2013年10月28日

米国務省の "確認できない報告" との記述を消失させた「国境なき人権」

前回の記事で、米国務省の国際宗教自由報告書の2010年度版をみた。一番の特徴は、拉致監禁事例の報告に対して、国務省が 「独自には確認できなかった」 という記述を入れたことだ。拉致監禁グループにとっては、この上なく、「広報活動の成果、拉致監禁は捏造」 だと、喜んだことだろう。

2012年10月31日、欧州国連本部にて、国連人権理事会の日本に関する「普遍的・定期的審査(レビュー)」の作業部会が開かれ、それに合わせて、日本の拉致監禁問題を取り上げたサイド・イベントが開催された。「国境なき人権」のフォートレ代表は、次のように語っている。この部分は、米国務省の国際宗教自由報告書を取り上げ、「国境なき人権」 の独自の調査との関連性を示す、興味深い箇所である。

HRWF_chairman.jpg
写真:「国境なき人権」 フォートレ代表

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

米国務省「宗教自由報告書」- 1年8ヶ月の暗黒期

アメリカ国務省の宗教自由報告書内の、日本の拉致監禁問題の取り上げ方、報告書の読み方の解説を行っている。

同じカテゴリーの前回記事で、2008年度版と2009年度版をみた。しかし、その後、別のトピックの記事が入ったりで、このブログに最近来られた方は、以下の記事を参考にして欲しい。

★米国務省「宗教自由報告書」- 日本に関する 「5分の1」 は拉致監禁の報告
http://humanrightslink.seesaa.net/article/371130733.html

★米国務省「宗教自由報告書」- 拉致監禁 2000年前後の動向
 http://humanrightslink.seesaa.net/article/372256576.html

★米国務省「宗教自由報告書」1999-2006:8年連続で拉致監禁問題
http://humanrightslink.seesaa.net/article/374821327.html

★米国務省「宗教自由報告書」2008年・2009年度版
http://humanrightslink.seesaa.net/article/375954435.html

2007年度版では、拉致監禁に関する記述がなくなるが、2008年度版より、拉致監禁問題が、米国務省の宗教自由報告書で再び取り上げられるようになった。前回記事で、2008年度版と、2009年度版の2年間の報告をみてきた。「統一教会が 〜 と報告した」という記述の多い内容だった。

これが、2010年度版ではどう展開していくのか?

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

宿谷麻子さんの一周忌に

拉致監禁が終わっても、拉致監禁問題は終わらない。

昨年(2012年)10月15日、宿谷麻子さん(享年48歳)が、クモ膜下出血で亡くなられた。明日は、彼女の一周忌である。

Asako in office.jpg
Ms Asako Shukuya
Photo from: http://kidnapping.jp/news/20121120.html


麻子さんの苦悩(拉致監禁による後遺症)、拉致監禁問題に対する姿勢と勇気、家族との和解等、以下のウェブサイト、ブログ、書籍を参考にして頂きたい。

★夜桜餡
http://www5.plala.or.jp/hamahn-k/index.html

★「火の粉を払え」訃報 - 麻子さんがなくなった!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-372.html

★書籍:米本和広著「我らの不快な隣人」の第一部 麻子の物語
第六章 引き裂かれた家族(第六章のみウェブ上で紹介されています。)
http://kidnapping.jp/book/torn1.html

前回の記事で、拉致監禁被害者400名対象の学術調査についての財界にっぽんの記事を紹介した。その記事を、参考にしながら、「たとえ拉致監禁が終わったとしても、拉致監禁問題は終わらない」ということを、宿谷麻子さんの一周忌に書きたいと思う。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | PTSD 精神的後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

拉致監禁による強制説得は有害な介入:米国心理学会で研究発表

このブログでは、過去に、月刊誌 「財界にっぽん」 の人権シリーズから、何度か、全文引用させて頂いた。2013年10月号にて、同じ人権シリーズの第42回として、「米国心理学会で強制棄教による*PTSDの実態報告 (副題:拉致監禁被害者400人対象の初めての学術調査)」という記事が、2ページにわたり掲載された。

この記事は、神戸学院大学の石崎淳一教授が、2013年8月1日、世界で最も権威のある米国心理学会(*APA)の年次総会にて、拉致監禁被害者の精神的後遺症の実態について研究報告の内容をまとめたものである。出版元、そして関係者の皆様の許可のもと、全文を紹介させて頂く。

*PTSD = Post Traumatic Stress Disorder = 心的外傷後ストレス障害
自然災害やテロなどの死の恐怖を感じるような衝撃的な体験によって心の傷(トラウマ)が生じ、様々な症状を引き起こす障害のこと

*APA = American Psychological Association = 米国心理学会
http://www.apa.org/

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | PTSD 精神的後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。