2011年12月17日

Seijin君「訳(わけ)ありの旅」旅立ち編

アメリカの二人の若者が、アトランタを自転車で出発した。ロスまで、6週間かけての、4000キロ近くの自転車の旅である。彼らの旅の目的は、ただ一つ。1966年以降日本で行われてきた被害者4000名以上にのぼる拉致監禁問題に対する一般への啓蒙活動である。道中、どんな活動をしていくのだろうか?
Tour De Cause Seijin And Joshua 001.jpg
左がSeijin君、右がJoshua君 Photo by Luke Higuchi

2011年12月15日(木)
午前8時 彼が学生自治会会長を務めるGeorgia Gwinnett大学を出発
午前   州議事堂で、州議会上院議員ドンゼラ・ジェイムズ女史主宰の壮行イベント、
そして、二人は西へ向かう。

2011年12月16日(金)ジョージア州を越え、アラバマ州に入る。

2011年12月17日(土)アラバマ州バーミングハムに到着予定 


Seijin君が最初にこの米国大陸横断のバイク・チャレンジを心に決め発表した11月はじめには、伴走者もなく全行程たった一人での挑戦だった。その後、自転車クロスカントリーに経験のある、Seijin君より一つ若いJoshua(ジョシュア)君が、一緒に走ることになった。二人の共通点は、両親統一教会員で、そして、お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人というのも同じだ。(Joshua君はカリフォルニア州立大学の学生)


出発日当日、いきなりであるが、ジョージア州の州議会議員ドンゼラ・ジェイムズ女史主宰による出発壮行会が、州議事堂で開かれた。

ジェームズ議員はマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な言葉「一つの不正義は、全ての人々の正義への脅威である」を引き合いに出し、参加者に日本のディプログラミング問題を紹介した。
Tour De Cause Martin Luther King Jr Dr.jpg
アトランタはマーティン・ルーサー・キング牧師の生地
Photo by Luke Higuchi

Seijin君は次のようにスピーチし、旅立った。

「約30年前、信仰を破壊させる目的で、何百名というアメリカ市民が誘拐され、何週間も何ヶ月も苦しめられました。統一教会員を誘拐するよう報酬を得て雇われた人々は、約20年前に拉致監禁をやめました。仲間が逮捕され、牢屋に入れられたからです。しかし、日本では、拉致、信仰破壊がいまでも行われています。誰も、起訴されていません。日本のメディアは、この残虐行為を公にすることを拒んでいます。私は、まだ知られていないこの話を広めるために、この自転車の旅を計画しました。(長めのスピーチの要約)」

Tour De Cause Seijin and Joshua Speech Atlanta.jpg
州議事堂でスピーチしているSeijin君、隣はJoshua君
Photo by Luke Higuchi

Information Source (参考URL)

Tour De Cause (Seijin君のブログ)
http://tourdecause.blogspot.com/

Seijin Transberg Facebook (頻繁に更新されています)
http://www.facebook.com/jstranberg?sk=wall

Seijin Transberg Twitter (頻繁に更新されています)
http://twitter.com/#!/followseijin

俺のネタ帳 (米国拉致監禁被害者の会会長Luke Higuchi氏のブログ)
http://omoroiyan2.blogspot.com/

米統一教会 
http://www.familyfed.org/news/index.php?id=343&page=1&apage=1

当ブログ内関連記事 Seijin君「訳(わけ)ありの旅」準備編
http://humanrightslink.seesaa.net/article/237954529.html


彼らが、どの当たりを走っているかは、彼のFacebook または Twitter での確認が一番早いです。写真も多く、刺激的です。

###


この記事へのコメント
Yoshiさん

お久しぶりです。Seijin君の記事を、ブログで紹介させていただきました。遠いアメリカの地で、日本の拉致問題の解決のために心を砕いてくださる青年がいることに兵庫でのデモ行進に参加したメンバーは大変感銘を受けていました。

そしてそのような話題を提供してくださるYoshiさんに心から感謝申し上げます。

こちらは12月、奈良・和歌山・兵庫でデモ行進を行いました。

来年もよろしくお願いします。
Posted by 関拉管 at 2011年12月23日 18:03
宇佐美さんの陳述書の翻訳、すごい反響ですね。
全世界からアクセスがあるんですね。

誠にグッ・ジョブです。
心から敬意を表します。
Posted by みんな at 2011年12月27日 08:56
「国境なき人権」様さま

<2010年の10月に韓国のSBSが、拉致監禁問題で1時間番組を放映しましたが、それ以上にインパクトのある内容です>

本当ですか!?
ありがたや、ありがたや。

「国境なき人権」様が、日本の拉致監禁・強制改宗という極悪非道な人権蹂躙事件を問題にしてくださっているんですね。

本当に感謝です。
捨てる神ありゃ、拾う神あり、の心境です。

Yoshiさんの翻訳活動が実った、といっても過言ではないですね。

ただただ感謝です。感激です(内容を読まないうちから、何ですが)。
Posted by みんな at 2012年01月10日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック