2011年05月06日

3週間の日本滞在を終えて

3週間ほど、日本に居た。今週はじめ、オーストラリアに戻って来た。

日本滞在の3週間の間、できるだけ多くの拉致監禁問題に関わっている人々に、面会を求めた。約20名くらいだった。これらの人々は、立場の違いはあれど、拉致監禁反対の人々だった。

一方の人々だけに面会しても、不公平なので、保護説得をしているという牧師にも会いに行ってきた。

私の地元、岡山には、有名なT牧師がいらっしゃる。正確にはT牧師の教会は、倉敷市にある。岡山から瀬戸大橋線で四国に向けて、20分くらいのところに茶屋町という小さな町がある。ある水曜日の朝、その町の、T牧師を訪ねてみた。失礼だったかもしれないが、電話でのアポはなく、いきなりの訪問だった。駅から、T牧師の教会までは歩いて10分くらいだった。

私の目的は、何か論議をふっかけようとか、そんなことではなく、私の誠意をもって、私の考えていることを説明したかったし、T牧師が保護説得に対して、どのように感じていらっしゃるのか知りたかったからである。

T牧師の教会の前には、片側1車線の、田舎でよく見るような道が通っていて、その向こうには、道路と平行して小川(と、いうか多分、農業用水)が流れていた。教会の周辺の道路に沿って、薬屋とか、パン屋とかあり、教会は、その道から30メートルくらい奥まったところにあった。

ベルを2回ほど押した。中から、男性が出て来た。

「T牧師でいらっしゃいますか?」「はい、私ですが。」

「はじめまして。電話してくればよかったんですけど、いきなりで申し訳ありません。私、xxと申しまして、元、統一教会員です。もう、それも、20年以上前の事ですけど。実は、T牧師は、カルト問題に詳しいと聞いてまして、いろいろとお話をお伺いしたいと思いまして・・・・」

「どうぞ、中へお入り下さい。」

と、言われ、応接間に通して頂いた。これなら、お友達になれるかもしれないと思った。もう、一度、ゆっくりと自己紹介をした。多分、私が、実家が岡山で、今はオーストラリアに20年くらい住んでいることも言ったと思う。で、牧師に問いかけた。

「ところで、牧師、統一教会員に対する保護説得という言葉をよく聞くんですが、保護説得というのは、本当に行われているんですか?」 その後、ちょっと、沈黙があったような気がするが・・・
「あなたが、どういう立場の人か、わからないので、お話しすることはできません。」

「いやー、あのう、私は、元統一教会員で、現在は、統一教会とは一切関係はなく、私にとっては、その教会のことはどうでもいいことなんです。ただ、最近、インターネットを通じて、統一教会員に対しての保護説得が行われているということを読んだりして、私は、保護説得は人権侵害ではないかと思うようになりました。」

「そういう事でしたら、お話しできません。お帰り下さい。」

「東京で、後藤さんという人が、10年以上、監禁されていたという事なんですが、本当ですか?」

「後藤さんは、私とは関係がありません。お帰り下さい。」

「そうですか、それは、残念です。せっかく、いいお友達になれると思ったんですけど・・・」  と言って、応接間を出て、靴をはいて、「きょうは、本当にありがとうございました。」と、お別れをした。

牧師は、ドアの脇に立って、私の姿が見えなくなるまで、見送ってくれた。(と、いうか、もしかしたら、私が、迷子にならず、ちゃんと駅の方向に帰るように、見て下さっていたのかもしれない。)しかし、お顔を拝見だけで幸せだったのに、応接間まで上げて頂き、すごく感謝している。

拉致監禁の被害者も含めて、拉致監禁の反対運動をしている人にも、たくさんコンタクトしてみたが、皆さん、快く対応してくれ、私の失礼かもしれない質問や、昔の事を思い出させてしまうような質問にも、答えて頂いた。

今回、実際、面会できた保護説得の牧師さんは一人だけだったが、みんな、こんな感じなのだろうか? 「牧師さん、もっと話してくれてもいいんじゃない?」って思ってしまった。

東京拘置所の宇佐見さんに2回ほど、差し入れをしてきた。私の昔からの友人に会うと、だいたいこんな会話がある。「今回は、どこか行きましたか?」「えー、実は、私の知人が、東京拘置所に拘置されていて、面会に行ってきました。ストーカー容疑なんです。」で、だいたいの人は、もっと話を聞きたい様子なので、その話を、統一教会の結婚式、拉致監禁までさかのぼり、不当逮捕であると説明した。裁判とか法律に詳しい友人は、「何で、ストーカーで逮捕なの?」と聞いてきた。今後、その件がニュースで流れれば、彼らは、「あー、あの事か?」と、思ってくれるはずである。


xxx


posted by 管理人:Yoshi at 11:45| Comment(7) | TrackBack(0) | ★管理人挨拶/コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする