2015年05月15日

神戸真教会の高澤守牧師が自殺 - 生きて裁かれるべきだった!

米本和広氏のブログ 「火の粉を払え」 にて、仰天情報がアップされた。

以下、「火の粉を払え」 より、全文、引用させて頂く。

★ニュース速報!神戸の高澤牧師が自殺 (2015年5月15日付)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-590.html#more
古参の強制説得家、神戸真教会の高澤守牧師が数日前自殺した事が明らかになった。
通夜は神戸真教会で昨夜行われ、本葬は今日(15日)行われる。

高澤は今年、夫婦をぐるぐる巻きにして拉致し、監禁下で強制説得を行なった。
その後、2人は警察に救出され、解放された。
2人は広島県の警察に告訴状を提出、警察はこれを受理し、現在捜査の最中だった。

【関連記事】「夫婦拉致監禁・脱会強要事件 神戸市の牧師等を刑事告訴」

監禁罪の容疑者の自殺であるにもかかわらず、地元神戸新聞は記事にしていない。
おそらく反統一の関係者も知らないだろう。

高澤が拉致監禁の師匠と仰いでいた宮村峻が、自殺の事実を伝え聞いたときのショックはいかばかりだろうか。

ブログ 「火の粉を払え」 に、次の通り、私のコメントを早速入れさせて頂いた。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする