2014年01月31日

後藤裁判判決の意義 - 宮村峻の責任を認めた画期的判決

後藤徹氏の起こした拉致監禁に関する損害賠償請求裁判の判決が、2014年1月28日(火)に言い渡された。まず、後藤徹さんの拉致監禁の経過と、その後の刑事・民事手続きを時系列に、簡単にまとめてみたい。

1987年10月:1回目の監禁、11月下旬、偽装脱会により脱出 (これは、訴訟の対象ではない

1995年9月11日:新潟に連行され、監禁される (2回目の監禁、新潟に約2年監禁される)

1997年12月頃:東京に移送される(東京に、10年と少し、監禁される)
1998年1月〜9月: 宮村峻が脱会説得に頻繁に現れる
2004年4月:21日間のハンガーストライキ
2005年4月:2回目のハンガーストライキ(21日間)
2006年4月:3回目のハンガーストライキ(30日間)
2008年02月10日:12年5ヶ月の監禁から開放され、11日未明、緊急入院、50日後に退院


2008年6月:後藤氏、荻窪警察署に告訴状を提出
2009年12月9日:東京地検担当検事、不起訴処分を下す
2010年10月8日:検察審査会、「不起訴相当」の処分を下す(刑事追求の道が閉ざされる)
2011年1月31日:後藤氏、損害賠償を求め、民事訴訟を提起
2014年1月28日:民事訴訟の判決下る


続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 後藤徹氏 民事裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

後藤裁判 判決文 主文

本日、2014年1月28日、午後3時、東京地方裁判所、709号法廷にて、後藤裁判の判決が言い渡されました。

判決文の主文は以下の通りです。解説は、後日、書きたいと思います。

1 被告、(後藤徹氏の兄、兄嫁および妹)は、原告に対し、連帯して483万9110円、及びこれに対する平成20年2月10日から支払い済みまで年5部の割合による金員を(ただし、うち96万7832円及びこれに対する同日から支払いい済みまで同割合による金員については被告宮村峻と連帯して)支払え。

2 被告宮村峻は、原告に対し、被告(後藤徹氏の兄)、被告(後藤徹氏の兄嫁)及び被告(後藤徹氏の妹)と連帯して96万7822円及びこれに対する平成20年2月10日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。

3 原告の被告(後藤徹氏の兄、兄嫁および妹)及び告宮村峻に対するその余の各請求並びに被告松永やす智及び被告ゼ・エバンゼリカル・アライランス・ミッション(日本同盟基督教団)に対する各請求をいずれも棄却する。

4 訴訟費用中、原告と被告(後藤徹氏の兄、兄嫁および妹)との間に生じた部分はこれを40分し、その1を被告(後藤徹氏の兄、兄嫁および妹)との間に生じた部分をこれを40分し、その1を被告(後藤徹氏の兄、兄嫁および妹)の、その余を原告の各負担とし、原告と被告宮村峻との間に生じた部分はこれを200分し、その1を被告宮村峻の、その余を原告の各負担とし、原告と被告松永やす智及び被告ゼ・エバンゼリカル・アライランス・ミッション(日本同盟基督教団)との間に生じた部分は原告の負担とする。

5 この判決の第1項及び第2項は、仮に執行することができる。


一番の特徴は、脱会説得者宮村峻に対する賠償請求が認められたこと。部分的であったとしても、後藤徹氏の勝ちは勝ちである。

----------PR-----------
判決後、支援者の方々と過ごし、
判決の報告が遅れてしまいました。
クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

###
posted by 管理人:Yoshi at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 後藤徹氏 民事裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

後藤裁判の判決を前に

火曜日、2014年1月28日は、後藤徹氏の裁判の判決日である。2ヶ月ほど前、このブログの「アメリカのディプログラミング:3つの重要裁判」という記事で、アメリカの3つの裁判を紹介した。アメリカの裁判の歴史で、一時的には、ディプログラミングを助長するような判決 (ピーターソン裁判) が出る中で、決定的な判決 (スコット裁判) が出るまでの過程を説明した。

後藤裁判の判決 (2014年1月28日) が、日本の拉致監禁を終わらせることのできる決定的な判決になるのかどうか、それは分からない。もし、たとえ、後藤裁判の判決が決定的なものにならかったとしても、拉致監禁の完全な終結に向かう重要な一局面になることは間違いないだろう。

アメリカの3つの裁判を、再度紹介し、アメリカと比較して、後藤裁判も含めて日本の拉致監禁裁判を3つほど紹介し、今回の後藤裁判が、日本の拉致監禁の裁判の歴史のでどのあたりまで来ているのかをみていきたい。続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 後藤徹氏 民事裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

第四回 荻窪・渋谷ウォーク - 1月27日に開催

2014年1月28日(火)には、後藤徹氏の起こした拉致監禁に関する損害賠償請求裁判の第一審の判決がおりることになります。その前日の、月曜日の午後、2014年版 荻窪・渋谷ウォークを計画しています。私にとっては、日本帰国時に合わせて、2011年から、一年に一度、行(おこな)っており、今回は、四回目ということになります。

http://humanrightslink.seesaa.net/article/361712726.html
後藤さんが、12年5ヶ月の荻窪の監禁アパートから解放されたのは、2008年2月10日夕方のこと。真冬の夕方、お金も持たされず、放りだされました。後藤さんは、交番で助けを求ますが、相手にされず、「教会本部のある渋谷まで歩けばなんとかなる」と思い、体力の限界のなか、4時間かけて、渋谷区松涛二丁目の交差点までたどり着きました。その交差点で、それ以上動けなくなった後藤さんが、声をかけた二人目がタクシー代を払ってくれ、教会本部にたどり着き、その夜、緊急入院となりました。

開催日:2014年1月27日(月)午後、早い時間

荻窪から、松涛二丁目の交差点まで、約10キロです。普通に歩けば、2時間20分かかります。もし、参加してみようという方がいらっしゃいましたら、メールにてご連絡ください。メールは、このページの一番下の「管理人にE-mail」から、送信できます。

または、2014年1月27日(月)の朝に、携帯:090 9411 6205 にご連絡ください。私は、その日の早朝の便で成田に着きますので、たぶん、朝の8時以降なら、つながると思います。

------PR------
わたし、約2ヶ月のホリデーモードから、
拉致監禁モードに戻している途上です。
クリック頂ければ、もっと早くなります。
ありがとうございます。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
posted by 管理人:Yoshi at 19:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 荻窪・松濤 Walk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。