2010年12月03日

Yahooニュース - 拉致監禁の人権侵害を訴え、東京で数千名デモ

記事タイトル(原文):Thousands Rally in Japan to Defend Religious Freedom and Protest Human Rights Violations
タイトル日本語:拉致監禁の人権侵害を訴え、東京で数千名デモ
出典URL:http://news.yahoo.com/s/usnw/20101202/pl_usnw/DC11507
記事の日付:2010年12月2日
日本語訳: Yoshi

今に始まったことではありませんが、拉致監禁の重要な報道は、日本の統一教会やその関連団体からではなく、アメリカ統一教会やその関連団体から発表されることが多いようです。

今回の記事は、2010年12月3日(金)に東京で行われる3000名規模の拉致監禁に反対する抗議行動に関する情報です。発信元はICRF(国際宗教自由連合=統一教会の関連組織)で、PRNewswireにより配信されました。きょうの記事は、Yahoo (アメリカ)ニュースからとりました。

原文と日本語訳
----------------------------------------------------------------
NEW YORK, Dec. 2, 2010 /PRNewswire-USNewswire/ -- More than 20,000 Japanese citizens are expected to rally on December 3 to "Protect Japanese Human rights and Religious Freedom." Beginning at 11 a.m. in Tokyo's Hibiya Park, more than 3,000 demonstrators will commence the protest that will see similar gatherings scheduled in all 47 prefectures throughout the country. After rallying, the Tokyo protestors will conduct a formal demonstration in Hibiya's Large Music Hall at noon.

ニューヨーク 2010-12-02/PRNewswire-USNewssire/ -- 人権と宗教の自由を守るための抗議行動が12月3日行われ、合計2万名以上の参加が予想されている。東京では日比谷公園で、午前11時に始まり、3000名以上が参加する予定である。同時に、似たような集会が日本中47都道府県で行われる。集会のあと、東京の参加者は、正午に日比谷公演大音楽堂でデモを開始する。

The protests will seek to draw attention to the ongoing human rights violations of Unification Church members who have been confined by "faith-breakers" in an attempt to force them leave the religion. Experts confirm that the government and police have done little to stop the practice“ a violation of both Japanese law and international human rights standards.

抗議参加者は、引き続き行われている統一教会員への人権侵害問題を訴え、関心を引くことを求めていく予定だ。その人権侵害問題とは、信仰を強制的に棄てさせる目的で、強制改宗家により監禁されてきた問題である。専門家は、日本の法律、国際人権規約のどちらにも違反しているこの問題をやめさせるために、日本の政府と警察は、ほとんど何もしていないと確認している。

"Deprogramming is a kind of spiritual rape involving kidnapping, false imprisonment, and a fundamental abuse of the human right to religious freedom," said Mr. Toru Goto, an abduction victim who has become an icon of religious persecution. Mr. Goto recently spoke to more than 150 scholars at the annual conference of the Center for Studies on New Religions (CESNUR) to detail his terrifying experience of kidnap at torture at the hands of religious deprogrammers in Japan. He will be at the rally in Tokyo to show his support for the cause.

「ディプログラミング(強制改宗)は、拉致・誘拐、不当監禁、宗教の自由に対する基本的人権の侵害を含んでおり、心へのレイプの一種である。」と、宗教迫害被害の象徴となった後藤氏は述べている。後藤氏は、CESNURの年次会議にて、150名の学者に対し、彼の日本での強制改宗家から起きた恐るべき拉致の体験や拷問の様子を語った。後藤氏は、彼の信念を示すため、東京での集会に参加する。


(すみません、今から出かけないといけないので、続きは、後ほどです。)

The rally is sponsored by the International Coalition for Religious Freedom, the Unification Church, and an association of victims who returned to the Unification Church after escaping or being released from confinement.

抗議集会は、国際宗教自由連合、統一教会、全国拉致監禁・強制改宗被害者の会により主催されます。

More than UC 4,000 members have been subjected to human rights violations over the past 40 years. Between 10 to 20 Unification Church members are currently abducted each year in Japan to undergo forced de-conversions. Victims who escape their captors report the use of force, prison-like conditions, and intense pressure to change his or her faith. There have been reports of beatings, starvation, and rape. Approximately 1,300 abductees have returned to the church after their ordeals. As frustration of Japan's inaction mounts, victims have been increasingly speaking out on the abduction issue.

過去40年間に、4000名以上の統一教会員が、人権侵害を受けてきた。現在、毎年10〜20名の統一教会のメンバーが拉致監禁され、強制改宗の被害にあっている。逃れてくることのできた被害者が、暴力の使用、刑務所のような条件、改宗させるための激しい圧力について報告している。殴打、食事制裁、レイプも報告されている。約1300名の被害者が、悪夢のような体験ののち、教会に戻ってきた。政府が何らの対策も取らないことへの不満から、ますます多くの被害者が拉致監禁問題について口を開くようになってきた。

For event logistics contact: Toru Goto 03-6320-9628. For more information on the Japan abduction issue: http://stopjapanabductions.org/ Follow us on Facebook: http://www.facebook.com/pages/Stop-Japan-Abductions/145646672144455. View images of events: http://www.flickr.com/photos/stopjapanabductions/.

About ICRF

The International Coalition for Religious Freedom is a non-profit, non-sectarian, educational organization dedicated to defending the religious freedom of all, regardless of creed, gender or ethnic origin.

SOURCE International Coalition for Religious Freedom
------------------------------------------------------
Yahooニュース記事原文と訳終了


2010-12-03 夜:追加
やはり、統一教会関連で、国会内外の動きで情報の早いのは、なんと言っても次のサイトです。統一教会が言いたがらないことも、どんどん言ってくれる頼もしいサイトです。国会前でデモの「請願書」を受け取った国会議員の名前が出ています。有田さん、情報ありがとうね。統一教会からの情報はいつも遅いので、すっごく感謝です。もう、私、ファンになりそうです。

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2010/12/post_efd4.html

有田氏によれば、請願書を受け取ったのは、「民主党の吉田公一衆院議員と下地幹郎衆院議員の公設第2秘書(もう一人は確認中)」との事です。勇気ある国会議員に心より敬意を表します。

有田さんが騒げば騒ぐほど、有田さんの状況が厳しくなるようで、有田さんの将来を心配しております。でも、どんな状況になっても、国会内外の動きをアップして下さいね。自分に不利な事でも、アップして下されば、もっとファンが増えると思います。ご健闘お祈りします。



【関連する記事】
posted by 管理人:Yoshi at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yoshiさんご無沙汰しています。
私も同じ理由で、有田氏のブログをちょくちょく見ています。
統一教会のHPってアップ遅いですよね。(でもめずらしく、昨日のデモの記事はもうアップされています。)

Yoshiさんの最後のコメント、Nice!ですね。
私は、Yoshiさんのファンになっちゃいます。
では、失礼しました。
Posted by YAMA at 2010年12月04日 20:53
YAMAさん、
お久しぶりです。ホントに統一教会のサイト、アップされてましたね。正直、驚き、自分の目を疑いました。今年中にはアップするのかな?って思ってましたから。

統一教会の本部の皆さん、こんなことを言われたら怒って下さいね。情報は早くないと意味がないですよ。まー、いろいろとお忙しいんでしょうね。でも、心配しないで下さい。私たちには、有田さんがいますから・・・
Posted by Yoshi at 2010年12月04日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック