2016年04月07日

2年3ヶ月監禁の石橋君より、統一教会脱会届け

気が付けば、今年(2016年)、初めてのブログの更新だ。

2014年1月に、連絡が取れなくなり、改宗目的で監禁されていた石橋正人(イシバシ・マサト)君から、統一教会からの脱会届が届いたという。

情報源 / 関連情報
★石橋正人さんから脱会届がとどく(全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会)
http://kidnapping.jp/news/20160406.html

★石橋正人さんの脱会届(秀のブログ)
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/215/

★石橋正人さんが脱会!監禁信者は0人に。(火の粉を払え)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-714.html#comment14168


ちょっと、今は、体系的に記事にすることができないのだが、「石橋君からの脱会届が届いた」 という情報を記しておきたいと思う。
posted by 管理人:Yoshi at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

まだまだ続く拉致監禁

2015年11月1日付けで、「火の粉を払え」 の米本和広氏が、新たな拉致監禁事件の第一報を報じた。

★緊急速報−新たな監禁事件が発生!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-654.html
新たな拉致監禁事件が発生した。

監禁されたのは、荒川教会青年支部のHKさん(女性、29歳)。

10月24日(土)の夜、愛知の実家に帰省したまま、連絡が取れなくなった。会社も欠勤しているという。監禁か、少なくとも軟禁の状態にあると見ていいだろう。

HKさんの信仰歴は5〜6年。
文京区湯島に自分個人で部屋を借りていた勤労青年で、ホーム生活ではなかった。教会内でのボランティア活動に前向きで、エンチャイルドという海外奉仕団として、フィリピンの貧しい子供の教育、生活援助の活動をしていたという。


今回の記事は、まだまだ続く拉致監禁について書きたいと思う。

上記以外の参考URL:
それでも、続く「拉致監禁」 (秀のブログ)
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/172/

新たな拉致監禁事件が発生―東京の成人女性が帰省先から行方不明に 
(全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会)
http://kidnapping.jp/news/151102.html


続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

犯罪者側に立ち、犯罪を擁護、正当化する広島地方検察庁

広島で、2014年7月に統一教会の会員夫婦が、手足を縛られ、寝袋に詰め込まれ、大阪に移送された監禁された事件があった。目的は、その夫婦を強制的に統一教会から脱会させることだった。被害者の一人が、監禁から1週間後に、奇跡的に警察に通報ができ、警察の介入で広島夫婦は解放された。

2014年11月には、その夫婦は、高澤守牧師と親族15名を刑事告訴した。(その後、2015年5月に高澤守牧師は、自殺した。事件についての詳細は、当ブログ 前記事のリンク先を参考に)

2015年9月15日、被害者である告訴人が広島地方検察庁から呼び出しを受け、栗田検察官のと面会した。その面会の中で、栗田検察官は、告訴を却下する理由の説明を行った。(注:「国境なき人権」 のレポートは、名前はローマ字表記なので、漢字は分からないが、ここでは ”栗田” とした。)

栗田検察官の、拉致監禁被害者の刑事告訴を却下するであろう理由の核心部分は次の通りである。

当ブログ 前記事より:
★広島検察、監禁被害者夫婦の告訴 棄却方向か?
http://humanrightslink.seesaa.net/article/427833739.html
すべての親族は、彼等が行った犯罪行為を認め、拉致監禁があったことは疑いのないことである。これは故意犯である。

しかしながら、私
(注: 私 = 栗田検察官) は、宗教からの脱会を強要することが善なのか悪なのか、彼等の目的が国家による刑事罰を受けるものなのかどうか、判断できない。たとえば、もし、両親が息子、娘を拉致監禁し、"振込め詐欺" グループから脱出を強要したならば、善の目的のための正しい強要である。国家は彼等を罰するべきではなく、同じ論点がここにもあった。

きょうは、この検察官の、この発言をみていきたい。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 20:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 広島夫婦同時拉致監禁事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

広島検察、監禁被害者夫婦の告訴 棄却方向か?

後藤裁判での、(拉致監禁グループの)最高裁上告が棄却されたのが、ついこの前 ( 2015年9月29日) のことであるが、日本の拉致監禁問題は、そう簡単には終わりそうもない気配である。

広島で、2014年7月に統一教会の会員夫婦が、手足を縛られ、寝袋に詰め込まれ、大阪に移送された事件があった。2014年11月には、その夫婦は、高澤守牧師と親族を刑事告訴した。その後、2015年5月に高澤守牧師は、自殺した。

参考URL:
★夫婦 同時拉致事件 続報: 手足を紐で縛られ、寝袋に詰め込まれ、移送される
http://humanrightslink.seesaa.net/article/405268400.html

★高澤守牧師と親族を刑事告訴 - 広島の夫婦同時拉致被害者
http://humanrightslink.seesaa.net/article/408501790.html

★神戸真教会の高澤守牧師が自殺 - 生きて裁かれるべきだった!
http://humanrightslink.seesaa.net/article/419008563.html

広島夫婦の刑事告訴に関するその後の情報が、ベルギーの人権団体、「国境なき人権」 のニュースレター (2015年10月13日付け) により、明らかになってきた。

その内容を要点のみ記すと、2015年9月15日に告訴人のYuko Seo 氏が広島検察より呼び出しを受け、検察官の Kurita 氏と面会した。Kurita 氏は、事件についての聴取はせず、その刑事告訴を棄却すべきかどうかの説明だった。

このことは、「国境なき人権」 が公開した、2015年9月17日付け、告訴人の代理人である Nobuya Fukumoto 弁護士の広島検察庁 主任検察官への要望書にて知ることができる。以下は、その要望書(英語)であるが、日本語訳は、時間をみて、行うのでしばらくお待ちを。

(アメリカ国務省の、国際宗教の自由報告書も、あと数時間後には発表されるので、時々、このブログをチェックして頂きたい。)

HRWF_chairman.jpg
「国境なき人権」フォートレー代表

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島夫婦同時拉致監禁事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

後藤裁判の最高裁判断:拉致監禁グループの反応

火の粉を払え(米本和広氏)の、2015/10/01付け記事 「速報!後藤裁判−最高裁が被告の上告を棄却 高裁勝訴判決が確定す。」 の、最後の箇所に次のようにある。
東京高裁の判決は、被告らに2200万円払えというものだった。この判決をアナウンスした反統一びとは田中清史氏(エイト君)だけだった。あとは一切沈黙。今回の上告棄却のことを報じる“正義のサイト”はないだろう。全国弁連・日本脱カルト協会・学者のホームページなどなど(確かめて!)

確認したところ、現時点(2015年10月3日)で、拉致監禁グループの中で、最高裁の上告棄却を報じているのは、やや日刊カルト新聞のエイト君の記事 「最高裁が上告棄却=“拉致監禁キャンペーン訴訟”統一教会信者の勝訴が確定 」 (2015年10月1日付) だけである。

Eito at Tokyo Court.png
Photo from http://dailycult.blogspot.jp/2015/10/blog-post_7.html
2014年11月東京高等裁判所前にて。一番右端が取材中のエイト君


きょうの記事は、エイト君記事への私のコメントである。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 06:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 後藤裁判最高裁判断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

後藤徹裁判、控訴審判決が確定

"後藤徹" という名前は、このブログでは何度も出てくる名前である。後藤徹さんとは、統一教会からの脱会を強要され、家族らにより暴力的にアパートに、12年5ヶ月にわたり監禁された人である。あのやせ細った衝撃的な写真を見なければ、私がこのようなブログを始めることはなかったかもしれない。

100327.jpg
Photo by Mr. Kazuhiro Yonemoto

アメリカの例をみて、「裁判闘争により、拉致監禁はなくなっていく」と確信するようになり、ここ数年、後藤さんの民事裁判の日程に合わせて、日本帰国の予定を立て、第一審での証人喚問、第一審の判決、控訴審判決など、目撃することができた。

2014年11月13日に、控訴審判決が、東京高等裁判所にて言い渡された。第一審の "誤った" 判決箇所を、ほぼ完全に糺(ただ)してくれた歴史的判決だった。その後、被告側の松永堡智(やすとも)、宮村峻(たかし)、兄等が最高裁に控訴し、ここ半年くらいその結果を待っていた。

2015年6月29日、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は、被告らの上告を棄却する判決を下し、控訴審判決が確定した。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 後藤裁判最高裁判断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

拉致監禁問題の今年 (2015年) 後半の動き

更新が滞っていて申し訳ありません。

時間はあったのですが、個人的に、いろんなことがあり、バタバタとしているうち、あっという間に時間が過ぎてしまいました。そのいろんな事も、なんとか落ち着きつつあり、平静を取り戻しつつあります。

1ヶ月以上、ブログの更新が空いたので、拉致監禁問題をめぐる、最近の状況、近い将来起こりうる事柄をまとめてみたいと思います。(自分の頭の中を整理する意味でも・・・)

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ★管理人挨拶/コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

神戸真教会の高澤守牧師が自殺 - 生きて裁かれるべきだった!

米本和広氏のブログ 「火の粉を払え」 にて、仰天情報がアップされた。

以下、「火の粉を払え」 より、全文、引用させて頂く。

★ニュース速報!神戸の高澤牧師が自殺 (2015年5月15日付)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-590.html#more
古参の強制説得家、神戸真教会の高澤守牧師が数日前自殺した事が明らかになった。
通夜は神戸真教会で昨夜行われ、本葬は今日(15日)行われる。

高澤は今年、夫婦をぐるぐる巻きにして拉致し、監禁下で強制説得を行なった。
その後、2人は警察に救出され、解放された。
2人は広島県の警察に告訴状を提出、警察はこれを受理し、現在捜査の最中だった。

【関連記事】「夫婦拉致監禁・脱会強要事件 神戸市の牧師等を刑事告訴」

監禁罪の容疑者の自殺であるにもかかわらず、地元神戸新聞は記事にしていない。
おそらく反統一の関係者も知らないだろう。

高澤が拉致監禁の師匠と仰いでいた宮村峻が、自殺の事実を伝え聞いたときのショックはいかばかりだろうか。

ブログ 「火の粉を払え」 に、次の通り、私のコメントを早速入れさせて頂いた。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致監禁グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

佐賀大学「信仰の自由」裁判: 被告主張 「危険への接近」 の法理 は通用せず

前回の記事で、「危険への接近」 の法理を説明し、佐賀大学の信教の自由裁判にどのように使われたか、私の想像を書いたが、その想像は外れていた。判決文を入手できたので、「危険への接近」の法理の箇所を、再度、書きたいと思う。今回の記事は、判決文を引用しながら、書いていきたい。

「危険への接近」の法理というのは、一言でいえば、「騒音が発生しているところに被害者のほうがあとから (移り住んで) 来た場合には、損害賠償請求権が認められなかったり、損害賠償額が減額されたりすることがあり得る」 という法理だ。騒音公害訴訟などで、たびたび使われる。もしも、原告が、その危険(騒音など)をあらかじめ知っていたとなると、「危険への接近」の法理が適用され、訴えられた側の責任は軽減される可能性がある。

続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学の宗教迫害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

福岡高裁も佐賀大に賠償命令 - カープに入ったあなたが悪い(危険への接近の法理)通用せず

追記 1(2015-04-21 午後):記事内の、「危険への接近の法理」について、限られた情報の中で、私の想像でまとめた箇所があります。室生忠さんのコメントも参考にして下さい。

追記 2(2015-04-21 午後):佐賀新聞が、今回の高裁判決について記事にしました。記事最後に追記いたします。

追記 3 (2015-04-24 午前):本記事内で、「危険への接近」の法理が、被告側が、訴訟内でどのように使われたか、私が想像で書いた箇所がありますが、その想像は正しくありませんでた。新記事(2015-04-24付)「佐賀大学「信仰の自由」裁判: 被告主張 「危険への接近」 の法理 は通用せず」で、改めて説明いたしました。
-------------------------------------------------------------------------------
2012年5月17日に、佐賀大学女子学生と、彼女の両親が、佐賀大学と、森善宣(よしのぶ)准教授を相手取り、信教の自由を侵害され、名誉毀損されたとして、440万円の損害賠償を求める訴えを、佐賀地方裁判所に起こした。

その女子大生は、当時、佐賀大学カープ(原理研究会 = 統一教会系列の学生組織)のメンバーであり、統一教会の会員でもあった。彼女の両親は、統一教会の1982年の合同結婚式に参加した。

訴状によれば、佐賀大学生のAさんが、2012年2月10日、森准教授の部屋に呼び出され、Aさんは、彼女の信仰を軽蔑・侮蔑する発言を繰り返され、カープ、統一教会からの脱会を執拗に迫られた。また、森准教授は、Aさんの両親についても言及し、統一教会の合同結婚式を「犬猫の結婚」と侮蔑した。Aさんらは、大学側に誠意ある謝罪を求めたが、大学側が応じなかったため、法的手段に訴えた。

第一審の判決が、2014年4月25日に言い渡され、佐賀地裁は、「森准教授は、配慮を欠いた発言で、信仰の自由を侵害した」 と指摘し、「国立大学の職員としての発言であり、大学が賠償責任を負う」 とし、大学側に、計8万8000円の支払いを命じた。これに対し、原告、被告双方が、上告していた。

その控訴審の判決が、2015年4月20日、福岡高裁にて言い渡された。今回の記事は、その控訴審判決について、統一教会広報部のプレスリリースの紹介と、私の簡単なコメントを加えたいと思う。

Fukuoka Press Conf 2015 04 20.jpg
Photo: 統一教会公式サイトより
判決後、福岡市内での記者会見
http://www.ucjp.org/?p=18892


続きを読む >> Read More
posted by 管理人:Yoshi at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学の宗教迫害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする