2012年08月22日

大学の宗教迫害 - 千葉大の女子大生がニューヨークで訴える

2012年1月に、「大学の宗教迫害」(室生忠氏編著)が出版された。カルト対策の名のもと、全国の大学で行われている宗教迫害の実態が暴かれている。室生氏は、その前年の2011年に、「財界にっぽん」で、大学の宗教迫害について、計6回の連載をしている。

2012年5月以降、米本和広氏のブログ「火の粉を払え」のカテゴリー「”カルト”化する大学業界の人びと」で、計10回の記事で、無法化するカルト対策について書かれている。このブログの中では、上記の室生氏の「財界にっぽん」の連載も紹介されている。

2012年7月、千葉大学の女子大生が、アメリカに向けて飛び立った。アメリカで、同じ信仰を持つ人々に、日本の大学から受けている宗教迫害について訴えるためだ。勇気ある証言をしたのは、千葉大の Hanayo Itoさん(24歳)で、2012年7月31日、ニューヨーク市マンハッタンの教会施設で行った。アメリカ統一教会のウェブサイトで、彼女のスピーチが公開されているので、紹介したい。

続きを読む >> Read More


posted by 管理人:Yoshi at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学の宗教迫害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする