2013年06月17日

第3回 荻窪・松濤 Walk 4名で!

私が拉致監禁問題に関わるようになった重大で決定的な事件は、拉致監禁被害者の後藤徹さんが、12年5ヶ月の監禁から一文無しで追い出され、自力で渋谷までの10キロの道のりを、体力の限界の中、命がけで歩いた記録を読んだ事から始まった。その時から、その10キロの道のりを歩いてみたいと思った。

2013年6月2日(日)、私の日本帰国に際し、第三回 荻窪・松濤ウォークを開催した。朝、6時に成田着で、その日の午後の10キロウォークとなった。今回は、私のブログでは、参加者募集の記事を一度出しただけで、積極的には10キロウォークの参加者の募集はしなかった。2011年の第1回は私一人、2012年の第2回目は、私を含めて3名の参加だった。今回は、4名でのウォークとなった。

参加者の内訳:
女性: 2名、 男性: 2名
東京:1名、埼玉:2名、オーストラリア:1名
元教会員: 2名
初めて歩いた人: 2名
拉致監禁体験者: 2名 
平均年齢: 不明


続きを読む >> Read More


posted by 管理人:Yoshi at 07:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 荻窪・松濤 Walk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする