2010年10月27日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 3 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 3 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その3(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin3.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

この記事は連載の3回目です。1975年にアメリカで起きた拉致監禁被害者の体験談です。今から、35年前の事件です。アメリカの1975年と言えば、まだ激しくディプログラミングが行われていた頃です。統一教会ばかりでなく、他のカルトのメンバーも被害に遭ってました。

ブライアンの体験を訳しながら、私がその立場にいたらどうなるだろうかと考えましたが、そのような体験のない私には、どんなに考えても分りません。


原文と日本語訳
------------------------------------------
It wasn't long before I realized that this wasn't going to be anything like the "open-minded" and "fair" meeting which I had been told it would be. But, I didn't want to give up. I sincerely believed that I could eventually break through to these people and show them the ridiculousness of their accusations. So, I decided to be patient and understanding and talk only when spoken to, and explain myself when I thought they would be genuinely interested in listening.
Needless to say, they never changed. I started to get intense headache, but there was nothing to take for it. I felt sick to my stomach, exhausted, and scared. I hadn't eaten since 3:00 p.m. on Friday. After about 4 hours of this stuff, I got up out of my chair to sit in a more comfortable chair behind me. As soon as I moved, they all jumped up out of their chairs and started towards me. When they saw that I was only changing chairs, they sat back down again, and resumed their "therapy".

これは私が約束されていた心を開いた公平なミーティングではないと悟るのに、時間はかからなかった。しかし、私は、あきらめたくはなかった。私は、最終的にはこの人たちを打ち破って、彼らの非難のバカらしさを示してやろうと本当に思っていた。辛抱強く待ち、話しかけられた時だけ話し、彼らが本当に聞こうとした時に私の説明をしようと、心に決めた。言うまでもなく、彼らは変わらなかった。私は、気分が悪くなり、疲れて、そして恐ろしかった。私は、金曜日の午後3時からまとまな食事をしていなかった。こんなのが4時間続いたあと、私は椅子から立ち、うしろのもっと居心地のよい椅子に移った。私が動くとすぐに、彼らは椅子から飛び出し、私のほうに向かってきた。私が、座り場所を変えたことが分ると、彼らは、自分の席に戻り、彼らの"治療"を再開した。


This continued until around noon when lunch was brought in for us. They said they were going to feed me "just like the 'cult" fed me," and gave me a single hot dog and a tables spoonful of baked beans. I sad down to eat, my hands were shaking, and I still felt sick and my headache was getting increasingly worse. I closed my eyes to pray a prayer of blessing for the meal, when suddenly Carl pushed me backwards in my chair, saying, "You ain't going to pray to Moon anymore!" I said, "What? I was only going to say grace before I eat!" But he continued to rave on about it, calling me a zombie-liar and a brainwashed pimp. I felt really sick by this time but I forced myself to eat what food they gave me.

これがお昼まで続き、ランチが出された。「カルトがおまえを食わしてやったのと同じように、俺たちも食わしてやるからな。」と彼らは言って、たった1本のホットドッグと、一さじのベイクトビーンズを差し出した。私は、食べるために座った。私の手は震えていて、気分は悪く、頭痛はますますひどくなっていった。食事の前のお祈りをしようと目を閉じた。突然、カールを私を、後ろへ押し倒し、「ムーンに祈るのはやめろ」と言った。「え?私は、食事の前のお祈りをしているだけだ。」と言った。彼は、怒鳴り散らして、私を、「zombie liar, 洗脳されたpimp」と呼んだ。私は、本当にこの時までに具合が本当に悪くなったが、出されたものを、とにかく食べた。

訳者註:zombi-liar, brainwashed pimp - 適当な日本語がみつかりません。

My parents came back and gave me those sort of "pseudo-comforting" statements and detached embraces. They were crying and looked miserable. At that point I vowed to God that I would make it through this mess and help them to understand where they were wrong and regain their trust. I told them I was all right and not to worry because everything was going to be all right.

両親がやってきて、みせかけの慰めをしてくれ、心なく抱きしめてくれた。彼らは泣いていて、惨めに見えた。私は、その時点で、このゴタゴタを乗り越えて、両親のどこが間違ってるかを、両親に理解させて、両親の信頼を勝ち取ろうと神に誓った。「私は大丈夫で、心配しなくてもいいよ、全てはうまくいくから。」と両親に伝えた。


They left shortly after they came and the deprogrammers continued their barrage with renewed vigor. But I wasn't going to sit back and take it anymore. I sat up straight by the table and threw it right back at them. It wasn't long before I realized that this was useless, and decided to continue in the way I had before.

両親はすぐに出ていって、ディプログラマーが、さらにやる気をもって、集中砲火を続けた。しかし、私は、椅子にはもたれかからず、もう、動じなかった。椅子にまっすぐ座り、彼らをまっすぐ見据えた。しかし、すぐに、これは通用しないことが分ったので、前(ランチ前)と同じようにしようと決めた。


Many things happened that day. I didn't think I would make it through it without vomiting or passing out. They continued this until 3:00 a.m. the next morning when, seeing that I wasn't going to break down right off, they said I could go to bed. I undressed and got in my bed, when I bent down to pray. Carl quickly pushed me over, shouting, "I told you before! You ain't going to pray to Moon no more!"

たくさんのことがその日に起こった。吐いたり、気絶したりしないで、一日が過ぎていくとは思わなかった。彼らは、朝の3時まで続けた。彼らは私がつぶれないのを見て、ベッドに入るよう言った。服を脱いでベッドに入った。お祈りをしようと頭を下げた。カールがすぐに私を突き飛ばし、叫んだ。「ムーンに祈るのはやめろ。」


They woke me the next morning at about 6:30. I got up and ate some cereal for breakfast while they began my "deprogramming" again. Even though the sleep was short, I felt a little better. But my head still ached, I felt weak, and had an empty feeling in my stomach.

彼らは、翌朝、私を6時半頃起こした。私は起きて、朝ご飯にシリアルを食べているときから、ディプログラミングを始めた。睡眠時間は短かったが、私は、少し調子よさそうだったが、頭痛と衰弱感、空腹感を感じた。


After breakfast, Mr. Swope and Carl started in again. Their pattern and presentation were the same as the previous day. I knew I could explain and clarify all of the accusations which they were making if they would only give me the chance. But they never intended to. By this time I realized that the entire purpose of these sessions was to break the victim down, and in my opinion, forcibly "brainwash" him into believing that the Unification Church and Rev. Moon are evil and corrupt, and everything which he had believed in was wrong, contrived for the purpose of trapping people like myself. They preached their version of the Bible at me constantly, inserting Rev. Moon's name into all of the most despicable passages. I simply couldn't believe that a Christian minister and professional psychologist like Mr. Swope could use his knowledge in such a fashion on people like myself.

朝ご飯のあと、スウォウプ氏とカールは、再び始めた。かれらのパターンは、前日と同じである。もし、彼らが、私にチャンスを与えてくれたら、彼らの非難に対して明確に説明することができただろう。しかし、そんな機会はくれなかった。この時までの、このすべてのセッションの目的は、被害者を精神的に参らせ、統一教会とムーン師は邪悪であると、そして、被害者の信じたすべては間違っていることと力ずくで洗脳して信じさせる事であると分った。彼らは、ムーン師の名前を、ほとんどの卑劣な言葉に挿入しながら、彼れらの聖書の見解を私に継続して教えた。キリスト教の牧師や、スウォウプ氏のようなプロの心理学者が、知識を人々に対し、そのような方法で使うことを、ただ信じられなかった。
-----------------------------------------
訳終了

更新記録:
2010-10-27 夜:第一段落終了
2010-10-28 夜:残りの段落終了



posted by 管理人:Yoshi at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする