2011年04月27日

荻窪・松濤 Walk

2011年4月24日(日)の朝、荻窪駅に降り立った。後藤徹さんが解放された荻窪のマンションから、親切な人に出会いタクシーにのせてもらった松濤二丁目の交差点まで歩いてみた。

9:25am 荻窪駅到着
9:30am マンションに到着  10分程、現地に滞在

9:40am マンション発、天沼(あまぬま)陸橋交差点をわたり、青梅街道を都心に向かう
9:45am 成宗交番通過(後藤氏はここで助けを求めるが、冷たく対応される)
9:53am 杉並区役所前通過
10:50am 中野坂上駅(山手通りを右に折れ、渋谷方向に向かう)
11:35am 代々木八幡宮通過(ここで、私はトイレ休憩と、3分ほど座って休む。)
11:40am 死の歩道橋*(富ヶ谷一丁目歩道橋)を超える
11:58am 松濤二丁目交差点到着

*死の歩道橋というのは、私が勝手につけた名前であり、本当の名前は、富ヶ谷一丁目歩道橋である。普通の人であれば、ただの歩道橋である。しかし、後藤さんにとっては、体力の限界、足、膝の激痛の中、険しい山のように立ちはだかった歩道橋である。

私の足で、約2時間20分かかった事になる。後藤さんは、この距離を3時間45分かけて歩いた。後藤さんの精神力には驚くばかりである。その精神力で、これから続く裁判を戦ってほしい。

--- PR from Yoshi ---
ブログ村ランキングに参戦中

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村

xxx


posted by 管理人:Yoshi at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 荻窪・松濤 Walk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Toshiさん

荻窪・松濤 Walkお疲れさまでした。
健常者の足でも約2時間20分かかる距離だったのですね。このように実際に自分の体で体験された事を元にレポートしていただくと、よりイメージが湧いてきます。

そうそう、僕も一昨日は東京に用事があり、後藤さんにもお会いしてきました。本当に元気な方です。

第2回目の口頭弁論が5月にありますが、後藤さんの強い精神力と粘り強さで、どんどん真実を明かして貰いたいですね。

こちら、フェッファーマン氏のレポートも、ぼちぼちですが、最後まで紹介させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。
Posted by 関拉管 at 2011年04月30日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。