2010年10月24日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 1 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 1 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その1(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin1.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

人権先進国と言われるアメリカでも、今日、日本で行わている強制改宗が行われていた。1975年当時の話であるが、アメリカでの拉致監禁がどのように行われたか、ブライアン・サボウリン氏の拉致監禁の体験を、日本語に訳したい。(ゆくゆくは、アメリカにおいて、どのようにディプログラミングがなくなって行ったのかを、いろんな記事を通して説明してゆきたい。)

なお、発表機関であるAnti Cult Movement (訳すと、反カルト運動)であるが、カルトに反対する団体ではなく、反カルト運動を批判する団体(または個人)である。たとえば、その中のページには、マインドコントロールの誤りについても取り扱っている。現在のところ、このウェブサイトの代表が誰かとか、住所とかは、ウェブサイト内には見あたらない。

いつもの事であるが、この作業(翻訳)をするのは、夜が多い。一つのページが、1日で終わらないこともあるので、ご了解頂きたい。このブライアンの体験談は、ウェブサイト上では、5回文(ページ分)になっているので、5回続くことになる。もちろん、途中で、緊急の英文記事が出た場合には、そちらを優先させたい。


ここから原文と和訳、
----------------------------------------
I had been fund-raising for about one week when my mother called the center in Boston, telling me my father was having heart problems and asked me if I couldn't come home that weekend to care for the farm so that they could get away for a while. I immediately said "Yes," and promised to take a late bus home on Friday. After I had hung up, Antony, my center director came to me and asked me if I thought my parents were being honest with me, and if they could possibly have other plans for me besides those mentioned. I answered him that my parents were not the kind of people to act like that; that they would not lie to me and join the deprogrammers without first having a heart-to-heart talk with me. Furthermore, I told him that I had already warned them about these people, and said not to get involved without talking to me first. I believed my mother was being honest. So, it was considered safe for me to go home.

1週間ほど、ボストンでファンドレイジングをしていた時、私の母がボストンの(統一教会の)センターに電話をかけてきた。父が心臓の調子がよくなく、その週末農場の手伝いをしに帰って来れないか、そしたら、私たち(両親)二人、農作業から離れることができるのだけれど・・・という電話だった。私は、「いいよ」って、即座に答え、金曜日の夜行バスで帰ると約束した。電話を切ったあと、教会のセンターの指導者のアントニーがやってきて、「あなたの両親は、あなたに本当に正直であると思うか?話してきたのとは別のプランがあるのではないか?」と尋ねてきた。私の両親はそんな事、私に嘘をついたり、私に話もしないでディプログラマーに加わるようなことはないと、彼に答えた。それに加えて、私はすでに、ディプログラマーには気を付けるよう、そして、私に話さないで彼らとは関わりを持たないようにと伝えてあると、教会の指導者に言った。私は、母は正直であると信じていた。だから、家に戻ることは、安全だと考えた。

(訳者註:ファンドレイジング=資金稼ぎ、教会の維持費、活動費等を得るための経済的活動。多分、路上、街頭での花売り等を指すものと思われる。)


When Friday, July 4th (1975) came around I was again out fund-raising, feeling and doing better than I ever had. I made $125.00 in about three hours' time. I was feeling great. At 4:30 I came back to the center and packed up my things. Everybody said goodbye to me and I was brought to the bus terminal by Christina, the girl who first introduced me to the church. She told me that she was very worried about me, and that everyone else was also. I reassured her of my parents' "good heart" and left to catch my bus, but I missed it by 30 seconds. I waited around until the 7:00 bus left Boston for Middleburry. That bus I caught, and later arrived at my front door around 1:30 in the morning. I quickly ran up the driveway and entered the front door. I was shocked to see everybody still up, waiting for me. I gave my mother a big hug and kiss and told them that they shouldn't have waited up for me. About then I noticed how worried and uneasy they all were. My father told me to sit down and that he wanted to talk with me. "Couldn't that wait until morning?" I asked. "I'm terribly tired."

1975年7月4日、私はその日もファンドレイジングをしていたが、気分的にはこれまで経験したことがないくらい調子が良かった。3時間で125ドル稼いだ。最高の気分だった。4時半にセンターに戻り、荷造りをした。みんな「さよなら」を言ってくれて、クリスティーナがバスターミナルまで連れて行ってくれた。彼女は、私を教会に紹介してくれた姉妹だ。彼女は、とても、とても私の事を心配してるし、センターのみんなもそうだと言ってくれた。私の両親は「とてもいい心」をもっているからと、クリスティーナに伝え、安心させて、バスに乗るために別れた。しかし、30秒で乗り遅れてしまった。7時まで待って、ボストン発ミドルベリー行きのバスを待った。バスは、私の家の前に朝1時半に到着した。私は、玄関への道を急ぎ、正面のドアから入った。私は、みんなが起きて私を待っているのに驚いた。その時は、みんな心配してくれていたんだと思った。父が、私に座るように言って、そして私と話がしたいと言い出した。「朝まで待てない?すごく疲れているから。」と私は答えた。


"No, as a matter of fact, it can't," he said. So I sat down and started to explain what I had been doing for the last three months. But they could not understand me, or wouldn't understand. They kept interrupting me, saying that I didn't love them anymore, and that I was brainwashed. I couldn't believe what I was seeing and hearing. I kept trying to explain myself to them, that I was not brainwashed and that I truly did love and care for them, indeed more than I ever had. But they would not believe me. This went on for about 75 minutes, until they were so upset and miserable that I felt as if I had to do something drastic in order to prove myself to them. I told them what had happened to Ann Devine and they said they knew about it. Hearing that, I became suspicious of them and began to get worried. I told them about the deprogramming sessions, and I told them I would be glad to talk with one of these people if that was what they wanted, and if they felt it would help answer their questions and make them feel better. They said they would appreciate that, if I didn't mind. I told them that I expected to be treated fairly and that the only purpose of it would be to resolve that questions which they had. I warned them about how deprogrammers had handled Unification Church members before. But, they said they would make sure I was treated fairly.

「実は待てないんだ。」と父は言った。それで、私は座って、過去3ヶ月間して来た事を説明し始めた。しかし、彼らは私を理解できなかったし、理解しようともしなかった。彼らは、私が家族をもう愛してなくて、洗脳されているんだと、私の話を邪魔し続けた。私は洗脳なんかされていなし、これまで以上に彼らを愛して、心配していると、彼らに説明しようと試みた。しかし、彼らは信じなかった。これが1時間15分続いた。かれらは取り乱して、ひどい状態だったので、私は、私の言ってることを証明するため何か思い切ったことをしなければならなかった。アン・ディバインに何が起きたか、彼らに言った。彼らは、それについて知ってると言った。それを聞いて、彼らを疑う気持ちがわいてきて、心配になった。私は、ディプログラミングについて話した。もし、それが、家族の望むことであり、家族の質問に答えてくれて、家族の気分が良くなるのなら、ディプログラマーの一人と話すことは嬉しいことだと家族に言った。家族は感謝すると言った。私は、公平に扱われることを期待し、唯一の目的は、家族の持っている疑念を晴らすことであると、言った。私は、家族に過去に統一教会のメンバーがどのようにディプログラマーによって扱われたか、警告を発した。しかし、家族は、私が公平に扱われることを確認した。 

(訳者註:アン・ディバイン=女性の名前、Google 等で調べてみたが、情報は見つからなかった。前後の関係から、ディプログラマーの改宗によって、何かひどい事が彼女に起こったように推測できる。)


At that moment my mother called to some people to come from a nearby room, who up to this time, I had been unaware of. Suddenly my old wrestling and football coach, two of my uncles, and a close friend from school came in through the door and stood around me. Needless to say, I felt stupid. I had been tricked. They had planned to abduct me all along. I kept asking questions about what their plans were, and they said everything would be fair and that if I wanted to return after it was over, I could. So, odds being what they were, I consented to go along with them, still believing that I would be given a fair chance to explain myself and help my parents out of this confusion.

その時点で、母が近くの部屋から数人に来るように呼んだ。そんな人がいようとは、それまで、私は気が付いていなかった。突然、私の昔のレスリングとフットボールのコーチ、二人のおじさん、学校の親しい友人が、ドアから入ってきて、私の周りを取り囲んだ。言うまでもなく、私はばかげてると思った。騙された。彼らは、私を拉致しようとずっと計画していた。私は、彼らに、何をたくらんでいるのか聞き続けた。家族は、すべて公平だし、終わって戻りたいなら、それもできると言った。その事を信じて、彼らと一緒にいくことに同意した。私の事を説明する公平なチャンスが与えられて、私の両親の混乱がなくなるよう信じながら・・・

----------------------------------------------
訳、終了


更新記録(ミスタイプ/ミススペルの訂正含まず):
2010-10-24 夜:第一段落終了
2010-10-25 夜:残りの訳終了
2010-10-26 朝:英文第三段落目"resolve that questions which they had" 「家族の持っている疑念を晴らすこと」に変更、(訂正前は、"家族の持っている質問を解決すること" ← これでは、あまりにも単語だけを訳したって感じ。)



posted by 管理人:Yoshi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック