2012年05月13日

日本の拉致監禁について報道 - デイリー・ペンシルバニア新聞

今日のお話は、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィア(ニューヨーク市から南西へ約100キロ)での事。フィラデルフィアには、名門のペンシルバニア大学(学生数約25,000名、以下Penn大学)がある。その大学には、創刊1885年という、The Daily Pennsylvanian(デイリー・ペンシルバニアン)という、キャンパス新聞が発行されている。(以下、DP新聞)

DP新聞の記事(2012年5月10日付)で、統一教会によるアメリカでの運動 Lovin' Life Ministries(仮訳 = 愛の生活宣教運動)の牧師の発言という形をとって、日本の拉致監禁の事が、報じられている。 しかし、そんな記事が、いきなり出たのではないようだ。発端は、4月はじめの、DP新聞内の記事から始まる。

DP新聞は、大学からは経営的にも編集上も完全に独立している。非営利団体として、新聞(日刊・週刊・ウェブ)、雑誌等を発行し大学内の出来事や、市内の出来事を報じている。DP新聞は、Penn大学の現役学生250名により運営されている。授業開催中は、月〜金の日刊、大学が休みの時は、少人数による週刊となる。DP新聞編集責任者は、大学卒業後、様々な分野で活躍している人が多い。
(参考:http://en.wikipedia.org/wiki/The_Daily_Pennsylvanian


2012年4月5日付け、DP新聞ウェブ上で、Glenn Shrum(グレン・シュラム)氏による「Some religious organizations near campus show 'darker side' = キャンパス近隣の、ある宗教団体の陰の側面」という記事が発表された。統一教会教会の活動に対する批判的記事内容もあり、そして、アメリカ大手メディアは決して使わない、統一教会員を呼ぶ蔑称が使われていた。その後、この記事は、ウェブ上ではタイトルのみを残して、「事実関係・編集上の間違いのため、記事を撤回する」とのメッセージを残し、記事全文が削除された。

最初の記事から、約1ヶ月後、2012年5月10日付けで、同じ記者(Glenn Shrum氏)が、今度は、「Creating a new generation of the Unification Church = 統一教会の新世代創造」という記事を発表した。彼自身、統一教会の日曜日の礼拝に参加し、関係者にインタビューしてまとめた記事のようだ。その中に、3段落ほどであるあが、日本の拉致監禁についても触れている。

記事全文は、DP新聞内で確認して欲しいが、ここでは、記事内の小見出しで 「A history of cotrovery = 論争の歴史」の部分のみ、引用させて頂く。その中で、拉致監禁にふれてある最後の3段落を、日本語にした。(ゆくゆくは、他の部分も日本語にしていきたいとは、思っている。)

出典:http://thedp.com/index.php/article/2012/04/some_religious_organizations_near_campus_show_darker_side
A history of controversy

Lovin’ Life was founded nationally in 2009 as a contemporary ministry of the Family Federation for World Peace and Unification, more widely known as the Unification Church. Founded in South Korea by Sun Myung Moon in 1954, the Unification Church spread to the United States in the 1970s. Moon’s daughter, In Jin Moon, is the current president of the Unification Church of the United States. The branch on 41st Street has been affiliated with the Church for decades, often called affectionately the “Family Church” by members living in the area.

The atmosphere for growing up and living as a Unificationist has changed dramatically since the 1970s, when the “first generation” joined the movement.

The Church met with controversial criticism in its early years in the U.S. Anti-cult associations, like the American Family Foundation, were formed to counter what they believed to be religious cults that were characterized by zealotry, authoritarianism and deception.

Penn religious studies professor Stephen Dunning studied religious movements like the Unification Church in the 1970s and 1980s and taught a course called “Understanding the Cult Controversy” until the early 2000s.

Dunning believes the real controversy surrounding movements labeled as cults occur when “families feel they were being robbed of their children and their children believed their families were being irrational and not letting them choose their religion the way they want to.”

Young people who would spend long spans of time in isolation from their homes, schools or places of work may be worrisome to their families, he added. Their families may tell them to seek counseling as a last resort.

While those kinds of desperate measures have effectively disappeared in the United States, they’re still in use in other parts of the world.

Pastor Iwasaki Shota, supervisor of Lovin’ Life Ministries in Delaware and Pennsylvania, said more than 4,000 members of the Unification Church have been abducted in Japan and have undergone “deprogramming” − tactics like humiliation, starvation and sexual harassment used to force them into giving up their faith.

デラウェア・ペンシルバニア地域の Lovin' Life Ministries の統括責任者である Iwasaki Shota牧師は、「日本では統一教会のメンバー4000名以上が監禁され、"ディプログラミング" を受けており、かれらの信仰を力ずくで放棄させる目的で、屈辱を与え、食事制裁をし、性的嫌がらせ等の方法が使われている。」と語った。

He added that there has been a “whole operation of media, government and police working on the side of the deprogrammers” against not only the church’s first generation in the United States in the 1970s and 1980s, but also the current generation in Japan.

彼は、続けて「メディア、政府、警察が、ディプログラマー側の立場に立つ一連の行動形態があり、アメリカの1970年、1980年代の教会員に対して行われただけでなく、日本では現在も行われている。」と加えた。

Shota said he and other activists are appealing to students and get them to work with Congress and ministers in the U.S. to help the situation in Japan.

Shota氏は、「私たち活動家は、学生達がアメリカの政府や牧師達と協力して、日本のそのような状況を解決してゆく手助けになるよう、要請している。」と語った。



以下は、4月5日付けの記事を撤回した内容を伝える文章
出典: http://thedp.com/index.php/article/2012/04/some_religious_organizations_near_campus_show_darker_side
Some religious organizations near campus show 'darker side'
This article has been retracted. (この記事は、撤回されました。)

By GLENN SHRUM ・ April 5, 2012, 9:02 pm

On April 5, The Daily Pennsylvanian published an article under the headline, “Some religious organizations near campus show ‘darker side.’” The DP has since retracted the article due to a combination of factual and editing errors.(事実関係と編集上の間違いのため)

Last updated May 4, 2012, 4:42 pm


posted by 管理人:Yoshi at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック