外に過去20年住み、国際討論会の場で、その質問に対し、批判的コメントを聞いてきました。

"Is it something to be explained by politics? Is it some sort of sentimental attachment to past persecutions? Is it something about the feelings or beliefs about the particular groups? Well, I say 'no' to all these explanations. The freedom of religion is a universal, spiritual, political, and social necessity. It is just as important to every person on earth as it is to Americans. In this sense, this is no American exception – which I believe is a very misleading term, by the way; it's kind of like the term 'the chosen people,' which is also a very misleading term. Instead, there is a unique American appreciation of the universal aspiration to religious freedom, and the universal obligation to respect this freedom.

政治によって説明される事でしょうか? 過去の迫害への感情的気持ちのようなものでしょうか? 特定のグループに対する感情や信仰に関するものでしょうか? 私は、これらの説明には 「そうではない」 と主張します。宗教の自由には、普遍的、精神的、政治的そして社会的な必要性があります。アメリカ人にとって重要であるように、地球上のすべての人に重要なことです。この意味で、これは「アメリカ例外主義* (American exception)」ではありません。ところで、この言葉は大変誤解を招く言葉です。それは「選民 (the chosen people)」という言葉が誤解を招くのと同じようなものです。 アメリカ例外主義からではなく、アメリカは、誰よりも、宗教の自由に対する普遍的願望と、宗教の自由を尊重する普遍的義務を、高く評価しています。

(注 by Yoshi:上記段落の、American exception の説明については、魚谷俊輔氏の助けをお借りいたしました。本文に続く、最初のコメント欄も参考にしてください。

American exception = アメリカ例外主義、アメリカは他の国と違って、自由と民主主義を守る世界的な使命があるという考え方 http://en.wikipedia.org/wiki/American_exceptionalism


"The picture regarding religious freedom today is not all that good, and human rights in the world aren't improving. We have to keep struggling all the time to maintain the freedoms that we have and to prevent backsliding. The struggle to protect the freedom of religion is perpetual. We are not moving towards an era of freedom and openness. This is shown by developed democracies infringing on the freedom of human rights and the freedom of expression.

今日(こんにち)の宗教の自由に関する事情は、まったく好ましいものではなく、世界の人権状況は、改善されていません。私たちは、現在の自由を維持し、後退させないように、常に苦闘しなければなりません。宗教の自由を保護していくその苦闘は、終わりのないものです。私たちは、宗教の自由、寛容の時代に向かっていません。これは、先進国が人権の自由と、表現の自由について違反していることから示すことができます。

"And that's why the topic of this meeting is quite timely. Let me give you some examples. It's not just the new religions that are at risk. In Germany, where I live, a state court in Cologne recently ruled that circumcision constitutes bodily harm. German politicians have called circumcision a barbaric ritual. 40 percent of Germans apparently agree that the state should make such decisions in paternalistic fashion. In fact, infringements on religious groups are generally justified by the need of the state to protect the citizens from themselves.

この会議のトピックは、非常に時を得たものです。少し、例をあげます。危険に冒されれているのは、新しい宗教ばかりではありません。私の住むドイツ、ケルン管区裁判所は、最近、割礼は身体危害を及ぼすものとの判決を下しました。ドイツ人の40%は、温情的傾向のもと、国のそのような決定を支持しています。実際、宗教団体に対する侵害行為は、市民を宗教団体から保護する必要性から、全般的に、国により正当化されています。

[In addition,] Japan is a liberal democracy with a very strong constitutional tradition based on the one in this country. Japan is violating the human rights of members of religious minorities who have been subjected to abduction, to the deprivation of freedom and physical abuse. And this has been going on for decades. It has affected thousands of people and it has been ignored by the major human rights organizations, international authorities and of course, Japanese authorities. I've had the opportunity to do some research on this question along with the independent NGO, Human Rights Without Frontiers, and I've had an opportunity to meet with a number of victims of these abuses. I've been involved in human rights for about 20 years, and I've seen just about everything there is to see. And this is bad. This is a very tragic situation, and we have to do something about it. The victims of these abuses should not have to speak for themselves. They should have the support of civil society and international organizations, because if they speak for themselves, no one will believe them, even if they are telling the truth. That's the purpose of these independent organizations; they don't have a personal stake in these things. That's how important it is for civil society to be politically detached and to approach human rights in a scientific, objective manner.

(注 by Yoshi: この段落は長いので、日本語訳は、いくつかの段落に分けました。)

日本は、この国(アメリカ)の憲法の土台のうえに、強力な憲法的伝統をもった民主国家です。日本は、拉致され、自由を剥奪され、物理的に虐待を受けてきた弱小宗教団体の会員の人権を侵害しています。そして、これは、何十年にもわたって起きています。これまで、何千名という人が影響を受けていますが、主要な人権団体、国際機関、そしてもちろんの事、日本政府は無視してきました。

私は、独立したNGOである「国境なき人権」と共に、この問題の調査をする機会があり、そして、これらの虐待を受けた被害者と面会する場をもちました。私は、20年にわたり人権活動をしてきましたが、目撃すべきことは、すべて見てきました。

ひどい状況です 。これは、あまりにも悲劇的な状況であり、私たちは、それに対して、何かをしなければなりません。これらの虐待を受けた犠牲者は、自ら、声を上げなければならないことはないはずです。犠牲者は、市民社会* や国際組織の援助を受けるべきです。なぜなら、彼ら自信が語れば、たとえ、真実を語ったとしても、誰も信じないでしょう。

それが、独立した組織の目的であり、彼ら(独立した組織)は、この問題において、個人的な利害関係はありません。市民社会* が政治的には距離を置き、人権問題に対し、科学的、客観的方法で取り組むことが重要なことです。


(注 by Yoshi: Civil Society = 市民社会、市民が自発的に参加することによって生まれる社会。国家や営利団体に依存して構成される社会と対立する概念。 本文に続く、魚谷氏のコメントも参考にしてください。)

"All the complaints about these kidnappings have been ignored. Not a single one has been taken up in a normal prosecution. It's discrimination, and there's also discrimination against members of religious minorities in universities. The police have been negligent. The politicians do not exercise adequate oversight of these institutions in Japan. [The Japanese people] need the help of their friends in the international community to solve this problem.

これら拉致・誘拐のすべての訴えは無視されてきました。1件ですら、通常の起訴手続きは行われていません。これは差別です。さらに、大学における弱小宗教団体のメンバーに対する差別も存在します。警察は怠慢です。政治家は、日本でのこれらの状況に対し、適切な監督を行っていません。日本の人々は、この問題を解決するため、国際社会の友人の助けが必要です。

"That's one of the messages that I'm trying to convey here in Washington – the United States government should raise this question with the Japanese authorities as a matter of international law. They should raise it in the universal periodic review of Japan, which is going to take place in a few months. They should raise it in direct communication with Japanese authorities. They should also have other countries raise it. It shouldn't just be the United States. It should be other countries that are concerned with religious freedom, that are willing to speak to a friend about their problems. We owe it. We as Americans owe it to our friends in Japan to help them get out of this problem. That's the way the human-rights community should work.

(注 by Yoshi: 日本語訳は、2段落に分けました。)

それが、ここワシントンで、私が伝えたいメッセージの一つです。アメリカ合衆国政府は、この問題を、国際法問題として、日本政府に対して問題提起すべきです。アメリカ政府は、数ヶ月後に(国連で)開催される、日本の普遍的定期審査 (the universal periodic review of Japan) において、問題提起すべきです。アメリカ政府は、日本政府に対し、直接の対話で問題提起すべきです。アメリカ政府は、他の国にも問題提起してもらうべきです。アメリカだけがすべきことではありません。それは、宗教の自由に関心を持ち、その問題について、友に喜んで話をしてくれる、他の国々かもしれません。

私たちは、義務があります。私たちは、アメリカ人として、この問題から友を救いだすため、彼らに対する義務があります。それが、人権社会のとるべき方法です。


"Freedom of expression is under threat in a number of countries, and when you talk about freedom of religion, you have to talk about the freedom of expression also. Hate-speech legislation is very often abused to discriminate against groups in society. The toxic combination of hate-speech laws, political correctness, and judicial activism, is putting the freedom of expression under very serious threat, especially in Europe.

表現の自由は、いくつかの国で脅威にさらされています。あなたが、宗教の自由について語る時、表現の自由についても、語らなければなりません。ヘイト・スピーチ(憎悪発言)法は、社会集団を差別するために、たびたび乱用されています。ヘイト・スピーチ法、政治的正当性、そして司法積極主義* の有害な組み合わせが、特にヨーロッパにおいて、表現の自由に対する、非常に深刻な脅威となっています。

(注 by Yoshi: Judical activism = 司法積極主義、 司法、特に最高裁判所が憲法判断により法令を拡大(過大)解釈することによって事実上の立法や行政の機能を果たすこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E7%A9%8D%E6%A5%B5%E4%B8%BB%E7%BE%A9 )


"Let me just tell you very briefly about a case in Sweden. Very few people have heard of it, but it's absolutely outrageous. The European Court of Human Rights, which was instituted to protect European citizens from tyranny, to protect their freedom of expression, has ruled that it will not violate the freedom of expression by convicting four people for distributing leaflets with what they called 'homophobic' content. Now by the way, I don't agree with the content [of the leaflets], I don't agree with the motivation, I don't agree with anything about it. The leaflets say that homosexuality is a deviant sexual proclivity. The court said the statement slandered a specific group. The ruling was based on a prior case-law on blasphemy and hate-speech. The court refused to protect speech that they said was 'gratuitously offensive.' It decided it has the right to change the moral outlook of some citizens, or to force their conscience on issues like homosexuality. And I don't believe the state does have that right. I think this is against human rights. Here you have the European Court of Human Rights essentially violating human rights. Now, what? Where are we going to appeal that decision? Because that's the top. And that's our dilemma now, and that's why there's got to be a public protest against this. It's like the Skokie case. We're not in favor of Nazis, but we insist on their right to express their wrong views. By the way, I might as well tell you, I'm against legislation that bans Holocaust denial. People have a right to be wrong about this. And when you have people being put in jail for their errors, that's kind of totalitarianism.

(注 by Yoshi: 長い段落なので、適宜、段落に分けました。)

スウェーデンの例について手短に説明したいと思います。ほとんどの人は聞いたこともないことでしょうが、明らかに理不尽なことです。ヨーロッパ人権裁判所、これはヨーロッパ市民を独裁から守り、表現の自由を保護する目的で作られたものですが、「同性愛嫌悪」のパンフレットを配った4名を起訴することは、表現の自由を侵害しないという決定を下しました。

私は、そのパンフレットの内容には同意いたしません。そのパンフレットでは、同性愛は異常性癖だと主張しています。裁判所は、その主張は特定の人々を中傷していると述べました。判決は、冒とく的な言動とヘイト・スピーチ(憎悪発言)についての過去の判例をもとに、下されました。裁判所は、裁判所が「不当に侮辱的」だと考えた言論を保護することを拒絶しました。

裁判所は、ある人々の道徳観を変える権利があると、または、同性愛のような問題について、裁判所の良心を強要する権利があると、結論を下しました。私は、国がそのような権利があるとは思っていません。これは、人権に反する事だと思います。人権を本質的に侵害する人権裁判所が、ヨーロッパにはあるということです。
それで、その決定を、どこに上告したらいいのでしょうか?しかし、それは、最終決定です。それは、私たちの現在のジレンマです。これに対して、大衆の反対の声が上がって来なければなりません。

まるで、スコーキー事件* のようです。私たちは、ナチスには賛成していません。しかし、私たちは、彼らに、その間違った見解を表現する自由はあると主張します。私は、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人虐殺)を否定することを禁止する法令には反対しています。人々は、この問題に対して、間違った立場に立つ権利があります。もし、人々がその間違いによって刑務所に入れられたなら、それは全体主義のようなものです


(注 by Yoshi: スコーキー事件では、ユダヤ人が多く住むイリノイ州スコーキー村がネオナチのデモの差止めを求めた。またネオナチなどのヘイトグループによるデモを禁止する村条例を可決した。連邦地裁は条例を第1修正違反で違憲とした。 http://d.hatena.ne.jp/yuki_takao/20110914/1315994682 )

"In the final analysis, religious freedom cannot be separated from the issue of freedom of expression. But we have to recognize that there is a strong trend towards restricting free speech in Europe, and among many members of the UN.

突き詰めた分析において、宗教の自由は、表現の自由と切り離して考えることはできません。しかし、私たちは、ヨーロッパや、他の国連加盟国において、言論の自由の規制に向かう強い傾向があることを知らなければなりません。

"In the context of the weakening support of the freedom of expression, the International Human Rights Law itself contains the seeds of repression by prohibiting forms of speech. The source of these articles in the covenant on civil and political rights is the Soviet Union. Go back and find out, how did we get these laws? How did we get these articles in the ICCPR [International Covenant on Civil and Political Rights]? The Soviet Union and its allies insisted to ban incitement to discrimination, hostility or violence. We can buy into banning incitement to violence. Violence is something objective. You can measure it. But you can't define the incitement to hostility. These vague laws are the bane of human rights all over the world, but this ICCPR is something that almost every country in the world has signed, even though it is still used to suppress minorities. Its vague wording was opposed by Eleanor Roosevelt, by diplomats from the United States and by democratic countries, but they lost the fight when they codified human rights in the ICCPR. I would say the problem of freedom of religion is part of a broader problem, and that is the loss of the focus on liberty in human rights. The heart of human rights is liberty. Thank you."

(注 by Yoshi: 日本語訳は、数段落に分けました。)

表現の自由への支持が弱まっていく中で、国際人権法自体が、言論の形態を禁止することにより、抑圧の種を内包しています。「市民及び政治的権利に関する国際規約*」の条項の出所はソビエトです。

どのように、この規約にたどり着いたか、歴史をひもといて、調べてみてください。どのようにして、ICCPR (市民及び政治的権利に関する国際規約)に至ったのでしょうか?

ソビエトと、その同盟国は、差別、敵意、暴力の誘因 (incitement to discrimination, hostility or violence) を禁止するよう主張しました。私たちは、「暴力の誘因」を禁止することを、渋々受け入れている可能性があります。暴力は、客観性のあるものです。あなたは、それを測ることができます。しかし、あなたは、「敵意の誘因」を定義することはできません。

このあいまいな規約が、世界中の人権の悩みの種です。しかし、この「市民及び政治的権利に関する国際規約」 は、弱者を抑圧すために使われているけれど、世界中のほとんどの国が署名したものなです。

この曖昧な文言に対し、アメリカの外交官であるエレノア・ルーズベルト* や、民主国家は反対を唱えましたが、「市民及び政治的権利に関する国際規約」に人権を成文化することで、闘いに敗れてしまいました。

宗教の自由の問題は、より広範な問題であると言えます。そして、人権の中で自由に関して焦点を当てていなかったということが言えると思います。人権の核心は、自由です。ご清聴、ありがとうございます。


(以下 注 by Yoshi )

*市民的および政治的権利に関する国際規約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

*エレノア・ルーズベルト: ルーズベルト大統領夫人
 トルーマン大統領の要請で国際連合の第1回総会代表団の一員に指名され、1946年にロンドンに赴任し総会に参加した。ロンドンの総会では人権委員会に参加し、委員長に選出される。人権委員会は世界人権宣言の起草に着手し1948年12月に国連総会で採択された。エレノア・ルーズベルトは、1952年に退官した。

 ローズ博士が述べている「市民的および政治的権利に関する国際規約」は、「世界人権宣言」の採択(1948年)後、1954年まで、起草作業が行われた。(注 の終わり)





アーロン・ローズ博士の略歴

現在は、ドイツのハンブルグを拠点に、大学講師、そして、世界的に人権活動を行っている。
シカゴ大学で、博士号取得後、シカゴ州とイリノイ州で、政府の機関で働く
ボストン大学副学長
1991年にウィーンに移動し、東ヨーロッパの教育改革をのプロジェクトに携わる
1993 - 2007 国際ヘルシンキ人権連合の事務総長
(以上 http://en.wikipedia.org/wiki/Aaron_Rhodes より)

ローズ氏は、2010年8月5日、東京の外国人記者クラブにて、拉致監禁問題についての記者会見を行っている。
(参考資料: 火の粉を払え http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-216.html )

2011年12月末に発表されたベルギーの「国境なき人権」の拉致監禁に関する報告書では、現地調査にも加わり、その報告書の序文「はじめに」を書いている。
http://www.hrwf.org/images/reports/2012/1231%20report%20final%20jap.pdf


今回の記事の主な情報源:
アメリカ統一教会公式ウェブサイト
http://unificationnews.org/article/religious_freedom_activists_rally_together_for_capitol_hill_briefing

俺のネタ帳 by Luke in USA
http://omoroiyan2.blogspot.com.au/




2012-11-02 追記:

上記スピーチの音源が、ネット上で公開されている。

http://tinyurl.com/97rywys

18:40あたりで、アーロン・ローズ氏が語り、後半40:50以降で、インジン・ムーン牧師が語っているので、聞いてみて欲しい。私のブログの記事では、英文も併記しているので、目でテキストを追っていくと、聞きやすいと思う。

ローズ博士と、ムーン牧師の間、35:00あたりで、日本人の女性が日本語で話している箇所があるが、この人は、ムーン牧師のスピーチの中に出てくるミヤマさんだ。

###


posted by 管理人:Yoshi at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
魚谷です。American exceptionalismは、英語のWikipediaでは以下のように説明されています。
the idea that the United States is different from other countries in that it has a specific world mission to spread liberty and democracy.
つまり、アメリカは他の国と違って、自由と民主主義を守る世界的な使命があるという考え方を指しているのでしょう。基本的に国際宗教自由法は、アメリカが宗教の自由に関して世界の監視役をするという法律ですから、他国から見ればAmerican exceptionalismに感じられるのだろうと思います。“American exception”という表現はこうした思想を背景として使っているので、ひとつの思想として解釈したほうが良いのではないかと思います。


以下は私の試訳ですが、おそらく解説しないと直訳しただけでは意味が伝わらないでしょうね。

この意味で、これは「アメリカ例外主義」ではありません。ところで、この言葉は大変誤解を招く言葉です。それは「選民」という言葉が誤解を招くのと同じようなものです。

あと、Civil Societyはいろんな意味で使われるのですが、NGOとほぼ同義で使われることが多いです。「市民団体」「市民組織」と言ったほうがイメージしやすいかもしれません。ここでは、人権団体などのNGOが果たすべき役割があると言いたいのではないでしょうか?
Posted by 魚谷俊輔 at 2012年08月12日 23:43
魚谷さん、
ご説明、ありがとうございます。私、アメリカにも、4年ほど住んでいましたが、American exception って、何なんだろうと、数日間、苦悶しておりました。

さきほど、残りの、3段落の作業を終えて、続きは明日です。明日には、魚谷さんのご説明を参考に、本文のほうに加えたいと思います。

改めて、ありがとうございました。
Posted by Yoshi at 2012年08月13日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。