2010年10月10日

◇SBS番組の結論部分

先日、韓国のSBSで統一教会拉致監禁問題を扱う番組が放映されました。多分、日本語へ完全な訳は、遅からず発表される事を希望します。拉致監禁の反対運動をされているアメリカ在住の方が、その番組の英語のテキストを送って下さいました。その中の、SBSの結論とされる部分がありますので、そこだけ、紹介させて頂きます。本日の記事の元になった英文は、アップいたしません。

どなたが、韓国語から英語に訳されたのか、私には分らないし、その元の英文まで出さない方が適切と判断しました。いずれ、後日、正式な日本語訳で確認して下さい。


SBS特集番組「統一教会拉致監禁事件 – きよみ13年ぶり帰郷」SBSの結論部分
以下、英語からの訳ですが、本日は、訳した日本文のみ掲載致します
-------------------------------------------------------
今回の調査を通じて、私たちは、拉致監禁問題が真実に存在することと、そしてその背後で改宗を陰で操る組織の存在があることを証明することができた。さらに、この改宗の報酬として、多額の報酬が渡されているという疑惑をつかんだ。

私たちは、統一教会の拉致監禁問題を、単に家族の問題とか、単に一つの宗教の問題として見るべきではない。そして、カルトと見なされているかもしれない宗教に属している人たちに対し、異なった法律の基準や、異なった倫理的な基準を持つことは、まったく良心的な事ではない。宗教も政府も、神の与えた人権を、誰からも遠ざけることはできない。
-------------------------------------------------------
英文からの訳終了。


最初の段落は番組後半でナレーターが語り、後半は番組最後でインタビュアー(インタビューした人)が語ったようです。


posted by 管理人:Yoshi at 20:19| Comment(3) | メディア 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「拉致監禁問題が真実に存在することと、そしてその背後で改宗を陰で操る組織の存在があることを証明することができた。さらに、この改宗の報酬として、多額の報酬が渡されているという疑惑をつかんだ」
「宗教も政府も、神の与えた人権を、誰からも遠ざけることはできない」

番組の締めくくりとして、このようなことが語られていたとは…。うなずかされると同時に、大手メディアから、このようなメッセージが発信されたことに感動と驚き(少なくとも日本のテレビでこのようなメッセージを聞いたことがない)を禁じ得ません。
より一層、SBSに尊敬の念を抱きました。

この情報をアップしてくださったYoshi様に感謝です。
改めて、情報のパワーを痛感いたしました。
Posted by みんな at 2010年10月12日 08:15
みんなさん、

コメントありがとうございます。今夜、また、もう1件、記事をアップいたしました。
Posted by Yoshi at 2010年10月12日 19:06
Yoshiさんのアップされました「SBS番組の結論部分」を米本さんのブログに貼り付けさせていただきました。
お断りもなく、すみません。
いい話だったので、つい、気持ちが先走ってしまいました。お許し下さい。

それにしても、Yoshiさんの記事を選択される感度は鋭いですね。
記事一つ一つが的を射ているというか、心を突き動かされるものばかりです。

Posted by みんな at 2010年10月13日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。