2010年10月26日

●拉致監禁:1975年のアメリカの例-ブライアンの体験 Part 2 of 5

記事タイトル(原文):Deprogramming from the Unification Church - Statement of Brian Sabourin Part 2 of 5
タイトル日本語:統一教会に対するディプログラミング - ブライアン・サボウリン氏の体験 その2(5回連載)
出典URL:http://bernie.cncfamily.com/acm/dp_sabourin2.htm
発表機関(英語):Anti Cult Movement
発表機関URL:http://bernie.cncfamily.com/acm.htm
記事の日付:不明 (記事中のディプログラミングは1975年7月4日に始まった)
日本語訳: Yoshi

前回からの記事の続きで、アメリカでの1975年当時の、統一教会員の拉致監禁の模様です。これは、連載の2回目ですので、まだ初回を読んでいない方は、まず初回から読んで下さい。

http://humanrightslink.seesaa.net/?1283344655

なぜ、こんな記事を訳し始めたかというと、1970年代に行われていたアメリカでのディプログラミングを紹介し、その後、どのような経過をたどって、アメリカでは消滅していったのかを、説明したいためです。これは、私(Yoshi)も学びながらの事で、私がまず理解したいためです。いつもそうですが、このブログは文字ばかりで申し訳ないですが(しかも、半分は英語)、お付き合い下さい。


英語原文と日本語訳:
----------------------------------------------
It was about 3:00 in the morning. I got in my uncle's car, with my father and uncles sitting on either side of me, and was driven to an old hunting cabin in New Hampshire. I couldn't sleep during the car ride; I was too nervous and scared. Many times during the trip I felt sick to my stomach and nauseous, nearly passing out.

朝の3時頃だった。おじさんの車に乗った。両側に父とおじさんが乗り込んだ。そして、ニューハンプシャー州にある古い狩猟用の山小屋に連れて行かれた。車での移動中は眠ることができなかった。私は、すごく神経質になって、そして怖かった。移動中、何度も、車酔いで、気分が悪くなって、ほとんど気絶しそうだった。


We got to the house at about 6:00 in the morning. I immediately recognized my future deprogrammers, Mr. George Swope and Carl Waranowski. I had seen them during a meeting at Durham, New Hampshire where CARP's membership as a qualified student organization was being re-considered.

その家(山小屋)に朝の6時頃、到着した。私は、すぐに、ディプログラマーがジョージ・スウォープ氏とカール・ワラノウスキー氏であることが分った。ニューハンプシャーのダーハムでのミーティングで彼らを見たことがあった。ダーハムは、カープが、学生組織として認定されるかどうかが再検討されていた町だった。

訳者註:CARP=カープ=原理研究会:統一教会の大学内学生組織


They told me to get out of the car, and then escorted me into the little cabin. I walked around inside the cabin while the deprogrammers talked with my parents and relatives on the outside. After a while everybody came inside. Mrs. Swope and few other people had just arrived. My mother, father and uncles came over to me, saying that, "We're all behind you, Brian," and "We know you can do it..."

彼らは、私に車を降りるように言った。そして、私を小さな山小屋に連れて行った。ディプログラマーが、外で両親や親戚と話している間、私は、山小屋の中を歩き回った。しばらくして、全員、中に入ってきた。スウォープ氏の奥さんと、他の何人かも、到着した。私の、母と、父と、おじさんが、私のところにやってきて、「私たちはあなたを応援してるからね。あなたならできるよ。」 と、言った。


My mother then hugged me, and patted me on the head saying, "All these people have taken their holiday off just to help you, Brian. Now just listen to what they have to say..." She was treating me like a child. She treated me as a mother would treat her mentally sick son! I asked her if she was o.k. and told her that I already knew what these people were going to say, and if they would only let me, I could explain everything. She started crying then. I embraced her and tried to console her, saying that I had never thought out any decision as much as I had my decision to join the Unification Church. I told her that I loved being a member and that I had full use of my mind and free will. "Isn't that evident?" I asked. But she only cried more. Then I told her that I would be alright and that if everything went like they said it would, we would all learn something. My mother then turned and walked out the door to talk with the people outside.

母が、それから、私を抱いて、頭をなでながら、「この人達はみんな、あなたのために休みを取って来たのよ。ブライアン、彼らが言うことを良く聞くのよ。」と言った。母は私を子供のように扱った。まるで、精神的におかしい子供を扱っているようだ。私は、母に大丈夫かと尋ね、「この人たちが、何を言い出すかは私はもう知ってるし、もし、彼らが私にそうさせてくれるなら、すべて説明してあげるよ。」と母に言った。私は母を抱きしめ、慰めようとした。「私は統一教会に入ると決めた時ほど、考え抜いたことはなかったよ。」って、母に付け加えた。私は母に、「(統一教会の)メンバーであることが大好きだし、私の自由意志で決めたことだ。それ以上の説明が必要?」って聞いた。母は、ただ、泣くだけだった。「私は大丈夫だし、彼らが言うように事が進めば、私たちは何かを学べるよ」って、母に言った。彼女は振り向き、外にいる人と話すために、出ていった。


My father then came up to me, shaking my hand and patting me on the back, saying, "You can see how worried and upset your mother and I are over you Brian, so just listen to these people, they're here to help you." I again said that I was fine and didn't need help from anyone. I told him that I had never been happier doing what I was doing, and that I could clear the whole problem up if they would only listen to me and give me the time to explain myself. My father shook his head and said, "Brian, I know you can pull yourself out of the problem you've gotten yourself into, and that is what these people are here for, to help you."

次に、父が、握手を求めながら、背中をたたきながら、やってきて、「お母さんと私が、あなたの事で、どんなに心配しているか見ただろう?だから、この人たちの言うことを聞くんだ。彼らはあなたのためにここに居るんだから。」と言った。「私は大丈夫だし、誰の助けもいらないよ。今、していること以上に幸せに感じた事はないし、もし、かれらが、私のことを説明する時間をくれて、私の話を聞いてくれたら、すべての問題は解決できるよ。」って言った。父は首を横に振り、「ブライアン、おまえがはまってしまったその問題から、抜け出ることができるんだぞ。そのために彼らがいるんだ。おまえのために。」と父は言った。


I got the distinct feeling that he and everybody else there regarded me as one would a person with a drug addition. Shortly after this, he left too and my brother and friend Ray came into the room with me. I talked with them until the deprogrammers came into the room.

私は、本能的に、父やみんなは、私をドラッグ常習者のように扱ってると感じた。そして、父が去ると、私の兄弟や、友人のレイが部屋に入ってきた。ディプログラマーがやってくるまで、彼らと話をしていた。


Then, at 6:30, they started in on me. Immediately they started yelling at me. Calling me a liar, telling me that I hated my parents and would even kill them if Moon told me to. They said that I should be ashamed of myself for causing them this worry!! I started to say that it was they who had caused my parents' confusion and not myself, but they broke into my remark before I could even explain myself, calling me a "bastard" and a "pimp for Moon."

そして、6時半頃、始まった。即座に、私に向かって叫び始めた。私を嘘つき呼ばわりし、「両親を憎んでるし、もし、ムーンが両親を殺せと言ったら、そうするだろう?」と言ってきた。「私の両親を混乱させ、心配させているのは、おまえ達だ」と、私は、応答し始めた。しかし、私が説明しようとしても、すぐに邪魔をして、「ろくでなし、ムーンのヒモ」と叫んだ。

訳者註:ムーン=文:統一教会教祖


The situation was so unusual that I started to laugh. I simply couldn't believe what was happening to me. But that only made them yell more, calling me an "arrogant S.O.B." and so on. At every chance I had I would start to explain why I had joined and why I believed them to be wrong, but I would no sooner start to talk when they would break in and interrupt me, causing me to become confused and flustered until I forgot completely about what I was saying.

状況があまりにも異常だっったので、私は笑い始めた。何が起こっているのか、信じることができなかった。しかし、彼らはもっとひどく、"傲慢野郎" とか叫んだ。チャンスがあるたびに、私がなぜ統一教会にはいったかを、そして、彼ら(ディプログラマー)の間違いを説明し始めると、邪魔が入り、私が何を言おうとしていたか、完全に忘れるまで、私を混乱させ続けた。

訳者註:arrogant S.O.B. - arrogantは"傲慢な"ですが、S.O.B.って、私には何か分りませんが、人をののしる悪い言葉であるということは推測できます。その後の、調査でS.O.B.はs#& of b&#@& の頭文字を取ったものだと分かりました。ここでは、傲慢野郎としました。あまり、こういう言葉には慣れてなてく、昨夜は何か分かりませんでした。

----------------------------------------------
訳終了


更新記録:
2010-10-26 夜:アップ、訳すべて終了
2010-10-27 朝:最後の部分のS.O.Bについての訳者註追加



posted by 管理人:Yoshi at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁例 アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする