2012年08月05日

米国国務省:2011年 国際宗教自由報告書

2012-08-09 最下段に追加記事

アメリカ国務省は毎年、世界各国の宗教の自由・信教の自由についての報告書(International Religious Freedom Report = 国際宗教自由報告書)を作成している。

国際宗教自由報告書は、アメリカで1998年に制定された「国際宗教自由法(IRFA = International Religious Freedom Act )」に従い、(米)国務省により毎年作成され、(米 )議会に提出される。この法律は、クリントン大統領が署名した法律で、アメリカの外交政策として、宗教の自由を促進する目的で作られたものである。http://www.state.gov/g/drl/rls/irf/index.htm

2012年7月30日に、アメリカ国務省* による2011年度版の国際宗教自由報告書(International Religious Freedom Report for 2011)が、クリントン国務長官により発表され、同時にウェブサイトで公開された。(*正確には国務省の民主主義/人権/労働局(Bureau of Democracy, Human Rights and Labor)が担当している。)

http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/religiousfreedom/index.htm?#wrapper
このページ ↑ の、上部 Countries/Regions をクリックし、Japan を選択すると、日本に関するレポートにいくことができる。本日の記事は、日本に関する部分の、日本語訳である。いずれ、日本のアメリカ大使館より、正式な日本語訳が出ると思うので、私の訳は、参考程度にして欲しい。

今回は、まず、2011年度版の国際宗教自由報告書の全体の序文の最初の3段落をまず紹介したい。そのあと、日本に関する報告書を紹介したい。

記事タイトル(原文):International Religious Freedom Report for 2011 Executive Summary
タイトル日本語:アメリカ国務省:2011年度 国際宗教自由報告書の序文
出典URL:http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/religiousfreedom/index.htm?#wrapper
記事の日付:2012年7月30日
日本語訳: Yoshi
Executive Summary 要旨

Everyone has the right to freedom of thought, conscience, and religion; this right includes freedom to change his religion or belief, and freedom either alone or in community with others and in public or private, to manifest his religion or belief in teaching, practice, worship and observance.
Article 18, Universal Declaration of Human Rights


すべて人は、思想、良心及び宗教の自由を享有する権利を有する。この権利は、宗教又は信念を変更する自由並びに単独で又は他の者と共同して、公的に又は私的に、布教、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。
世界人権宣言 第18条


(注 by Yoshi: この段落は、世界人権宣言第18条であり、http://www.peace-ashram.org/constitution/index.html#japanese より、日本語訳を拝借した。)  

To think, believe, or doubt. To speak or pray; to gather or stand apart. Such are the movements of the mind and heart, infinitives that take us beyond the finite. Freedom of religion, like all freedoms of thought and expression, are inherent. Our beliefs help define who we are and serve as a foundation for what we contribute to our societies. However, as the 2011 International Religious Freedom Report documents, too many people live under governments that abuse or restrict freedom of religion. People awaken, work, suffer, celebrate, raise children, and mourn unable to follow the dictates of their faith or conscience. Yet, under the Universal Declaration of Human Rights, governments have committed to respect freedom of religion. As President Barack Obama said, they ought to "bear witness and speak out" when violations of religious freedom occur.

考えたり、信じたり、疑ったり。意見を述べたり、祈ったり。群れを作ったり、孤高を守ったり。そのような行動は、心の動きであり、限定されたものを超えた無限の行動である。私たちの信条は、私たちが誰であるかを定義してくれ、社会に対して何を貢献するかの根拠を示してくれる。しかしながら、2011年度版国際宗教自由報告書にあるように、あまりにも多くの人々が、宗教の自由を侵害し制限する政府の元で生活をしている。人々は、目が覚め、仕事に出かけ、苦しみ、祝い、子供を育て、そして、彼ら自身の信仰や良心の指示に従うことができないことを嘆き苦しむ。けれども、世界人権宣言のもと、各政府は、宗教の自由を尊重することを誓ってきた。バラク・オバマ大統領が言ったように、宗教の自由が侵害された時、"証言し、声高に叫ぶべきである"

With these reports, we bear witness and speak out. We speak against authoritarian governments that repressed forms of expression, including religious freedom. Governments restricted religious freedom in a variety of ways, including registration laws that favored state-sanctioned groups, blasphemy laws, and treatment of religious groups as security threats.

The report focuses special attention on key trends such as the impact of political and demographic transitions on religious minorities, who tended to suffer the most in 2011; the effects of conflict on religious freedom; and the rising tide of anti-Semitism. Impacted groups, to name just a few, included Baha’is and Sufis in Iran; Christians in Egypt; Ahmadis in Indonesia and Pakistan; Muslims in a range of countries, including in Europe; Tibetan Buddhists, Christians, and Uighur Muslims in China; and Jews in many parts of the world.

この報告書において、私たちは、証言し、声高に叫んでいる。私たちは、宗教の自由を含めて、表現の自由を抑圧する独裁主義的政府を攻撃している。政府は、政府の認可したグループに有利な法人登録法、冒涜法、安全保障面から宗教団体を扱ったりなど、さまざまな方法で、宗教の自由を抑圧している。

今回の報告書では、2011年の報告書年度で、最も苦難を受けたであろう「弱小宗教グループに対する政治的、人口統計の推移への影響」「対立闘争の宗教自由への影響」「反ユダヤ主義の台頭」など、重要な傾向について、特に焦点をあてている。影響を受けたグループの例を挙げるとすれば、イランのバハイ教徒、スーフィー教徒、エジプトのキリスト教徒、インドネシアとパキスタンのアフマディ教徒、ヨーロッパも含めて各国のイスラム教徒、中国のチベット仏教徒、チベットのキリスト教徒、中国のウィグルのイスラム教徒、そして、世界各地のユダヤ教徒などである。


(注 by Yoshi:序文はまだ続くが、このあとは、「政治的人口統計学的推移における弱小宗教団体」とか、「対立闘争の宗教自由への影響」「冒涜法の乱用」「反ユダヤ主義の台頭」などの項目で、著しい問題のある国々を取り上げているが、ここでは省略。)


ここまで紹介したのは、「国際宗教自由報告書 2011年度版」全体の紹介文(要旨)である。


以下は、各国の報告書の中から日本に関するものである。

記事タイトル(原文):International Religious Freedom Report for 2011 - Japan
タイトル日本語:アメリカ国務省:2011年度 国際宗教自由報告書 「日本」
出典URL:http://www.state.gov/j/drl/rls/irf/religiousfreedom/index.htm?dlid=192631#wrapper
記事の日付:2012年7月30日
日本語訳: Yoshi (カラー、強調等は訳者による。赤字部分が拉致監禁関連箇所。)
Executive Summary 要旨

The constitution and other laws and policies protect religious freedom and, in practice, the government generally respected religious freedom. The government did not demonstrate a trend toward either improvement or deterioration in respect for and protection of the right to religious freedom.

日本国憲法と、他の法令は、現実面において、宗教の自由を保護している。政府は、概して、宗教の自由を尊重している。政府は、宗教の自由権利保護に関連して、進展も後退の傾向も示さなかった。

There were few reports of societal abuse or discrimination based on religious affiliation, belief, or practice.

宗教、信仰、実践面にもとづく、いくつかの、社会的虐待や差別がみられた。

The U.S. government closely monitored the situation of religious freedom, conducted regular outreach to minority religious groups, and discussed religious freedom issues with the government.

アメリカ政府は、宗教の自由の状況を厳密に観察し、弱小宗教団体への定期的な働きかけを行い、日本政府と宗教の自由問題について討議してきた。


Section I. Religious Demography
セクション 1. 宗教人口の統計


Since the government does not require religious groups to report their membership, it is difficult to determine accurately the number of adherents of different religious groups. The Agency for Cultural Affairs reported that membership claims by religious groups totaled 207 million as of December 2008. This number, substantially more than the country’s population of 127.4 million, reflects many citizens’ affiliation with multiple religions. For example, it is common to practice both Buddhist and Shinto rites. 

日本政府は、宗教団体に信者の数の報告を求めておらず、正確にそれぞれの宗教団体の信者数を把握することは難しい。文化庁は、2008年12月現在、2億700万人の宗教人口があると報告した。この宗教人口は、日本の人口の1億2740万人より実質上多くなり、このことは、多くの市民が複数の宗教に属していることを示している。例をあげると、仏教と神道の両方を実践することは、一般的なことである。

According to the agency’s current yearbook which shows statistics for 2008, 108 million people identified themselves as Shinto, 88 million as Buddhist, and 2.3 million as Christian, while 8.9 million followed “other” religions. There are no governmental statistics on the number of Muslims in the country.

文化庁の2008年の統計によれば、1億80万人が神道、8800万人が仏教、230万人がキリスト教に属し、890万人が ”他の”宗教に属している。日本のイスラム教の人口についての政府の統計はない。


Section II. Status of Government Respect for Religious Freedom
セクション 2. 宗教自由に対する政府の配慮


Legal/Policy Framework
法律的/政策的 枠組み


The constitution and other laws and policies protect religious freedom.

日本国憲法と他の法令は、宗教の自由を保護している。

According to the Agency for Cultural Affairs, approximately 183,000 religious groups were certified by the government as religious organizations with corporate status. The government does not require religious groups to register or apply for certification; however, certified religious organizations receive tax benefits. More than 82 percent of religious groups had been certified by 2008.

文化庁によれば、約、18万3000の宗教団体が宗教法人として登録されている。政府は、宗教団体に登録することや、認証を申請することは求めていないが、認証された宗教団体は税金の優遇を受けている。2008年までに、宗教団体の82%が認証を受けている。

The Religious Juridical Persons Law, as amended in response to the 1995 sarin gas attack on Tokyo’s subway system by Aum Shinrikyo, provides the government with the authority to supervise certified religious groups. The law requires certified religious organizations to disclose their assets to the government and empowers the government to investigate possible violations of regulations governing for-profit activities. Authorities have the right to suspend a religious organization’s for-profit activities if the organization violates these regulations.

1995年のオウム真理教による地下鉄サリン事件の結果として、修正された宗教法人法は、認可された宗教団体を監視する権限を政府に与えている。その法律は、認可された宗教法人に、その資産を政府に開示することを命じ、営利目的活動に関して法令違反がある場合には、政府に調査する権限を持たせている。もし、宗教団体が、これらの法令に違反している場合、監督官庁は、宗教団体の営利目的活動を、一時的に停止させる権限を持つ。

The government does not observe any religious holidays as national holidays.

政府は、公休日として、宗教的な休日を祝うことはない。

Government Practices
日本国政府の対応


There were few reports of abuses in the country. In May, 14 Muslims filed a lawsuit against the government after documents accidentally leaked onto the Internet revealed that the Tokyo Metropolitan Police Department and the National Police Agency had systematically collected their personal information, including their religious activities and associations, allegedly solely because of their religion. The lawsuit was ongoing at year’s end.

日本において、虐待の報告は少数しかない。(2011年)5月には、14名のイスラム教徒が国を相手取り訴訟を起こした。警視庁と警察庁が、組織的に彼らの宗教的活動と交友関係も含めての個人情報を収集していたことを示す書類が、インターネット上に誤って漏れたことが契機となった。彼らは、宗教の故に、行われたことと、主張している。この訴訟は、年度末(2011年末)の時点で、進行中である。

The government granted temporary humanitarian protective status to Chinese individuals who were Falun Gong (also referred to as Falun Dafa) practitioners resident in Japan and who filed for this status. Some of these individuals reported that the Chinese Embassy in Japan would not renew their Chinese passports due to their faith. This temporary humanitarian status allowed these individuals to remain in the country and to travel overseas using travel documents issued by the government of Japan.

日本国政府は、日本に居住する法輪功(法輪大法)中国人実践者に対し、人道保護的な一時的在留許可を与えた。彼らは、日本の中国大使館は彼らの信仰ゆえにパスポートの更新をしないだろうと報告し、日本に対し、在留許可を申請していた。この一時的、人道的措置により、彼らは、日本に滞在でき、日本によって発行された書類により、海外にも旅行することができる。


Section III. Status of Societal Respect for Religious Freedom
セクション 3. 宗教の自由に対する社会的配慮


There were few reports of societal abuses or discrimination based on religious affiliation, belief or practice.

宗教、信仰、実践の故の、社会的虐待、差別の報告は少ししかない。

In October 2010 a vehicle parked in front of a mosque in Fukui Prefecture with a sign reading “Foreign People Get Out” was set on fire. Leaders at the mosque, attended primarily by foreign university students living in Fukui, portrayed the incident as isolated and unusual and said they had positive relations with the local community. Police arrested an individual for this incident late in the year.

2010年の10月、福井県のモスク(イスラム教寺院)前に、駐車された車が放火された。車には、「外国人、出て行け」というサインが表示してあった。モスクのリーダーは、福井に居住する大学生であるが、その事件は、非常にまれな事件であると表現し、かれらは、地元の人々と、好意的な関係を築いていると語った。その年の末、警察はその事件に関連し、一人を逮捕した。

(注 by Yoshi: 以下の3段落は、原文では1段落であるが、読みやすくするため、3つに分けた。)
For several years deprogrammers working with family members have reportedly abducted Unification Church members and members of other minority religious groups. The number of reported cases has declined sharply since the 1990s, but research published in December by the nongovernmental organization (NGO) Human Rights Without Frontiers International maintained that abductions and deprogramming of Unification Church members continue to occur. Other NGOs, however, accused the Unification Church of exaggerating or fabricating these reports.

The Unification Church reported two cases in which church members were abducted during the year as well as three cases of suspected abductions. According to the church, one abductee escaped after five months of confinement and the other was released after three weeks; the three individuals whom church officials suspect were abducted all withdrew from the church. Two other members who reportedly remained confined at the end of 2010 withdrew from the church.

The Unification Church also asserted that cult prevention workshops and campaigns held at universities throughout the country urged students to avoid groups affiliated with the church and contributed to a hostile campus environment for Unificationist students.

これまで何年もの間、家族のメンバーと連携 (work with) してきたディプログラマーが、統一教会の会員や、他の弱小宗教団体の会員を拉致してきたと伝えられてきた。報告されたそれらの事件は、1990年以降、激減したが、(2011年)12月に発表された非政府組織(NGO)「国境なき人権」の調査は、統一教会員に対する拉致監禁は、継続して行われていると断定 (maintain) した。しかしながら、他のNGOは、それらの報告は、誇張と捏造であると統一教会を非難している。

統一教会は、報告期間内に、2件の拉致事件があり、3件の拉致と疑われる事件があったと報告した。統一教会によれば、一人の被害者は5ヵ月の監禁後に脱出し、もう一人は、3週間後に解放された。統一教会が拉致されたと疑っている3名は、全員、統一教会を脱会した。2010年末の時点で監禁されていると報告された他の2名も、教会を脱会したと、報告された。

さらに、統一教会は、"カルト対策" の研修やキャンペーンが日本中の大学で開催され、学生に統一教会に関連した団体に近づかないように呼びかけ、大学キャンパス内での、統一教会信者学生に対する敵意感情を増大していると強く主張 (assert)している。


While Japanese society has been largely supportive of the right of Falun Gong practitioners to practice freely, there were reports that the Chinese Embassy in Tokyo carried out an active campaign to harass and undermine the organization by trying to persuade Japanese organizations to discriminate against Falun Gong practitioners. Some of the country’s top facilities have refused to host Shen Yun Performing Arts, a New York-based performance group associated with the Falun Gong, but other smaller theaters have hosted the group. Other Falun Gong-affiliated performers have performed at large facilities. Likewise, while some Japanese companies have given in to Chinese pressure and not advertised in the Epoch Times, others have continued to advertise in the publication.

日本の社会は、法輪功の自由な実践の権利に対して、概ね、賛同的であるが、東京の中国大使館が、日本の各組織に、法輪功実践者を差別するよう促すことによる、嫌がらせや過小評価の積極的なキャンペーンを行ったとの報告があった。法輪功と関連のある、ニューヨーク拠点の公演グループであるシェン・ユン芸術団の公演は、いくつの大規模会場では拒否されたが、他の、小さな会場は、芸術団を受け入れた。他の、法輪功の関連の芸術団は、大規模会場で、公演を行った。同じように、ある日本の企業は、中国の圧力に屈し、「大紀元*」で広告を出さなかったが、他の企業は、「大紀元」で広告を継続した。

(注 by Yoshi: the Epoch Times は漢字では「大紀元」と記される。2000年に、法輪功実践者等によりアメリカで設立された多国語によるメディア組織。日本では、東京都、台東区に事務所を置き、2005年から日本語版を発行している。The Epoch Times の参考URL:
英語: http://en.wikipedia.org/wiki/The_Epoch_Times
日本語: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%B4%80%E5%85%83 )


Significant interfaith efforts continued during the year. The Japanese Association of Religious Organizations, an interfaith NGO, worked to promote religious culture and interfaith harmony. Members from the Islamic Center Japan spoke at churches and participated in interfaith peace prayers with Christian, Jewish, Muslim, and Buddhist groups. The World Conference on Religions for Peace Japanese Committee, composed of various religious groups, hosted interfaith symposiums during the year and participated in relief efforts led by many religious organizations in the aftermath of the March 11 earthquake and tsunami.

重要な、宗教間の努力は、一年を通して行われた。宗派を超えたNGOである日本宗教連盟は、宗教的文化、宗教間における調和の促進のため活動してきた。日本イスラム・センターのメンバーが教会で語り、キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、仏教徒と共に、宗教間の平和の祈りに参加した。さまざまな宗教グループkらなる世界宗教者平和会議は、年間を通して、宗教間のシンポジウムを主催し、3・11地震と津波の直後、多くの宗教団体による救援活動に参加した。

(注 by Yoshi: この段落の参考URL
日本宗教連盟: http://www.jaoro.or.jp/
世界宗教者平和会議: http://saas01.netcommons.net/wcrp/htdocs/ )



Section IV. U.S. Government Policy
セクション 4. アメリカ政府の政策


As part of its overall policy to promote human rights, the U.S. government closely monitored the situation of religious freedom, conducted regular outreach to minority religious groups and NGOs, and discussed religious freedom with the government.

人権促進のための包括的政策の一環として、アメリカ政府は、人権状況を綿密に観察し、弱小宗教団体や非政府組織(NGO)と、定期的に連絡をとり、そして、日本政府と宗教の自由について意見を交わし (discuss) あった。




今回の2011年度版の報告書の特徴:

拉致監禁問題について、原文の英語では、長い一段落が使われている。(日本語訳は、読みやすくするため、3段落に分けたけれど・・・)

まず、日本語の、(拉致監禁に関する部分の)第一段落を見て欲しい。一番中心となる文章は、「(2011年)12月に発表された非政府組織(NGO)「国境なき人権」の調査は、統一教会員に対する拉致監禁は、継続して行われていると断定した」という文章である。英語では次のようになる。

Research published in December by the nongovernmental organization (NGO) Human Rights Without Frontiers International maintained that abductions and deprogramming of Unification Church members continue to occur.

原文では maintained (断定した)という表現が使われている。insisted (主張した)とか、reported (報告した)とかの言葉ではなく、maintained ということば使われている。Maintain を辞書で引くと、 ”維持する”という意味が、一番に出てくるはずだが、この場合は、「断定した」とか、「断言した」という意味である。

もし、アメリカ国務省が、「国境なき人権」の出した結論に対して懐疑的であれば、決して「断定した」という表現は使わず、その結論とは、一線を画す意味で、「主張した(insisted)」 とか、単に、「報告した (reported)」とかの言葉を使ったはずだ。

これは、とりもなおさず、アメリカ国務省が、「統一教会員に対する拉致監禁は、継続して行われている」ということを確信しているということであり、「国境なき人権」の報告書の正しさを、アメリカ国務省が確認したということである。ゆえに、これまで、よく、国務省レポートで使われていた「独自に、確認はできなかった = could not be independently confirmed 」という表現も消えてしまった。

さらに、今回の国務省の報告書の特徴は、はじめて、日本の大学での、統一教会員に対する宗教迫害について、取り上げたことである。

参考URL:
「国境なき人権」の日本の拉致監禁に関する報告書
カルト化する大学業界の人々(米本和広氏のブログ - 火の粉を払え


拉致監禁容認・推進派の皆さんに、言っておくが、その段落の最後の文章、「しかしながら、他のNGOは、それらの報告は、誇張と捏造であると統一教会を非難している。」とあるが、これは、あってもなくても、別にどうでもいいような文章で、「こういうことを言ってる人(団体)がいるよ」 ということを書いているだけである。

昨年(2011年)には、アメリカ国務省の国際宗教自由報告書を用い、「意図ある意訳」をして、「自分の都合のいい結論」に導いた「やや日刊カルト新聞」の藤倉善郎主筆のこともあるので、「今回の2011年度版の報告書の特徴」ということで、ちょっと付け足した。

参考記事:
意図ある意訳は誤訳 (日刊カルト新聞 藤倉主筆の、でたらめ日本語訳を糾弾する)
http://humanrightslink.seesaa.net/archives/201105-1.html


2012-08-09 追記:
アメリカ大使館(東京)が、国務省の報告書の日本に関する部分を日本語で発表した。

私も、その報告書を訳した者として、人がどのように訳しているかは、すごく興味がある。当然のことだが、原文は同じ英語なので、日本語訳に大差があるわけではないが、「ここは、こういう言葉のほうがふさわしい」とか、「こういう風に言えばいいのか」と参考になることが多々ある。あとは、私の上記の訳で「この言葉、訳し忘れてた」というのもあって、私の手抜き振りも分かり、冷や汗ものだ。

私の訳は英文と日本文が交互に出てくるので、ちょっと見にくい部分もあるが、日本語だけの大使館訳を見て、気がついたことがある。報告書のなかで、拉致監禁の部分に、一番長い段落が当てられているということだ。同じくらいの量を裂いて、法輪功に関することも報告されている。

大使館訳の拉致監禁に関する部分だけを、引用させていただく。
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20120730-01.html (強調 by Yoshi)
 ディプログラマーが家族と協力して、統一教会の会員およびその他の少数派宗教団体の信者を数年間にわたり拉致してきたとの報告があった。報告件数は1990年代以降、大幅に減少したが、非政府組織(NGO)の「国境なき人権」が12月に公表した調査は、統一教会会員の拉致とディプログラミングが継続して発生していると主張した。しかし、統一教会が報告を誇張あるいは捏造(ねつぞう)したと非難するNGOもあった。統一教会は、2011年に同教会の会員が拉致された事例を2件、拉致された疑いがある事例を3件報告した。同教会によると、拉致された会員のうち1人は5カ月間の監禁の後に脱出し、もう1人は3週間後に解放された。統一教会関係者が拉致されたと疑っている3人は全員、同教会を脱会した。2010年末時点でまだ監禁状態にあったと報告されていた別の2人の会員は、同教会を脱会した。統一教会はまた、日本全国の大学で行われたカルト防止ワークショップおよび運動が、同教会の関連団体に近づかないよう学生に呼びかけており、同教会の会員である学生にとっては厳しいキャンパス環境が生まれる一因となったと主張した


大使館訳では、「主張した」が2度出てくるが、最初の 「主張した」 は、原文では "maintained" という言葉が使われ、2度目の主張したは、 "asserted" という言葉が使われている。残念ながら、大使館訳では、これらの言葉 (maintain, assert) の意味が、単に「主張した」と訳したことにより、失われているかもしれない。私の訳では、"maintained" は「断言した」、"asserted" は「強く主張した」とした。

しかし、大使館のウェブサイトでも、「*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。」と言っている通り、正文は英語だ。大切なことは、原文でどう表現しているかである。読者の中で、より興味のある方は、私の訳とかも参考にして、原文で、その内容を検証して欲しい。

###
posted by 管理人:Yoshi at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 政治的に拉致監禁虚無説の立場にたつ山口貴士弁護士(以下、山貴氏)たちは、積極的に、国務省へのロビー活動を続けていました。「拉致監禁は統一教会のでっちあげだ」と。

 その努力も、実らず、まさに「ご苦労さまでした」です。

 なぜ、国務省は彼らの主張に耳を傾けなかったのか。それは実に単純な理由だったと思います。
 南京大虐殺虚無説を主張する歴史修正学者たちは、まがりなりにも、虐殺はなかったという客観的な歴史資料を提示している(だから一定程度の影響力がある)のに対し、拉致監禁虚無説を主張する弁護士や学者(西田公昭氏)らは、拉致監禁はなかったという客観的資料を示すことできなかったからだと思います。

 ところで、Yoshjさんに質問です。

 国務省の報告書にある「NGO」とは、具体的には山貴氏が所属する「全国霊感商法対策弁護士連絡会」、「日本脱カルト協会」のことです。この2つの団体は反統一教会の立場にたつ運動体です。実際、山貴氏は弁護士として統一教会と裁判で争っている。山貴氏たちが勝訴すれば、某かのお金を手にすることができる。

 ところでNGOは、ウィキペディアによれば、
 非政府組織(ひせいふそしき、英: Non-Governmental Organizations, NGO)は、民間人や民間団体のつくる機構・組織であり、国内・国際の両方がある。日本語では、NGOという言葉が、国際的なものとして使われており、「国際協力に携わる組織」や「政府を補完する側面」というような場合に使用される
 −とっています。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%B5%84%E7%B9%94
 
 先の2つの団体は、「政府を保管する」ような役割を果たしておらず、たんなる運動体です。
 こうした団体も、欧米では「NGO」とするのでしょうか。 
Posted by 米本 at 2012年08月10日 11:26
米本さん、コメントありがとうございます。

NGOの定義について調べてみましたが、

「日本語では、NGOという言葉が、国際的なものとして使われており、「国際協力に携わる組織」や「政府を補完する側面」というような場合に使用される」

との、日本語ウィキペディアの解釈は、日本のウィキペディア特有の解釈のようです。

欧米の解釈を調べてみたら、一般的には、「NGOは、政府から独立した団体で、通常の営利団体ではなく、社会的(たとえば、環境、健康、人権問題など)や、政治的目的(しかし、政党はNGOには含めず)を追求する民間団体で、地域的、国家的、国際的なレベルのものが存在する。」

ようするに、政府あるいはその関連組織ではない、民間(市民)団体というのが、欧米の解釈のようです。

東京の「拉致監禁をなくす会」もNGOだし、もし、僕が、「Human Rights Violations in Japan」という名前の人権団体を、我がビクトリア州で登録し、社会活動を始めれば、それもNGOです。

統一教会系のUPF(天宙平和連合)もNGOです。同様に、「全国霊感商法対策弁護士連絡会」も「日本脱カルト協会」もNGOということになると思います。
Posted by Yoshi at 2012年08月10日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック