2010年10月12日

◆宗教および公共政策研究所-日本の拉致監禁を糾弾

記事タイトル(原文):THE INSTITUTE Condemns Kidnapping and Forced Religious Conversion in Japan
タイトル日本語:宗教および公共政策研究所-日本の拉致監禁を糾弾
出典URL:http://religionandpolicy.org/cms/index.php?option=com_content&task=view&id=5949&Itemid=238
発表機関(英語):THE INSTITUTE on Religion and Public Policy
発表機関(日本語):宗教および公共政策研究所
記事の日付:2010年1月13日
日本語訳: Yoshi

きょうの記事は、今年の初めに、アメリカ、ワシントンDCに本拠を置く、「宗教および公共政策研究所」により発表されました。この研究所は、過去に二度、ノーベル平和賞にノミネートされたことがあり、宗教・信教の自由を推進する最も著名な団体の一つです。

Oringinal texts and translation start here. 日本語訳はじまり。
-----------------------------------------------------------
Alexandria, VA, January 12, 2010 ― THE INSTITUTE on Religion and Public Policy calls upon the government of Japan to bring to a halt the long-term and persistent use of kidnapping and forced confinement of its citizens to deny and change their religious beliefs.

アレクサンドリア、バージニア州、2010年1月12日 – 宗教および公共政策研究所は、宗教信念を否定し改宗のため、長期にわたり継続されている拉致監禁、強制改宗をやめさせるよう、日本政府に要請した。

It has been reported that just in the Unification Church alone, more than 4,000 members have been victimized to date. Those who have managed to escape often did so at great personal risk.

今日まで、統一教会だけで、4000名以上の被害者があると報告されている。(監禁から)逃れることのできた人たちは、多大な個人的な危険を覚悟のもとに逃れてきた。

The approximate 1,300 who returned to their religious communities reported horrific accounts of long-term incarceration, mental and physical abuse and psychological manipulation designed to force them to recant their faith. Currently at least four Unification Church members remain missing and are suspected to be held against their will.

約1300名のメンバーが元の教会に戻ったが、彼らが、強制改宗のため用いられた、長期にわたる監禁、精神的肉体的虐待、心理的な操作の恐るべき事実を明らかにした。現時点で、少なくとも4名の統一教会員が、行方不明になっており、彼らの意志に反し監禁されている模様だ。

One example of Japan’s religious persecution is the case of Mr. Toru Goto, who was confined for over 12 years against his will in Tokyo and finally gained his freedom in 2008. Mr. Goto was not allowed to leave the illegal private prison, even to exercise, and was deprived of food by his captors, necessitating a prolonged hospital stay when he was finally released.

日本の宗教迫害の一つの例として、Toru Goto氏の例があげられる。彼は、東京において、彼の意志に反し、12年間にわたり監禁され、2008年にようやく自由を得た。Goto氏は、監禁場所から一歩も出ることができず、運動することも許されず、監禁者たちにより食事制裁を受けた。解放されたが、長期の入院が必要だった。

The perpetrators of this crime are known to the police, and yet on December 9 prosecutors refused to hear the case against them. Their claim of “insufficient evidence” is a travesty of justice and allows those responsible to continue their activities with impunity. Such inaction by the government will almost certainly result in more such kidnappings.

この犯罪の犯人は、警察は知っているが、(2009年)12月9日、検察庁は彼らを不起訴処分とした。“証拠不十分”という検察庁の判断は、正義の歪曲であり、犯罪者達は刑事罰を受けずに、拉致監禁は継続されるということである。そのような政府による不作為は、もっと多くの拉致監禁をほぼ間違いなく引き起こすであろう。

These practices are clearly in violation of international human rights instruments guaranteeing the right to freedom of religion and belief and freedom of movement. Japan is bound to uphold these standards as a member of the international community. Moreover, false imprisonment is a crime in Japan under Article 220 of the Japanese Penal Code. These gross human rights violations threaten to stain Japan’s otherwise exemplary role in promoting and defending fundamental rights around the world.

これらの行為は明らかに、宗教、信条、行動の自由を保障した国際的人権合意への侵害である。日本は、国際的社会の一員として、これらの人権合意を守るべく決意するべきである。さらに、日本においては、不法監禁は刑法220条に違反し犯罪行為である。これらの人権侵害は、世界の中で基本的人権を守り、推進してきたこれまでの日本の模範的な役割を、汚(けが)すものである。

THE INSTITUTE strongly urges the immediate and forceful intervention of Japan’s Government, Diet, prosecutors, police, human rights organizations, and religious leaders to put an end to kidnapping and forced religious conversion in Japan. A conscious lack of action on the part of the Government of Japan to end these kindnappings and forced conversions makes the government complicit in such acts.

当研究所は、日本における拉致監禁、強制改宗を終焉させるために、日本政府、国会、検察、警察、人権機関、宗教指導者の速やかな介入を要請する。このような拉致監禁、強制改宗を終わらせるため、日本政府が意図的に何もしないならば、政府はそのような行為に加担しているということである。
-----------------------
Translation ends. 訳終了


posted by 管理人:Yoshi at 19:02| Comment(0) | 宗教/カルトに関する会議等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。