2010年09月30日

◆イタリアでの宗教者会議 - 日本の人権侵害を調査するよう要請

記事タイトル:Scholars of Religion Urged to investigate Human-Rights Violations in Japan
タイトル日本語:宗教学者 - 日本の人権侵害を調査するよう要請される
出典URL:http://www.familyfed.org/news/index.php?id=166&page=1 
記事の日付:2010年9月17日
日本語訳: by Yoshi
注意:日本語訳は、当ウェブサイト管理人によるものです。原文に忠実に訳すよう努力していますが、私の力不足の事もあります。ご了解下さい。


以下、原文と、日本語訳
----------------------------------------
Speaking at the annual conference of the Center for Studies on New Religions (CESNUR) in Turin, Italy on September 10, Dan Fefferman, President of the International Coalition for Religious Freedom, urged religious scholars from Europe and North America to conduct independent investigations into the abductions and forced de-conversions of Unification Church members in Japan. Also speaking at the event was Mr. Toru Goto, the Unification Church member who escaped in 2008 from more than 12 years captivity in an attempt to break his Unificationist faith.

9月10日にイタリアのトリノで開催された「新宗教についての年次研究会議(CESNUR)」において、国際宗教自由連盟のダン・フェファーマン会長は、ヨーロッパ、北米から参加した宗教学者に、日本で起きている統一教会員への誘拐、強制改宗問題について、自由で自主的独立した調査を行って欲しいと要請した。そして、2008年に解放されるまで、棄教目的で12年間にわたり監禁された統一教会員
のToru Goto氏が、会議でスピーチを行った。

(訳者註:CESNURの正式な日本語訳が他にあると思います。)

CESNUR is the world’s premier gathering of scholars dedicated to the study of new religions and religious minorities. Approximately 150 scholars attended the conference, held at Italy’s prestigious University of Turin.

CESNURは、新宗教と宗教的少数者についての研究に専念した世界的著名な学者の集まりです。約150
名の学者が会議に参加し、イタリアの由緒あるトリノ大学に於いて開催された。

Goto detailed his terrifying experience of kidnap and torture at the hands of religious deprogrammers in Japan. “It was almost exactly 15 years ago,” he explained, “when I was back at my parents' home in Tokyo. I was suddenly surrounded by a number of people and pushed into a van, which drove me to an apartment arranged for the confinement. At that time I was 31 years old.”

Goto氏は、日本における宗教的改宗者の手による誘拐、拷問の恐るべき体験を詳細に語った。「ほぼ正確に15年ほど前の事でした。東京の実家に帰省した時、突然に何名かに囲まれ、バンに押し込まれ、そして、監禁のために準備されたアパートに連れて行かれました。31才の時でした。」とGoto氏は説明した。

“I was forced to receive daily doses of abusive language against the church and its founder,” Mr. Goto related. Anytime I refuted them, they called me ‘Idiot! Stupid! Evil,’ and so on. My emotional pain was beyond description, and I felt like dying. I frequently attempted escape, even attempting to force my way out, but each time I was overpowered by physical violence.”

「私は、教会とその創始者に対する罵倒を毎日聞かされました。」私が反論すると、彼れは、私を「馬鹿、阿呆、悪魔」と叫びました。私の精神的苦痛は表現できないほどで、私は、多分、命がなくなるのではないかと感じました。何度も、脱走を企て、強行突破も試みましたが、そのたび事に、暴力により押さえつけられました。」

Fefferman reported to conference participants that 10 to 20 Unification Church members are currently victims of forced de-conversions each year in Japan. Two new victims were abducted against their will during the month of August, and another victim was reported missing on September 13. Several more church members remain missing from earlier this year.

フェファーマン会長は、日本では毎年、10名から20名の統一教会員の強制改宗の犠牲者がいることを会議参加者にレポートした。この8月には、彼らの意志に反して、2名の犠牲者が新たに誘拐された。そして、9月13日は別の犠牲者が行方不明になっていることが報告された。あと、数名の教会員が今年のはじめから、行方不明になっている。

In a question-and-answer period following the panel, Fefferman’s assertions were challenged by Mr. Takeshi Yamaguchi of a Japanese anti-UC group calling itself the “National Network of Lawyer’s Against Spirit Sales.” He denounced the UC’s attempt to draw attention to human- rights violations such as Mr. Goto’s 12-year ordeal, calling it “merely a campaign to thwart police investigations against the Unification Church.” Fefferman responded that he hopes Western scholars will conduct independent investigations to determine the truth or falsity of the claims. He added that Western attention is needed because Japanese scholars are “taking a professional risk if they defend the Unification Church.”

パネルディスカッションに続く質疑応答で、フェファーマン会長の主張に対し、「霊感商法に反対する全国弁護士ネットワーク」と呼ばれる日本の統一教会に反対するグループの Takeshi Yamaguchi氏が反論を行った。弁護士は、統一教会は、Goto氏の12年間に及ぶ苦難を利用し、人権侵害問題に注意をそらしていると非難した。「単なる警察の調査を統一教会からそらす」ためのものであると述べた。フェファーマン会長は、西洋の学者達が、自主的で独立した調査を行って、その主張の真偽を確かめて欲しいと応答した。さらに、日本の学者たちは、「統一教会を擁護することにより、学者としてのリスク」があるので、西洋の関心が必要であると加えた。

Peter Zoehrer of the European-based Forum for Religious Freedom (FOREF) told the session that a fact-finding group of European human-rights activists recently visited Japan and was shocked to discover that no Japanese human-rights organization were willing to take up this issue and that “none of the media have tracked this issue that has been going on for so many years.”

ヨーロッパを中心とした宗教の自由会議(FOREF)のピーター・ゾウラー氏は、最近、ヨーロッパの人権活動家による日本への事実探査旅行が行われたと述べた。そして、日本のいかなる人権団体もこの問題を取り上げようとしない事と、そして、日本のメディアが何十年もの間、この問題を追跡していないことにショックを感じたと語った。

Toru Goto’s case is pivotal, Fefferman explained, because prosecutors have refused to indict the perpetrators, even though they are clearly known. “The police and the prosecution office did not arrest a single person,” Goto said, “nor did they even obtain warrants to search for evidence. And on December 9, last year, the Tokyo Public Prosecutor's Office decided, quite incredibly, not to indict the accused. I cannot accept such a conclusion!”

フェファーマン会長は、犯人が誰であるかわかっているのに、検察庁が彼らを起訴していない点で、Toru Goto氏のケースはきわめて重要であると説明した。 Goto氏は、「警察と検察庁は誰ひとりとして、逮捕していません。証拠捜索のための逮捕状も取得しなかったばかりか、昨年の12月9日には、まったく驚くことに、東京検察庁は、犯人を起訴しない決定を下しました。私は、この結論は、とうてい受け入れられるものではありません。」と語った。

While so-called “deprogramming” has been eliminated in the United States for nearly 20 years, there exists a well organized movement in Japan to kidnap Unification Church members and hold them against their will for months or even years at a time, Fefferman said. Japanese government officials turn a blind eye to these abuses and police refuse to investigate, viewing them as mere “family discussions.”

いわゆる「強制改宗」は、アメリカでは20年前に消滅したが、日本では、うまく組織された強制改宗家が存在し、統一教会員を誘拐し、意志に反して何ヶ月も、何年も監禁しているとフェファーマン会長は述べた。日本政府は、これらの事件を見て見ぬふりをし、警察は、単に「家族の討論」と見なし、調査もしていない。

During the last 40 years, an estimated 4,300 members of the Unification Church have been subjected to similar criminal practices in Japan.

過去40年間、日本において、およそ4300名の統一教会員が似たような犯罪的行為を受けている。

“Deprogramming is a kind of spiritual rape involving kidnapping, false imprisonment, and a fundamental abuse of the human right to religious freedom,” said Goto.

「強制改宗は、誘拐、監禁、宗教自由の人権への根本的侵害を含んでおり、精神的なレイプの一種である」と、Goto氏は述べた。

He appealed to the scholars at CESNUR to conduct objective research on the issue of religious kidnappings and to appeal to the Japanese government to crack down on the crimes.

彼は、CESNURに参加した学者達に、宗教的誘拐事件について客観的な調査を行うことと、それらの犯罪行為を厳重に取り締まるよう日本政府に抗議するよう要請した。

Contributed by Dan Fefferman 寄稿 by Dan Fefferman 
--------------------------------------------------
以上、日本語訳終了


posted by 管理人:Yoshi at 18:40| Comment(5) | 宗教/カルトに関する会議等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

◇ウルグアイの日刊紙 - 日本の宗教の自由スキャンダル報じる

記事タイトル:Good Will Tour Nets News Coverage for Japan’s Religious Freedom Scandal
タイトル日本語:ウルグアイの日刊紙 - 日本の宗教の自由スキャンダル報じる
出典URL:http://www.familyfed.org/news/index.php?id=158&page=1
記事の日付:2010年9月7日
日本語訳: by Yoshi
注意:この記事は、ウルグアイで報道された内容を、アメリカの統一教会の自らのウェブサイトに英語に訳して掲載したものです。そして、その英語訳から日本語訳は、当ウェブサイト管理人による非公式なものです。

-------------------------------------------
The second-largest daily newspaper in Montevideo, Ultimas Noticias, has brought that nation’s attention to the scandal of kidnapping and forced-conversion taking place in Japan. The article appeared following the visit to Uruguay of Rev. In Jin Moon, president and CEO of the Unification Church USA during the last week of August at which time she briefed a top editor of Ultimas Noticias on the issue. A news feature appearing Sept. 2, 2010 was carried under the headline: “Complaint issued before UN about forced-faith conversions” The English translation of the article follows below:

ウルグアイのモンテビデオ市の2番目に大きい日刊紙Utlimas Noticias新聞は、日本で起きている誘拐と強制改宗のスキャンダルを報道し、(ウルグアイ)国民の関心を引いた。この記事は、アメリカ統一教会の会長兼CEOであるインジン・ムーン師が8月末にウルグアイを訪問した際、Ultimas Noticia新聞の編集長に状況説明をしたものだ。そのニュースは9月2日付けで掲載され、「強制改宗について国連に申し立て」というヘッドラインが付けられた。以下は、その記事の英語訳である。

Montevideo, September 2--The Universal Peace Federation (UPF) has filed a complaint before the United Nations Human Rights Council asking that the government of Japan take measures against the abduction, confinement and even torture of its citizens who are being forced to undergo religious conversion.

モンテビデオ発 9月2日 -- UPF(天宙平和連合)は、国連人権委員会に対し、日本政府はその国民への改宗を目的とした誘拐、監禁、拷問に対して、方策をとるよう申し立てを行った。

The Universal Declaration of Human Rights of 1948 states clearly in Article 18 that:“Everyone has the right to freedom of thought, conscience and religion; this right includes freedom to change his religion or belief, and freedom, alone or in community with others, and, in public or private, to manifest his religion or belief in teaching, practice, worship and observance.

1948年の国連人権宣言、第18条には、「すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。この権利は、宗教又は信念を変更する自由並びに単独又は他の者と共同して、公的に又は私的に、不況、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。」と言っている。

Thus, forced conversion is the act or attempt to change one’s faith, belief or religious affiliation coercively by subjecting someone to involuntary isolation and physical and psychological and social threats, social, financial deprivation or harm. Forced conversion is the antithesis of religious freedom.”

このような強制改宗は、対象者を選択不可能な状況に隔離し、物理的、精神的、社会的に脅迫し、経済的に略奪し、危害を加え、個人の信仰、信念、宗教を強制的に変えさせようとする行動であり試みである。強制改宗は、宗教の自由にまったく反するものである。

“Shockingly, this criminal and immoral act is happening today not only where one might expect it in Darfur (against Christians and African religionists), Communist China (against Falun Gong practitioners), or Egypt (against Coptic Christians), but also in the advanced democratic nation of Japan,” according to the ICRF.

「驚くことに、この不道徳的犯罪行為は今日でも起きている。それは、人々がそう期待かもしれないが、ダーファー(クリスチャンとアフリカの宗教者に対する)とか、共産主義の中国(法輪功信者に対する)とか、エジプト(キリスト教コプト教徒に対する)で起きているものだけでなく、最も発展した民主主義国である日本で起きているものである。」とICRFは述べている。

Another aspect revealed is that: “Over the past 43 years, an estimated 4,300 followers of the Unification Church (UC) have been subjected to this or similar criminal practices. Scores of Jehovah’s Witnesses have also been victimized.”

「過去43年間に、4300名もの統一教会信者がこのような犯罪行為を受けてきた。ものみの塔信者も被害に遭ってきた。」

Likewise, the situation that moves ICRF leaders worldwide to act urgently is that “more than 1,300 members of the UC have returned to their religious communities recounting tales of kidnapping, forced confinement, beatings, food deprivation, harassment, rape and other heinous and humiliating acts in an attempt to convince or force them to renounce their faith.”

1300名以上の統一教会信者が、拉致監禁後にもとの教会に戻り、強制的に信仰を棄てさせるために、誘拐、強制改宗、殴打、食事制裁、嫌がらせ、レイプ、他の悪質な非人間的扱いを詳しく報告したことにより、ICRFの世界のリーダー達は迅速に行動することになった。

Most serious is that, the “Japanese police have refused to investigate cases in which adult UC members have been kidnapped, on the grounds that it is a ‘family matter.’ Japanese prosecutors have declined to press charges for similar reasons. Japanese courts and authorities have failed to provide redress in numerous cases.”

最も深刻なことは、日本の警察が、大人である統一教会員の誘拐事件について、「家族の問題」ということにして、調査をすることを拒んでいることである。日本の検察は、同様の理由で起訴していない。日本の裁判所・機関は多くのケースにおいて、救済を行っていない。

Toru Goto is director of an association of Japanese victims working against abduction and forced conversion. His case is one of the most striking. He was arrested by his own family and detained in a room as a prison and subjected to daily pressure to renounce their faith with insults and aggressions, as he stated after his release.

Toru Goto氏は、拉致・監禁被害者の会の会長である。彼のケースはもっとも特筆すべきものである。彼は、家族によって拉致され、刑務所のような部屋に監禁され、棄教するよう、侮辱、攻撃を受け、毎日が苦痛だった・・と、釈放後述べている。

He was detained in a prison-like room and subjected to daily pressure to renounce his faith. At the end of his confinement, he was severely malnourished and had to be hospitalized for 50 days. Yet, even in this case, the Tokyo prosecutors declined to bring charges.

彼は、刑務所のような部屋に監禁され、棄教するよう毎日苦痛を受けた。監禁の最後には、激しい栄養失調で、釈放後、50日間入院せざるを得なかった。しかし、このケースにおいても、東京検察庁は、誰も起訴していない。

According to the ICRF there are many reported cases, and that besides the little legal support there is for victims, “it is shameful that members of the clergy from various churches in Japan have tolerated, with complicity in the kidnappings, and have often participated in attempts at forced conversion.”

ICRFによれば、多くのケースが報告されているが、被害者に対する法的な援助はほとんどない。日本のさまざまな教会の牧師が、誘拐を容認、共謀し、たびたび強制改宗に参加しているのは恥ずべき事である。


Dan Fefferman is the president of International Coalition for Freedom Religion, which is “a non-profit, non-sectarian, educational organization dedicated to defending the religious freedom of all, regardless of creed, gender or ethnic origin.” ICRF “intends to be a leader promoting religious freedom for all people.”

だん・ダファーソン氏は、国際宗教の自由連合 (非営利団体、どのセクトにも属さず、信条、性別、民族に関わらず、すべての人のための宗教の自由を守ることに専念する教育団体) の会長である。ICRFは、全ての人々の宗教の自由を推進するリーダーを目指している。

It emphasizes: “We believe that every individual and religious entity, of whatever nation or belief, possesses the right to freedom of religious belief and expression as his or her conscience leads. This right, of course, must be balanced against the requirements of generally applicable criminal law.”

「すべての個人、宗教団体は、いかなる国においても、いかなる信念においても、宗教信念の自由と良心の求める表現の自由を有していると信じる。もちろん、この権利は、一般的に適用される刑法との間でバランスが求められる」とICRFは強調している。

Currently at least five members of the Unification Church in Japan have disappeared. It is believed that they have been confined and detained against their will because of their faith.

現時点で、少なくとも日本において、5名の統一教会員が行方不明になっている。信仰のゆえ、彼らの意志に反し、拉致・監禁されているもようだ。

Translation provided by Ray Mas, a staffer at the International Coalition for Religious Freedom.  翻訳はRay Mas、ICRFのスタッフによる。
posted by 管理人:Yoshi at 19:46| Comment(0) | メディア 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

◆西欧同盟元事務局長 - 日本は宗教的配慮を示せ

記事タイトル:FORMER SECRETARY GENERAL OF WESTERN EUROPEAN UNION SAYS JAPAN MUST SHOW RELIGIOUS RESPECT
タイトル日本語:西欧同盟元事務局長 - 日本は宗教的配慮を示せ
出典URL:http://stopjapanabductions.org/news/former-secretary-general-of-western-european-union-says-japan-must-show-religious-respect/ 
記事の日付:2010年9月15日
日本語訳: by Yoshi
注意:この訳は、当ウェブサイト管理人による非公式なものです。原文、訳、もしあれば訳者による註の順に段落で区切られています。

--------------------------------------
At the recent European Leadership Conference and Fact Finding Tour to Japan, former Secretary General of the Western European Union Willem Frederik van Eekelen delivered a message encouraging the Japanese government to show respect for religious freedoms.

最近のヨーロッパ指導者会議と、日本への事実探査旅行において、西欧同盟の元事務局長であるウィレム・フレデリック・バン・エケレン氏は、日本政府は宗教の自由に対して配慮を示すようにとのメッセージを送った。

In his address to the Conference, Secretary van Eekelen complimented Japan’s human rights record but emphasized that the country fails to protect an individual’s right to freedom of religion. The Secretary was referencing the inhumane treatment of members of the Unification Church, who are subjected to forced conversions and domestic violence.

会議での演説において、バン・エケレン氏は日本の人権保護の記録に対し賛辞を送ったが、日本は宗教の自由に対する個人の自由を守れていないことを強調した。元事務局長は、統一教会員に対する非人間的扱いに言及し、統一教会員は、強制改宗と、家庭内暴力を受けていると述べた。

According to Secretary van Eekelen, the European and Japanese media do not report the human rights abuses in Japan of forced conversions because they do not oppose the practice.

バン・エレケン氏によれば、ヨーロッパと日本のメディアは日本における強制改宗による人権侵害について報道していない。なぜなら、それらのメディアは、(強制改宗の)実践に反対していないからだ。

According to the International Coalition for Religious Freedom, since 1966, more than 4,000 members of the Unification Church of Japan have been illegally confined in an attempt to make them leave the religion which they, as adults, freely chose to join. Victims who escaped captivity report the use of force, prison-like conditions, beatings, starvation and even rape by their captors.

ICRF(国際宗教の自由連盟)によれば、1966年以降、日本の4000名以上の統一教会員が、不法に監禁された。それは、成人した大人が本人の自由意志で入会した統一教会の信仰を捨てさせるためだった。監禁を逃れることのできた被害者は、力ずくで、刑務所のような状況下、殴られたり、食事を与えられなかったり、拉致グループによるレイプまだ報告している。

To maintain their respectable record on human rights, Secretary van Eekeln says Japan “must show respect for tradition on the one hand but also the limits put on it by individual freedom, by the freedom of religion and the possibility to profess those religions freely in each country by each citizen.”


事務局長バン・エケレン氏は、日本がすばらしい人権の記録を維持するためには、一方で伝統に敬意を表さなければならないが、個人の自由、宗教の自由、それぞれの国でそれぞれの市民が自由に宗教を信仰することができるために、伝統には制限を設けるべきである。

About ICRF

The International Coalition for Religious Freedom is a non-profit, non-sectarian, educational organization dedicated to defending the religious freedom of all, regardless of creed, gender or ethnic origin.

国際宗教の自由連盟は、非営利団体であり、どのセクトにも属さず、信条、性別、民族に関わらず、すべての人のための宗教の自由を守ることに専念する教育団体です。
-----------------------------------------
posted by 管理人:Yoshi at 22:20| Comment(0) | 人権活動 国連/ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

◆アメリカ国務省:2009年版世界の宗教の自由についての年次報告書

記事タイトル:2009 Annual Report on International Religious Freedom
タイトル日本語:2009年版世界の宗教の自由についての年次報告書
出典URL:http://www.state.gov/documents/organization/140693.pdf の764-766ページ
記事の日付:2009年
日本語訳: Yoshi
注意:この訳は、当ウェブサイト管理人による非公式なものです。原文、訳、もしあれば訳者による註の順に段落で区切られています。

1688ページに及ぶ膨大の報告書のうち、日本に関しては764~766ページの3ページが割かれています。統一教会の拉致・監禁問題は、その3ページ目の最後の方に報告されています。ここでは、日本に関するす全て(3ページ分)を訳しました。

最後の太字の部分が、拉致・監禁に関する部分です。

Original report, Translation start.
-----------------------------------------
JAPAN 日本 

The Constitution provides for freedom of religion, and other laws and policies
contributed to the generally free practice of religion.

日本国憲法は宗教の自由を保証し、他の法令は一般的に宗教の自由な実践を保護している。

The Government generally respected religious freedom in practice. There was no
change in the status of respect for religious freedom by the Government during the reporting period.

政府は全体的に宗教の実践を尊敬し、このレポート期間に於いて、宗教の自由に関する状況の変化はなかった。

There were some reports of societal abuse or discrimination based on religious
affiliation, belief, or practice.

信仰している宗教、信念、実践に基づく社会的乱用、差別のいくつかの報告があった。

The U.S. Government discusses religious freedom with the Government as part of
its overall policy to promote human rights.

アメリカ政府は、人権擁護のための政策として、(日本)政府と宗教の自由について討議する。

Section I. Religious Demography 
セクション1 宗教人口

The country has an area of 145,884 square miles and a population of 127.6 million. Since the Government does not require religious groups to report their
membership, it is difficult to accurately determine the number of adherents of
different religious groups. The Agency for Cultural Affairs reported in 2006 that membership claims by religious groups totaled 209 million persons. This number,which is nearly twice the country's population, reflects many citizens' affiliation with multiple religions. For example, it is very common for Japanese to practice both Buddhist and Shinto rites.

面積は145,884平行マイル、人口は1億2760万人。政府は各宗教団体の信者数の報告を求めていないので、各グループの正確な信者数を出すことは難しい。2006年の文化庁の報告では、宗教人口は2億900万人である。この数字は、人口のほぼ2倍であるが、多くの市民が複数の信仰を持っていることの現われである。例として、仏教と神道両方の信仰を持つことは、ごく当たり前の事である。

According to the Agency's annual yearbook, 107 million persons identify
themselves as Shinto, 89 million as Buddhist, 3 million as Christian, and 10
million follow "other" religions, including Tenrikyo, Seichounoie, Sekai Kyusei
Kyo, and Perfect Liberty. There are an estimated 100,000 Muslims in Japan, of
whom an estimated 10 percent are Japanese citizens. The Israeli Embassy
estimates that there are approximately 2,000 Jews, most of them foreign-born.
Although anti-Semitic remarks and/or conspiracy theories sometime appear in the
media, there are no reports of harassment or violence against either individuals or the Jewish community.

文化庁の年次報告書によれば、1億700万人が神道、8900万人が仏教、300万人がクリスチャン、1000万人が、天理教、成長の家、世界救世教、パーフェクトリバティー等の他の宗教を信じている。日本には約10万人のイスラム教徒がいて、その10%は日本人の信者である。イスラエル大使館によれば、だいたい2000人のユダヤ人がすんでおり、そのほとんどは海外生まれである。反ユダヤ的発言や、陰謀説がメディアで時々流れるが、個人やユダヤ社会に対して嫌がらせや暴力の報告はない。

As of December 2006, under the 1951 Religious Juridical Persons Law, the
Government recognized 154 schools of Buddhism. The six major schools of
Buddhism are Tendai, Shingon, Jodo, Zen (Soto and Rinzai sects), Nichiren, and
Narabukkyo. In addition, there are a number of Buddhist lay organizations,
including Soka Gakkai, which reported a membership of 8 million "households."
The two main schools of Shintoism are Jinjahoncho and Kyohashinto. Roman
Catholicism and Protestantism have modest followings.

2006年12月時点で、1951年の宗教法人法のもとで、政府は154の仏教系流派を認可した。仏教の6つの大きな流派は、天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗(曹洞宗と臨済宗)、日蓮宗、そして、奈良仏教である。さらに、仏教系在家組織がいくつかあり、その一つに800万世帯を擁する創価学会がある。神道には、二つの大きな流派があり、神社本庁と教派神道がある。

Section II. Status of Government Respect for Religious Freedom
セクション2. 政府の宗教の自由への配慮

Legal/Policy Framework  法律・政策の枠組み

As noted, the Constitution provides for freedom of religion, and other laws and
policies contributed to the generally free practice of religion. The law at all levels protects this right in full against abuse, either by governmental or private actors.

すでに述べたように、憲法は宗教の自由を保障し、他の法令は宗教の自由な実践に貢献している。法律は、あらゆる状況において、政府、民間関係者を問わず、乱用に対して完全に保護している。

As of December 2006, 182,468 out of 223,970 religious groups were certified by
the Government as religious organizations with corporate status, according to the Agency for Cultural Affairs. The Government does not require religious groups to register or apply for certification; however, certified religious organizations receive tax benefits. More than 81 percent of religious groups had been certified by 2006.

文化庁によれば、2006年12月時点で、223,970の宗教団体のうち、182,468の団体が宗教法人として認められている。政府は宗教団体として登録することを求めてはいないが、認可された宗教法人は前金の面で優遇措置を受ける。2006年時点で、81%以上宗教団体が認可を受けている。

In the wake of the 1995 sarin gas attack on Tokyo's subway system by Aum
Shinrikyo, the Religious Juridical Persons Law was amended to provide the
Government with the authority to supervise certified religious groups. The
amended law requires certified religious organizations to disclose their assets to the Government and empowers the Government to investigate possible violations of regulations governing for-profit activities. Authorities have the right to suspend a religious organization's for-profit activities if they violate these regulations.

1995年のオウム真理教による東京地下鉄サリン事件を受けて、宗教法人法が改定され、宗教法人を管理する権威を与えられた。その改定宗教法人法では、宗教法人に財産の報告義務を課し、政府に、収益活動に関する規則に違反があるときには、調査することのできる権利を与えた。もし、宗教団体がこれらの規則に違反する場合には、その収益活動のゆえ、宗教法人を取り消すことができる。

Restrictions on Religious Freedom 宗教の自由の制約

The Government generally respected religious freedom in practice.

政府は、おおむね宗教の自由な実践に配慮している。

There were no reports of religious prisoners or detainees in the country. A Jewish American who was detained in a Chiba Prefecture prison at the end of the
reporting period had trouble obtaining kosher meals. A local Jewish organization
offered to provide the meals to the prison, but prison officials claimed they could not accept food prepared by outside groups.

この国においては、宗教的囚人や拘束されている人がいるとの報告はない。このレポート期間の最後に、千葉の刑務所において拘留されたユダヤ系アメリカ人が、コーシャーの食事を取ることが難しかった。地元のユダヤ人組織が刑務所に食事を差し入れたが、刑務所は、外部によって提供された食事は受け入れられないと主張した。

Forced Religious Conversion 強制改宗

There were no reports of forced religious conversion, including of minor U.S.
citizens who had been abducted or illegally removed from the United States, or
who had not been allowed to be returned to the United States.

強制改宗の報告はなかった。これは、アメリカ市民(子女も含む)が、誘拐されたり、アメリカより連れ去られたり、アメリカに戻ることを許されなかったりしたことも含む。

Section III. Status of Societal Respect for Religious Freedom
セクション3. 宗教の自由に対する社会的配慮

There were some reports of societal abuse or discrimination based on religious
affiliation, belief, or practice.

宗派、信仰、実践の故に、社会的乱用、差別のいくつの報告があった。

The Unification Church reports that on February 10, 2008 an adult member of the Church who had been held against his will by his family members for over 12 years was released and went to Unification Church headquarters. The Unification Church alleges no one has yet been charged and an investigation has not been conducted as of the end of the reporting period.

統一教会は、成人している教会メンバーが彼の意志に反して彼の家族により12年にわたり監禁され、釈放後、2008年2月10日に統一教会本部に戻ってきたと報告した。統一教会は、誰も起訴されていないし、このレポート期間の最後の時点で、調査も行われていないと主張している。


(訳者註:太字は訳者による。)

In November 2008, a Roman Catholic service in Nagasaki beatifying 188
seventeenth-century Japanese martyrs was well attended by leaders of several
religious groups and received positive coverage in the mainstream press.

2008年11月に、17世紀の日本の殉教者を列服するローマカトリック教会の長崎での儀式が行われ、宗教指導者が参列し、マスメディアでも大きく取り上げられた。

Section IV. U.S. Government Policy
セクション4. アメリカ政府の方針

The U.S. government discusses religious freedom with the Government as part of
its overall policy to promote human rights.

アメリカ政府は、人権擁護のため政府の方針として、日本政府と宗教の自由について討議する。
-----------------------------------------
Original Report and translation end.
posted by 管理人:Yoshi at 14:36| Comment(0) | アメリカ政府レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

◆日本は犯罪人の共謀者 Japan in collusion with criminals

記事タイトル:HUMAN RIGHTS EXPERT SAYS JAPAN IN "COLLUSION" WITH CRIMINALS
タイトル日本語:著名な人権活動家 - 日本政府は犯罪人の共謀者
出典URL:http://stopjapanabductions.org/?p=49 
記事の日付:2010年9月1日
日本語訳: by Yoshi
注意:この訳は、当ウェブサイト管理人による非公式なものです。原文、訳、もしあれば訳者による註の順に段落で区切られています。
 
At the recent European Leadership Conference and Fact Finding Tour to Japan, international human rights expert Aaron Rhodes discussed human rights abuses taking place in Japan.

国際的著名人権活動家であるアーロン・ローヅ氏は、最近の日本へのヨーロッパ指導者会議の事実探査旅行において、日本で起きている人権侵害について討論した。


Mr. Rhodes, the former Executive Director for the International Helsinki Federation of Human Rights, said the forced conversions and abductions of members of the Unification Church in Japan are in direct violation of United Nations human rights agreements.

国際ヘルシンキ人権連盟の元執行役員であるローズ氏は、日本における統一協会員の強制改宗と拉致・監禁は、国際連合の人権合意への直接的な侵害であると言明した。

(訳者註:*the former Executive Directorは元事務局長と訳されているものもあります。*UN human rights agreements当初は国際連合人権宣言と訳しましたが、人権合意に変更しました。もちろん、この場合、1948年に採択された世界人権宣言も含めての、国連での人権に対する合意事項を指すものと思われます。世界人権宣言は、正確にはUniversal declaration of human rights)


“This is a nightmare,” Mr. Rhodes said of the Japanese government, “because public authorities are in collusion with criminals.”

「これは悪夢である。なぜなら、公権力が犯罪人の共謀者であるからである。」と、ローズ氏は日本政府について述べた。


Mr. Rhodes described the forced deprogramming of Unification Church members in Japan a violation of the most basic human rights, saying victims are coerced by physical force to change and present a confession.

ローズ氏は、日本における統一協会員の強制改宗は基本的人権の侵害であり、被害者は物理的な力により、改宗させられ、自白を強要されている。


Members of the audience were encouraged to contact the Asian Pacific Forum of National Human Rights Institutions (APF) to pressure the Japanese government and embarrass them for their inactivity on abductions and forced conversions.

日本政府が拉致・監禁、強制改宗に対し何も対応していない事に対し、日本政府に圧力をかけ、困惑させるために、Asian Pacific Forum of National Human Rights Institutions (APF) に連絡をとるよう、参加者を激励した。


In 2009, the University of Chicago awarded Mr. Rhodes the prestigious Public Service Award. He is regarded as one of the world’s leading human rights activists and is respected for his work on challenges in the Balkans, in Chechnya, and in Central Asia.

2009年、シカゴ大学はローズ氏に対し、著名な公務公職賞を授けた。ローズ氏は、世界をリードする人権活動家の中の一人と見なされており、バルカン半島、チェチンヤ、中央アジアでの人権問題での仕事は高く評価されている。


Mr. Rhodes rebuked Japan’s judicial system for not acting independently but with prejudice against religious minorities – a grave indictment against a liberal democracy with an otherwise good record on human rights.

ローズ氏は、日本の司法制度が独立的に機能してなく、宗教的マイノリティに対する偏見により動いていることを激しく非難した - a grave indictment against a liberal democracy with an otherwise good record on human rights.

(訳者註:最後の部分 – a grave indictment against a liberal democracy with an otherwise good record on human rights. とあるが、私の力不足で、意味がよく分かりません。もしかして、正確でない訳を載せては申し訳ないので、あきらめました。)


以上、記事の日本語訳終了
-----------------------------

ここからは、訳者(管理人)のコメント。

原文には、ローズ氏とAPFとシカゴ大学にリンクがはってあるが、訳では省略。

この記事の出典であるウェブサイト http://stopjapanabductions.org/ は、International Coalition for Religious Freedom によって運営されています。
posted by 管理人:Yoshi at 20:48| Comment(2) | 人権活動 国連/ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

★はじめに

現在(2010年9月1日現在)、51才、男性、元統一教会会員です。「元」という表現は正確かどうかわかりません。もう、ここ20年くらいは、教会とは疎遠になり、自然に教会員ではなくなりました。ここ20年間は、海外(英語圏)に住み、会社員をしてます。

統一教会とは疎遠になったとは言っても、一年に3回くらいは、統一教会本部のウェブサイトを見ます。今年(2010年)になってから、統一教会員に対する拉致・監禁事件について知りました。こんな犯罪行為がどうして、これまで放っておかれたのか驚くばかりで、拉致された当事者の人たち、配偶者の方の事を思うと心が痛みます。

この半年くらい、「拉致・監禁」をなくするために、何かできる事(教会に行く事以外)はないかとずっと考えていました。日本にいれば、デモに参加したり、集会に出たりすることもできるのですが、なにしろ、ここは海外、すぐには参加できません。

最近は、統一教会員の拉致・監禁問題の記事が英語でも出るようになりました。しかし、そんな記事の全てが日本語に訳されていないようです。とりあえず、そんな記事の出ているウェブサイトのURLと、その日本語訳くらいをつけていきたく、ぼつぼつとこのサイト始めてみたいと思います。

ほかにも、いろいろと忙しいので、更新はゆっくりになると思います。時々、見に来てください。
posted by 管理人:Yoshi at 22:14| Comment(2) | ★管理人挨拶/コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。