2010年11月30日

島根で拉致監禁か?

現在、関西拉致監禁被害者の会の、11月26日付けの記事で、アップされていますが、島根のAYさん(or YA)の行方不明情報が掲載されています。今朝、アメリカの活動家の方より、ICRF会長ダン・フェファーマン氏が、関係者に送った英文の手紙を、転送して頂きました。その手紙には、より詳しい情報があり、関西拉致監禁被害者の会の記事とも、矛盾するところがないため、信憑性が高く、掲載することにいたしました。関係者の方で、本記事に間違いがあるようでしたら、申し訳ありませんが、ご連絡頂ければ幸いです。

事実確認のため、島根の統一教会と、東京の統一教会本部に確認の連絡を入れています。

以下、ダン・フェファーマン氏が、関係者に送った手紙です。
________________________________________________
Dear Friends, 友へ、

This is to alert you to another new victim of abduction and attempted forced conversion in Japan.
日本における新たな拉致監禁被、強制改宗の疑いについて連絡します。


Name: Ms. A.Y. 女性 AYさん
Age: 30  30歳
Affiliation: Matsue Unification Church, Shimane Prefecture 所属:島根県 松江統一教会 
Date of disappearance: Nov. 21, 2010 行方不明 2010年11月21日

Details are still sketchy but we are informed that Ms. A.Y. feared for her safety to the extent that she had previously filed a letter with her church requesting "rescue in case of disappearance."

詳細は、まだ不明ですが。AYさんが、以前に身の安全について危険を感じ、行方不明になった場合の救助を教会に文書で提出していたとの事です。

However, as your know, Japanese police usually treat such disappearances as mere "family matters" and refuse to intervene. In this case church officials formally requested police assistance on November 24. Even after being shown her letter requesting rescue, the police refused to come to her aid, saying only that "we have confirmed her safety."

しかしながら、皆さん知っての通り、日本の警察は、たいがいそのような失踪は単なる家族の問題として扱い、深入りをしません。今回のケースでは、11月24日に、教会は公式に警察に救助を要請しました。その本人の救助要請の手紙を見せられた後でも、警察は彼女の救出を拒否し、ただ、「彼女の安全を確認した」と言っています。

Obviously such an attitude completely disregards international human rights standards and Japan's own laws, which guarantee the right of adults to choose their own religion.

当然の事ながら、そのような態度は、完全に国際的人権の基準と日本自身の法律を無視しています。国際基準も、日本の法律も、成人した大人が宗教を選ぶ権利を保障しています。

Ms. A.Y. and her fiance received the UC's blessing on October 10 of this year, and it is probable that her abduction was in reaction against this. Her fiance is now en route to Matsue City in order to demand that the police search for her. We have contacted various official agencies and NGOs to ask for their urgent help in getting the police to act responsibly this time.

AYさんと、彼女の婚約者は、さる10月10日の統一教会の祝福結婚式に参加しました。多分、今回の彼女の拉致は、これに対する反応かと思われます。彼女の婚約者は現在、警察に対し、彼女を捜索するよう要求するため、松江市に向かっているところです。私たちは、警察が今回は責任をもって対応するよう、公的機関と民間団体に対し、緊急な援助の要請を行いました。

For your part, please keep Ms. A.Y. in your prayers during this holiday season. The first few days of a person's abduction and confinement can be truly terrifying, and then demoralizing. Prayer is a powerful agent for hope and spiritual support.

この休暇の期間中、AYさんをあなたの祈りに加えて下さい。拉致監禁の最初の数日間は本当に恐ろしい体験であり、その後は、混沌状態となります。祈りは、希望と霊的援助のための強力な武器です。

(訳者註:"この休暇の期間中"というのは、12月から新年にかけての、ホリデーシーズンを指します。)


Very truly yours 敬具

Dan Fefferman
President, International Coalition for Religious Freedom
www.religiousfreedom.com
------------------------------------------------------------
posted by 管理人:Yoshi at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

2010-11-16 NY抗議行動(前半)日本語訳

2010年11月16日、ニューヨーク日本領事館前でで行われた抗議行動の模様の映像を英語のテキストとそして、日本語訳を付けました。今回は、その映像の前半部分で、ミツコ・アントールさんがスピーチされている所までです。

その映像はこちらです。
http://vimeo.com/17010936

------------------------------------------------------------------
0:00
Rev. Dr. Luonne Rouse
ルオン・ロウズ牧師/博士

We shall overcome (We shall overcome.) We shall overcome. (We shall overcome.) We shall overcome (We shall overcome). One month ago, we stood here and promised that if we were not given audience, we would return with more people that we would organize around this nation.

私たちは勝利します。(私たちは勝利します。)
1ヶ月前、私たちはここで行動を起こしました。(総領事との)会見が認められないなら、もっと多くの人々と共に、全米で運動を起こすと誓いました。

I stand with brothers and sisters of faith today to say that we have returned that we have organized and that still seek to meet with ambassador Nishimiya in hopes that he would work with us and communicate with others to see the gross injustice that is going on in Japan will end.

私は、きょう信仰の兄弟姉妹とともに、私たちの運動を組織して、この場に戻って来ました。そして、ニシミヤ大使との会見を望んでいるということを伝えるために、ここに立っています。日本で起きている、あまりにもひどい不正義の終焉を見とどけるため、大使が私たちと共に働き、他と交渉して頂けることを希望しています。

We desire for them protecting human rights of all citizens. And those who are citizens in Japan deserve nothing less than the citizens anywhere in the world. Ambassador Nishimiya and local authorities in Japan are refusing to recognize the importance of human rights and religious freedom and the fact that we speak for the innocent, the victims who are not able to speak for themselves because they are being held as criminals, prisoners though they are not criminals.

私たちは、彼らがすべての市民の人権を擁護することを切望致します。日本の市民は、世界の他の市民が受ける以下のものを受けるべきではありません。ニシミヤ大使と日本の地方行政府は、人権と宗教の自由の重要性を認識することを拒んでいます。被害者たちは犯罪人でないにもかかわらず、犯罪人、囚人として閉じこめられ、彼ら自身が自分たちのために話すことができず、私たちが無実の人に代わって話しています。

People are joining to stand with us. And we will not stop. Let the message go the office of Ambassador today. We are not going away. We will not be hindered. We will not be set back. The time has come to stand up not shut up and we are going to stand forth and shout loud voices over and over again not only so we are heard but so that justice may roll. We shall overcome.

人々は私たちの運動に加わり、立ち上がりました。私たちは、決してやめません。きょう、大使のオフィスにメッセージを届けます。私たちは、誰にも邪魔されないし、誰にも止められません。黙るのではなく、立ち上がるときが来ました。私たちは、前に向かって立ち上がり、私たちの声が聞かれるだけでなく、正義が実現するよう、何度も何度も繰り返し大きな声を叫びます。私たちは、必ず勝利します。

2:18
Why has there been no one prosecuted for such injustices, for such crimes. We want to thank those of the network of Korea SBS for honestly investigating and looking into the issue carefully for making us aware of all that is transpiring. That vision, that sight has inspired us to rally. So I ask you who have joined us to once again say to Japan and say to the world in the words of Martin Luther King Jr.  We shall overcome. we shall overcome. We shall overcome. Let freedom ring. (Let freedom ring. ) We shall overcome. (We shall overcome. ) Let freedom ring. (Let freedom ring.) We shall overcome. (We shall overcome.) Today, tomorrow, in the days to come we shall overcome.

そのような不正義に、そのような犯罪に、なぜこれまで一人も裁かれていないのでしょうか?私たちは、韓国SBSネットワークの人々が、この問題を真実にそして注意深く調査し、今、起きている全てのことを私に知らせてくれた事に対し、感謝申し上げたいと思います。その洞察力、見解は、私たちが抗議行動を起こすきっかけとなりました。私は、この運動に加わった皆様方に、もういちど、日本と、そして世界に向けて、マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を唱えて頂きたいと思います。We shall overcome. Let freedom ring. (私たちは勝利します。自由の鐘を打ち鳴らせ。) きょう、明日、来るべきその日にむけて、私たちは勝利します。


3:33 
Bishop Jesse Edwards, Pastor of the Gates of Praise in Philadelphia, PA
ジェシー・エドワーズ神父、ペンシルバニア州フィラデルフィアGates of Praise 教会 

Our coalition against this Japanese abduction has given civic and faith leaders in Japan confluence across the nation to ask that the human rights, abuse and imprisonment abuse people’s faith. It must be stopped NOW. It must be stopped now. We are calling upon Japanese leaders and the good people of Japan to stop these violations now.

日本の拉致誘拐に対し、私たちの牧師連合は、日本の市民運動家、宗教リーダーと合流し、虐待、監禁が人々の信仰を破壊していると疑問を投げかけてきました。人々の信仰の自由を蹂躙することは、直ちにやめさせなければなりません。すぐにやめさせなければなりません。私たちは、日本のリーダーと、良心のある人々に、これらの人権侵害をやめるよう要請しています。

We have also confirmed that hatred, prejudice, bigotry are driving injustice against members of unification church because of their leader is Rev Sun Myung Moon in Korea and because their spouses that are Koreans. The recent Korean network SBS documentary showed strong anti Korean sediment that is prompted among these criminals that are hired by misguided relatives

私たちは、統一教会のメンバーに対する不当行為の背後に、憎しみ、偏見、強い敵対感情があることを確認しています。教会のリーダーが韓国の文鮮明師であり、結婚相手が韓国人であるという理由からです。最近の韓国ネットワークSBSドキュメンタリーで、強い反韓国感情を見ることができました。そのような反韓国感情に刺激された犯罪人が、間違った情報を入れられた親族により雇われているのです。

Today every consulate in America is given a letter and a chance to show concern for the human rights in Japan. May god be with us.

きょう、すべてのアメリカ領事館には、手紙が届けられ、日本の人権に対する憂慮を示す機会を与えられます。神が私たちと共にいますように。

4:45
Rev Joshua Cotter, Executive Vice President, Unification Church USA
ジョシュア・コッター牧師、アメリカ統一教会副会長

We are here this morning to stand up for the rights of our brothers and sisters who are suffering in Japan. Over 4300 unification church members, my church in Japan have been persecuted, have been held against their will. Here in America we stand for freedom of religion, Amen? Here in America, we fought the battle as unification church as one against criminal deprogramming, kidnapping and faith breaking in 70s and 80s. We will fight for the rights of brothers and sisters around the world to worship in freedom, Amen?

私たちは、日本において苦しんでいる兄弟姉妹の権利のため立ち上がり、今朝、この場にやってきました。4300名以上の統一教会のメンバーが、私の属する日本の教会ですが、迫害され、彼らの意志に反して監禁されています。ここアメリカは、宗教の自由を絶対的に支持します。ここアメリカでは、1970年代、80年代の犯罪的ディプログラミング、拉致・誘拐、強制改宗に対して、統一教会が一つとなって戦いました。私たちは、信仰の自由のため、世界中の兄弟姉妹の権利のため、これからも戦います。

5:22
Rev. Angelika Selle, President of the Womens Federation for World Peace USA
アンジェリカ・セレ牧師、アメリカ世界平和女性連合会長

We are very disturbed and outraged by the violation of religious freedom and human rights in Japan which have been going on last 2 decade. Especially since that at least half of the victims involved are women, mothers, daughters, even older women. These women we are talking about were not only abducted against their will, secretly confined for months sometimes for years, but also suffered horrible physical abuse, beatings, spiritual humiliation. What’s worst for any woman, it is rape. We have to report in one case a woman was raped up to 32 times, 32 times. Imagine that. She will never be able to face the family or faith community.

過去20年間にわたって日本で行われてきた宗教の自由と人権侵害についての憂慮すべき憤りを感じる報告があります。少なくとも、半分は、女性であり、母、娘、年老いた女性です。彼らの意志に反して、密室に何ヶ月も、時には何年も監禁されるだけでなく、あまりにもひどい肉体的虐待、殴打、精神的屈辱も受けてきました。さらに、どんな女性にとっとも耐えられない事、レイプの被害にもあっています。ある一人の女性の一つの例を報告しないといけません。彼女は、32回、32回もレイプされました。想像してみて下さい。彼女は、家族にも、信仰のグループにも、向かい合うことができませんでした。

One more case. A woman who was raped a several times committed suicide. One suicide is a suicide to many. Such abuses must not be tolerated. Therefore the Women of Peace, the Women for Peace call upon Japanese consulate to ensure Japanese government will take action to make sure justice is done TODAY. Thank you.

もう一つのケースを紹介します。数回レイプされた女性が自殺しました。一人の自殺は、多くの人々の自殺を意味します。そのような決して虐待は許されることではありません。それ故、平和のための女性連合は、正義が行われるよう日本政府が適切な処置をとるよう日本の領事館に対し要請致します。ありがとう。

6:37
Mr. Luke Higuch, President of S.A.F.E. – Survivor Against Forced Exit
ルーク・ヒグチ氏、強制改宗に反対する被害者の会 会長

We don't want to say victims. We want to say survivors. We are survived from illegal confinement. We’ve been persecuted. Not only us 4300 Unificationists been kidnapped and confined. I cannot stand that. I stand up here to stop the abduction. So I introduce today 2 sisters here. Please listen to their experiences. Testimonies here

私たちは、被害者とは言いたくありません。私たちは、生存者と言いたいです。私たちは、不法な監禁から生き残ってきました。私たちは迫害されてきました。私たちだけではなく、4300名もの統一教会のメンバーが拉致監禁されてきました。私は、我慢することができません。私は、拉致を止めるため、立ち上がりました。今日、二人の姉妹を紹介します。どうか彼女たちの体験を聞いてください。では、どうぞ。

7:27
Michiko Presky, Victim and Survivor of Abduction and Confinement
ミチコ・プレスキー、拉致監禁被害者

My parents kidnapped me 5 times. For the 3rd time, they brought me to the mental hospital. For the 5th time, my father told me he would kill me with a kitchen knife if I decide to choose the church over my family. I told him kill me right now. I was ready to die. Now over 4300 people they have been kidnapped in Japan, so we can’t stand without doing anything. We can’t keep standing just watching without doing anything. We have to do something to save them.

私の両親は、私を5回拉致しました。3回目の時は、私を精神病院に連れて行きました。5回目の時、父は、もし私が教会を選ぶなら、包丁で刺し殺すと脅迫しました。私は父に、今すぐ殺してくれと言いました。私は死ぬ覚悟でいました。これまで、4300名以上の人々が日本で拉致されており、何もしないでいることはできません。何もしないでただ見てるだけというのは許されないことです。彼らを救うため、何かをしなければなりません。

8:22
Mitsuko Antal, Victim and Survivor of Abduction and Confinement
ミツコ・アントール、拉致監禁被害者

My name is Mitsuko Antal. I was kidnapped 2 times. I didn’t do anything. Just I believed in the Unification Church, teaching that. After that my feeling ended up my body is sore and difficult to get up. Just I want to say I don’t want (anyone treated) like me. Many members to save. Parents never do it again. It is so much painful and destroyed the relationship of parents and a child. Now still some members are kidnapped. I try to ….I want to stop We need your help. Thank you for giving me a chance to talk. Thank you very much.

私はミツコ・アントールです。私は、2回、拉致・誘拐されました。私は何もしていません。ただ、統一教会を信じて、それを教えていただけです。その後(拉致監禁の後)体の隅々までが痛く、起きることも困難でした。私は、ただ、私の受けたような扱いを誰にも受けて欲しくはありません。救出されるべき多くのメンバーがいます。親は、こんな事を二度としないで下さい。今も、数名のメンバーが拉致されています。私は、こんなことをやめさせたい。私たちは、皆さんの助けが必要です。話す機会を与えて下さり感謝します。ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
訳終了

2010-12-02 追記
これで、映像の前半部分を終了しました。不明な箇所の聞き取りは、20歳の息子の助けを借りました。もし、英語に興味のある方は、最初のスピーカーであるルオン・ロウズ牧師のスピーチを、英語のテキストを追いながら、何回も聞いてみて下さい。そして、慣れてきたら、耳だけで聞いてみて下さい。統一教会ではない牧師、黒人牧師が、マーティン・ルーサー・キング牧師の名前までだして、日本の宗教の自由のために語っています。

映像を何回見ても感動するのは、二人の日本人の女性、拉致監禁被害者のスピーチです。抗議行動に参加しなければ、わざわざこんな映像が世界中で流れることもないのに、もっと楽ができたかもしれないのに、それを押して表に出てきたということに感銘を受けます。ミツコ・アントールさんが涙の中、それでも最後には聴衆に向かって、「話す機会を与えて下さり、ありがとう。」というところには涙が出ます。

さて、このページは、映像の前半部分でした。後半は、すでに作業を半分終えています。英語ではだいたい書き出しましたので、日本語にするのは時間の問題です。後半は、ジェンキンス牧師(統一教会)が怒りをぶつけ、最後には、もう一人の黒人スピーカー・ストーリング大司教が情熱的に語っています。近日中にアップできると思います。

更新情報:
2010-11-28 朝:何カ所かの聞き取れない部分を残してアップ
2010-11-28 夕方:アメリカ活動家の助言により、ヒグチ氏、ミツコさんの部分を修正。Many thanks.
2010-12-02 夕方:不明だった箇所を訂正・追加 これで、ほぼ完了。上記追記を追加。

NY抗議行動日本語訳 後半へ

posted by 管理人:Yoshi at 08:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

映像:2010-11-16 ニューヨーク抗議行動

2010年11月16日(現地時間)で行われた、ニューヨーク、日本領事館前での抗議行動の様子が、映像でアップされました。ゆくゆくは英語と日本語を付けたいと思いますが、今すぐにはできません。申し訳ないです。

黒人牧師が、
What do we want? (私たちは何を要求してるんだ?) Freedom (自由だ)
When do we want: (いつだ?)           Now  (今だ)
と、強烈に語っています。

被害者のミチコさんと、ミツコさんも、がんばっている様子がわかります。英語だけの映像ですが、雰囲気は伝わると思います。是非、下記URLにアクセスしてみて下さい。約16分の映像です。

http://vimeo.com/17010936



2010-11-25 追加
アメリカの活動家の方より、情報頂きました。11月16日ニューヨークラリーの模様が、ニューヨークの韓国語テレビ局のニュースで流れました。3分ほどの映像のうち、59秒以降、約2分間です。

http://www.youtube.com/watch?v=a2eyTi6XCBI

xxx
posted by 管理人:Yoshi at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

全米10都市抗議行動:ニューヨーク編

記事タイトル(原文):Japan’s Human Rights Failures Draw Attention as Activists Rally in 10 Major U.S. Cities
タイトル日本語:アメリカ主要10都市での抗議行動で、日本の人権問題に注目
出典URL1:http://www.familyfed.org/news/index.php?id=193&page=1
出典URL2:http://www.flickr.com/photos/stopjapanabductions/sets/72157625279901673/
記事の日付:2010年11月18日
日本語訳: Yoshi

今回は、写真のスライドショーをご覧下さい。アメリカで2010年11月16日(現地時間)に行われた抗議行動のうち、今回は、ニューヨーク編です。

ニューヨーク抗議行動スライドショー:
http://www.flickr.com/photos/stopjapanabductions/sets/72157625279901673/show/

ニューヨークでの抗議行動については、アメリカ統一教会のウェブサイトより取りました。
http://www.familyfed.org/news/index.php?id=193&page=1
-----------------------------------------------------------------------------
New York City. An estimated 200 participants rallied. Speakers included: Rev. Luonne Rouse, United Methodist Church of Long Island; Bishop Jesse Edwards, ACLC; Rev. Michael Jenkins, ACLC; Rev. Joshua Cotter, Unification Church; Luke Higuchi, SAFE President; Angelika Selle, WFWP President; Archbishop George A. Stallings, ACLC; victims Mitsuko Antal and Michiko Presky, and others. The rally featured passionate speeches by civil rights leaders, compelling testimonies of victims, and a rousing commitment as the crowd joined in singing "We Shall Overcome."

ニューヨーク市 - 推定200名がデモに参加した。参加者は次の通り:ルオン・ロウズ牧師(ロングアイランドメソジスト教会)、ジェッシー・エドワーズ司祭(ACLC)、アンジェリカ・セレ(世界女性平和連合会長)、ジョージ・ストーリングス大司教(ACLC)、被害者 ミツコ・アントール、ミチコ・プレスキー他.
抗議行動は、市民運動家のリーダー、被害者の感動的な体験談からなり、群衆も加わり、"We shall overcome." を歌った。
-----------------------------------------------------------------------------
原文と、訳終了


スライドショーの中で、3名の日本人の方、登場します。この3名の方は、1ヶ月前の記者会見の時も、スピーチされていました。最初の男性が ルーク・ヒグチ氏、2番目(女性)が、ミチコ・プレスキーさん、最後が、ミツコ・アントールさんです。






posted by 管理人:Yoshi at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

アメリカ国務省:2010年版世界の宗教の自由に関する年次報告書

記事タイトル(原文):International Religious Freedom Report 2010
タイトル日本語:アメリカ国務省:2010年版世界の宗教の自由に関する年次報告書
出典URL:http://www.state.gov/g/drl/rls/irf/2010/148871.htm
記事の日付:2010年11月17日
日本語訳: Yoshi

2010年度版、アメリカ国務省の国際宗教自由に関するレポートが発表されました。(前の記事 = 全米10都市抗議行動 の訳をまだ、始めていないのですが、国務省発表のレポートを先にします。)

2009年版は下記の通りです。
http://humanrightslink.seesaa.net/article/162249799.html

とりあえず、拉致監禁部分に関する箇所の日本語訳をいたしました。スクロールダウンして下さい。正式な訳は、日本大使館から出るものを参考にして下さい。(2010年11月20日現在、出てるかどうか、私はまだチェックしてません。)



国務省のレポートの中、途中までは、「統一教会、エホバの証人、または NGO が〜と報告している」という形を取っていますが、関連記事の最後の段落部分の、12年の監禁の場面では、「メンバーが解放された」「検察庁は起訴しなかった」「ケースは再審議中」(この結果は10月6日に出た)という、断定表現を使っています。最近起きた事件でもあり、日本のアメリカ大使館も、独自に調査をしたものと思われます。

昨年のレポート(2009年版)では、拉致監禁については、1段落のみでしたが、今年は2段落が、拉致監禁問題に使われています。さらに、昨年のレポート(2009年版)では、12年にわたる監禁事件について、統一教会がそう報告したという形を取っていますが、今年(2010年版)のレポートでは、誰それからの報告という形ではなく、断定的に「(監禁から)解放された」という表現をとっています。


原文と、日本語訳開始 (該当箇所の太字と色は訳者による)
----------------------------------------------------
Japan

Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor
International Religious Freedom Report 2010
November 17, 2010

The constitution provides for freedom of religion, and other laws and policies contributed to the generally free practice of religion.

The government generally respected religious freedom in practice. There was no change in the status of respect for religious freedom by the government during the reporting period.

There were some reports of societal abuse or discrimination based on religious affiliation, belief, or practice.

The U.S. government discusses religious freedom with the government as part of its overall policy to promote human rights.

Section I. Religious Demography

The country has an area of 145,884 square miles and a population of 127.5 million. Since the government does not require religious groups to report their membership, it is difficult to accurately determine the number of adherents of different religious groups. The Agency for Cultural Affairs reported that membership claims by religious groups totaled 206 million as of December 2007. This number, which is nearly twice the country's population, reflects many citizens' affiliation with multiple religions. For example, it is common to practice both Buddhist and Shinto rites.

According to the agency's annual yearbook published in 2009 and carrying statistics of the calendar year of 2007, 105 million identified themselves as Shinto, 89 million as Buddhist, two million as Christian, and nine million follow "other" religions.

There are no governmental statistics on the number of Muslims in the country. The Islamic Center estimates there are approximately 100,000 to 110,000 Muslims of whom 10,000 are citizens.

As of December 2007, under the 1951 Religious Juridical Persons Law, the government recognized 154 schools of Buddhism. The six major schools of Buddhism are Tendai, Shingon, Jodo, Zen (Soto and Rinzai sects), Nichiren, and Narabukkyo. In addition there are a number of Buddhist lay organizations, including Soka Gakkai, which reported a membership of eight million "households." The two main schools of Shintoism are Jinjahoncho and Kyohashinto.

Section II. Status of Government Respect for Religious Freedom

Legal/Policy Framework

The constitution provides for freedom of religion, and other laws and policies contributed to the generally free practice of religion.

As of December 2007, 182,310 out of 223,428 religious groups were certified by the government as religious organizations with corporate status, according to the Agency for Cultural Affairs. The government does not require religious groups to register or apply for certification; however, certified religious organizations received tax benefits. More than 82 percent of religious groups had been certified by 2007.

In the wake of the 1995 sarin gas attack on Tokyo's subway system by Aum Shinrikyo, the Religious Juridical Persons Law was amended to provide the government with the authority to supervise certified religious groups. The amended law requires certified religious organizations to disclose their assets to the government and empowers the government to investigate possible violations of regulations governing for-profit activities. Authorities have the right to suspend a religious organization's for-profit activities if they violate these regulations.

The government does not observe any religious holidays as national holidays.

Restrictions on Religious Freedom

The government generally respected religious freedom in practice. There was no change in the status of respect for religious freedom by the government during the reporting period.

There were no reports of religious prisoners or detainees in the country.

Forced Religious Conversion 強制的宗教改宗

The Unification Church reported some adherents were pressured by family members and professional deprogrammers to leave the church.

統一教会は、彼らの信者が家族のメンバーと職業的ディプログラマーにより信仰を棄てるよう圧力をかけられていると報告している。

Section III. Status of Societal Respect for Religious Freedom
セクション3. 宗教の自由に対する社会的配慮

Although most groups report wide-spread tolerance and respect for religious freedom there were some reports of societal abuse based on religious affiliation, belief, or practice.

ほとんどの宗教団体において、宗教の自由は広く認められ尊敬されているが、宗派、信仰、実践の故に、社会的虐待、差別のいくつの報告があった。

For several years deprogrammers working with family members have reportedly abducted Unification Church members, members of Jehovah's Witnesses, and other minority religions. The Unification Church and Jehovah's Witnesses-affiliated organization Watchtower report the number of cases has declined sharply over the last 10 years. However the Unification Church reported five members were abducted during the reporting period. These reports could not be independently confirmed, and some nongovernmental organizations (NGOs) have accused the Unification Church of exaggerating or fabricating these reports.

ここ数年、ディプログラマー(強制改宗家)は信者の家族のメンバーと共に、統一教会、エホバの証人、他の少数派宗教団体の信者を誘拐しているとの報告が上がっている。統一教会と、エホバの証人(ものみの塔)は、過去10年間において、拉致件数は、著しく低下していると報告している。しかしながら、統一教会は、この報告書の期間内において、5名が拉致されたと報告している。これらのレポートは、客観的には確認できなかったが、あるNGO(非政府機関)は、統一教会は誇張しているか、レポートをねつ造していると非難している。

In 2008 an adult member of the Unification Church was released after reportedly being held against his will by family members and a professional deprogrammer for over 12 years. Prosecutors did not pursue the case citing insufficient evidence. The case was on appeal at the end of the reporting period.

2008年には、成人である統一教会のメンバーが(監禁から)解放された。報道によれば、そのメンバーは、彼の意志に反して、家族のメンバーと職業的改宗家により、12年間監禁されていた。検察庁は、証拠不十分として、起訴しなかった。このケースは、(この報告書期間内の最後の時点で)再審議中である。


(註1:文中 "reportedly = 報道によれば" は、"解放された" にかかるものではなく、"意志に反して監禁された" にかかるものであり、日本語訳では、文章を二つに分けた。)

In November 2009 a senior diet member reportedly called Christianity an "exclusive and self-righteous religion." The Japan Confederation of Christian Churches, an organization of Catholics and Protestants, demanded a retraction of the remark.

Significant interfaith efforts continued during the reporting period. The Japanese Association of Religious Organizations, an interfaith NGO, worked to promote religious culture and contribute to peace. Members from the Islamic Center Japan spoke at churches and participated in interfaith peace prayers with Christian, Jewish, Muslim, and Buddhist groups. In November 2009 the World Conference on Religions for Peace Japanese Committee, composed of various religious groups, co-hosted a conference to discuss how to foster peace in Afghanistan with diet members and with cooperation of the Ministry of Foreign Affairs. This conference was attended by diplomats, military officers, researchers, specialists, and religious leaders from 18 countries including Afghanistan, Pakistan, Saudi Arabia, and Iran.

Section IV. U.S. Government Policy

The U.S. government discusses religious freedom with the government as part of its overall policy to promote human rights.
-------------------------------------------------
原文と日本語訳

更新記録:
2010-11-20 昼 - 拉致監禁関連段落のみ終了


追記:
上記レポートで、拉致監禁に関する事以外の記述は、前年度(2009年版)とほぼ同じです。当ブログで、訳されていない部分は、2009年版を参考にして下さい。または、大使館訳も正式に発表されましたので、そちらも参考にして下さい。

当ブログ内での2009年版宗教の自由に関するレポート
http://humanrightslink.seesaa.net/article/162249799.html

大使館訳
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20101117-77.html
最後の部分で、私の訳では、「再審議中」となっていますが、これは大使館訳の「不服申し立て」の方が、より正確な訳です。


xxx
posted by 管理人:Yoshi at 12:29| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全米10都市、抗議行動 (2010-11-16)

記事タイトル(原文):Japan’s Human Rights Failures Draw Attention as Activists Rally in 10 Major U.S. Cities
タイトル日本語:全米10都市抗議行動で、日本の人権侵害問題の関心をひく
出典URL:http://www.familyfed.org/news/index.php?id=193&page=1&apage=1
記事の日付:2010年11月18日
日本語訳:


アメリカの11月16日の抗議行動の模様が、アメリカ統一教会のウェブサイトにてアップされました。翻訳はまだ、始めていませんが、なるべくはやく完了させます。この週末、ちょっと忙しいので、少しづつの更新になると思います。すみませんが、時々来て、チェックして下さい。

その記事のURLは、次の通りです。
http://www.familyfed.org/news/index.php?id=193&page=1&apage=1
写真等もあり、記事中の最初の写真は、ミツコ・アントールさんがニューヨークでスピーチしているところです。2枚目の写真は、ボストンでのスピーチされている被害者の方です。 

抗議行動の写真が下記サイトにて、大量にアップされています。
http://www.flickr.com/photos/stopjapanabductions/sets/



posted by 管理人:Yoshi at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗議行動/デモ/会見 USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

東京第四検察審査会議決文の英語訳

アメリカで先日行われた各日本領事館前で行われた抗議行動、アメリカからの報道を待っているところです。何らかの報道がありしだい、アップいたします。そろそろ出るとは思うのですが。

待ってる間に、いろんなウェブサイトを見て回っていたら、すごいのを見つけました。2010年10月6日、東京第四検察審査会が下した「不起訴相当」の議決文についてです。その議決文は、いろんなウェブサイトで公開されています。たとえば、ここ。
http://miyamurakenkyu.seesaa.net/article/166142113.html#more

この議決文をいつかは英訳して、このすばらしい作文を世界中の人に読んでもらおうと思っていたのですが、私は、法律の専門家でもないし、細かい表現は難しそうだし、大変な作業になる事は分っていたので、ちょっと避けておりました。そしたら、なんと、すでに訳してくれた人がいました。すごい感謝です。心から感謝です。さすが、弁護士さんの集まりの会だけあって、法律用語も完璧なようです。そのURLは次の通りです。

http://www1k.mesh.ne.jp/reikan/english/judement/tokyo_no4.htm

私の手間を省いてくれた、全国霊感商法対策弁護士連絡会に、くどいようですが、感謝、感謝です。しかし、弁護士連絡会にとって、この議決文を英語で発表することが、彼らに有利になるとは思えないのですが・・・このすばらしい名文に対する世界中の有識者(人権活動家、法律専門家等)の反応はどんなものになるのでしょうか?「これって冗談だよね。ホントの議決文を見せて」とか。

今から、削除しても遅いからね。印刷もしたし、魚拓もとったし。これから、ゆっくり読ませて頂きます。被疑者の名前を消していないところもいいね。
posted by 管理人:Yoshi at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 後藤裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

リンク集

このページ更新日: 2011-01-08

このページは、拉致監禁・強制改宗関連総合リンク集です。リンクはサイト内の関連記事のページに直接飛ぶこともあります。

ディプログラマー(脱会説得者)
アメリカ、ヨーロッパの先進国で同じ事をしたならば、犯罪行為として裁かれる人々を紹介します。日本では、被害者の両親を言葉巧みに背後で操り、(被害者の)心と体を拘束した状態で脱会説得を行い、キリスト教の牧師という仮面をかぶった人権蹂躙者です。事実でない場合にはご連絡下さい。確認後、訂正させて頂きます。
★元統一教会員の牧師 or キリスト教関連職員
- 井上隆晶牧師 日本キリスト教団都島教会(大阪) 被害者: MY(2010) OM(2010) 
- 黛藤夫主事 荻窪栄光教会 被害者:HM(2010)
-
-

★キリスト教牧師(元統一教会員ではない)
-
-

★職業的ディプログラマー
- 宮村峻 統一教会脱会請負人「宮村峻」研究 被害者:MA(2011)
-

拉致監禁体験談/手記/記事
上記脱会説得者等により、拉致監禁され脱会説得工作を受けた人たち。後遺症に悩む人も多い中、拉致監禁の被害を訴える人も多くなってきました。
★配偶者・婚約者の体験
- はぐれ統一教会員の実体験回顧録
- 菅野江里子 火の粉を払え 婚約者からの訴え 世界日報 消えた婚約者
- 原田和彦 連載「おれが宮村だ」
- いつも私のとなりに神さま(被害者の奥様)
-

★拉致監禁本人の体験/記事
- 後藤徹 火の粉を払え 世界日報
- いつも私のとなりに神さま(被害者本人)
- YAMAさんの体験談

★後遺症
-
-

拉致監禁 絶対反対(拉致監禁orその関連専門のウェブサイト)
- 火の粉を払え ルポライター米本和広blog
- ペテン師の屁理屈
- 統一教会(統一協会)信者への脱会説得法について
- 統一教会脱会請負人「宮村峻」研究
- 室生忠の宗教ジャーナル
- 統一教会 拉致監禁 人権侵害 宗教の自由 英語記事の日本語訳

拉致監禁 被害者の会
- 拉致監禁をなくす会
- 関西拉致監禁被害者の会
- 全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会
-

マスコミ関連
- 世界日報「拉致監禁の連鎖」
- テレビ番組:韓国SBS「きよみ13年ぶりの帰郷」日本語字幕版
- ウィーン発 『コンフィデンシャル』
-

拉致監禁 推進派(拉致監禁と霊感商法を切り離せないグループ)

- 全国統一協会被害者家族の会
- 有田芳生の『酔醒漫録』
- 全国霊感商法対策弁護士連絡会
-

統一教会関連
教会本部、関連団体・企業
- 世界基督教統一神霊協会(統一教会)公式サイト
-
地方教会(積極的に拉致監禁を扱っている、SBS映像リンクorリンク2個以上)
- 釧路教会
- 仙台教会
- 杉並教会
- 江戸川教会
- 孝成教会(神奈川県川崎市)
- 岐阜教会
- 浜松教会
- 島根教会
- 神戸教会
-
現役教会員(と思われる)ブログ(拉致監禁問題を、頻繁に扱っているサイト)
- 統一教会に入って良かったこと
- いつも私のとなりに神さま
- 【新潟統一教会員ブログ】青年部長の日記 「心願成就」
- 肩肘張らずに気楽にいこう
- 天地の諸事情

海外(英語)サイト
- StopJapanAbduction.org
- ICRF(International Coalition for Religious Freedom)
- アメリカ統一教会
- The Anti Cult Movement
- SBS TV Documentary - Kiyomi's homecoming after 13 years








posted by 管理人:Yoshi at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

◆Yahoo News: 共同通信、人権侵害問題の記事を検閲

記事タイトル(原文):Japanese Media Censor Statement about Human Rights Abuses of Religious Minorities
タイトル日本語:日本のメディア、宗教的少数者に対する人権侵害記事を検閲
出典URL:http://news.yahoo.com/s/usnw/20101115/pl_usnw/DC01323
記事の日付:2010年11月15日
日本語訳: Yoshi

この記事は、ICRFが最近よく使うパターンですが、PRNewswire-USNewswireを通じて配信したニュースです。Yahoo Newsをはじめ、すでにいくつかのサイトで、すでにアップされているようです。記事タイトル(原文)で、Google等で検索すると出てきます。


記事原文と日本語訳
--------------------------------------------
WASHINGTON, Nov. 15, 2010 /PRNewswire-USNewswire/ -- A press release announcing that human rights advocates are calling on Japan to stop persecution and imprisonment of religious minorities was refused for distribution in Japan by K.K. Kyodo News Agency on November 11, 2010. The press release provides details about coordinated protests taking place in several major cities throughout the United States on November 16th to pressure Japanese officials to stop the abuse and discrimination of minority religious believers in that country.

ワシントン 2010年11月15日 /PRNewswire-USNewswire/ -- 人権活動家が日本の宗教少数者に対する迫害、拉致監禁をやめるようにとのプレスリリースを発表したが、11月11日、共同通信社は、そのプレスリリースの日本での配信を拒否した。そのプレスリリースには、日本での宗教少数者への虐待と差別をやめさせるよう日本政府に圧力をかけるため、11月16日に全米のいくつかの都市で行われる抗議行動の詳細が記されている。

Since 1966, more than 4,000 members of the Unification Church of Japan have been confined by their families and "deprogrammers"Â in an attempt to force them leave the religion which they, as adults, freely chose to join.

1966年より、4000名以上の日本統一教会のメンバーが、彼らの家族とディプログラマー(強制改宗家)により拉致監禁されてきた。彼ら(教会員)の自由意志で選んで入会した宗教の信仰を棄てさせる目的のためである。

Currently, 10 to 20 Unificationists in Japan are abducted each year. Victims who escape their captors report the use of force, prison-like conditions, and intense pressure to change his or her faith. There have been reports of beatings, starvation, and rape.

現在では、毎年、10名から20名の教会員が拉致監禁されている。監禁から逃れてきた信者は、暴力、刑務所のような待遇、信仰を変えさせるための強烈な精神的プレッシャーを受けたと報告している。殴打、食事制裁、レイプも報告されている。

"By refusing to report human rights abuses in their own country, the Japanese media are complicit in the cover-up being perpetrated by the Japanese government," said Dan Fefferman, President of the International Coalition for Religious Freedom. "This cover-up calls into question Japan's commitment to freedom of the press. It also calls into question other human rights abuses the Japanese media may be covering up in order to protect Japanese officials."

「彼ら自身の国の人権侵害についての報道を拒否することにより、その日本のメディアは日本政府によって行われている隠蔽工作に加担している事になる。この隠蔽工作は、報道の自由に対する日本の責任に疑問を投げかけるものであり、日本政府を守るために日本のメディアが報道していないかもしれない他の人権侵害もあるのではないかと、疑問を投げかけるものである。」とICRF会長のダン・フェフェーマン氏は語った。
------------------------------------------------------
記事原文と訳終了

更新記録:
2010-11-16 朝:原文と簡単な要約のみアップ
2010-11-19 夜:完了
posted by 管理人:Yoshi at 07:27| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

監禁監禁とその関連出来事の記録

このページ最終更新日:2011-03-11

このページでは、現在の監禁最新情報、並びに過去の事例を年代順に記しています。左サイド、プロフィールの一番下、拉致監禁情報詳細をクリックすると、このページに来れます。

このページは、私の研究のすすみ具合に応じて、過去にさかのぼって、情報が加えられていきます。該当記事リンク先をクリックすると、その事件や情報を、詳しく説明しているウェブサイトに飛ぶことができます。

拉致監禁被害者のイニシャルは米本式を採用しています。(米本氏のブログへのリンクが一番多いので、そのブログに合わせた方が、混乱がより少ないためです。)すなわち、名字が先、名前が次です。もし、山田太郎ならYTです。(不明な場合、最初に触れた報道の通りに記載致します。)

現在2名が行方不明、監禁中です。
1. Ms YA (30) Shimane, 2010-11-21 行方不明 10月に教会の合同結婚式に参加したばかり。日本基督教団北堀教会の井上理牧師が関与か?
2. Ms TT (36) Tokyo, 2010-12-12行方不明 韓国で結婚する直前にビザの更新で帰省中
3. Ms SS (36) Tokyo, 2011-02-26行方不明 5月の渡韓にむけて埼玉の自宅で準備中

2011年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

<2011年 出来事>



<2011年 拉致監禁事件>
2011-01-01 Ms MA (32) 東京、会社員、01-03 2am頃ベランダから電柱をつたい脱出宮村峻関与

2011-02-26 Ms SS(33)東京、渡韓に向け準備中連絡途絶  3月18日に自宅に戻っているのが確認






2010年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

<2010年 出来事>
2010-01-20 日本統一教会ホームページをリニューアル、拉致監禁問題を少し積極的に扱うようになる
2010-02-04 世界日報「拉致監禁の連鎖」開始
2010-02-28 埼玉で拉致監禁反対のデモ、これ以降、全国各地でデモが行われる。
2010-03-xx 「財界にっぽん」拉致監禁事件を取り上げ、以後ほぼ毎月掲載。主な執筆者:室生忠氏 他
2010-05-14 参議院決算委員会、拉致監禁問題、(自)秋元司議員質問、中井洽国家公安委員長答弁
2010-06-02 ジュネーブ国連人権理事会で、後藤氏等、サイトイベントで拉致監禁を訴える
2010-07-02 アメリカ ICSA(国際カルト研究教会)会議で、後藤氏、スティーブン・ハッサン氏と対決
2010-08-05 日本外国人記者クラブにて、後藤氏、ムラトビッチ氏、ローズ氏記者会見
2010-08-09 原田和彦氏の宮村峻研究ブログ発足。同日関西拉致監禁被害者の会のブログも発足
2010-09-01 アメリカで、日本の拉致監禁を扱うブログ StopJapanAdduction.org 発足
2010-09-01 大きな事件ではないが、「本ブログ」発足、その2ヶ月後の11月1日、「英語版」発足
2010-09-09 イタリア・トリノCESNUR国際会議、後藤氏参加
2010-10-06 後藤氏の申し立てに対し、東京第4検察審査会が「不起訴相当」の判断
2010-10-06 韓国SBSが、1時間報道番組「きよみ13年ぶりの帰郷」放映、
2010-11-16 アメリカ11都市の日本領事館前で抗議行動
2010-11-17 アメリカ国務省、宗教の自由 年次報告書発表(拉致監禁の記述、数段落に及ぶ)
2010-12-01 衆議院第一議員会館で「信教の自由と人権問題を語る」シンポジウム
2010-12-03 「日本の人権を考える」特別集会東京・日比谷野外音楽堂 予定

<2010年 拉致監禁事件>
2010-01-15 Ms TF カープ・名城大学4年 帰省中に拉致監禁 のち、脱会したもよう
2010-02-07 Ms MY (30) 東京・武蔵野青年支部、甥の誕生日 のち、脱会したもよう
2010-05-05 Mrs.TS (57) 拉致監禁 未遂事件(神戸)
2010-06-14 Mr.NK(25) 菅野江里子さんの婚約者 脱会したもよう
2010-08-13 Ms HM 拉致監禁, 2010-10-06 解放される
2010-08-13 Mr.MK 拉致監禁, 2010-10-29 長野「いのちの家」から自力脱出 孝成教会ウェブ
2010-08-14 Ms OM(27)大阪、四国の祖父を訪ねようと両親の誘い のち、脱会 井上隆晶牧師関与
2010-09-13 Ms MY(33) 両親と食事の約束、2010年6月には21日間軟禁 2010-11-01 帰還 井上隆晶牧師関与
2010-11-21 Ms YA (30) Shimane, 2010-11-21 行方不明 現在監禁中。日本基督教団北堀教会の井上理牧師が関与か? 

2009年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2009-02-01 米本和広氏 ブログ「火の粉を払え」開設
2009-02-15 拉致監禁をなくす会(代表:小出浩久)発足
2009-11-28 関西 拉致監禁・強制改宗 被害者の会発足
2009-12-09 後藤氏の刑事告訴に対し、東京地検担当検事 不起訴処分を下す


2009-07-01 カープ東北大学 奈良の実家で
2009-08-18 29才女性 大阪
2009-08-15 29才女性 東京
2009-08-xx Mr NT (カープ・大阪大学・大学院生、帰省中に拉致) 2010年2月確認で、監禁は解かれたもよう


2008年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2008-02-10 後藤氏、12年5ヶ月の監禁場所から放り出される。渋谷まで歩き救助される。
2008-07-14 我らの不快な隣人(米本和広氏)発刊


2007年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2006年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2005年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2004年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2003年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2002年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2001年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2000年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

2000-04-20 (衆)決算行政監視委員会 桧田仁議員 警察庁長官/警察関係者への質問、答弁内容



1999年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1998年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1997年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1997-03-09 Ms Takako FUJITA 拉致監禁, 1997-07-12 監禁中に自殺

1996年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1995年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1994年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1993年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1992年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1991年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1990年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1989年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1988年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1987年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1986年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件

1985年 拉致監禁関連の出来事 & 拉致監禁事件
posted by 管理人:Yoshi at 18:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。