2010年11月28日

2010-11-16 NY抗議行動(前半)日本語訳

2010年11月16日、ニューヨーク日本領事館前でで行われた抗議行動の模様の映像を英語のテキストとそして、日本語訳を付けました。今回は、その映像の前半部分で、ミツコ・アントールさんがスピーチされている所までです。

その映像はこちらです。
http://vimeo.com/17010936

------------------------------------------------------------------
0:00
Rev. Dr. Luonne Rouse
ルオン・ロウズ牧師/博士

We shall overcome (We shall overcome.) We shall overcome. (We shall overcome.) We shall overcome (We shall overcome). One month ago, we stood here and promised that if we were not given audience, we would return with more people that we would organize around this nation.

私たちは勝利します。(私たちは勝利します。)
1ヶ月前、私たちはここで行動を起こしました。(総領事との)会見が認められないなら、もっと多くの人々と共に、全米で運動を起こすと誓いました。

I stand with brothers and sisters of faith today to say that we have returned that we have organized and that still seek to meet with ambassador Nishimiya in hopes that he would work with us and communicate with others to see the gross injustice that is going on in Japan will end.

私は、きょう信仰の兄弟姉妹とともに、私たちの運動を組織して、この場に戻って来ました。そして、ニシミヤ大使との会見を望んでいるということを伝えるために、ここに立っています。日本で起きている、あまりにもひどい不正義の終焉を見とどけるため、大使が私たちと共に働き、他と交渉して頂けることを希望しています。

We desire for them protecting human rights of all citizens. And those who are citizens in Japan deserve nothing less than the citizens anywhere in the world. Ambassador Nishimiya and local authorities in Japan are refusing to recognize the importance of human rights and religious freedom and the fact that we speak for the innocent, the victims who are not able to speak for themselves because they are being held as criminals, prisoners though they are not criminals.

私たちは、彼らがすべての市民の人権を擁護することを切望致します。日本の市民は、世界の他の市民が受ける以下のものを受けるべきではありません。ニシミヤ大使と日本の地方行政府は、人権と宗教の自由の重要性を認識することを拒んでいます。被害者たちは犯罪人でないにもかかわらず、犯罪人、囚人として閉じこめられ、彼ら自身が自分たちのために話すことができず、私たちが無実の人に代わって話しています。

People are joining to stand with us. And we will not stop. Let the message go the office of Ambassador today. We are not going away. We will not be hindered. We will not be set back. The time has come to stand up not shut up and we are going to stand forth and shout loud voices over and over again not only so we are heard but so that justice may roll. We shall overcome.

人々は私たちの運動に加わり、立ち上がりました。私たちは、決してやめません。きょう、大使のオフィスにメッセージを届けます。私たちは、誰にも邪魔されないし、誰にも止められません。黙るのではなく、立ち上がるときが来ました。私たちは、前に向かって立ち上がり、私たちの声が聞かれるだけでなく、正義が実現するよう、何度も何度も繰り返し大きな声を叫びます。私たちは、必ず勝利します。

2:18
Why has there been no one prosecuted for such injustices, for such crimes. We want to thank those of the network of Korea SBS for honestly investigating and looking into the issue carefully for making us aware of all that is transpiring. That vision, that sight has inspired us to rally. So I ask you who have joined us to once again say to Japan and say to the world in the words of Martin Luther King Jr.  We shall overcome. we shall overcome. We shall overcome. Let freedom ring. (Let freedom ring. ) We shall overcome. (We shall overcome. ) Let freedom ring. (Let freedom ring.) We shall overcome. (We shall overcome.) Today, tomorrow, in the days to come we shall overcome.

そのような不正義に、そのような犯罪に、なぜこれまで一人も裁かれていないのでしょうか?私たちは、韓国SBSネットワークの人々が、この問題を真実にそして注意深く調査し、今、起きている全てのことを私に知らせてくれた事に対し、感謝申し上げたいと思います。その洞察力、見解は、私たちが抗議行動を起こすきっかけとなりました。私は、この運動に加わった皆様方に、もういちど、日本と、そして世界に向けて、マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を唱えて頂きたいと思います。We shall overcome. Let freedom ring. (私たちは勝利します。自由の鐘を打ち鳴らせ。) きょう、明日、来るべきその日にむけて、私たちは勝利します。


3:33 
Bishop Jesse Edwards, Pastor of the Gates of Praise in Philadelphia, PA
ジェシー・エドワーズ神父、ペンシルバニア州フィラデルフィアGates of Praise 教会 

Our coalition against this Japanese abduction has given civic and faith leaders in Japan confluence across the nation to ask that the human rights, abuse and imprisonment abuse people’s faith. It must be stopped NOW. It must be stopped now. We are calling upon Japanese leaders and the good people of Japan to stop these violations now.

日本の拉致誘拐に対し、私たちの牧師連合は、日本の市民運動家、宗教リーダーと合流し、虐待、監禁が人々の信仰を破壊していると疑問を投げかけてきました。人々の信仰の自由を蹂躙することは、直ちにやめさせなければなりません。すぐにやめさせなければなりません。私たちは、日本のリーダーと、良心のある人々に、これらの人権侵害をやめるよう要請しています。

We have also confirmed that hatred, prejudice, bigotry are driving injustice against members of unification church because of their leader is Rev Sun Myung Moon in Korea and because their spouses that are Koreans. The recent Korean network SBS documentary showed strong anti Korean sediment that is prompted among these criminals that are hired by misguided relatives

私たちは、統一教会のメンバーに対する不当行為の背後に、憎しみ、偏見、強い敵対感情があることを確認しています。教会のリーダーが韓国の文鮮明師であり、結婚相手が韓国人であるという理由からです。最近の韓国ネットワークSBSドキュメンタリーで、強い反韓国感情を見ることができました。そのような反韓国感情に刺激された犯罪人が、間違った情報を入れられた親族により雇われているのです。

Today every consulate in America is given a letter and a chance to show concern for the human rights in Japan. May god be with us.

きょう、すべてのアメリカ領事館には、手紙が届けられ、日本の人権に対する憂慮を示す機会を与えられます。神が私たちと共にいますように。

4:45
Rev Joshua Cotter, Executive Vice President, Unification Church USA
ジョシュア・コッター牧師、アメリカ統一教会副会長

We are here this morning to stand up for the rights of our brothers and sisters who are suffering in Japan. Over 4300 unification church members, my church in Japan have been persecuted, have been held against their will. Here in America we stand for freedom of religion, Amen? Here in America, we fought the battle as unification church as one against criminal deprogramming, kidnapping and faith breaking in 70s and 80s. We will fight for the rights of brothers and sisters around the world to worship in freedom, Amen?

私たちは、日本において苦しんでいる兄弟姉妹の権利のため立ち上がり、今朝、この場にやってきました。4300名以上の統一教会のメンバーが、私の属する日本の教会ですが、迫害され、彼らの意志に反して監禁されています。ここアメリカは、宗教の自由を絶対的に支持します。ここアメリカでは、1970年代、80年代の犯罪的ディプログラミング、拉致・誘拐、強制改宗に対して、統一教会が一つとなって戦いました。私たちは、信仰の自由のため、世界中の兄弟姉妹の権利のため、これからも戦います。

5:22
Rev. Angelika Selle, President of the Womens Federation for World Peace USA
アンジェリカ・セレ牧師、アメリカ世界平和女性連合会長

We are very disturbed and outraged by the violation of religious freedom and human rights in Japan which have been going on last 2 decade. Especially since that at least half of the victims involved are women, mothers, daughters, even older women. These women we are talking about were not only abducted against their will, secretly confined for months sometimes for years, but also suffered horrible physical abuse, beatings, spiritual humiliation. What’s worst for any woman, it is rape. We have to report in one case a woman was raped up to 32 times, 32 times. Imagine that. She will never be able to face the family or faith community.

過去20年間にわたって日本で行われてきた宗教の自由と人権侵害についての憂慮すべき憤りを感じる報告があります。少なくとも、半分は、女性であり、母、娘、年老いた女性です。彼らの意志に反して、密室に何ヶ月も、時には何年も監禁されるだけでなく、あまりにもひどい肉体的虐待、殴打、精神的屈辱も受けてきました。さらに、どんな女性にとっとも耐えられない事、レイプの被害にもあっています。ある一人の女性の一つの例を報告しないといけません。彼女は、32回、32回もレイプされました。想像してみて下さい。彼女は、家族にも、信仰のグループにも、向かい合うことができませんでした。

One more case. A woman who was raped a several times committed suicide. One suicide is a suicide to many. Such abuses must not be tolerated. Therefore the Women of Peace, the Women for Peace call upon Japanese consulate to ensure Japanese government will take action to make sure justice is done TODAY. Thank you.

もう一つのケースを紹介します。数回レイプされた女性が自殺しました。一人の自殺は、多くの人々の自殺を意味します。そのような決して虐待は許されることではありません。それ故、平和のための女性連合は、正義が行われるよう日本政府が適切な処置をとるよう日本の領事館に対し要請致します。ありがとう。

6:37
Mr. Luke Higuch, President of S.A.F.E. – Survivor Against Forced Exit
ルーク・ヒグチ氏、強制改宗に反対する被害者の会 会長

We don't want to say victims. We want to say survivors. We are survived from illegal confinement. We’ve been persecuted. Not only us 4300 Unificationists been kidnapped and confined. I cannot stand that. I stand up here to stop the abduction. So I introduce today 2 sisters here. Please listen to their experiences. Testimonies here

私たちは、被害者とは言いたくありません。私たちは、生存者と言いたいです。私たちは、不法な監禁から生き残ってきました。私たちは迫害されてきました。私たちだけではなく、4300名もの統一教会のメンバーが拉致監禁されてきました。私は、我慢することができません。私は、拉致を止めるため、立ち上がりました。今日、二人の姉妹を紹介します。どうか彼女たちの体験を聞いてください。では、どうぞ。

7:27
Michiko Presky, Victim and Survivor of Abduction and Confinement
ミチコ・プレスキー、拉致監禁被害者

My parents kidnapped me 5 times. For the 3rd time, they brought me to the mental hospital. For the 5th time, my father told me he would kill me with a kitchen knife if I decide to choose the church over my family. I told him kill me right now. I was ready to die. Now over 4300 people they have been kidnapped in Japan, so we can’t stand without doing anything. We can’t keep standing just watching without doing anything. We have to do something to save them.

私の両親は、私を5回拉致しました。3回目の時は、私を精神病院に連れて行きました。5回目の時、父は、もし私が教会を選ぶなら、包丁で刺し殺すと脅迫しました。私は父に、今すぐ殺してくれと言いました。私は死ぬ覚悟でいました。これまで、4300名以上の人々が日本で拉致されており、何もしないでいることはできません。何もしないでただ見てるだけというのは許されないことです。彼らを救うため、何かをしなければなりません。

8:22
Mitsuko Antal, Victim and Survivor of Abduction and Confinement
ミツコ・アントール、拉致監禁被害者

My name is Mitsuko Antal. I was kidnapped 2 times. I didn’t do anything. Just I believed in the Unification Church, teaching that. After that my feeling ended up my body is sore and difficult to get up. Just I want to say I don’t want (anyone treated) like me. Many members to save. Parents never do it again. It is so much painful and destroyed the relationship of parents and a child. Now still some members are kidnapped. I try to ….I want to stop We need your help. Thank you for giving me a chance to talk. Thank you very much.

私はミツコ・アントールです。私は、2回、拉致・誘拐されました。私は何もしていません。ただ、統一教会を信じて、それを教えていただけです。その後(拉致監禁の後)体の隅々までが痛く、起きることも困難でした。私は、ただ、私の受けたような扱いを誰にも受けて欲しくはありません。救出されるべき多くのメンバーがいます。親は、こんな事を二度としないで下さい。今も、数名のメンバーが拉致されています。私は、こんなことをやめさせたい。私たちは、皆さんの助けが必要です。話す機会を与えて下さり感謝します。ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
訳終了

2010-12-02 追記
これで、映像の前半部分を終了しました。不明な箇所の聞き取りは、20歳の息子の助けを借りました。もし、英語に興味のある方は、最初のスピーカーであるルオン・ロウズ牧師のスピーチを、英語のテキストを追いながら、何回も聞いてみて下さい。そして、慣れてきたら、耳だけで聞いてみて下さい。統一教会ではない牧師、黒人牧師が、マーティン・ルーサー・キング牧師の名前までだして、日本の宗教の自由のために語っています。

映像を何回見ても感動するのは、二人の日本人の女性、拉致監禁被害者のスピーチです。抗議行動に参加しなければ、わざわざこんな映像が世界中で流れることもないのに、もっと楽ができたかもしれないのに、それを押して表に出てきたということに感銘を受けます。ミツコ・アントールさんが涙の中、それでも最後には聴衆に向かって、「話す機会を与えて下さり、ありがとう。」というところには涙が出ます。

さて、このページは、映像の前半部分でした。後半は、すでに作業を半分終えています。英語ではだいたい書き出しましたので、日本語にするのは時間の問題です。後半は、ジェンキンス牧師(統一教会)が怒りをぶつけ、最後には、もう一人の黒人スピーカー・ストーリング大司教が情熱的に語っています。近日中にアップできると思います。

更新情報:
2010-11-28 朝:何カ所かの聞き取れない部分を残してアップ
2010-11-28 夕方:アメリカ活動家の助言により、ヒグチ氏、ミツコさんの部分を修正。Many thanks.
2010-12-02 夕方:不明だった箇所を訂正・追加 これで、ほぼ完了。上記追記を追加。

NY抗議行動日本語訳 後半へ

posted by 管理人:Yoshi at 08:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yoshiさん日本語訳ありがとうございます。

樋口さんが話した’We don’t want to say ____ We want to say survivors.’ですが、'We don’t want to say Victim We want to say survivors.'だと思います。
美津子さんが話した部分確認してみますね。
Posted by 秀 at 2010年11月28日 09:39
秀さん、
いつもありがとうございます。頂いたメールも確認し、修正を加えました。何十回聞いても分らなくて、まるで、ミステリーが解決していくようです。まだ、本日の記事内に不完全なところがあるので、それを早く終わらせ、映像の後半の作業に入ります。後半では、ジェンキンス牧師が怒り、ストーリング大司教が情熱的に語ってますね。
Posted by Yoshi at 2010年11月28日 19:40
Yoshiさん
こんにちは
びっくりするような内容が書かれていました。この箇所です。↓
「もう一つのケースを紹介します。数回***された女性が自殺しました。一人の自殺は、多くの人々の自殺を意味します。そのような決して虐待は許されることではありません。それ故、平和のための女性連合は、正義が行われるよう日本政府が適切な処置をとるよう日本の領事館に対し要請致します。」
これははじめて聞くものです。本当にまだまだたくさんの余罪があるのではないかと危惧しています。
同じ女性として大変ショックです。
なんと言っていいのか・・・・。
ただ、死なないでほしいです。このような方々を救済する道を見つけたいです。もちろん、強制説得の結果にかかわらずです。
最近、ある被害者の方と話していたのですが、偽装脱会中に、脱会説得者から、脱会者の女性はすぐ男性に身を許してしまうんだといわれたそうです。
彼らは、脱会した女性をそういう風に仕向けているのではないかと私はかんぐりたくなります。


Posted by YAMA at 2010年12月05日 15:06
先ほどの投稿ですが、何度やってもエラーになってしまい、おそらく、NGワードが含まれているからかなと思い、その箇所を***で表示させていただきました。
***に当てはまる言葉は本文でお確かめください。
Posted by YAMA at 2010年12月05日 15:09
YAMAさん、
アンジェリカ・セレ牧師は確かにそう言ってるのですが、私も、その件は始めて聞いた話です。セレ牧師が話してるときに、亡くなった孝子さんの大きなポスターが掲げられましたが、関係しているのかどうかわかりません。しかし、密室での事件、なんでもありで、恐ろしいことです。
YAMAさんは、女性だったんですね。失礼致しました。原田さんのサイトでYAMAさんの体験談を読んでから、YAMAさんは男性だと、勝手に思ってました。文章に力強さを感じましたからかもしれません。
Posted by Yoshi at 2010年12月06日 22:31
Yoshiさん

   こんにちは。
  初めてお伺いさせていただき、コメントさせていただきます。
  いつも多量の日本語から英語へ、英語から日本語の訳をありがとうございま  す。
   米本さんのブログへ私のスピーチの紹介の投稿ありがとうございました。
  私のつたない英語を日本語に訳していただき、言葉だけでなく私の気持ちも  言葉に表現してくださったこと。。。気持ちが救われました。(涙)      本当にありがとうございました。
   これからもよろしくお願いします。
   またこちらにお伺いいたしますね。
  
Posted by アントール美津子 at 2011年05月26日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170964510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。